ジャンプワールドオールスターズ 鬼滅の刃編   作:犬原もとき

25 / 31
伊黒さんは空気を読むべき 鬼殺隊の霞柱

玄弥視点

 

「霞の呼吸 弐ノ型 八重霞!」

「恋の呼吸!伍ノ型!揺らめく恋情・乱れ爪!」

「蛇の呼吸 壱ノ型 委蛇斬り」

「風の呼吸 伍ノ型 木枯らし颪!」

「岩の呼吸 参ノ型 岩軀の膚」

柱の皆が辺りを蹴散らしていく。

だが

「全然突破出来ないや」

「きゃー!?また来たわ!」

「うじゃうじゃと鬱陶しい。全く鬼というやつはこれだから嫌いなんだ。往生際の悪い。さっさと首を差し出せばいいと言うのに…」

「伊黒さん。そう言うの後にしてくれますかィ?」

「然り。今はかの協力者を助けるが先決」

柱を持ってしても、この高密度の血の棘は突破しきれない。

そして奥には肉の繭。

そこに協力者が取り込まれかけている。

急ぎたい。早く助けてやりたいけれど…。

(焦るな不死川玄弥…焦りは食義を乱す。それに落ち着いた考えも出来なくなる)

荒れ狂う焦りと燃えたぎる怒りを感じるのは良い。

だが今は蓋をして待つべきだ。

何かある…絶対に…この状況を打破するものが。

「やはりここは一点突破しか…」

「誰が行くというのだ。この棘の網は何層にも成っている。考えもなしに突っ込めば柱でも無傷ではすまんぞ」

「とはいえ他に方法も思いつかねェ」

「きゃー!こっち来ないでー!」

「薬膳殿が来るが早いか、私達が力尽きるが早いか」

………いや、その二択じゃ有りませんよ。悲鳴嶼さん。

道は俺が…!

「動くんじゃねェ!三下隊士が!!」

「!?」

兄貴…!

「てめぇが何やってもどうにかなるわけねェだろ!そこで大人しく震えてろ!!」

「兄貴…」

「俺に弟は…」

「こんな時に諍いを持ち出すのはやめてよ。実弥さん」

時透さん…。

「今彼を遊ばせておく理由はないんじゃない?彼がなにか思いついたと言うのなら、やらせてみようよ」

「どうせ無駄だ。下級隊士の考えることなんざ…」

「その下級隊士の手も借りなくちゃダメなんだよ。いい加減にしなよ」

最もな言い分に兄貴も押し黙る。

そうだ…俺は何やってるんだ。

俺はここに、鬼殺隊としてきたんだ。

兄貴に認められる為だけじゃない。

俺や兄貴…炭治郎達のような人をこれ以上出さない為に来たんだろ!

震えるな!怖がるな!

弁えるな!尻込みするな!

今がその時だろ!

「皆さん。俺に考えがあります」

 

「〜〜〜〜ッ!!!馬鹿野郎ゥ!そんなの認められるか!」

やっぱり兄貴には反対されるよな…。

「危険だよ玄弥くん」

時透さん…心配してくれてありがとうございます。

「……………然し現状最も打破できる可能性を秘めている」

悲鳴嶼さん…涙を流してくれて感謝します。

「何でもいいから早くしなくちゃ!」

甘露寺さん…その…しかたないとはいえあんまり激しく動かないでください…その…胸が…。

「実弥の感情がどうだと言うのも、時透の先程の言葉の矛盾もどうでもいい。そこの下級隊士がそんな事が可能ならそれをやらせるべきだ。そしてあわよくば死ね。甘露寺をいやらしい目で見た罪で死ね。せめてもの情けでどこぞの元柱の好みの様に派手に死ね」

「伊黒ォ!ウチの玄弥に死ねってのかテメー!」

兄貴ィ…。

「とにかく!今は玄弥くんに任せましょう!大丈夫!あの時も玄弥くんはちゃんとできたんだもの!!今回もきっと大丈夫!」

甘露寺さん・・・!

「・・・・だが」

「・・・風柱様」

「・・・あァ?」

「俺は確かに未熟です。この中では一番弱い。それは分かってます」

そう。それは知っている。だけど

「敵は目の前にいます。俺達鬼殺隊が生まれてからずっと追ってきた元凶です。今討てば全てが終わります」

あの日の惨劇がなくなるわけじゃない。

俺が兄貴のことを・・・化け物と言ってしまった過去がなくなるわけじゃない。

「俺は鬼殺隊です。例え弱くても俺だってアイツの頸を落とすためなら、命だって賭けられます!!」

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。