ようこそ人間讃歌の楽園へ   作:夏葉真冬

34 / 57
彼と孤独少女の休日。

 

 

 

期末テストも無事に終わり、もうすぐ夏休みに差し掛かる頃。

休日のある日、柚椰と堀北は敷地内のファミレスで昼食を摂っていた。

1学期は終業式を残すのみとなったため、以前約束していた通り、こうして一緒に出かけているのだ。

 

「1学期ももうすぐ終わりだねぇ」

 

「そうね、期末テストも退学者が出なくてよかったわ」

 

「もう須藤たちも心配いらないでしょ。

 今回だって前回と比べれば大分飲み込みが早かったしね」

 

「えぇ。確かに負担はかなり少なかったわ。

 真面目に授業を受けるようになったからか、基礎は既に出来上がってたから対策もしやすかった」

 

「堀北様様だねぇ」

 

「黛君だって対策問題を作るのに協力してくれたじゃない」

 

「前回は絞り込みも対策も任せっきりにしちゃってたからね。それくらいはやるさ」

 

「なんにしても助かったわ。ありがとう」

 

「良いってことよ」

 

堀北は微笑みながら礼を述べ、柚椰はそれを受け取った。

二人は食事を終え、食後のコーヒーを飲む。

 

「今日はこれからどうしようか?」

 

「本屋に行きたいわ。目当ての新刊が出てるそうなの」

 

「そうか、じゃあ行こうか」

 

コーヒーを飲み終え、二人は席を立った。

柚椰は約束通り堀北の分の食事代を支払った。

店を出ると、二人はショッピングモールに入っている本屋を目指して歩き出す。

 

「折角だから俺も何か適当に見繕ってみるか」

 

本屋に行くということで、柚椰も何か本を買おうと思ったのかそんなことを呟いた。

その呟きを堀北は拾う。

 

「黛君さえよければ、私が見繕ってあげるけど?」

 

「え、いいの?」

 

「構わないわ。私たちは親友なのだから」

 

胸に手を当て、何故か自慢げに堀北がそう言った。

気がつけば彼女の中の柚椰の立ち位置が友達から親友にランクアップしている。

ここ最近彼女は柚椰の友達であることをアピールするようになった。

少し前の彼女では考えられない変化だろう。

 

「じゃあお願いしようかな。堀北のチョイスなら安心だし」

 

「分かったわ。黛君はどんなジャンルが好きなのかしら?

 ミステリー、サスペンス、SF、それともホラーとかかしら?」

 

好きな話題だからか、堀北はいつになく楽しそうだ。

そんな彼女を微笑ましく思いながらも、柚椰は顎に手を当て思案する。

 

「んー、基本的に雑食なんだよね。

 その時その時の心の持ちようで惹かれるものって違ってくるでしょ?

 恋愛小説とかアクションとか。だからなんでも好きかな」

 

「意外ね。黛君が恋愛小説を読むなんて」

 

「そんなに意外かなぁ。そういう堀北はどんなの読むの?」

 

「そうね......私は推理小説が多いかしら。読みながら推理するのが好きなの」

 

「いいね。じゃあ俺のも推理小説で選んでほしいな」

 

「分かったわ」

 

そうこうしているうちに二人は本屋に到着し、揃って中へと入っていった。

堀北は早速店内の一角に設けられている新刊コーナーに足を運び、目当ての本を物色し始める。

数分と経たずに目当ての新刊を見つけたため、引き続いて柚椰の本を見繕うために推理小説の棚へ向かった。

 

「何が良いかしらね......」

 

「堀北が読んだことのあるもので良さげなのでいいよ」

 

「だったら私が持ってるのを貸したほうがいい気がするわね」

 

「じゃあ堀北さえ良ければ貸してほしいな」

 

「っ!そ、そう。じゃあ帰りに私の部屋に寄っていって」

 

そう言いながらプイッとそっぽを向く堀北。

今の彼女の心情は喜びと羞恥の二つだった。

本の貸し借りという友達ならではのことが出来ることへの喜び。

そしてそんな喜びを感じている自分自身への羞恥だ。

自分にとって初めての友達である柚椰と友達らしいことが出来ることがたまらなく嬉しいのだ。

そんな喜びを噛み締めていると、彼女たちに声をかける者たちがいた。

 

「あれ?黛君と堀北さんじゃん!」

 

「なになに?もしかしてデート?」

 

「ん?おー、佐藤と篠原。二人もお出かけ?」

 

声をかけてきた二人、佐藤と篠原はニヤニヤとした笑みを浮かべながら柚椰と堀北を交互に見ていた。

その視線は二人を揶揄ってやろうという気が見え見えである。

 

「私堀北さんが誰かと出かけてるのなんて初めて見たかも」

 

「ねっ!それもクラスでトップ2人気の黛君となんて。

 やっぱり堀北さんも黛君狙いなの!?」

 

「櫛田さんと堀北さんどっちが本命なの黛君!」

 

二人は完全に面白がっているようで、柚椰と堀北、そしてこの場にいない櫛田を話題に出してやいのやいの言っている。

Dクラスの女子の中で最も人気のある男子が平田、次点が柚椰となっている。

そしてその柚椰と現在最も近しい立ち位置にいる女子が、これまたDクラス男子人気一位の櫛田だ。

入学当日から今まで一貫してお互い仲の良い雰囲気を醸し出している二人。

櫛田本人は否定しているが、女子の中では既に二人は付き合っているのではないか。

或いはもうすぐ付き合い始めるのではないかと噂されている。

そしてその櫛田と同じくらい今噂になっているのが堀北だ。

元々は綾小路と噂になっていた彼女だが、最近は専ら柚椰と噂になっている。

理由はいくつかあるが、1番は柚椰と話している時の彼女の表情だろう。

元々彼女が話す相手はごく限られた人間しかいない。

同性は櫛田くらいしかおらず、異性も柚椰と綾小路、そして須藤くらいだ。

この中で彼女が能動的に話しかける者、そして話していて楽しそうにしているのは柚椰だけなのだ。

加えて最近、柚椰が女子と話しているのを堀北が何とも言えない顔で遠巻きに見ているといった光景がクラスでたまに目撃されている。

本を読みながらではあるが、チラチラと柚椰の方を見ているのを一部の女子たちは知っている。

クラスの女子の中には櫛田と堀北のどちらが勝つのか半ば賭けのようなことをしている者さえいる状態だ。

 

「櫛田も堀北も大切な友達だよ」

 

「むっ.......いいえ、私は櫛田さんとは違うわ。私は黛君の親友よ」

 

柚椰の言葉に割って入るように堀北がそう言及した。

心なしか彼女の頬は不満そうに少し膨らんでいる。

櫛田と同列ということが不満なのか、友達という枠が不満なのか。

ともかく柚椰の認識に物申したいというのは確かのようだ。

 

「え、親友?」

 

「そうよ。私と黛君は友達よりも深い関係なの。櫛田さんよりもね。

 彼女が友達なら私はその上、つまりは親友よ」

 

頭に疑問符を浮かべる佐藤にドヤ顔で解説する堀北。

恋人マウントならぬ親友マウントという新しい部類の自慢に佐藤はポカンとしている。

篠原はそのやりとりを見て柚椰に小声で話しかける。

 

「ねぇ黛君、堀北さんってもしかして......」

 

「多分俺が初めての友達だからかな。特別に思ってくれるのは嬉しいね」

 

「(いや、これは違うやつだと思うけど......)」

 

柚椰は至って普通に受け止めているが、篠原は気づいていた。

今の堀北の感情は好意を抱く男性に対するそれに似ている。

櫛田と張り合っているのがいい証拠だ。

堀北自身はその感情が恋愛感情であると気づいていないのだろう。

恐らく彼女が今までそんな経験をしてこなかったことと、友達がいなかったことが理由だろうか。

友達付き合いの経験もないからか、友達に求めることと、

好きな相手に求めることとがごちゃ混ぜになっているのではないだろうか。

これはまた面白いオモチャを見つけたと篠原は内心ニンマリと笑った。

 

「ねぇ黛君、今日は堀北さんとデートなの?」

 

篠原は堀北と佐藤にも聞こえるような声量で柚椰に尋ねる。

 

「んー、そうなるかな?前に遊ぼうって言ってて中々誘わなかったからか堀北が拗ねちゃってさ」

 

「黛君、私は拗ねてないわ」

 

むくれた堀北が口を挟む。

釣れたと言わんばかりに内心ニヤッと笑った篠原は、再び柚椰に尋ねる。

 

「じゃあ櫛田さんとは出かけたことあるの?あ、勿論二人っきりで」

 

「あるよ。えーっと、確か先月末に買い物に付き合うってことで」

 

「──!」

 

柚椰の返答に堀北がピクリと反応した。

 

「へぇ〜クラスのアイドルと二人っきりでデートなんて黛君も隅に置けないね〜」

 

「櫛田には色々と世話になってるからね。日頃のお礼も兼ねて付き合っただけさ」

 

「でも櫛田さんって男子と一対一じゃ出かけないって聞いたよ?

 その櫛田さんが誘うってことはもしかするんじゃないの〜?」

 

「気兼ねしない相手ってだけじゃないかな?

 それにほら、よくお互いに色々相談し合ってるからさ」

 

「ふーん、なるほど。あ、じゃあ私たちはそろそろ行くね!」

 

篠原はそこで会話を打ち切ると、佐藤の腕を組んでレジの方へ向かっていった。

彼女に腕を組まれている佐藤はズルズルと引きずられながら柚椰たちに手を振っていた。

二人が去っていった後も、堀北は何やら考え込むような仕草で沈黙している。

しかしやがて何やら結論が出たのか、彼女は顔を上げて柚椰をまっすぐ見つめた。

 

「黛君」

 

「なに?」

 

「黛君は櫛田さんと既に二人で遊んでいたのよね?」

 

「うん、そうだけど」

 

「そう......なら、計画変更よ。今日の夕食、私がご馳走してあげるわ」

 

「え、いや今日は俺が奢るって約束だし食事代くらい──」

 

「そうじゃないわ。私が作るって言ってるの」

 

「え、いいの?」

 

「構わないわ。日頃のお礼よ。

 それにどの道、本を貸すために私の部屋に寄るのだから一石二鳥でしょう?」

 

そこまで言われれば、柚椰が申し出を拒否する理由はなかった。

 

「じゃあお言葉に甘えてご馳走になろうかな」

 

「えぇ、そうしてちょうだい。じゃあ帰りにスーパーに寄るけど構わないかしら?」

 

「あぁ」

 

柚椰から了承を得ると、堀北はスタスタとレジに行き会計を済ませると、二人は揃って店を出た。

 

「それと、今この時から私は黛君のことを柚椰君と呼ぶけどいいかしら?」

 

「どうした唐突に」

 

スーパーへ向かう道中、藪から棒に堀北がそんなことを言い出した。

 

「別に構わないでしょう?親友なら名前呼びは普通だと以前本で読んだことがあるわ」

 

「まぁそりゃそうかもしれないけど」

 

「確認するけれど、櫛田さんのことは苗字で呼んでいるのよね?」

 

「うん」

 

「なら、親友である私のことは名前で呼ぶべきだと思うの。柚椰君にはその権利があるわ」

 

どうやら櫛田とは何がなんでも差をつけたいらしい。

一緒に出かけたところまで同じならば手料理を振る舞うことで差をつける。

同じように苗字で呼ばれるならば、名前で呼び合うことで差をつける。

とにかく柚椰の中で櫛田と自分との間に少しでも差をつけたいといういじらしさが見受けられる。

 

「んー、じゃあそうしようか。鈴音」

 

「──っ!えぇ、柚椰君」

 

名前を呼ばれたことに堀北は頬を綻ばせた。

初めての親友に名前で呼ばれたことへの喜びが彼女を包み込んでいる。

胸にじんわりと染み入るような温かさと心地よさ。

こんな気持ちになるのなら、友達を作るというのも悪くないと彼女は思った。

 

「ところで柚椰君、夕食のリクエストはあるかしら?」

 

「夏らしいものがいいかな。夏野菜を使ったメニュー」

 

「具体的なリクエストで助かるわ」

 

スーパーに入ると、堀北はカゴを片手に思案する。

頭の中では夏野菜の種類とそれを用いた料理の選択肢がポツポツと浮かんでいた。

 

「ナス、トマト、ピーマン......柚椰君は辛いの平気?」

 

「まぁそれなりに」

 

「じゃあカレーにしましょう」

 

作るものを決めた堀北は頭の中で必要なものを思い浮かべながら商品を次々カゴへ入れていく。

どうやら彼女は本格派らしく、市販のルーを使わずに作るようだ。

 

「柚椰君は自炊するの?」

 

「いや、簡単なものぐらいしかしないかな。夏なら素麺、冬なら鍋とか。

 だから基本外食がメイン」

 

「栄養が偏るから自炊したほうがいいわよ?日持ちするものなら節約にもなるし」

 

「毎日料理するの大変じゃない?つい面倒臭くなっちゃうんだよね」

 

「......よかったら今度からたまに作ってあげるけど?」

 

柚椰の食事事情を把握した堀北が思わずそんな提案をした。

 

「いいの?」

 

「いいわよ?一人分多く作るくらい大した差はないから。

 柚椰君さえ良ければ作ってあげる」

 

「じゃあお願いする。あ、材料費は鈴音の分も俺が出すから」

 

「半分出してくれればいいわよ。私も食べるのだから」

 

今後の約束を取り付けたからか、堀北は上機嫌でレジに並んだ。

会計を済ませ、商品を袋に詰めると二人はスーパーを出て寮へ帰った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふぅ、ご馳走様」

 

「お粗末様でした」

 

数時間後、堀北の部屋で二人は夕食を食べ終えた。

堀北が作ったカレーは絶品だったのか、柚椰はご満悦そうだ。

柚椰が満足そうにしているのを見て堀北もまた嬉しそうに微笑む。

 

「美味しかった。凄く」

 

「そう、口に合って良かったわ」

 

「こんな美味しい料理が食べられるなんて、会長さんは幸せ者だねぇ」

 

柚椰がそう言うと、堀北は目を伏せて俯いた。

 

「......兄さんは私の料理を食べたことはないわ」

 

「え、そうなの?」

 

「兄さんはなんでも出来るから......私なんかに料理してもらう必要はないのよ」

 

ポツポツと語る堀北の姿は、どこか寂しそうだった。

兄のこととなると、彼女は一転して幼さすら感じさせるほどに萎縮する。

それはこれまでも何度かあったため、柚椰にとって今更驚くことでもなかった。

しかし、この機会に柚椰は今一歩踏み込んでみようと考えた。

 

「前から思ってたけど、会長さんと鈴音って兄妹なんだよね?

 そのわりには随分とギスギスしてるっていうか、溝があるみたいだけど何があったの?」

 

柚椰がそう問いかけると、堀北は暫し沈黙した後、ボソボソと語り始めた。

 

「......別に、深い事情があったわけじゃないわ。

 ただ、兄さんは優秀で、私は不出来な妹だった......それだけのことなの」

 

「でも鈴音は前に自分は優秀だって言ってなかった?

 だからDクラスに配属されるのはおかしいって」

 

「あくまでそれは他の人に比べたらという話よ。兄さんと比べたら私なんて......

 だから少しでも兄さんに認められたくて、追いつきたくてこの学校に来たの」

 

「だけどDクラス配属でいきなりつまずいた、と」

 

堀北はコクリと頷く。

 

「前に兄さんと話しているのを柚椰君と綾小路君に見られたことがあったでしょう?」

 

「あー、あの時ね」

 

5月初旬のある日の夜の出来事を柚椰は思い出した。

実の妹をコンクリートの地面に叩きつけようとする兄というバイオレンス極まりない光景を彼は今でも覚えている。

 

「兄さんに私がAクラスに上がるのは無理だと言われたとき、頭が真っ白になった。

 私の目標を、辿り着かなければならない場所を否定された。

 当然悔しかったわ。だから絶対に辿り着くと言い返した。

 けど、兄さんが言うことが今まで間違っていたことはなかったの」

 

「だから心のどこかで納得したわけか。今のままじゃAクラスにはなれないって言葉に」

 

「えぇ。だからあの後、部屋に戻って考えたわ。

 兄さんが言っていたことの意味。

 そして、柚椰君が兄さんに言ってくれた言葉の意味を」

 

「俺の?」

 

「覚えてない?何かを目指すことは平等な権利だって。

 私がAクラスになるって夢に敬意を持ったって」

 

「あー、そういえば言ったね」

 

あの夜、生徒会長の去り際に自分が投げかけた言葉を柚椰は思い出した。

堀北の夢を否定した兄への怒りもあったあの言葉が、どうやら本人には響いたらしい。

 

「嬉しかったわ。兄さんに無理だと言われたことへの悔しさと同じくらい、

 私は柚椰君にそう思ってもらえてたことが嬉しかったの。

 同時にその時、須藤君に自分がひどいことを言ったことも自覚した。

 たとえ自分が無理だと思っても、理解できなくても、人の目指す道を否定する権利はないのよね」

 

「あぁ。夢を描くのも、それを目指すのも、そして叶えるのも結局は自分だ。

 諦めなければ夢は必ず叶う。

 なんてことを大っぴらに言うつもりはないけど、他人にどうこう言われて諦めるのは馬鹿らしい。

 先生だろうと家族だろうと、人が決めた夢を否定していい道理はないさ」

 

「そうよね......

 でも兄さんの言う通り、あの時の私のままだったらAクラスに上がるのは無理だったと思う。

 誰のことも近づけず、一人でやるって意固地になってたあの時の私じゃあ、ね......」

 

そう語る堀北は、もう以前の彼女ではない。

誰とも関わろうとせず、誰とも触れ合おうとせず、ただ自分の力のみを誇示していた頃の堀北。

確かに彼女は優秀だろう。

しかし、それは決して完璧ではない。

集団生活の場において、ことこの学校において個人で出来ることには限界がある。

どこまで行っても、最後は集団の力が必要になるのだ。

彼女はそれを理解し、今までの自分を悔い改め、それでも尚上へ進もうとした。

もう彼女は自分一人の力で全てを為そうとはしていなかった。

 

「改めてお願いするわ。

 柚椰君、Aクラスに上がるために私に協力してほしい」

 

彼女は柚椰をまっすぐに見つめ、想いを告げた。

 

「それは会長さんに認めさせるためかな?それとも会長さんに追いつくためかな?」

 

「いいえ、自分自身の夢のためよ」

 

間髪を容れずに彼女はそう答える。

その答えを聞いた柚椰はニコリと笑った。

 

「いい目になったね、鈴音」

 

自分の予想よりも遥かに早いペースで成長している目の前の少女に柚椰は心踊らせていた。

そしてその少女が高みを目指さんとするために自分の力を欲している。

それも誰かのためではなく、自分自身のためと彼女は豪語した。

最早問答は不要。これ以上ないほどの満点回答だった。

 

「いいよ。俺も最大限協力しよう。必ず鈴音をAクラスにしてあげる」

 

「──!ありがとう」

 

礼を述べた彼女の顔は今までで一番の笑顔だった。

 

 

 

 

 

 

 

その日の夜、堀北はベッドに横になりながら今日の出来事を振り返っていた。

初めての親友である柚椰と過ごした休日。

一緒に昼食を摂り、買い物をし、夜には手料理を振る舞った。

そしてお互いのことを名前で呼び合うことを決めた。

何から何まで初めての体験で新鮮であると同時にとても楽しかった。

やはり彼と居ると心地良い。

友達というのは、こんなにも胸が温かくなるものなのかと彼女は幸せな高揚感に包まれた。

昨日の放課後に茶柱先生と話したことなど、彼女はもうどうでもよくなっていた。

先生に伝えられたことを受け、今日彼女は柚椰のことを注意深く観察しようと考えていた。

しかし、そんなことは結果として無意味なことだったと理解した。

柚椰は決して、怪しい人なんかじゃない。

自分にとってかけがえのない親友なのだと実感したのだ。

 

 

 

 

 

前日の放課後、校舎の屋上で茶柱先生と堀北は向かい合っていた。

 

「堀北、お前は二人をどう思う?」

 

「二人?」

 

「綾小路と黛だよ」

 

その問いに堀北は眉を顰めた。

 

「言っている意味が分かりかねます」

 

「以前お前に、二人がAクラスに上がるヒントになると言ったな?」

 

「はい。そういう意味では、確かに黛君がAクラスに上がるために必要だということは理解できました」

 

「ほう?何故だ」

 

「今回の暴力事件で先生もお分かりになったはずです。

 黛君は優秀です。紛れもなくDクラスの中でトップクラスに知力に長けている。

 運動神経も折り紙つき、学力も言わずもがな。正直な所、文句の付けようがありません」

 

「堀北にそこまで言わせるとはな。お前も認めざるを得ないということか。

 では、綾小路はどう見る?」

 

再び問われたことで、堀北は暫し考え込んだ。

その末に出した結論は、彼女にとっても明確なものではなかった。

 

「......正直まだよく分かりません。ただ、彼には不可解なところが見受けられます」

 

「ほう」

 

「先生の睨むように、綾小路君は普通の生徒ではないのでしょう。

 そもそも、以前見せていただいた彼のテストの点数の時点でおかしいとは思っていました。

 本人は否定していますが、彼が実力を隠しているのはなんとなく分かります」

 

「そうか、お前もあいつが何かを隠していることには気づいたか」

 

「先生はご存知なんですか?彼が何者なのか」

 

「それは私からは教えられんな。ただ一つ教えてやれるとすれば、

 Dクラスに配属される生徒は皆、大なり小なり何か欠点を抱えているということだ。

 それはお前も例外じゃない。理解しているな?」

 

「......理解はしています」

 

「ならば、綾小路の欠点とはなんだと思う?」

 

そう問われ、彼女は一つ思い当たることがった。

 

「彼は以前、自分のことを事なかれ主義と言っていました」

 

「ほう、それはお前から見てもそう感じたか?」

 

「......正直な所、矛盾していると思ったことがないわけではありません」

 

「だろうな。本当に事なかれ主義ならば、今回の事件の捜査に協力したりはせんだろう。

 どうやら最終的に佐倉を説得したのも綾小路らしいしな。

 そもそも本当に事なかれ主義ならば、私に目をつけられることもなかっただろうさ」

 

「それは......そうかもしれませんね」

 

「これは私の見解だが、Dクラスにおいて、最も不良品である生徒は綾小路だ」

 

「彼が、ですか......」

 

「扱いが難しい。使い方を誤れば全てをご破算にする可能性を秘めている。

 それも言ってしまえば不良品だろう?」

 

「......」

 

茶柱先生曰く、綾小路という人間は大きな欠点、謎を秘めているらしい。

ではもう一人はどうなのだろうか。

堀北の疑問はそこに集中した。

 

「では黛君はどうなのですか?」

 

「む?」

 

「黛君です。彼はスペックは間違いなくAクラス相当のはずです。

 性格だって、綾小路君と比べれば社交性もあり、交友関係も広い。

 にも関わらず彼はDクラスに配属されている。いったい何故ですか?」

 

そう、それは彼女がずっと疑問に思っていたことだった。

彼女の親友、柚椰は彼女が知る限り欠点などないように見受けられる。

そんな彼がどうして不良品として扱われているのか。

今の彼女にとっての最大の疑問はそこだった。

 

「あー、そうか。そうだな、やはり気になるか」

 

堀北に尋ねられた茶柱先生は頭を掻き、目を逸らした。

普段の彼女らしくない反応に堀北は戸惑った。

 

「どうかしましたか?」

 

「あぁいや、黛だな。

 そうだな......こんなことを私が言うのもおかしな話なんだが......」

 

茶柱先生は困ったような顔でこう答えた。

 

「正直私にも分からない」

 

「は?」

 

予想外の返答に堀北が思わずそんな声を出したのは無理もなかった。

 

「黛のクラス配属を判断したのは理事長なんだよ。

 私が知っているのはあいつの出身校と試験の結果くらいだ」

 

「そんなことがありえるのですか?」

 

「まさか。異例中の異例さ。

 普通は生徒の一人一人の情報を学校側が調査し、理事長と役員との間でクラス配属を決める。

 その後生徒の情報が配属先の担任に伝えられることになっている。

 しかし、黛だけは()()()()()()でDクラス行きが決定した。

 加えて、担任である私にも詳しい配属理由が伝えられていない」

 

「では、彼の欠点を知っているのは理事長だけということですか?」

 

「そうなるな。だが、あいつの出身校が出身校だからな......

 おおよその予想はつく」

 

「どういうことですか?」

 

堀北がそう尋ねると、茶柱先生は言いづらそうに口を開いた。

 

「あいつの出身校は、聖ヶ丘第三中学だ」

 

「──っ!?」

 

その名は聞き覚えがあった。

というより、数ヶ月前に世間を騒がせた名前なのだから一度は聞いたことがある名前だった。 

 

「その反応なら理解できたようだな。

 お前たち一年生が入る一ヶ月前、つまり三月付で廃校になった中学校だ」

 

そう、その学校はもう既になくなっている。

前年度を最後に、廃校処分となったと以前ニュースでやっていた。

()()()()()()()()()()()()()()仕方ないとその時は特に気にも留めていなかった。

しかし、その学校を出た生徒が柚椰であるならば話は別だった。

 

 

 

 

「聖ヶ丘第三中学校の最後にして()()の卒業生。それが黛だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




あとがきです。
3日も休んですいませんでした。
激務と思いっきり風邪を拗らせたのとで時間が取れませんでした。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。