ようこそ人間讃歌の楽園へ   作:夏葉真冬

19 / 57
彼は快活少女に打ち明ける。

 

 

 

図書室を出て職員室に駆け込んだDクラスの面々は、担任である茶柱先生に事情を問い詰めた。

一同を代表して堀北がテスト範囲が変更されたか否かついて尋ねると、先生はあっさりとそれを認めた。

しかも、伝え忘れていたと事も無げに言い放ったのだ。

当然そんな説明で納得できるはずもなく、池や山内は不満を口にしていた。

須藤もまた、言葉に出さないまでも不機嫌さを前面に押し出していた。

しかし堀北は、これ以上不満を口にしても状況が変わることはないと判断したのかすぐに頭を切り替えていた。

彼女は踵を返し、職員室を出る。

それに倣うように、須藤たちも渋々だがその後に続いて職員室を出た。

 

「櫛田さん、少しお願いがあるのだけれど」

 

廊下に出ると、すぐさま堀北は櫛田にあることを頼もうとした。

 

「なにかな?」

 

「新しいテスト範囲のことを、Dクラスの皆に知らせて欲しいの」

 

そう言うと、堀北は先ほど先生から受け取ったテスト範囲の書かれたメモを手渡した。

 

「それはいいけど、私でいいの?」

 

「この中で貴女が1番の適任者であることは、議論するまでもないこと。

 テスト範囲を勘違いしたままテスト本番を迎えるわけにはいかないわ」

 

「うん、分かった。私が責任を持って平田君たちに伝えておくね」

 

「私は明日以降に備えて、新しいテスト範囲からさらに絞込みをするわ」

 

堀北は努めて平静を装っていたが、その表情からは僅かに焦りが滲み出ていた。

必死に勉強した部分は無駄になり振り出しに戻された。

時間も一週間しか残されていない。

何より心配なのは池や山内、須藤のモチベーションだ。

 

「堀北。俺、明日から1週間部活休むから」

 

須藤がいきなりそんなことを言った。

 

「え?」

 

「形振り構ってる時間はねぇ。ここまできたらバスケに当てる時間も全部くれてやる」

 

「本当に構わないの?」

 

「男に二言はねぇ」

 

堀北の忠告を受けて尚、須藤の覚悟は揺らがない。

 

「しゃーない、俺もやるぜ」

 

「だな、ここで引き下がるのはカッコ悪すぎるしな」

 

須藤が覚悟を見せたことで池と山内にも火が点いたらしい。

彼らがやる気になっていると、柚椰が須藤に声をかけた。

 

「須藤、()()()()()()()()()()()()。心配することはないよ」

 

「え......それって......!?」

 

須藤は柚椰の言っていることが理解できたのか目を見開いた。

2人の会話を聞いている者たちは何のことを言っているのか分からず首を傾げている。

 

「あぁ、だから安心して明日からも勉強しろ。池、山内にしても心配ない。

 堀北が新しく組んだメニューをやればいい。ベースが完成すれば()()()()()()()

 

「黛......そうだよな!俺らには堀北ちゃんがいる!」

 

「頼んだぜ堀北ちゃん、俺らも必死でやるからさ!」

 

柚椰の言葉を好意的に解釈したのか、池と山内も表情に希望が宿っていた。

 

「お前たちは先に教室に戻っていてくれ。

 堀北、綾小路、櫛田は少し話したいことがあるから残ってほしい」

 

「え、ええ、分かったわ」

 

「分かった」

 

「う、うん」

 

3人は柚椰の言う通り、その場に残ることを承諾した。

柚椰に言われ、池たちは先に教室へ戻っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それで?話というのは何かしら」

 

堀北が口火を切った。

 

「この顔ぶれってことは池たちに課す勉強メニューについてか?」

 

「それに、さっきの黛君の言葉、必ず結果は出るって......」

 

櫛田は先ほど柚椰が言った言葉が気にかかっているらしい。

 

「今まで黙っていたことは悪いと思うけど、ひとまずこれを見て」

 

柚椰は端末からあるデータを開き、3人に見せた。

それが何であるか、すぐに気づいたのは堀北だった。

 

「これってまさか......!?」

 

「うん、中間テストの過去問。1週間ほど前に手に入れておいた」

 

「た、確かにこれを使うのはテスト勉強には効果的だね......」

 

櫛田は過去問を使った勉強はテスト対策に効果的だと思ったらしい。

しかし、柚椰が伝えたいのはそれだけではない。

 

「それだけじゃない。この問題だけど、毎年全く同じものが出題されてる」

 

「えぇっ!?」

 

「確証はあるのか?」

 

綾小路の疑問は尤もだった。

普通であれば定期テストの問題というのはその年その年で僅かながら変わるものだ。

その年度に教科を担当する先生の癖や授業の進行度によってどうしても左右されるのがテスト範囲であり、テスト問題なのだから。

 

「検証のために先月末にやった小テストを含めて2年生、3年生のそれぞれから譲ってもらった。

 照らし合わせた結果、面白いくらいに全問一致。ご丁寧に問題文まで一緒だった」

 

柚椰がそう言ったことで、綾小路はある可能性に行き着いた。

 

「......ということは、テスト範囲の変更というのは」 

 

「嘘だろうね。元々テスト範囲は固定だった。

 生徒たちがどう動くかを見極めるためにわざと変更なんて言葉を使ったんだろうね」

 

そこまで言われたことで、堀北もまた今回の事態の真相に気づいた。

 

「じゃあ、茶柱先生が伝え忘れていたというのも」

 

「Dクラスの、というよりは俺たちの動きを見るためだろうさ。

 現にあの人、自分のミスだと認めたくせに何も悪びれず、むしろ俺たちを試すような目を向けていたよ」

 

「そういえばさっき、一瞬だが黛を見ていたな......」

 

綾小路は職員室で茶柱先生が柚椰に一瞬だが変な目線を送っていたことに気づいていた。

それが何であるかまでは分からなかったものの、不可解であることには気づいていたようだ。

 

「俺が過去問を先んじて集めていたことをどっかで聞いてたんだろうね。

 あの人、俺が一緒に職員室に来たのを見て一瞬笑ったよ?

 『なんでお前まで一緒になって驚いてるんだ?』とでも言わんばかりに」

 

「黛はどうして今まで黙ってたんだ?」

 

「そ、そうだよ!こんな裏技があるなら早く教えてもいいじゃん!」

 

綾小路と櫛田は、こんな秘策があることをどうして黙っていたのかと柚椰に尋ねた。

しかし堀北は少し思案する様子を見せると、柚椰を真っ直ぐ見つめた。

 

「いえ、そうしなかったのにはちゃんと理由があるわ。そうよね?」

 

「流石堀北だね。実は須藤を懐柔するとき、俺は過去問の存在を教えてたんだ。

 案の定、須藤はくれと言ってきたけど俺は拒否した」

 

「早いうちからこんな裏技があることを知れば、彼が勉強することを止めてしまうから?」

 

「そう、須藤たちだけじゃない。クラスの皆も同じだ。

 これが必勝法だと知れば、過去問を暗記するだけでいいと投げやりになることも考えられた。

 だからあくまでこれは、全員がテストを受けるに十分な力をつけた上で公開するべきものだった」

 

「さっき黛が須藤に言っていたベースって言葉がそれか」

 

綾小路は先ほど須藤に言っていた柚椰の言葉を思い出した。

 

「有効なカードっていうのは単体でも勿論強いが、使う側がポンコツだったらいつまでもそれに頼ることになる。

 Aクラスに上がることが目的なら、全体のスペックを底上げすることは避けて通れない」

 

「確かに、楽な道を覚えてしまったらそこで成長は止まるからな。黛の考えは尤もだな」

 

「私が新しく組んだメニューを課して、彼らが力を付けた段階で過去問を使って駄目押し。

 要はそういう作戦ってことね?」

 

「そういうこと。そしてクラス全体への公開だが、櫛田にやってもらいたい」

 

「え、私?」

 

まさか自分にそんな役割を当てられるとは思わなかったのか櫛田はキョトンとしている。

 

「テスト範囲が変わったことを知り、それを知らせた櫛田はクラスのために打開策を模索した。

 そして過去問を使うことを思いつき、先輩に交渉してなんとか過去問を入手した。

 手に入れた過去問はなんと毎年同じ問題らしい、これは必勝法だ。というのが筋書きだね」

 

「......なんか私、黛君に女優か何かだと思われてる?」

 

何から何まで決められた筋書きに櫛田は苦笑いしている。

あまりに白々しい予定調和に流石に同意しかねるようだ。

 

「でも君がそうすることが最適だと思うんだけどね。綾小路と堀北もそう思うだろう?」

 

「確かにクラスのアイドルである櫛田が頑張ったという体にしたほうが皆の結束も深まるな」

 

「そうね、この中で1番クラスの人と自然に接することが出来るのは櫛田さんね」

 

「2人までそんなこと言って......もうっ」

 

綾小路と堀北にも煽てられたことで、櫛田は逃げ道を無くした。

しかし2人からの言葉には悪い気はしていないらしい。

堀北からの言葉だというのに、櫛田は嬉しそうに頬を綻ばせている。

 

「分かった。じゃあ、私が過去問を配る役をやるよ」

 

「ありがとう、全体に公開するタイミングはテスト前日か2日前くらいが望ましい」

 

当初の予定では3日前を目処に考えていたが、柚椰はそれでも十分だと判断したらしい。

 

「そっか、あまり早く渡すのも良くないもんね」

 

櫛田は納得したのか、うんうんと頷いている。

 

「にしても黛、過去問を使う方法は一体何時思いついたんだ?」

 

「そうね、参考までに聞かせてもらいたいわ」

 

「今月頭のホームルームで、赤点を取らずに乗り切れる方法があると確信してるって先生が言った時にだね。

 テストを乗り切る方法はいくつかあるけど、可能性が高いのは過去問を使った勉強だと踏んだ。

 問題が全く同じだってのは予想外だったけどね」

 

「だが、結果として先生が言ってたことの意味がそれだってことが分かったな。お手柄だと思う」

 

綾小路は素直に感心しているのか柚椰を褒めた。

しかし堀北は何かを考え込んでいる。

 

「けど、もしかしてこれって他のクラスもやってくるんじゃないかしら?」

 

堀北の疑問。

それはこの必勝法を思いついているのが自分たちだけではないのではないかというもの。

他のクラス、特にAクラスは同じことを考えているのではないだろうか。

 

「あぁ、やってくるだろうね。特にAクラスは」

 

「──っ!やっぱりそうよね」

 

「勿論正攻法でテストに臨むクラスはいるはずだよ。

 特に基礎スペックが高く、クラスの結束が固いであろうBクラスとかはね」

 

「帆波ちゃんのクラス?」

 

櫛田は友達である一之瀬が所属しているクラスを挙げられたことに反応した。

 

「うん、彼女がBクラスのリーダーでしょ?一目で分かった。

 彼女みたいなタイプは自然とクラスの中心に居て、自然と人を惹きつける。

 男女問わず慕われて、気がつけばクラスのリーダーになってるタイプだ」

 

「......今日初めて会ったはずなのに随分と好印象なのね」

 

「ふーん、黛君って帆波ちゃんみたいなのが好きなんだ......」

 

柚椰が語った一之瀬の分析を聞いて、堀北と櫛田は何故か不機嫌そうにむくれた。

 

「いや、むしろ俺は危機感すら感じてるよ?

 一之瀬みたいな人間は甘く見てると痛い目を見る。

 Aクラスばかり意識して、Bクラスを通過点だと思ってたら必ず足を掬われる。

 今は友好な関係を築くのが得策だな。間違っても敵対しようなんて考えない方がいい」

 

「その口ぶりだと、黛はAクラスのリーダーにも心当たりがあるのか?」

 

「うん、前に食堂で会った」

 

綾小路からの問いかけに柚椰はあっさりと頷いた。

それに真っ先に食いついたのは言わずもがな堀北だった。

 

「誰?Aクラスを纏めてるのは誰なの?」

 

「まぁまぁ落ち着きなよ。そうだね、Aクラスのリーダーだけど......正直底が見えない」

 

「黛でもか?」

 

「綾小路は俺を買い被りすぎだよ。俺がやれるのは精々頭を捻って先んじて仕込みを打つ程度。

 だがAクラスのリーダーは、クラスの奴ら全員を掌握できるほどのカリスマがある。

 それは前に俺がホームルームで言ったろう?

 クラスポイントの減少を60に抑えたって点だけでもその強さは分かるはずだ」

 

「間違いなく強敵ということね......」

 

「あぁ、向こうさんが完全にAクラスを支配したとき、間違いなく大きな壁として立ちはだかる。

 そうなれば、突き崩すことは容易じゃない。

 こちらも全員で事に当たらないと勝負にすらならないだろうね」

 

「面白いじゃない。受けて立つわ」

 

堀北は闘争心を刺激されたのか、好戦的な笑みを浮かべていた。

しかし綾小路は冷静に状況を見ていた。

 

「とりあえず、今はAクラスのことよりも自分たちのことだな」

 

「だね、中間テストでクラス間の差を大きく詰めることは無理だ。

 だがクラスポイントを上げることは出来るし、それをすることはクラスの士気を高める上では必須だ。

 敵を見据えるよりも、今は自軍を纏めて強くする段階だよ」

 

その言葉に一同は皆頷いた。

 

「んじゃまぁ、泣いても笑っても残り1週間。頑張ってこうよ」

 

「えぇ、私も今日中にはメニューを作るわ」

 

「俺も、出来ることはやるつもりだ」

 

「私も私も!皆のために頑張るよっ」

 

皆が皆、決意を新たに中間テストに向けて歩き出した。

 

「あ、そういや櫛田、もう一個お願いがあるんだけど」

 

「なにかな?」

 

首を傾げる櫛田に柚椰はニッコリと笑った。

 

「一之瀬の連絡先教えてくれない?」

 

「むぅ......」

 

柚椰のお願いを聞いた櫛田は風船のように頬を膨らませていた。

 

「むっ......」

 

傍で聞いていた堀北もまた、僅かながらむくれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放課後、敷地内のとあるカフェで柚椰は珈琲を飲んでいた。

テーブル席で寛いでいる彼は、ある人物が来るのを待っていた。

 

「ごめんね、待たせちゃったかな?」

 

そう言ってやってきたのは今日柚椰と初めて会った一之瀬だった。

櫛田から連絡先を受け取った柚椰は彼女に放課後2人で会ってほしいとメールを送っていたのだ。

 

「いや、そんなに待ってないよ。いきなり呼び出して悪いね」

 

「ううん、大丈夫!

 でも、桔梗ちゃんから連絡先渡してもいいか聞かれたから何かと思ってたけど、

 まさかいきなり2人で話したいなんてメール来たからびっくりしちゃった」

 

「初めて話したその日に呼び出されて、よくOKしてくれたよね。改めてありがとう」

 

「桔梗ちゃんの友達なら悪い人じゃないと思ったからね。

 図書室のときはちょっと怖かったけど......」

 

一之瀬は昼休みの時に図書室で起きた一幕について思い出していた。

 

「あの時はCクラスの連中に言いたい放題言われて俺も少し熱くなってたからね」

 

「あはは......確かにあの人たちも言い過ぎだったよね」

 

「俺は自分のことはどうこう言われようと構わないけど、櫛田たちまで馬鹿にされたことが頭にきたんだ」

 

「桔梗ちゃんたちが?」

 

「須藤たちは確かに現時点では成績不振だけど、テストに向けて真剣に勉強と向き合ってる。

 そして櫛田や堀北、綾小路もあいつらのために自分の時間を費やして勉強を教えてる。

 俺は努力してる皆を不良品と言ったCクラスの連中が許せなかったんだ」

 

柚椰は真摯に、そして一之瀬の心に響くように言葉を紡いだ。

 

「そうなんだ......黛君って優しいんだね!」

 

一之瀬は柚椰のことを良い人だと思ったようで、笑顔で彼のことを褒めた。

その言葉がむず痒いというように柚椰は頭を掻いた。

 

「まぁ、いくらなんでもちょっと言い過ぎたと反省してるけどね」

 

「反省してるだけでも偉いよ。ちゃんと自分のことを見れるってことなんだから」

 

「サンキュ。そう言われると少し気が楽になる」

 

「いいのいいの!それで、私と話したいことって結局何なの?」

 

一之瀬は柚椰からの礼の言葉を受け取ると、今回の本題について触れる。

彼女が触れたことで、柚椰もまた本題に入ろうとした。

 

「あぁ、そのことなんだけど......一之瀬って生徒会に立候補したって本当?」

 

「え、うん、そうだよ。もしかして情報もう出回ってる?」

 

「一部ではね。一之瀬みたいな女子だと余計に噂が出回りやすいんだろうね」

 

「私みたいな?」

 

「うん、可愛い女子の動きってのは否が応でも人目を惹くから」

 

「にゃっ!?」

 

柚椰の言葉に一之瀬は変な声を出した。

 

「か、可愛いって、いきなりそんなこと言われると照れちゃうな〜」

 

「いやいや、一之瀬は可愛いと思うよ。クラスでも人気者なんじゃないかな?」

 

「そ、そんなことないよ〜!」

 

一之瀬は真っ赤になって手をブンブンと振りながら柚椰の言葉を否定する。

その表情は恥ずかしいやら嬉しいやらといったところだろうか。

 

「本当、私なんて全然!......それに、生徒会だって結局会長さんに断られちゃってさ」

 

そう語る一之瀬はショボンとしながらも、完全に意気消沈といった感じではなかった。

 

「ふーん、けどその目を見る限り、諦めてなさそうだね」

 

「うん、チャンスがあったらまた立候補するつもりだよ」

 

「そうか......」

 

一之瀬のその発言を聞いた柚椰は、以前会長と交わした契約を思い返す。

そして会長から課せられた課題を実行に移すことを決めた。

 

「もし今後、一之瀬がもう一回立候補するとすれば、それは堀北会長が引退した後。

 代が変わって新体制になったときと判断していいのかな?」

 

「そうだね。その時が1番狙い時かなって」

 

「そうか、このまま行けば次の会長に就任するのは現副会長の南雲雅だね。

 一之瀬は彼のことはどの程度知ってる?」

 

「え、うーん......実はほとんど知らないんだよね。

 副会長さんってことだから多分会長さんを尊敬してる良い先輩なんじゃないかな?」

 

一之瀬が副会長についてほとんど知らないという事実を聞き出した柚椰は好機とばかりに内心笑みを浮かべる。

 

 

 

 

「良い先輩か......実はそうでもないらしいんだ」

 

柚椰は深刻そうな顔を作り、彼女の関心を向けさせる。

 

「えっ、どういうことかな?」

 

「まずはこれを見てくれないかな」

 

そう言って柚椰が鞄から取り出したのは一つの資料。

以前生徒会長から受け取ったデータを元に作成した南雲雅にまつわる調査資料だった。

そこには彼がこれまで起こしてきた事件や問題行動、彼の性格や交友関係まで細かく記されていた。

一之瀬は言われるがままに資料に目を走らせていくが、やがてその表情は驚愕へと変わった。

 

「これって......!?」

 

「南雲副会長はお世辞にも良い生徒とは言えない。むしろ堀北会長とは真逆の人間だ。

 品行方正な会長とは違い、南雲副会長は問題行動とも言える事柄が多い。

 書いてある通り、2年生の何人かは彼の手によって退学させられている。

 学校側は証拠不十分として彼がやったとは判断していないけど、彼がやった可能性は極めて高い」

 

「そんな......」

 

「そして副会長だけど、なんでもかなりの女好きらしい。

 資料にも載ってるけど、彼が自室に女生徒を連れ込んでいるところが度々目撃されている。

 写真を見れば分かると思うけど、同意の上で為されている行為には見えない」

 

柚椰が指で差したのは、南雲副会長が女生徒を寮の自室へ連れ込んでいる写真だ。

それは偶然その場に居合わせた先輩が、たまたま持っていたカメラで撮影したものだ。

先輩はその写真をすぐさま柚椰に送り、情報を提供したのだ。

 

「しかもこの副会長、関係を持った女生徒を私物って呼んでいるらしい。

 これは資料にもある通り、彼と同じ2年生の先輩からの証言だ。

 彼のことを嫌ってる先輩の嘘という線も考えられたが、それにしては同じ証言があまりに多い」

 

柚椰は次々に該当箇所を指で差すことで資料に信憑性を持たせた。

物的証拠や証言の数々は否が応にでも真実であることを印象付けさせる。

 

「南雲副会長が会長に就任すれば、これまでより一層派手に暴れる可能性が高い。

 生徒会入りを希望している一之瀬も、彼の標的になるかもしれない」

 

「で、でも、なんで黛君はこのことを私に......?」

 

「南雲副会長が危ない人間だと1番よく知っているのは誰だと思う?」

 

柚椰のその問いに、一之瀬はある人物が思い当たった。

 

「──っ!まさか」

 

「そう、堀北会長だ。

 会長は別に一之瀬が生徒会に相応しくないと判断したから落としたんじゃない。

 自分が引退した後、会長に就任した南雲に一之瀬が狙われることを防ぐために落としたんだ」

 

「まさか......でも、会長さんがどうして......」

 

信じられないとでも言いたげに一之瀬の瞳は揺れていた。

しかし、確たる証拠が目の前にある以上、それを嘘と否定することは出来ない。

一之瀬の表情から、彼女が今揺れ動いていることを確信した柚椰はさらに駄目押す。

 

「堀北会長は言ってたよ。この学校に入ってきた以上、俺にとっては大切な生徒だ、って。

 その生徒が危険な目に遭うことを見過ごすことは出来ないってさ。

 けど、一之瀬が立候補したという情報が出回った以上、

 遅かれ早かれ副会長には目をつけられることにも気づいてた。

 だから俺に依頼してきたんだ。一之瀬を副会長から守ってくれって」

 

「会長さんが黛君に......?」

 

「あぁ、俺1人でこれだけの情報を集めることは無理だよ。

 この資料は、堀北会長が俺にくれた情報を元に作った。全ては一之瀬を守るために」

 

「私のために......でも、なんで黛君はそのお願いを聞いてくれたの?

 別にそのときは私と友達だったわけじゃないのに」

 

一之瀬の疑問は尤もだった。

柚椰はそのとき友達でもなく、顔見知りというわけでもない。

ましてや直接話したことなどなかったはずの相手。

にも関わらず、一体何故彼はその依頼を引き受けたのか。

 

「堀北会長の想いに共感したからとか、副会長への怒りもあったけど......

 1番は一之瀬だったから、かな」

 

「私だったから......?」

 

「前に一回職員室の前で会っただろう?

 そのとき星之宮先生が名前を呼んでたから一之瀬の顔と名前は知ってた。

 堀北会長が一之瀬の名前を出したとき、すぐに俺はあのとき会った女子だと気づいた。

 顔も知らない何処かの誰かじゃなくて、一之瀬という女子を知ってたから俺は躊躇いなく了承したのさ」

 

「たったそれだけの理由で......?だ、だってどんな人かも分からないじゃない」

 

「これでも人を見る目には自信があるからね。

 一目見たときから悪い奴じゃないことは分かってたよ。

 そして今日実際に話してみて、あのとき了承したのは間違いじゃなかったと確信した。

 だから今、ここでその話をしようと決めたんだ」

 

「そっか......やっぱり黛君は優しいね」

 

そう言って一之瀬は笑顔を浮かべた。

彼女は完全に柚椰を信用したようだ。

 

 

 

「それともう一つ、一之瀬には渡したい物があったんだ」

 

柚椰は再び鞄から一つの紙束を取り出すと、それを一之瀬へと手渡した。

 

「これは......?」

 

「中間テストの過去問。どうやら毎年出る問題は同じらしいよ」

 

「えぇっ!?」

 

一之瀬はいきなりそんな物を渡してきたことに驚いている。

 

「2年生と3年生からそれぞれ貰って照らし合わせたから本当だよ。

 間違いなくテストの必勝法だね」

 

「な、なんでこんな凄いものを?Dクラスだけで独り占めしたっていいのに......」

 

「俺のことを信じてくれたお礼だよ。使う使わないは一之瀬に任せる。

 そもそもこれは俺が独断で手に入れたものだから一之瀬に渡したって何の問題もない」

 

「ふふっ、黛君って面白いね」

 

柚椰の振る舞いが面白かったのか、一之瀬は可笑しそうに笑った。

 

「ありがとう、じゃあ遠慮なく貰っちゃうね!」

 

「あぁ、有効に使ってね」

 

「でも、私だけ色々して貰っちゃってごめんね」

 

「いいってことよ。気にしないで」

 

「ううん、気にするよ。過去問もそうだけど、私のために色々頑張ってくれたんだもん。

 今度何かお礼させてねっ!」

 

「んー、じゃあ今度機会があれば頼むね」

 

「うんっ!」

 

柚椰から了承をもぎ取ると、一之瀬は満面の笑みで頷いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




あとがきです。
黛君、一之瀬ちゃんを無事に説得して信頼を勝ち取るの巻。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。