とある元憲兵《現提督》の日常   作:瑞鶴

6 / 38
平和後の建造

  憲兵が提督になり妊婦していた子達が出産してから約数年後

 

 

大淀「提督、そろそろ建造をしてみては如何ですか?」

 

提督=憲兵「そうだな〜色々片付いたしそろそろ建造してみるか。

それにしても建造するのは初めてだな。」

 

大淀「そうですね、何人かの駆逐艦と建造(意味深)しか行ってませんしね。

 

提督「おやおや〜やきもちですか大淀さんもしかして大淀さんも建造(意味深)をしたいんですか〜?」ニヤニヤ

 

大淀「(///ω///)テレテレ 

 

提督「ちょ!大淀さんそんな物騒な物しまってくださいこんな所でそんな聖剣なんか使ったら鎮守府なくなりますから!!」

 

大淀「はっ、すいません気が動転してました。」

 

提督「死ぬかと思った。 さて、建造でもしに行きますか。」

 

提督「資材はどれくらい有りますか?最後に見たときは各資材はそれぞれ17500づつあったような気がしますが?」

 

大淀「此方が今の資材の書類です。」

 

 

燃料=500000

弾薬=500000

銅材=500000

ボーキ=500000

開発資材=10000

修復剤=400000

 

提督「Σ(; ゚Д゚))ファッ

 

大淀「どうかしましたか?」

 

提督「この資材の桁間違ってはいませんか?」

 

大淀「いえ?これで合ってますよ、提督が毎日コツコツと貯めていった結果です。無茶な遠征やオリョクルも行わず主力艦隊に駆逐艦や軽巡洋艦を入れた事により使う資材が激減しましたからね。」

 

提督「そうか、俺のやってきた事は無駄にはならなかったのか、それならよかった。」

 

大淀「そうですよ、自信を持ってください。」

 

提督「そうだな。」

 

提督「それじゃあ気を取り直して本日の秘書艦を呼んで建造(普通)をしにいきますか。」

 

大淀「本日の秘書艦は確か長波さんでしたよね?」

 

提督「そうだ、そろそろ来ると思うぞ。」

 

コンコン

 

提督・大淀「「どうぞー」」

 

長波「よぉ〜提督今日の秘書艦の長波様だぞよろしくな。」

 

提督「おう、よろしく。さっそくだけど今から一緒に建造しに行くぞ。」

 

長波「なんだなんだ〜こんな朝っぱらから建造(意味深)するのか?」

 

提督「違うからね!大淀さんもその聖剣をしまってね。」

 

提督「今日から建造任務も行なっていく事になっただけだよ。」

 

長波「ちぇー、了解。」

 

 

 工廠に到着

 

大淀「せっかくなので大型艦建造してみませんか?」

 

提督「え?いいのかよこの資材は皆が頑張って集めてきた物なのに。」

 

大淀「皆んなから建造の許可はもらいましたよ?今の資材から100000までならOKだそうです。」

 

提督「マジかよ。」

 

大淀「はい!」

 

提督「それじゃあやりますか。」

 

ながなみ「パパーながなみもやりたい。」

 

提督「いいぜ、それじゃあ資材の量を調節して建造ボタンをクリックするんだ、パパが先にやるから次はながなみの番な。」

 

ながなみ「うん!」

 

提督「ポチッとな」

 

06:40:00

 

ながなみ以外「「「⁉︎」」」

 

ながなみ「次は私の番、えい。」ポチ

 

08:00:00

 

大淀「Σ(; ゚Д゚)」

 

長波「Σ(; ゚Д゚)」

 

提督「Σ(; ゚Д゚)」

 

ながなみ「(((o(*゚▽゚*)o)))」ワクワク

 

提督「こんな建造時間聞いた事ないぞ?」

 

大淀「そうですね、おそらくこの鎮守府が初だと思います、高速建造しますか?」

 

提督「もち」

 

提督が建造した艦娘

 

そう…私が大鳳。

出迎え、ありがとうございます。

提督…貴方と機動部隊に勝利を!

 

提督・大淀・長波「「「大鳳だと‼︎」」」

 

大淀「やりましたね提督当たりですよ!」

 

提督「あぁ、これで空母の子達のローテーションがよりいっそう楽になる。」

 

大鳳「貴方が私の提督ね、この空母大鳳貴方と貴方の艦隊に勝利を!」

 

提督「あぁ、此方こそよろしく頼むだがあんまり無茶はするなよ。」

 

大鳳「はい」

 

大淀「さて次は、ながなみちゃんが建造した艦娘ですね。」

 

高速建造用バーナー<ヒャッハーオブツハショウドクダー

 

提督「なんか今酷い掛け声が聞こえた気がするんだが?」(¬д¬。) ジーーーッ

 

大淀「き、気のせいですよ。」(;¬_¬)

 

大和型戦艦、一番艦、大和。推して参ります!

 

大鳳・大淀・長波・提督「「「大和だと‼︎」」」

 

ながなみ「わーい、綺麗なお姉さんが来たー。」

 

大和「あらあら、ありがとうございます貴方もかわいらしいですよ〜」

 

ながなみ「えへへ〜」

 

大和「所で、大淀さん?」

 

大淀「あ、はいなんでしょうか?」

 

大和「さっきの発言はなんですか?」

 

大淀「さっきの?

 

大和「私の時にオブツハショウドクダーって言ってましたよね〜」<●><●>

 

大淀「あ、あれはそういう意味ではなくて」

 

大和「へ〜それじゃあどういう意味なのですか?内容によっては私の46センチ砲の的になってもらいますよ?」 <●><●>

 

大淀「すみませんでしたーそれだけは勘弁して下さいお願いします。」m(__)m

 

大和「今回だけは多めにみましょう。」

 

大淀「ありがとうございます大和様!」

 

提督「さて、気を取り直して最後の建造といきますか、ということで長波最後の建造よろしく。」

 

長波「よぉ〜し任してくれよ大和型の2番艦を引き当ててやるぜ!」

 

提督「それ、フラグ。」

 

長波が建造した艦娘

 

建造用カプセル<MNB=陸奥になるビーム

 

大淀・提督「「NDK」」(・∀・)ニヤニヤ

 

長波「チクショー‼︎」キィィィ!!ヽ(≧皿≦)ノ キィィィ!!

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。