TSっ娘が悲惨な未来を変えようと頑張る話   作:生クラゲ

9 / 20
在りし未来

「……この前。僕らと一緒に遊んだ領主様の娘が、異民族に殺されたらしい」

「……」

 

 それは、生まれ変わってから最初の挫折であると言えるだろう。

 

「そっか。……村の外じゃ、どこも戦いで溢れてんだもんな」

「……可哀想」

 

 人の死は決して軽くない。だが隣国との国境で常に小競り合いが起こっているこの州は、ちょっとしたことで人が死んでしまう。

 

 領主の娘が死んだ、と聞いた時の村の反応は「可哀想なことだなぁ」「領主様もお気の毒に」程度のものだった。別段、人が死ぬという事は珍しいことではないのだ。

 

 だがしかし、僕がちゃんと思い出していれば。イヴが未来に居ないことに疑問を持っていれば、彼女が死ぬことは無かった。

 

 人の死は軽くない。防げた命を失ったと言う事実は、とても重い。

 

 僕がしっかりしていれば、あの聡明な少女は死なずに済む筈だった。

 

「ポート、顔色悪いよ……?」

「アンタが一番イヴちゃんと仲良くしてたもんね。……あんまり気負っちゃダメよ」

 

 僕がショックを受けたのは、イヴを失ってしまった事だけではない。その事件は、あの未来に続く鍵だった様にも思えるのだ。

 

 思い出せば、領主は子を失って以来、徐々に弱って最後は流行り病に倒れたと聞いた。その間、イブリーフは親から放置されてしまったのだろう。きっとその結果、イブリーフは尊大で愚鈍な男に育ってしまったのだ。

 

 聡明な妹は殺され、傑物の父は病死し、愚かな兄が実権を握ってしまう。それはきっと、イブリーフ本人にとっても不幸なことだったのかもしれない。

 

 あの尊大で自信家な一面は、きっと武官として戦場で名を馳せる素養ではあった。武官が彼に心服していたことからも、彼の軍事的能力の高さは伺い知れる。

 

 彼が本来の自分の役割を全うし、国政は聡明な誰かに任せることができていれば、彼自身も「英雄」として讃えられていたように思う。

 

 ……僕は、その素晴らしい未来を築ける最初で最後のチャンスを、指を咥えて見送ったのだ。

 

「元気出せよポート」

「……顔、青いわよアンタ」

「……今日は、帰って寝た方が、いいかも?」

「うん、ごめん。今日はちょっと、家で休む事にするよ」

 

 心配そうに僕を覗きこむアセリオの肩を借り、僕は家に戻った。頭は痛く体は重く、何も考える気になれなかった。

 

 ────不思議なものだ。前世でアセリオが死んでしまった時、僕はここまで傷付いただろうか。

 

 ……いや、そうか。きっと今のこの世界が幸せすぎて、僕に傷つく余裕があるだけだ。本当に追い詰められたら、人はショックを受ける余裕すら無くなるんだ。

 

 

 そう思いいたって。今の自分がどれだけ幸せな環境で生きていて、どれだけ腑抜けていたかを知った。

 

 僕がぼんやりと幸せを享受していたせいで、あの聡明な少女は二度と帰ってこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ────その、1週間後の事である。

 

「……ポートさぁん!!!」

 

 イヴが、我が家に逃げ込んで来たのは。

 

 

 

 

 

「ポートさぁん、た、たすけてくださいっ!!」

「……んー?」

 

 それは、夕食も終わり書庫に籠って静かに執筆活動を続けている折だった。ついこの間、この書庫で政治について熱く語り合った少女が、目を赤く腫らして僕に飛び付いてきた。

 

 何故生きている。つい先週、君死んだって話を聞いたところなんだけど。

 

 偽報だったのかな?

 

「わ、わた、わたしっ!!」

「お、落ち着きなよイヴ。何があってどうしたのか、ゆっくり順序だてて教えてくれるかな」

 

 取り敢えず情報を整理しないことには始まらない。一体彼女に何があったのか、何故死んだことになっているのか。

 

「────わたし、どうしたらいいのか、もう」

「うんうん、大丈夫。落ち着いて」

 

 声を枯らして取り乱す彼女の背をさすり。僕は、ゆっくりとイヴの話に耳を傾けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「兄様が、私を庇って討ち死にされたのです」

「……んー?」

 

 話によると、死んだのはイブリーフの方だったらしい。

 

 え。アイツ死んだのか?

 

 マジで!? え、何で? 特に介入しなければ、アイツは死なずに大人になって領主の後を継ぐ筈なんだけれど。

 

 あ、そういえば……。今回の訃報は『領主様の子が死んだ』って話しか聞いてなかった。

 

 イブリーフが生きてると前世知識で知っていたから、僕はイヴが死んだ領主の子供だと勘違いしてしまったんだ。

 

「私が、奇襲に気付けず殺されかかったばっかりに。兄様が私を救援すべく無理な進軍をして、敵に捕まり殺されてしまったんです……」

「あ、あぁ……」

 

 だが、何でそんな事になっている? 何故、この年でイブリーフが戦死してイヴが生き残っている?

 

 僕の知っている歴史から大きく解離している。まさか、僕以外に歴史に介入している存在がいるのだろうか?

 

「兄様は亡くなり、父様は床に臥せってしまいました。ですが、戦後の処理や君功労賞など様々な後処理があるとのことで。それで、わ、私がお父様の跡取りという事になって色々取り仕切ってくれと言われてしまい」

「……は、はぁ」

「でも兄様が今までずっと、跡取りとして父様の仕事の内容を学んでこられたのです。恥ずかしながら私は、何をどうしたらいいのかまるで分からず……、でもやらねばならぬ仕事は山積みで」

「そ、それで?」

「────パニックになって、ここに逃げて来てしまいました。ああ、私はどうしたら……」

 

 

 ……う、うわぁ。領主の家、物凄い修羅場になってるな。

 

 命令出せる人ががほぼ全滅してるじゃないか。イヴも聡明とはいえまだ子供だし、そりゃいきなり仕事振られても対応できないだろうし。

 

「思ったんです。私の知り合いで、1番頼りになる人は誰かって」

「……」

「頼りのお父様は意識不明だし、私のお友だちは殆ど他州ですしっ……。それで、頭が良くて相談に乗ってくれそうな人が、ポートさんしか思い浮かばなくて」

「そ、それでこの村まで逃げてきたの?」

「はい……」

 

 な、なんだそれ。

 

 領主様のいる都からこの村まで2日はかかるぞ。その長距離を、こんな子供がたった一人で駆けてきたのか?

 

 よく、襲われずに済んだな。

 

「危ないよ、危険だよそれは……。と言うか疲れただろうイヴ、取り敢えずゆっくり休んで」

「はい……」

 

 もう、日も暮れている。取り敢えず疲れはてているだろうイヴを休ませるため、僕は書庫を後にして母屋へと彼女を連れていく事にした。

 

 こんな事件は、前世では無かった。ここからどうなるかなんて、想像もつかない。慎重に対応しないと。

 

 ……そう。本当に、想像だにつかない事が起こってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「イヴ様。お迎えに上がりました」

 

 書庫を出て、僕の家に向かう最中。武装した集団が現れ、僕とイヴは包囲されていた。

 

「あ、あ、みな、さん」

「これ以上、領主様に心配をかけてはいけません」

「もしかしてと思い、この村まで探しに来て正解でしたな」

 

 領主の娘がいなくなったのだ。それは、兵士達も血眼になって探すだろう。

 

 そして、イヴの逃げ先の候補など限られている。つい先日、この村の人間と仲良くなっていたなんて情報があれば当然探しに来るだろう。

 

 残念ながら、これで彼女の逃亡劇は終幕のようだ。

 

「……イヴ」

「ごめん、なさい。ごめんなさい、でも、私が何をしたらいいか!!」

「大丈夫です、大丈夫ですイヴ様。誰も怒ってなどおりません、一緒に屋敷に帰りましょう」

 

 優しく、イヴを諭す兵士達。僕と兵士の顔を交互に見て、泣きそうな顔になっているイヴ。

 

 残念ながら、こうなってしまえば僕に出来る事はない。自分の屋敷に帰って、保護してもらうのがイヴの為だ。

 

「イヴ様、貴方なら大丈夫です。きっと兄君の如く、立派な君主となれます!」

「でも私は臆病で、怖がりで。兄様の様な、勇敢な主にはなれません!!」

「それでは、何のため兄君は貴方を守るべく無茶をしたか!!」

 

 だが、イヴは僕の肩にしがみついて離れようとしない。よほど、主扱いされるのが怖いらしい。

 

 ……イヴの兄貴は言うほど立派な君主にならないのだが、それを突っ込むのは野暮だろうか。

 

「貴方は見たでしょう。戦場で常に最前線を駆ける、兄の勇姿を!」

「私、は」

「あの勇敢さは、きっと貴方の心の奥底に眠っている才気! 領主様の子である貴方様こそ、我らの君主に他ならないのです!」

「でも、私」

「まず、その場から一歩踏み出してください。ご自分の意思で、私共と共に都に帰りましょう。その勇気ある一歩こそ、貴方の長たる証となる」

 

 ……兵士達から激励を飛ばされ、涙目になりながら僕の背で震えるイヴ。

 

 彼女は臆病な人間だ。怖いものを怖がり、恐ろしいものを恐れる少女だ。

 

 だが、イブリーフは違ったのだろう。恐れるものなどないかの如く、勇猛果敢に戦場を駆け回った。

 

 兵士達は、自らと共に戦場に立つその勇気を彼女に求めているのだ。

 

「我らはイヴ様を信じています。貴方も、我らの上に立つ器のお方だと! 偉大な兄君の様に、我らと共に戦い抜く決意を持ったお方だと!!」

「あ、あ……」

 

 ……んー。

 

 それは、違うんじゃないかなぁ。

 

「わ、私は」

「そうです、イヴ様。まずは一歩踏み出してください」

「私は、私も! 兄様の様にっ!!」

 

 

 兵士達の説得を受け。生来の生真面目さからか、思わず説得に乗りかかっている彼女の口を────

 

 

「もがっ」

「はい、ストップ」

 

 

 手で押さえて、塞いでやった。

 

 

 

 

「……なっ」

「はぁー、さっきから君たち何なのさ。僕の友人に、変なことを吹き込まないでくれるかな」

 

 目の前に集った十人以上の兵士達に向かって、僕は声を大に文句を垂れる。

 

 いくら領主兵だからと言って、言っていいことと悪いことがあるだろう。

 

「イ、イヴ様に何をする農民!!」

「不敬者。僕はこの村の村長の一人娘であり、将来的に統治する立場につく立派な貴族だ。今の発言は高くつくぞ雑兵」

「は? ……辺境貴族か、お前」

「おうとも。僕はイヴの友人で、貴族の端くれだ。少なくとも君達よりは、立場が上だよ」

 

 ただ文句を垂れるだけだと、農民と勘違いされ切り捨てられそうなので貴族アピール。偉いんだよー、切りかからないでくれよー。

 

「……われらは領主様の近衛兵だ。イヴ様を連れ戻す命を受けてここにいる、つまり我らの行動は領主様のご意志だ。邪魔をするのであれば、貴族であろうと」

「何を勘違いしてる? 僕はイヴを連れ戻す分には何も文句は言わないさ」

 

 そこまで言い切ると。僕はイヴの頭を撫でながら、ゆっくりと彼らの暴言を否定した。

 

 

 

「────イヴは、このままでいいんだよ」

 

 全くもう、これだから脳筋は。イヴみたいな『臆病な』人間がどれだけ貴重なのか、ちょっとは理解してほしいものだ。

 

「何も考えず突っ込むことなんて、猪でもできる事さ。それは確かに必要な勇気だけど、皆が猪になる必要なんてどこにもない」

「……何が言いたい」

「臆病だからこそ、怖いものから逃げだすような人間だからこそ、出来ることがある。臆病者たる素養と才気を持ったイヴを否定して、猪であることをただ肯定するな」

 

 まったく。せっかくイブリーフが死んだというのに、イヴが脳筋に育ったら意味がないじゃないか。

 

 イヴには、怖がりな為政者として成長してもらわないといけないのに。

 

「貴様。我らの『勇』を否定するか」

「君達こそ。偉大なあの領主様の『知』を否定するのかい?」

 

 僕はまっすぐにイヴを見据えて、兵士達の妄言を切って落とした。それはイヴを間違った方向に育てないため、そして何より彼女の優しさを守るために。

 

 

「────この作戦が、失敗したらどうしよう」

「あん?」

「この戦略が、滞るとしたらどこだろう。兵糧が尽きてしまうとしたら、いつだろう。もしここで奇襲されたら、どう対応しよう」

「……何だ、何を言っているお前」

「それを怖がっている人が、領主軍にはちゃんといるんだ。勘違いしちゃいけないよ、兵士さん。君たちが何も怖がらず、勇猛であることを求められるその裏には────、全ての兵士の代わりに予想外の事態が起きないか怖がって、恐れて、対策している人間がいるんだよ」

 

 そうだ。勇猛果敢である人間のその後ろには、人一倍怖がりな人間がいないといけない。

 

 そして、きっと今は領主様がその役割を果たしている。あの老人は何か恐ろしいことが起きないか、自分の想定を超える事態が起きないか、常に警戒を欠かさず政治を回しているのだ。

 

「イヴ、君は戦場の最前線で駆け抜ける素養より、ずっとずっと稀有な『怖がる』素養がある人間だ。自分が率いる兵士達の代わりに怖がって、恐れて、対策を立てられる人間だ」

「え、えっと私」

「臆病であることを否定するな。漫然と根拠の無い勇気に飲まれて、足元をすくわれる人間になるな。為政者は『民の視点』を持ったまま、それでいて民を俯瞰的に見通さないといけないんだ。為政者が『民』の如く行動しては『理性』としての機能は果たせない」

 

 ……農冨論を読んでくれた彼女なら、きっと理解してくれる。

 

「君は、今の君のままでいい。兄は勇敢で優れた人間だったかもしれないが、君は聡明で臆病な人間になればいい。君と兄は、別の人間なのだから」

 

 頼むぞイヴ、君まであんな脳筋にならないでくれよ。農民をいつくしみ、冷静に政治を考えられる立派な領主になってくれ。

 

 そんな願いを込めて、僕はイヴを諭してみた。

 

 

「私、兄様のようにならなくても、良いの?」

「なれないよ。君の兄様は、臆病な君がちょっと真似しようとしてあっさり真似できる程度の人間なのかい?」

「そんなことはありません!」

「そうだろう。なら、君は君らしく領主となるんだ」

 

 その、僕の言葉はよくよく彼女に届いたようで。

 

「……そっか。私は、私らしく……」

 

 彼女の顔色は、少しばかりマシになった様だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「────ポート殿、ご協力感謝する」

「別に、何も。僕は、友人が遊びに来たからもてなしただけさ」

 

 そして。イヴは自らの足で、兵士に謝って都へ戻ることを選択した。

 

「……我らとしては、イヴ様と共に戦場を駆けたいのだが。上に立つものが我らと共に最前線を駆けてくれることほど、心強いことはない」

「それも一つの王としての在り方だろうね。ただ、イヴには向かないだろう」

 

 兵士さん的には、僕のイヴへの諫言は不満らしい。いやまぁ、兄のイブリーフはそんなタイプだったんだろうなぁ。

 

 そりゃ兵士から人気が出るのは、兄なんだろうな。農民から人気が出そうなのはイヴだけど。

 

 そして、しれっと当たり前のようにその両方をこなしてきたのが今の領主様なんだろうなぁ。

 

「ポートさん、ありがとうございました。私、すっごくスッキリしました。……また、相談に乗ってもらってもいいですか?」

「ええ。今度は脱走ではなく、きちんと護衛をつけて遊びに来てください」

 

 そう言い手を振るイヴを、僕は笑顔で見送る。

 

 今回は大変なことに巻き込まれたと思ったけど、結果的には次期領主たる妹ちゃんとのコネクションを形成することに成功した。これで、将来もし妹ちゃんがトチ狂った事をしても、ある程度諫言できるだろう。

 

 ……ああ、素晴らしい。これ、すでに僕の生涯の目標を達成したといっても過言ではないんじゃないか?

 

 イブリーフ糞野郎は死に、その代わりに領主となるイヴは僕の友人。これで少なくとも、僕が20歳過ぎたころ『いきなり1年1割開墾指令』みたいな無茶は絶対に起きないだろう。

 

 ああ、なんだか心がぐっと軽く────

 

 

 

 

 

 

 

「……あ、それとポートさん」

「ん、どしたのイヴ」

 

 

 

 

 

 とても幸せな未来に思いを馳せ、若干トリップしかかっている僕の頬に。イヴはクスリとほほ笑んで、口付けをかましたのだった。

 

 ……お、おお?

 

「女の子に、まさかこんな気持ちになるとは思いませんでしたけど。私ってばポートさんに、惚れこんでしまったかもしれません」

「お、おおお?」

 

 ま、待って。おや、えっと、マジ?

 

 え、良いの。こんな可愛い女の子が、男だった筈の前世で全くモテなかった僕に、惚れただって?

 

 ど、どっどどうしよう。これは、僕も女の子が好きですとカミングアウトするべきか? ラルフとの婚約はポイーして(というかそもそも受け入れてもらってない)美少女領主様と百合百合生活を送るのはかなりアリじゃないか?

 

 待て、落ち着け。どこまで本気かを確かめるんだ。

 

 ちょっと僕をからかっただけという可能性もある。そのからかいに対して本気になってしまえば、逆に疎遠になってしまうかもしれない。

 

 落ち着け、冷静に、冷静に。

 

「あ、あの、イヴ。それは一体どういう────」

「将来、私のお嫁に来る気はありませんかポート。結構本気ですよ」

「え、ええっ!?」

 

 結構本気なんですか!? 次期領主と婚約できれば、領主の妻の立場としてそれなりの権力を得ることができる。この村の政策関連も、あわよくば任せてもらえるかもしれない。

 

 いやまて、それは正規の婦人だったらという話だ。領主の嫁って、それ同性だとしたらどういう扱いになるんだ? お世継ぎとかどーするの、この村の跡取りどうなるの?

 

「くすくす、ポートさんは混乱している時が一番可愛らしいですね。返事は後で聞きに来ますから」

 

 や、やばい。思考がまとまらない、このチャンス? をどう生かせれば良いのだろうか。そもそも、生かしていいチャンスなのか?

 

 わ、わからな────

 

 

 

「それと、隠しておくのはフェアでは無いので────。私の体は、男の子です」

「────」

 

 ……。

 

 

「え、なんて?」

「私、心は女の子ですけど、体は男の子なんです。だから、私がポートさんを好きになっても何の問題もないんですよ」

「ぱーどぅん?」

 

 心は、女の子。体は、男の子。

 

 ……んー?

 

「イヴというのも、あくまで私の愛称でして。私、本名はイブリーフと申します」

「……」

 

 ……。

 

「くすくす。また、思考停止していらっしゃいますね、ポートさん」

「イヴ様。貴方の御容姿で男性と言われたら、そりゃあ誰だってこうなりますよ」

「ふぅ。まだ子供ですから、性別も偽りやすいんですけどね。将来、兄様のような巨漢になったらどうしましょう……」

 

 

 

 

 

 イブ、リーフ?

 

 

 

 

「イ、ヴ? 君の、兄さんのお名前って?」

「プロフェン兄様が、何か?」

「そ、そう。プロフェン様と、言うんだね……」

 

 あ、え。アイエー?

 

 マテ。ちょっと待って、どういう事? なんで、イヴが、イブリーフ?

 

 え。この、線が細くて吹けば飛びそうなか弱い女の子が、イブリーフ幼少期? え、え、え!?

 

 こいつ、あのクソ領主!!? 面影どころか、骨格も性格も性別も完全にベツモノなんだが!!?

 

「では、まいりましょう。今は、ポートさんも混乱しきってそうですし」

「わかりました。貴方にしかこなせぬ仕事も山積みなんです」

「……はぁ。できる限り頑張ってみましょう」

 

 頭が処理落ちしてフリーズしかかっている、僕を背に。イヴと兵士たちは、和やかに談笑しながらもと来た道を進むのだった。

 

 あ、あいえー? アホ領主、ナンデ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ────あの、勇敢な兄のように振舞わねば。

 

 ────自信過剰に、尊大に。話す者に威圧感を与え、我が意を通せ。

 

 ────きっと、うまくいく。兄様だったら、きっとこうする。

 

 ────だから、恐れるな怖がるな。この先に待ち受ける苦難を乗り越えるには、発展を強いねばならない。

 

 ────多少の無茶は承知だ。無理やり脅してでも、農民を叱咤激励しないと。

 

 

 

 

 それは、起こりえたかもしれないとある未来。

 

 失った兄の後を継ぎ、兄の後を追いかけ続けた臆病な「イヴ」の破滅の未来。

 

 父親が死んだあと、その混乱に付け込もうと隣国で侵攻の動きが活発化し。聡明だった彼女はその素養から、来るべき戦争に備え『継戦能力の確保』に奔走することとなる。

 

 

 ────だがしかし、そんな『彼女』の最期は。必死で救おうとした『民』に反逆され、猛毒により7日間のたうち回って苦しんだ末の絶命だったという。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。