ハイスクールD×D 案①『遠坂凛に転生したら』   作:ら・ま・ミュウ

10 / 46
『入学式よ!』『アーシアの晴れ姿だ、原作主人公も出るらしい』

サーゼクス(偽)の解体も終え、アーシア専用の礼装を造りながらアザゼルと人工神器の開発に熱を上げていた私たち。月日は流れ桜舞い散る、春が訪れました。

 

「はわう!」

 

「………だ、だいじょうぶッスか?」

 

本日はアーシアの入学式です。

本心は、アーシアの保護者として出席したい私ですがアーチャーに投影して貰ったハデスの隠れ兜で現在『アーシア初めての友達作り編』の撮影をしております(小声)

そこ、暇人だとかお前も年齢で言えば学生だろ?とか言わない。私は大学卒業してるから今さら高校通う必要ないのよ。

 

『こちら赤い弓兵。マスター、プロフィール調査から最有力候補であった兵藤一誠がアーシアと接触した。私はポイントBに移動し、初門を記録する』

 

「了解」

 

因みに、アーチャーも協力してくれたわ。

………あら、あらあら!あの子達ったら神器保有者同士で意気投合したのから?『初めての友達編』はこれでほぼ完成ね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《イッセーside》

 

オッス俺の名前は兵藤一誠。今日からエリートをバンバン世に排出するって噂の(モテモテになる高校)モテ高に通うことになる!っんだけど………お袋達が季節外れのインフルにかかって一人寂しく初登校だぜ。

 

「はわう!」

 

ん?女の子の悲鳴?

後方から何かが倒れる音と背中に少しばかり掛かる重量。そしてむにっと柔らかく僅かに押し付けるおっ○い!

俺、兵藤一誠は全てを悟った。俺の背中に今美少女(推定)が抱きついているということを!

 

「だいじょうぶッスか?」

 

「はいっすいません!」

 

ヤバイ。入学したらモテるって言われてたけどこんな直ぐにイベントがおきるのかよ!

一誠は心の中で一人騒ぎ立てるが、同年代らしい俺と同じ学校の制服を着た少女が振り返り、ふわりと舞った金髪が素顔を露にして――そのあまりの美しさに心奪われていた。

 

「あ、あのっ!」

 

「うえっあっすいません!俺、見惚れちゃったみたいで!」

 

「ふっえ!?見惚れるなんて!」

 

「気持ち悪いですよね!サーセン!」

 

「そうじゃないんです………ただ、恥ずかしくて」

 

ドキュン

 

可視化するほどはっきりと俺のハートを恋の矢が貫いた。

 

天使かよこの子。

つーか。ヤベェよ。胸の高鳴りが止まらねぇ!

なんか、この子の為なら、世界でも敵に回せそう。もう一目惚れだな!入学初日にこれとか俺、ツイてるぜ!

この調子ならハーレムも………!

 

「あの、私友達居なくて………良かったら一緒に登校しませんか?」

 

「勿論!友達にもなります、364日毎日貴方の為に皆勤目指します!」

 

「ふぁっふぁぁ!嬉しいです!」

 

その笑顔は、全ての不純を破壊する神滅具だった。

 

「あっ」

 

ガラガラドッシャーン!

↑イッセーの中でハーレムとかどうでもよくなった音。

 

 

 

アーシアは正ヒロインの座をゲットした

 

 

イッセーは魅了状態になった


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。