ようこそ人間讃歌の楽園へ   作:夏葉真冬

23 / 57
彼らは不良少年を信じる。

 

 

 

翌朝、ホームルームの席で茶柱先生から新たな火種が投下された。

いつもは最小限の言葉だけで教室を出ていくはずの彼女から伝えられたのは耳の痛い連絡事項だった。

 

「今日はお前たちに報告がある。

 先日学校でちょっとしたトラブルが起きた。

 そこに座ってる須藤とCクラスの生徒との間での騒動。端的に言えば喧嘩だな」

 

先生のその言葉に、教室中がざわざわと騒がしくなる。

須藤とCクラスが揉めたこと、責任の度合いによっては須藤の停学。

そしてクラスポイントの削減が行われること。

淡々と、粛々と先生は状況を説明した。

話す内容は決してどちらか一方に肩入れするようなことはなく、あくまで学校側としての中立的な説明だった。

 

「その......結論が出ていないのはどうしてなんですか?」

 

平田から至極当然の質問が飛んだ。

暴力沙汰であり、状況も、当事者も分かっているのに処分が未だ下されていないことは不可解と言う他ない。

 

「訴えはCクラスからだ。どうやら一方的に殴られたらしい。

 ところが真相を確認したところ、須藤はそれを事実ではないと否定した。

 彼が言うには、先に仕掛けたのは自分ではなくCクラスの生徒たちの方だ。

 彼らに呼び出され、喧嘩を売られ、殴りかかってきたというのが須藤の主張だ」

 

「あぁ、俺はアイツらに呼び出されて、暴言を吐かれた。

 そして挙句の果てに殴りかかってきたから反撃しただけだ。

 俺から仕掛けたなんてのはアイツらの嘘だ」

 

「だが証拠がない。違うか?」

 

「......」

 

先生からの指摘に須藤は黙る他なかった。

 

「今のところ真実は分からない。だから結論が保留になっている。

 どちらが悪かったのかでその処遇も大きく変わるからな。

 目撃者でも居れば話は早いのだがな......

 この中に須藤たちの喧嘩を目撃した者がいれば挙手をしてくれ」

 

先生はそう問いかけるが、手を上げる生徒は1人もいない。

 

「残念だが、このクラスには目撃者はいないようだな」

 

「くっ......!」

 

目撃者ゼロという現状を突きつけられ、須藤は歯噛みした。

 

「学校側も目撃者を探すために各クラスの担任の先生が詳細を話しているはずだ」

 

それは学校側としては当然の措置だった。

早急に処分を決定しなけらばならない以上、全学年の全クラスに詳細が通達されるだろう。

 

「とにかく話は以上だ。目撃者の有無や証拠の有無。

 それらを含め、最終的な判断は来週の火曜日には下されるだろう。

 それではホームルームを終了する」

 

話は終わりだと言わんばかりに、茶柱先生はスタスタと教室を出て行ってしまった。

先生が出て行くと、教室は再びざわつき始めた。

皆が皆、須藤に対して不満ありありと行った視線を向けている。

当の本人である須藤は冤罪とはいえクラスに迷惑をかけている現状に歯を食いしばって俯いていた。

ボソボソと小声で須藤への陰口が吐かれ始めたそのとき、1人の男子生徒が須藤のところに向かっていった。

中間テスト以降、須藤の面倒を見ていた柚椰である。

 

 

 

「ま、黛......」

 

近づいてきた柚椰に気づいた須藤が弱々しく顔を上げた。

対する柚椰は何の笑顔も浮かべず、座っている須藤をただ見下ろしている。

柚椰の雰囲気がいつもと違うと分かり、須藤は一層縮こまる。

 

「悪い......前に暴力沙汰はやめろって言われたのに結局やっちまった」

 

「......」

 

しおらしく謝る須藤に柚椰は何の言葉も返さない。

彼の目は冷たく、普段の彼からは想像も出来ないほどに怖い。

柚椰から向けられるその目に、須藤は背筋が冷たくなるのを感じた。

 

()、廊下に出ろ」

 

柚椰の口から発せられたその言葉は、あまりに低く、そして冷たいものだった。

その声に、須藤は一層ビクリと怯えた。

周りで見ていた生徒たちも、いつもと違う柚椰の態度に黙り込んでいる。

 

「ま、黛?」

 

「二度も言わせるな。廊下に出ろ」

 

戸惑う須藤に、柚椰は再度命令を下す。

顎で教室の外を指し、これ以上言わせるなとばかりに睨んだ。

須藤は素直にコクリと頷くと、椅子から立ち上がった。

そして2人は静かに歩き出すと教室を出ていった。

 

 

 

 

「な、なんか黛の奴、いつもと雰囲気違くね?」

 

急に静かになった教室に、池の戸惑いの声が響いた。

 

「だな。いつもはヘラヘラしてるっていうか、笑ってることが多いのに」

 

「だよな。それに今、須藤のこと名前で呼んでたよな......?」

 

池と山内の会話に、生徒たちもざわざわとし始める。

皆が皆、柚椰の変化に戸惑っていた。

 

「さっきの黛君、なんか凄く怖かった......」

 

「うん、いつもは優しい感じなのにね......」

 

女子たちも普段の優しい柚椰のイメージとかけ離れたさっきの姿に怯えている。

しかし1人だけ、この教室の中で唯一柚椰の豹変ぶりを知ってる者がいる。

 

「黛君が人のことを名前で呼ぶときって実は決まってるんだ」

 

そうつぶいたのは櫛田だった。

彼女のそのつぶやきを聞いたことで、皆の視線が彼女に集中する。

 

「櫛田ちゃん知ってんの?」

 

一同を代表して池がそう尋ねる。

 

「うん、前に一回見たことがあって......」

 

櫛田はその一回の対象は自分であったことは伏せて伝えた。

皆が話の続きが気になっていると、彼女は詳しく話し始めた。

 

「黛君が名前で呼ぶときは......本気で怒ってるときだよ。

 多分、黛君は今回の事件を起こした須藤君に対して本気で怒ってるんだと思う」

 

その説明に、生徒たちは合点がいった。

この1ヶ月、須藤が真面目になったのは柚椰の存在が大きかった。

須藤は彼の言うことは素直に聞いていた。

柚椰も、そんな須藤のことを気にかけていた。

そんな矢先に須藤が暴力沙汰を起こしたのだ。

柚椰が怒るのも無理はないと皆は思ったのだ。

 

「まさか今度は2人が殴り合いの喧嘩とかしないよな......?」

 

「流石にそれは......ないとは言えねぇな」

 

池と山内のつぶやきが静かな教室に響いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教室を出た柚椰と須藤は階段の踊り場まで来ていた。

1時間目まであまり時間はない。

そのためさっさと事を済ませなければならない。

 

「事情を全部説明しろ。嘘偽りなく全部だ」

 

「......分かったよ」

 

柚椰の命令に少し嫌がるそぶりを見せた須藤だが、やがてポツポツと事情を説明し始めた。

 

「呼び出したのは同じバスケ部の小宮と近藤だった。

 原因は多分俺が今度の大会でレギュラーになるかもって話が持ち上がったからだと思う。

 1年でレギュラー候補に選ばれたのは俺だけだったし、アイツらとは部活中にも何度か言い争ったりしてたからな。

 だから俺が選ばれたことへのやっかみかなんかだと思ったんだ」

 

「そうと分かってどうして出向いた?無視すれば良かっただろ」

 

「ここで無視しても絶対また部活中に色々言われると思ったからな。

 いい加減終わらせたいと思ったんだよ。

 そんで特別棟に行ったらアイツら2人以外にも石崎っつー奴がいてな。

 石崎は2人のダチらしくて、ついてきたらしいんだ」

 

「用心棒代わりということか」

 

「多分な。そんで小宮と近藤は俺に『Dクラスのお前がレギュラーなんて気に食わない』、

 『痛い目見たくなけりゃバスケ部をやめろ』って言ってきたんだよ」

 

「それで頭に来て殴ったと?」

 

柚椰がそう尋ねると須藤は首を横に振った。

 

「俺は殴る気なんてさらさら無かった。普通に断って帰ろうとしたんだよ。

 でも俺が挑発に乗らないと分かったらアイツら......」

 

「どうした?」

 

急に黙った須藤に柚椰が続きを促す。

すると須藤は言いにくそうに、言いたくなさそうに口を開いた。

 

「俺が挑発に乗らないと分かったら、今度はクラスの奴らの悪口を言い始めたんだよ。

 『お前が尻尾振ってる黛は所詮口だけの腰抜け野郎だ』って。

 多分、テスト前に揉めたCクラスの奴らが自分を強く見せるために嘘をばら撒いたんだ。

 それだけじゃねぇ。堀北のことも『不良品のくせに口ばっか達者な落ちこぼれだ』。

 挙句『お前みたいなクズに優しくする奴らもどうせ皆クズなんだろ』ってよ......

 最後は、違うってんならかかってこいって言いながら殴りかかられた。

 それでブチ切れて......」

 

「殴ったと」

 

須藤はコクリと頷いた。

 

「俺のことだけならまだ我慢できた。お前に釘も刺されてたしな。

 でも、俺を助けてくれたお前と堀北を......ダチのことまで馬鹿にされたのが許せなかった。

 そんで気づいたらボコボコにしてた」

 

つまり須藤を怒らせた直接的な原因は、彼の仲間への暴言だったということだ。

須藤は決して自分勝手な理由で人を殴ったのではなかったのだ。

Cクラスの生徒たちは、須藤にバスケ部を辞めさせるために脅迫し失敗した。

しかし、彼に暴力を振るわせるために彼の仲間のことも中傷した。

結果、須藤は怒り、暴力を振るった。

そして後日、Cクラスの生徒たちは須藤に襲われ殴られたと嘘をついて学校に訴えた。

これが事の一部始終らしい。

 

「殴ったことは認める。

 でも俺は自分から喧嘩ふっかけたりはしてねぇ!信じてくれ!」

 

須藤は柚椰に必死になって懇願した。

どうか信じてほしい。味方でいてほしいと願った。

他の人はまだいい、ただ柚椰にだけは信じてほしいと須藤は思っていた。

 

 

 

「あぁ、信じているさ」

 

 

 

須藤の訴えに、柚椰は微笑みを以って応えた。

 

「君がそう言うなら俺はそれを信じる」

 

「で、でもお前キレてたんじゃ......」

 

先ほど教室から自分を連れ出したときの態度から、須藤は柚椰がキレていると思っていたようだ。

 

「あのまま教室に居たら君に対して誰かが直接なんか言ってくることは読めてたからね。

 だからそうなる前に強引に連れ出しただけさ」

 

「な、なんだよ......キレてたんじゃねぇのかよ......」

 

緊張が解れたのか須藤は一気に疲れたように項垂れた。

 

「ひとまず今後の対応について考えるとしよう。教室に戻るぞ」

 

「クラスの奴らにも説明すんのか?」

 

「それが得策だろうね。

 少なくとも君がただ殴ったという認識のまま協力を仰ぐよりは遥かに事が進みやすい」

 

「そりゃそうだけどよ......なんか小っ恥ずかしいっつーか」

 

須藤は喧嘩の原因を知られるのが恥ずかしいようだ。

自分のことでキレて殴ったならまだいいものの、仲間のためにキレたというのは少し言いづらいらしい。

 

「寧ろ良い機会だと俺は思うけどねぇ。

 入学当初のイメージを払拭しておくのは君にとってプラスになるはずだ。

 君が仲間想いの奴だと知れば、君の評価は上がる。

 それは転じてクラスの結束を高めることにも繋がる。良いことずくめだ」

 

「......分かったよ。ちゃんと説明すりゃいいんだろ」

 

「あぁ、俺も一緒に居てやるからそうしなよ」

 

2人は話を終え、1時間目に間に合わせるために教室へ向かった。

 

「それと、1つ君に約束しておくよ」

 

教室に向かっている途中、歩きながら柚椰が須藤に話しかけた。

 

「約束?」

 

「あぁ、この事件の終息が学校側の独自の判断ではなく、

 双方の主張を吟味するための審議が行われると仮定する。

 もし、Cクラス側が今の主張を崩さず、

 あくまで『()()()自分たちを呼び出し、()()()()殴りかかってきた』と証言した場合──」

 

そこで言葉を区切ると、柚椰は須藤を真っ直ぐ見つめた。

身長差的に見上げる形となっているが、柚椰は強い眼差しでこう宣言した。

 

 

 

 

「必ず君を勝たせてやる。君には何の処分も下させない。

 ()()()()()を勝ち取ってやる。だから安心してついてきなよ」

 

 

 

 

その言葉に、須藤は目を見開いた。

 

「必ず勝たせるって......目撃者もまだ見つかってねぇんだぞ?」

 

「心配しなくていいよ。目撃者は必ず見つけ出す。

 それに、俺は君が潔白だと証明するために事を起こすんじゃない。

 相手が嘘をついていることを証明するために動くんだ」

 

「どういうことだよ?」

 

「君が潔白だと証明することははっきり言って不可能だ。

 相手に怪我をさせている以上、お咎めなしとはならない」

 

「おい、さっきお前無罪にするって言ったじゃねぇか!」

 

「よく考えろバカタレ。君は殴った。それは事実だろう?

 だが、こと審議の場において、問題は()()()()()()()()()()()()なんだよ」

 

「嘘をついてるか......?」

 

「相手は君に全て原因があり、自分たちは何もしていないというスタンスを取っている。

 それが嘘だと証明された場合、学校側はCクラスに対してどう思う?」

 

「そりゃお前、嘘ついて訴えたんだから良く思うわけが......!?」

 

須藤はそこで何かに気づいたのか口をポカンと開けた。

 

「気づいたかい?審議において嘘の証言、偽証ってのは最も重い罪だ。

 それまでの前提が全部嘘になり、その審議自体の意味を失うことになるからね。

 たとえそこで焦って主張を変えたとしても、審議する側はまた嘘なのではないかと疑う。

 つまり、今のまま審議が始まり、そこで()()()()()()()()()()()()、その時点で相手の負けは確定する」

 

「そういうことか......!でも、嘘を証明するってどうやるんだよ?」

 

「だから安心しなよ。クラスメイトを、そして俺を信じてついてくればいいさ」

 

柚椰のその言葉に、須藤は黙って頷いた。

彼はDクラスを、柚椰を信じることに決めたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「というわけだ。須藤は自分から喧嘩をふっかけたわけじゃないと言ってる」

 

教室に戻り、1時間目が終わった休み時間。

柚椰は須藤を連れて、皆の前で事件の詳細について説明した。

最初は須藤の説明に半信半疑だったクラスメイトも、間に柚椰を介したことで僅かながら信用しているようだ。

 

「須藤はあくまで俺たちの、Dクラスのことを言われて頭に来た。

 そして殴りかかってきたから殴り返した。以上が事の詳細だよ」

 

「黛はそれを信じるのかよ?」

 

一同を代表して池がそう尋ねる。

周りの生徒も柚椰の返答を待っているのか、彼に視線を向けていた。

 

「あぁ、信じる。皆も最近の須藤が真面目だってことは分かってるはずだ。

 もう須藤は理由もなく人を殴るような奴じゃないと俺は信じてる」

 

「私も須藤君を信じるよっ!」

 

柚椰に追従するように、櫛田も須藤を信じると言った。

 

「確かに、前の須藤君は乱暴だったかもしれない。

 でも、今は遅刻もしないし授業中居眠りもしてない。

 中間テストだって頑張ってたんだもん。

 その頑張りを無駄にするようなこと、須藤君はしないと思う」

 

「僕も、須藤君を信じるよ」

 

次に声をあげたのは平田だった。

 

「須藤君は同じクラスの仲間なんだ。だから、精一杯協力するのが友達だと思う」

 

「だよねー。ほんとに無実なんだとしたら可哀想じゃん」

 

平田に続くのは彼の彼女である軽井沢だった。

クラスのキングとクイーンが協力する姿勢を取った。

そしてクラスのアイドルである櫛田もまた、須藤を信じると言った。

その効果は絶大だったのか、クラスの雰囲気は須藤を信じるといった方向へ固まり始めた。

 

「私、友達に目撃した人がいないか聞いてみるね」

 

「僕も、サッカー部の皆に当たってみるよ」

 

「あたしもー」

 

櫛田と平田、軽井沢の3人は目撃者を探す算段を立て始める。

その光景を眺めながら、柚椰は須藤に話しかけた。

 

「な?真面目にやっといてよかったろう?」

 

「おう......中学のときじゃ考えられねぇ」

 

「真面目になれば、こうやって君にプラスになって返ってくるんだよ」

 

「......マジでありがとな、黛」

 

「礼なら皆に言いなよ。協力してくれる皆にね」

 

柚椰に促され、須藤はクラスメイトたちを見回した。

 

「お前ら、ほんとにありがとな!」

 

須藤がそう言うとクラスは一瞬沈黙した後、一気にざわついた。

 

「何だ須藤、気持ち悪ぃな〜!」

 

「つーか礼言うのは早ぇーよ須藤!まだ目撃者見つかってねぇんだから!」

 

池と山内は素直な須藤に対して茶々を入れ始めた。

他の生徒たちも同感なのか、皆可笑しそうにクスクスと笑っている。

 

 

「うっせー、協力してくれることに礼言ったんだよ……」

 

池たちに言われたことは尤もだと思ったのか、須藤は頭を掻きながらぼやいた。

しかし、その表情は今までの彼とは見違えるほどに柔らかく、朗らかなものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




あとがきです。
仲間のために怒った須藤君なのでした。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。