TSっ娘が悲惨な未来を変えようと頑張る話   作:生クラゲ

7 / 47
いもうと(清楚)

 初夏。

 

 虫たちが賑やかな鳴き声をあげ、森に活気が満ち溢れる季節。

 

 僕たちの村も益々の活気に溢れ、旅人からもたらされる滞在費や交易により更なる発展を遂げていた。

 

 

 4歳の頃、僕の提案した『酒税』については賛否があったものの、老人会の承認を得て実際に施行してみる運びになった。

 

 村長黙認の『脱税店』も設けているので、客からすれば結局『今まで通り』の商売なのだが……。結果として、村の利益はより増える結果となった。

 

 1泊する余裕のある旅人は宿屋に泊まるようになり、宿屋が大繁盛したのが大きい。宿が人手不足に陥って、繁忙期は僕達子供もお手伝いに駆り出されることすらあった。

 

 上がった利益で宿屋はほんのり増設され、旅人の滞在率が増えたことでより多くの酒が売れるようになり、それに目を付けた流浪の商人数組が居ついてしまって。結果として僕達の村の商業規模がより発展した。

 

 売り方を変えただけで、利益は大きく変わる。僕は旅人から聞いたそんな話を、身をもって実感したのだった。

 

 

 

 そして旅人が増えたということは、僕の著作も順調だということだ。3年かけて執筆し続けたポート聴聞録は既に5巻となり、偉大な曾祖父の合計20巻の1/4と迫った。曾祖父の時代では考えられない旅人の数である、毎日のように新しい話が聞ければ筆も進むというものだ。

 

 そして、最近は何でもかんでも記録するのをやめるようにした。いくら何でも酔っ払いの戯言にしか聞こえない話や聞いたことのある話は、省くようになった。

 

 あまりに千客万来、山盛りの土産話を聞くことができる環境なので、僕は面白い話や為になる話をある程度厳選しないと寝る時間が無くなるのだ。そして、その膨大な土産話の内容を『どうすれば村の発展に生かせるか』というまとめ本も作成することにした。

 

 思い返せば曾祖父も、その話の重要なエッセンスだけを重点的に記録して他の雑談はさらりとしか記述していなかった。サマライズ、つまり纏めて分かりやすく記す事こそ重要なのだ。

 

 5巻の『どうでも良い話混じりの聴聞録』から得た知識や気付いたことを、1巻の書物に纏めて順序だてて記していく。農民の立場から、いかにすれば村は発展するかを考察した農民のための指南本。

 

 僕はこれに『農冨論』と表題し、文字通り血の滲む思いを込めて記し続けた。目的は、無論ただ一つ。

 

 

 

 ────あの頭の悪いアホ領主に、叩きつけてやるためだ。

 

 

 この本には農民の実際の暮らしと発展への道筋を、僕らの村を例にとり各地の冒険者の話を参考に記しあげた。これを読めば、いくらアホだろうと『1年1割の発展だ』なんて馬鹿は言い出さないはずである。

 

 もうすぐ、領主が視察に来る季節。それまでに、ある程度の形にして用意しないと。

 

 それでなお分からないようなら……、最悪は事故に見せかけて殺す。その、覚悟も当然している。

 

 村の7歳の子供が事故で領主の息子を殺したとして、せいぜい僕の処刑か、一家皆殺しまでで止まるだろう。両親には悪いが、フォン・イブリーフの死が将来的に村にもたらすメリットが大きすぎる。

 

 僕が人生をやり直した意味は、この村を守り抜く為。あの、残酷で悲惨な未来を捻じ曲げる為。そのためならば、大好きな父さん母さんを犠牲にする事だって許容範囲だ。

 

 覚悟を決めろ。僕は────、悪鬼羅刹になってでも、この村を守り抜いてやる。

 

 だが、願わくば。アホ領主がアホ領主にならず、善政を敷く領主となってくれるのであれば。それがきっと、僕の求めた理想の世界。

 

 少しでもわかりやすく。少しでも、役に立つように。僕は『農富論』を、丹精込めて記し続けるのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてその日が、ついに訪れる。

 

「領主、フォン・イシュタール様の、おなぁりぃ!!」

 

 仰々しい護衛に囲まれて。着飾った老年の男と目付きの悪い太った子供が、僕らの村に現れた。

 

 夏真っ盛り。サンサンと日の照り付ける中、いよいよ領主が僕達の村に視察をしに来たのだ。

 

「ようこそお出でくださいました領主様。村一同、貴方に逢いまみえた幸福に胸が震えております」

「はは、そう堅くならないでくれ村長殿。お役目、ご苦労様である」

 

 村は総出で歓待し、領主を讃え出迎える。

 

「長旅、お疲れでしょう。簡単な飲み物を用意しております、まずは一息吐かれては如何でしょう」

「ほう、それはありがたい。馳走になるとしよう」

 

 領主が来た時の対応は、ここまでは予定通り。家で一休みしてもらったあと村を案内し、夕方は倉庫からよりとりどりの料理を振る舞う予定だ。

 

 まずは休んでもらうべく、村長たる父が領主一行を僕達の自宅へと案内する。決して粗相があってはいけない、その気になればこんな小さな村など1日で取り壊せる権力者なのだ。

 

「────汚いな。これが、貴族の住処だというのか」

「口を挟むなバカ息子!!」

「痛い!!」

 

 僕の家を見て一言、太った子供は嫌悪感もソコソコに悪態をついて領主から殴られる。

 

 ああその態度、その口調を僕はよく知っている。コイツだ、この男が未来のアホ領主だ。

 

「村長殿よ申し訳ない、儂の息子が無礼を働いた」

「い、いえいえ。領主様のご邸宅に比べれば、我が家など犬小屋にも劣りましょう。小さな家で恐縮ですが、どうぞお入りください」

「むぅ。すまんの、威圧も侮蔑もするつもりなどないのだ」

 

 腹立たしそうに、殴られた頭を押さえながら領主たる父を睨みつける『バカ息子』。そう、彼こそが僕の因縁の相手にして生涯の敵。

 

 フォン・イブリーフその人だ。

 

「ポートや、ご挨拶なさい」

「はい、父さん。お初にお目にかかります領主様、僕はポートと申します」

「おお、これはこれは。幼いのに、なんと礼儀正しい挨拶をするのだろう。村長殿、良い子を生されたな」

 

 父に促され貴族的な礼をしてみると、領主様は目を細めて笑ってくれた。そうなんだよな、この人は滅茶苦茶良い人だったんだよなぁ。

 

 僕が村長を継いですぐに亡くなったので2回しか会ったことがないけど、僕みたいな若造の拙い報告もニコニコ笑いながらじっくり聞いてくれたっけ。

 

 こんな人格者から、どうしてあんなバカ息子が生まれたんだろう。

 

「これ、お前も礼を返さんか」

「……コイツ、服もボロだし体も貧弱じゃん。こんなのに礼を返せば、オレの名に傷がつく」

「コ、コラ!! ……か、重ね重ね申し訳ない、村長殿。ポート殿」

「いえ、お構いなく」

 

 ……本当に、どうしてこんなバカが生まれたんだろうなぁ。

 

「では不肖ながら村長たる私が、今から村を案内させましょう。皆、夜の宴会席の準備をしておいてくれ」

「あー、いやいや。宴の準備など必要ないよ、儂はそこの宿屋で夕餉を頂こう。我々は視察に来たのだ、普段通りの君たちの姿を見せてほしい」

「……と、仰ると?」

「今日もいつもどおり、農作業を続けてくれんか。儂は、君らの普段の働きぶりを見たいのだ。夕餉も、この村に来た旅人の食べるものと同じものを食べたい」

「は……」

「ほっほっほ。どうか、老い先短いジジイの願いを聞き届けてくれんかの」

「り、了解しました。み、みんな、準備は中止だ。いつもどおり農作業を開始してくれ」

 

 僕達の歓待を断り、普段通りの様子を見たいと仰る領主様。

 

 お、おお。この人、ガチで凄い領主じゃないのか? 真面目に丁寧に、心から民の事を理解しようとしているように見える。

 

 この州は隣国との国境で野盗や敵勢力も多く、領主自ら度々出征しているからてっきり武官チックな人と思ってたけど。このおじいさん、政治家としてもかなり有能なのでは?

 

「護衛も、儂の親衛隊10名だけでよい。あまりゾロゾロと連れ歩いたら、村の民が怖がってしまう。他の護衛には、明日までの休暇を言い渡そう」

「は、休暇ですか」

「ここの麦酒は絶品と聞く。各々自らの財布から金を落とし、村に迷惑をかけん範囲で羽目を外すとよい。……万一、乱痴気騒ぎなど起こしたら分かっとるの?」

「は、はい!! 聞けお前ら、休暇だぞ!!」

 

 オオー、と。領主の護衛でついてきていた兵士たちが歓喜の声を挙げた。

 

 この領主、部下の人心掌握もお手の物らしい。これで歴戦の軍の指揮官だというのだから、万能としか言いようがない。

 

 伊達に隣国との最前線たるこの州を、無難に平和に数十年治めていたいたわけではないのだな。ちょっとした怪物だろう、この老人。

 

「では、まずは麦酒の店を案内してくれんか村長殿。少し、儂も楽しみたいでのう」

「え、ええ。では、こちらへ……」

 

 父は領主様の手を引き、酒店へ案内しようとする。お、ならば僕も追従しよう。

 

「父さん、僕も────」

「ポート。君はついてこなくていい」

「……え」

 

 バカ息子に何とかして関わろうと、僕も領主に追従しようとしたが。父は苦笑を浮かべ、僕の頭を撫でてこう言った。

 

「君は優秀だけど、まだ子供だ。こういう場は、大人に任せておきなさい」

「……えっと」

「領主様はいつも通りの僕らをご所望だ。いつも通り、友達と遊んできなさいポート」

 

 あ、いや。そうじゃなくて、僕はそこのバカ息子に用が……。

 

「ほっほっほ。利発そうな子でうらやましいのう村長殿」

「ええ、あの子はきっと領主様の期待に添うような村の指導者になってくれます」

「それは、楽しみじゃのう。それまでは、生きていたいものだ」

 

 あ、ちょっと。

 

 待って、置いてかないで、ちょっとぉ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ……。まぁ、前世の僕も記憶に残ってないような出会いだったし。元々、今日介入するのは難しかったのだろう。

 

 あのアホ息子の態度だと、いかに口を酸っぱくして『農冨論』読めと迫っても鼻で笑っただろうし。あー、強硬手段はどうしようかなぁ。

 

 絶対に暗殺成功するのなら家族の命かけてやってみてもいいけど……。あの領主は雰囲気と言い態度と言い、間違いなく『怪物』の香りがする。あんな怪物の近くをうろついているアホ息子をどうやって仕留めれるだろう?

 

 そもそも、あの領主の親衛隊とかいうのも超強そうだ。僕の運動能力じゃ彼らを掻い潜ることすら難しい気がする。

 

 ……無理だなぁ。勇気と蛮勇は違う、ここは引く場面だ。蛮勇を選択しないといけないほどに、僕はまだ追い詰められていない。まだ、10年以上余裕はあるのだ。ここは、無理せず機会を見送ろう。

 

 それにアホ領主を殺したとして、その代わりがアイツ以上のアホではないという保証はないのだ。ここは、戦略的撤退を選択しよう。

 

 

 ……つまり。滅茶苦茶頑張って書いた『農冨論』は今日は置いておいて……。

 

 いつも通り、ラルフ達と遊ぶか。

 

 

 

 

 

 

 

「あ、あのっ……」

 

 

 

 

 

 

 そんな、殺意を隠してアホ息子をニコニコ見送っていた僕に話しかけてくる声がある。

 

 それは聞きなれない、優しく穏やかな声。

 

「え、えっと。この、村の子供ですか?」

「……そうですよ。失礼ですが、あなたの名前は?」

 

 振り返ると、そこには美少女が居た。

 

 華やかで可憐で、透き通るような白い肌の高そうなドレスを着た女の子。

 

 僕と同い年くらいだろうか、オドオドした態度の彼女はぎこちない笑顔を浮かべて僕の問いに答えた。

 

「イヴ。私は、イヴって言います」

「……そうですか。僕はポート、初めまして」

「は、初めまして!」

 

 貴族、だろうか。おかしいな、どうしてこんなところに貴族が?

 

 領主に引っ付いてきた護衛の貴族だろうか。

 

「お、お父様に言われたんです。私は視察しなくていいから村の子供と仲良くなって、遊んできなさいって」

「お父様?」

「はい。お、お父様です」

 

 お、おい。まさか、そのお父様ってまさか。

 

「私の父はフォン・イシュタールと言います。お父様とお兄様が視察に行くと伺って、追従してみたのですが……」

「あ、じゃあ、君は領主様の?」

「ええ、娘です」

 

 お、おおお? この、吹けば飛ぶようなか細い少女はつまり、あのバカ息子の妹!?

 

「あ、その。どうか私と、遊んでくださいませんか!?」

「え、えっと」

 

 妹居たのかよとか、なんだこの可愛い娘とか、なんで僕に話しかけてきたとか。

 

 いろいろ衝撃的過ぎて口をパクパクさせていると、何やら射殺すような視線を感じ僕は周囲を見渡した。

 

 すると。

 

 

 

 

 

 

 ────まさか、断らねぇよなぁ?

 

 

 

 

 

 このイヴちゃんの護衛であろう方々が、建物の陰からこっそり僕を睨みつけているのに気が付いた。……額に、汗が滲み出てくる。

 

 

「よ、喜んで。一緒に遊ぼうか、イヴ」

「本当!? う、うれしいです、ありがとう!」

「あ、あはははは」

 

 さ、さて。まさかの妹出現に動揺して、思考が上手くまとまらない。僕は一体、どうしたものか。

 

 僕の手を握りしめ歓喜している少女を前に。ポリポリと、僕は頬を掻くことしかできなかった。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。