女になったので淑女を目指そうとしたら身体能力を買われて気付けばバレーボールをやっていた   作:魔法少女(偽)

1 / 2
今回は一番はじめと言うことで会話が全くありませんが次回からは会話も混ぜるので今回よりは見やすいと思います


プロローグ

 

 私の名前は姫宮雫。つい数ヶ月前までは中学生の男だったが今は立派な淑女(だと思う)だ。

 男だったときの私は動くのが大好きだった。悪く言うと落ち着きがなかったので色んな運動系の競技に手を出していて持ち前の運動神経でそこそこの成績を出していたのである意味有名だった。

 だけどある日よくネット小説等にある朝起きたら女になっていたと言うのが自分にも起きてしまったがいい機会だからと生活を改めようと淑女を目指して気付いたらまだまだ詰めは甘いが自然に丁寧語等を使うようになったしあまり派手な行動はしないようになった。身だしなみも常に整える事を意識してやっていたが今は自然に出来ている。なので私は自主休校していた中学校に事情を話して保健室登校だがまた通いだして高校に進学した。

 進学した先は私のお手本が多そうな全国的に有名な【私立百合園女学院】だ。

 女学院なのでもちろん女子校、しかも超の付くほどのお嬢様学校で全寮制。普通に入学したらまず学費・寮費は払えないが私はスポーツばかりやっていたが学力はそんなに悪くない。むしろ良かった方だ。

 まぁ努力をしてこなかっただけで要領はいいので学力はすぐに上がったなので私立百合園女学院に2枠だけある学力特待生を目指して勉強をしたらなんと合格した上に主席入学だった。

 学力特待生やスポーツ特待生は基本的に普通に入学してかかる費用が免除されることか多い。私が通う百合園女学院は私立な上に超お嬢様学校で全寮制。さらに偏差値も凄く高い上に学力特待生とスポーツ特待生が2枠ずつある。年間でかかる費用は何百万という普通の家庭では払えない金額なので特待生で入学する人たちは年間でかかる費用は全額免除というありがたい制度だ。が、それと同時に特待生の合格率は2割というとても確率が低い。

 まず主席又は次席低くても入学試験で学年5位以内に入っていて全教科の平均が90点以上ないとすでに不合格で入学出来ない。

 もしそれでも入学したければ一般入試の人達と同じ金額を出さなければならないので落ちたら滑り止めで受けている高校にみんな移る。それでもあまり偏差値は変わらないので普通に受けてれば百合園女学院には受かっている筈だ

 

 まぁ長く説明したが簡単に言うと私はその超難関私立百合園女学院に特待生の合格率2割と少ない確率な上に主席で入学した勝ち組である。

 そんなわけでこんな説明をしていたが入学式も新入生代表の話も無事に終わった。

 

これから淑女としてのお手本が沢山いるお嬢様学校で更に私の淑女度に磨きをかけてやる!失礼、磨きをかけてみせます!

 




すいません、多分とても読みにくかったと思いますので次回からはもっと読みやすいように執筆します

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。