もしも、自分が大好きなアニメの世界にいけたら   作:きのこシチュー

12 / 27
はい、やっと再考査が終わりました・・・(二つの意味で)
冬休みになったので、早く投稿ができると思います!
では、どうぞ!


忘れ事

「ハアッ・・・ハアッ・・・」タッタッ

 

「ふうっ・・・ふうっ・・・」タッタッ

 

「もう少しですよ二人とも。あと2回です。」

 

「頑張れ~二人とも~」ゴクゴク

 

「はじめ君終わるの早すぎるよー!」

 

「口動かしているのなら走って下さい!」

 

「が・・・頑張ろうよ穂乃果ちゃん!」

 

ってな感じで今朝練をやっているんだけど、普通にきついわ海未さんが考える練習メニュー。しかも、これまだ最初の方のメニューだよね?つまりこれから少しずつきつくなるってことだよね?まだついていけないレベルではないけど、しんどくなるんだろうな・・・まぁ、あとの事だから今考えなくていいかな。

 

「何を悩んでいるのですか?」

 

「いや、何でも無いです。」

 

~数十分後~

 

「疲れた~!」ゴロン

 

「うん!でも、この練習メニューのおかげで体力がついてきたよ!」

 

「お前らどんだけ最初の方体力無かったんだよ・・・」

 

「ほら、早く着替えて下さい!学校に遅れますよ!」

 

「流石に着替えくらいはゆっくりさせてあげましょうよ海未さん・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~昼休み~

 

「あ~んっ」バクッ

 

「相変わらずパンだけ食べるんだな・・・あんまり食べ過ぎんなよ・・・」

 

「はじめさんの言う通りです。アイドルになるのなら、太ってしまっては元も子もないでしょう。」

 

「む~」モグモグ

 

「あはは・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~高坂家~

 

「さて、ことり。昨日言ってた衣装案見せて下くれ。」

 

「あ、その事何だけど~」ゴソゴソ

 

「「「?」」」

 

「じゃ~ん♪」

 

ことりが衣装を取り出す

 

「え!それ!もしかしてそれ!衣装!?」

 

「うん!衣装案の中で良さそうな物は作ってあって、その中から一番良さそうな衣装を持ってきてみたんだ♪」

 

「す、すごいよことりちゃん!」

 

「普通にすごいな・・・」

 

「あっ・・・あっ・・・」

 

海未さんが焦っているような顔で見ている

 

「ことり・・・」

 

「「?」」

 

穂乃果とことりが海未さんを見る

 

あ、忘れてた・・・

 

「そのスカート丈は・・・?」

 

「あ・・・」

 

「言ったはずです・・・最低でも膝下までなければはかないと・・・!」

 

「だっ、だってしょうがないよ。アイドルだもん。」

 

「アイドルだからと言って、スカートは短くという決まりはないはずです!」

 

「ど正論だな・・・」

 

「そ、それはそうだけど・・・」

 

「で、でも、今から直すのは流石に・・・」

 

「そういう手を使うのは卑怯です!なら、私は一人でだけ制服で歌います!」

 

「そんなぁ・・・」

 

「だろうな」

 

「海未ちゃん・・・」スッ

 

ん!?これはまさか!?

 

「お願いっ!!」

 

「うっ・・・ずるいですよ・・・ことり・・・」

 

たしかにそれはずるいわ・・・

 

 

 




感想を・・・お願いします・・・

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。