もしも、自分が大好きなアニメの世界にいけたら   作:きのこシチュー

6 / 28
はぁ・・・テスト一日目・・・終わったな・・・(二つの意味で)


望み

「この世界に来たらここに来ない訳がない。」

 

はじめがきたのは、神田明神という神社だ。

自分がいた世界にもあったのだが、この世界に来たなら話は別だ。あと数日で音ノ木坂に入るため、普通に誰とでも話せるように祈りに来たのだ。

しかも、あの人に会わないように夜9:00に来ている。

 

「さて、祈りに行こ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さて、着いたはいいけど真っ暗だな・・・」

 

ましてやこんなに広いところで一人とか・・・

 

「早くやってしまおう・・・よっ」カタン パンパン

 

 

「・・・・・・・さて、帰ろう。」

 

帰ろうと思って後ろを向いた瞬間

 

「わっ!」

 

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁおっ!」バタッ

 

ビックリして後ろに転ぶ

 

「はははっ、面白い驚き方やな 笑」

 

うん、知ってた。何だろう、僕フラグ回収はやい気がする・・・、もう慣れてしまった・・・

 

「ビックリした・・・あ、すいません・・・こんな夜中に・・・警察やらにつきだしても構いません・・・」

 

「ええよ、ウチも少し休んでてそのまま寝ちゃって、起きたらこんな時間になっちゃっているだけやから。」

 

希さんの寝顔か・・・めっちゃ見てみたい・・・・

 

「それにしても、何で君はこんな時間に祈りにきてるん?」

 

「あ・・・えっと・・・少しお願いしたい事があったので・・・」

 

「ふーん・・・まぁ、ええな」

 

「ほっ・・・」

 

正直に言って良かった・・・嘘をついたらカードで占われてバレるし・・・

 

てか、希さんの巫女姿可愛い過ぎる・・・

 

「ほら、今日は見逃すから早く帰りぃ。」

 

「あ、はい。すいません・・・じゃあ、帰らせていただきます。」

 

「うん、じゃあ今度来るときはちゃんと明るい時間にきいや。」

 

「分かりました!では、また会いましょう。」

 

「気いつけて帰りや~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ん?・・・また会いましょう?・・・どういうことなんやろ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タダイマ・・・」

 

親が寝ているので小声で言う。さて、風呂入って早く寝よう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さて。寝るか・・・」

 

僕が寝ようとした瞬間

 

「満喫しておるか?若造や?」

 

「わぁお!何だ・・・神様か・・・まぁ、満喫してるっちゃしてるかな。まだ、9人の内の2人しか会えてないけど・・・」

 

「別にいいじゃろ?あと数日すれば他のもの達にもあえるわけじゃし。」

 

「はぁ、まぁ、いいから寝させて神様。今日は疲れたからさ・・・。」

 

「わしも鬼じゃないからな、まぁ、話したいことは特になかったし、ただ今、どんな感じになってるか見にきただけじゃしな。」

 

「スー スー  」

 

「寝るの早くないか!?お主!?」




テストはめんどくさい!


やりたくない!


本当にやりたくい・・・・・・・

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。