戦姫絶唱シンフォギア フロウレスエナジー   作:魚介(改)

15 / 21
第15話 聖詠

「燃えろ…俺のコスモっ!」

 

有名な漫画の代表的なセリフを叫びながら突進した統慈は

 

左手を握り、思いっきり叩きつける

 

無論、雑魚ノイズとて即死するわけではない、統慈はパンチ一発でコンクリートを粉砕するようなパワーをしているわけではないからだ

 

 

「死に晒せえっ!」

 

倒れるまで何発でも、

拳を、そして脚を撃ち込む

 

ノイズに触れられる俺ならば

シンフォギア無しでも生身で戦闘できるのは確かだが、それを他の存在に悟られるわけには行かない

 

映画で見た動きのような『魅せるアクション』は不要だ、只々コンパクトに、素早く、身に隠して、致命の一撃を放つ

 

動きの理想は仮面ライダーコーカサス

そのクロックアップ時の動きだ

 

仮面ライダーコーカサスは主人公ライダーのカブト同様、待ち受ける(カウンター)タイプのライダーだが、クロックアップ時は打って変わって、獰猛な格闘戦スタイルを取る二面性もある

 

その動きの真似…

じみたもので打ち掛かる

 

「フッ!セェヤッ!」

右ストレートからの膝蹴り、地面についた手で体を回して反転キック

 

一応、腕は折れないように気をつけているが、相手はノイズだ

体表はそれなり以上に固い

 

再び拳を撃つ、撃つ、撃つ

心拍でタイミングを取りながら

息が上がらないスピードで格闘を続け、ノイズ警報で人が去るのを待つ

 

一度、二度、三度、

ノイズを打つたびに、波紋が広がる

それは未だ形を持たない始まりの音

 

「ゼエエェェッ!」

 

最後の一撃とともに離れ、炭化するノイズを見届けることなく次へ向かうが

 

「多いな…」

路上という地形上、

一体一体相手をしていられないというのに、ノイズはかなりの数出て来ている

 

「っ!」

 

その時、捉えた、捉えてしまったのだ…路地に座り込んだ少女に襲いかかるノイズを

 

「ウォォォッ!」

道を塞ぐノイズを足蹴にして

飛び越えて、今まさに少女に触れる寸前のノイズへと到達した統慈は

 

「ゼエエェェッ!」

着地を考えず、左足による飛び回し蹴りを叩き込む

 

真横に弾かれたノイズは、すぐさまに炭化せずとも、少女を襲う事は叶わず

 

「生きてるか?」

統慈は少女へと手を差し伸べる

「……?」

 

炭にされることを覚悟して、目を瞑っていた少女は、そこに希望の光を見た

 

「生きてるならそれで結構、そんなお年で死になさんなよ…そこで待ってな

もうじき、正義のヒロインズが来てくれるからよ」

 

統慈は笑顔で少女の頭を撫でる

 

「僕はちょっとアレだけど、もっとちゃんとした組織の人たちが来るからさ

それまで生き延びなさい

最低限くらい私が庇ってあげよう」

 

そう言い切って、律儀に待っていたノイズを打ち飛ばし、壁へと叩きつける

 

「リズムは整った…」

 

波紋は満ち、決意は為された

音は生まれ、形は得た

旋律は歌となって鳴り響く

 

Sealder leagjarn nshel tron(絶望を封じる箱を開け)

 

囁くように、詠う

 

その瞬間、腕から炎が湧き上がり

糸のように、鎖のように

俺へと巻きつき、同時に実体を得る

 

黒い鏈と弓道着に近い装甲

右足は黒い鎧状のアーマー

左足は鉄鎖が巻きついたような赤と銀

 

「うわっ、なんだこれ…いや、だいたいわかる…レーギャルンの装甲形態…だな」

 

「全然使い方とか分からないが…やるしかないっ!」

統慈は前方に跳躍すると、そのままノイズへと体当たりする

 

「よし!これでも倒せる!」

もともとノイズの外殻は武道家が数発殴るなりすれば砕ける程度の装甲しかない

攻撃が当たらないのが問題なのだ

 

確実に当てられる上に火力も出る今のレーギャルン=統慈には余裕の相手

 

「フッ!セイ!ハッハイイッ!ヤアッ!」

 

鎖製の装甲のお陰で拳と足を痛める心配も無いので、全力で打ち込む

周辺のノイズ全てを引き込むような勢いで

「権限起動:9/1定率 積層変成-物理力体」

 

装甲の表面が剥離して、炎へと還元される

鎧に纏っていた炎を拡散させ

それを烈火の弾丸として射出する

 

「使い方は分かる…何をすればいいのか、どれくらい残量があるのか…」

 

頭の奥の方に、炎の量を示すゲージのようなものがあり、それが教えてくれるのだ

あとどのくらいの時間、この炎を燃やせるのかを

 

「……世界 焼く 炎の刃 封ずる この鍵と を以 て」

 

湧き上がるのは殺意と敵意

絶望的な圧力を伴って、内側から溢れ出す力

 

外部からの干渉など、たった一度、起動の種火一つで充分

それは世界を焼き尽くす炎を

内に秘する匣なのだから

 

「はっ!」

大きく跳躍して、ビルの五階ほどに着壁

左手を突き出して

 

「権限起動9/1…解錠」

 

背後に九つの黒い勾玉が浮かび

右下の一つだけが赤く染まる

 

Shiny-leagjarn(シャイニー-レーギャルン)

 

赤く染まった勾玉が鍵となり、さらに召喚された匣の錠を開く

突き出された左手に沿って

その鍵穴から炎が放出された

 

《ズドォオォン!》

「……これで、終…」

 

足場としていた壁を抉りとりつつ

反動に耐えた統慈は、路上に戻り

 

着地した瞬間に、装甲が強制解除される

「ぐぅ……っ…」

 

ノイズは粗方一掃したが、

それでもまだ数十体は残っている

 

「なぜ、急に強制解除が…」

今さっきまでの暴力のツケとでも言うのか、急激に力が失われて行く

 

「クソッ!大技は軽率だったか!」

 

力を失った俺へ、ノイズが殺到し

imyuteus ameno habakiri tron(イミュテゥス アメノ ハバキリ トロン)

 

蒼ノ一閃が全てを断った

 

「そこの少女、立てるならば下がって」

 

スタイリッシュ防人登場である

見られていたかと一瞬心配もするが

 

「民を、国を守るは防人の務め!」

気づいている様子はない

 

「よかった…(認識能力)ガバガバだ

 

……ふぅ、はぁ…よし!」

 

深呼吸とともに、立ち上がる

さっきの強制解除は息切れ的なものだったのかもしれない

 

「…sealder leagjarn nshel tron(絶望を封じる箱を開け)

 

火種を投じ、再び装甲を展開しようとするが…

「応えない…?」

 

火種となる歌にも反応はない

 

「…考えてる暇はない!」

ノイズは生身でも殴れるのだから

近づいてきたノイズは皆殴る

 

流石に素手で殴るのは走者の前では危険なので、文房具のハサミを包帯でカバーしてナックルガードがわりに仕立て、それで左腕をガードして殴る

 

「…他の人もこのくらい出来るっ!」

 

鉄扉重ねて殴る人とかも居た!と心の中で叫びつつ、ノイズをバカスカ殴り倒す統慈

 

「…ハァッ!」

 

理論としてはシンフォギアの周囲にいるノイズは皆、強制的に実空間に引きずり出されるので、位相差障壁は無効化される

そうなれば通常兵器とて火力になる

 

繰り返すが通常兵器がノイズに対する上での欠陥とは

『攻撃が効かない』のではなく

『攻撃が当たらない』が故に火力足り得ない事である

 

当たらなければどうという事はない

つまりは当たりさえすれば致命傷なのだ

 

「ギガノイズ…!」

 

小型や人型のノイズを壊し切ったあたりで、唐突に出現したのは

大型ノイズ

 

「ふっ!」

 

それに慌てることもなく遥か高みへと跳躍した翼は…

「天ノ逆鱗」

 

巨大な刃を召喚し、それを蹴りつけて

ギガノイズを頭上から串刺しにした

 

「スゲェ……」

圧倒的な戦闘経験値を見せつけられる形となったが、それもまた勉強としたようだ

 

「ふぅ……」

SAKIMORIがゆっくり呼吸しているうちに、俺は現場を離れて

後ろの少女の方へ向かう

 

「…怪我はないか?」

「うん、大丈夫だよ、()()()()()

 

「……お姉ちゃん?」

統慈は身を見回して…

「あ………」

 

自分が下校中に事態に巻き込まれたことを思い出した、そう、未だ統慈は

女装とメイクを解いておらず

外見的にはかなりの美少女のままなのである

 

「ありがとう、お姉ちゃん」

「………はぁ…」

 

統慈は素早く頭の中で声質を調整して

 

「あなたが無事でよかった、あなたは生き延びてくれた、それだけよ、

…それじゃあ、さようなら」

 

さっと身を翻して

ビルの中に隠れ、ウィッグを外して髪留めのゴムを取り、髪型を戻す

 

「服は…ええっと、仕方ないか」

 

臨時徴用ということで、ビルにあったアパレルショップ(無論無人、炭入り)のシンプルなシャツ、ジャケットとジーンズを購入

足回りはローファーでごまかす

 

決して軍資金がギリギリという訳ではない

 

「これでも5000円はしちゃうんだよね…はぁ…」

 

値段を見てパッと計算した額をレジに置いて…非常に問題ではあるが

ICチップのついたタグはハサミで切って外す

 

「商品だけどごめんね…」

 

正規の購入処理ではないというと盗難品そのものであり、したがって現在の立場的に統慈は窃盗犯なのだが、これはあくまで災害であるノイズ関連のモノから離れるための緊急的な処置であるからして

緊急避難の原則が適用できるものと判断したらしい

 

「とりあえず格好は繕った、制服の方は…どうしようかな」

適当に隠してしまうのも問題だと思うし、かといって女子用の制服を持って現役学生の前をうろちょろすれば、なぜその制服を?と呼び止められてしまう可能性大だ

そのカバンを調べられれば

教科書や弁当以外の(バレたらヤバい)代物が隠し通せるとは思えない

 

「はぁ………」

 

(よし、あとは二課スタッフとして素知らぬ顔で黒服側に参加すれば良い)

 

なかなか無理のあるヴィジョンだが

それ以外に大きな策が無い事ので

結局はそういうことになる訳だ

 

「あとは、技術力」

 

結局、誤魔化し勝負となり、二課のI.D.カードでゴリ押したところ、なんの問題もなく

ノイズ警報を聞いて現場判断のもと被害を減らすべく急行した避難誘導員

 

程度の扱いで終わってくれた

全方位に顔を広げていた上に、全部門に顔を出していたお陰かもしれない

 

「お疲れ様でした」

「あとは我々、作業員が引き継ぎますので、初期対応、ありがとうございました」

 

「こちらこそ、無用な混乱を招いてしまって申し訳もありません、ありがとうございました」

 

深々と頭を下げてから、すぐに歩き出す…風鳴翼に引っかけられない限り

問題はないはずだ

 

「よし、これで突破だ」

 

 

翼さんの隣を通り抜けて

俺は二課へと戻った




ちなみに、主人公の聖詠の読みは
シルダーレイガァールン ネシェルトロン

前半イチイバル、後半イガリマのテンポで歌っております

主人公のお相手は?

  • 響が良い!
  • 翼さん
  • クリスだろ!
  • 二期FIS組で
  • それ以外

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。