リリカルなのはの世界でヤンデレってあり?   作:黒音195(kurone)

6 / 25
このドロドロな関係に喝采を!
甘ったるいコーヒーが飲みたいこの頃・・・


急性逆流性食道炎になってました、あっし。そんなん気にせず更新していきますぜ。


夢で破れない約束をした少女

その日、私は夢を見た。

フェイトにそっくりな女の子が大きな木のそばで休んでいる。私は、その子に見覚えがあったんだ・・・

アリシア・テスタロッサ・・・フェイトの母親、プレシア・テスタロッサの実の娘。

 

普通なら私がこの子を夢で見るのはおかしいんだけど、私の友達、ムシャーナの力を使って出てきてもらった。アリシアさんの本音を聞きたかったから。

 

「・・・むにゃ、私を呼んだのは貴女?・・・おぉ!久しぶりに感情の無い人形達以外と話すかもしれない!!大丈夫!?私の声聞こえる?滑舌はかちゅぜぇちゅになってない!?」

 

・・・思ったより凄く元気でした。これで死人とかウッソだろお前!というか体揺らさないで!首がガックンガックンなってるから!変な音鳴ってるから!

 

「だだだ大丈夫だから!揺らすのやめてー!」

 

そんな事もありながら、現状の説明と生き返った場合、何をしたいのかを聞いておく。そうすれば魂をこちらへ呼びやすくなるからね!え?どうやって生き返らせるのかって?皆さんもよく知ってる大きなお友達を使うのですよ。ふふふ、またお友達が増えちゃうね!

因みにアリシアさん曰く、

「フェイトのお姉ちゃんになってお母さんを殴り飛ばしたい!そして皆一緒に暮らしたい!勿論!貴女も一緒だよね!?風夏!」

 

「え、あ、うん!・・・うん!?ちょっと待って!?私も住むの!?」

 

「え?ダメなの?」涙目上目遣い

 

「くっ!やめろ!それは私に効果抜群だ!」

 

「じゃあ!決まりね!」

 

「え、あ、はい」

 

未来の私は難易度ルナティックプレイするらしい

頑張れ!未来の私!

 

 

うん、今未来の私からいずれ君をぶっ飛ばすって帰ってきた!そんな気がする!

 

「・・・必ず生き返らせてね?約束は破ったら私何するかわからないからね?絶対だよ?」

 

「夜化けて出られても困るから約束する!私も向こうで元気なアリシアさんn「アリシアって呼んで!」・・・アリシアに会いたいもん!」

 

「よーし!今のうちから何するかいっぱい考えとくね!楽しみだなぁ!」

 

・・・なのはと友達になった時、こんな風に笑ってくれてたなぁ・・・今は笑ってると言うより監視してるような目線だし。いつかまた、なのはの笑顔を見たいな・・・

見せてもらえるように頑張らなきゃ!

 

もうすぐ始まるのかぁ、無印なのはの最終決戦。

私物語始まっても全く戦ってないんだけどね!

だって、ジュエルシードの暴走が始まる前に封印処理してたし・・・アルシェめちゃくちゃ頑張ってたなぁ、私は・・・何が出来る?・・・いっか、これから見つければ!

 

 

 

 

朝になりました。起きました!現在朝4時です!おはようございます!!おし!魔力封印して着替えてアルシェ持ってランニングじゃー!

 

「ほら、アルシェ!起きた起きた!ランニング行くよ!今日こそ乱入するんだからさ!」

 

『だけどマスター、いいんですか?正体隠したまま行くなんて、下手したら死にますよ?』

 

「君が心配することじゃあ無いよ!それに私はもう今回の戦いの勝ち筋を見出した!2人がどれだけ強いか知らないけど!戦ったら絶対負けるけど!偶然装って着いてってやる!今までずーっと内緒だったとかいくらなのはとフェイトが相手とはいえ、ほんのちょびっとだけどカチンと来たからね!」

 

『はいはい、貴女は1回暴走したら止まらないですものね、私はそれについて行きますよー』

 

「なら早速魔力封印!それとちょっと厄介事になるだろうからね!腹ごしらえの為のお金よーし!魔力封印よーし!契約と内容確認もよーし!忘れ物は無し!安心して行ける!」

 

そして、私も最終決戦に向けて走り出した・・・

 

 

 

 

 




短いですが、ここで一旦区切ります。次話も多分すぐあげます!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。