IS×AC ガチタンが行く   作:有澤隆文

10 / 40
簪っていいですよね。大量のミサイルに薙刀、荷電粒子砲。まさしくロマン!それでいて特撮大好きアニメ大好き、最高ですね!


お悩み相談

「それは、、、」

 

彼女の口から語られたのは報告と同じ一夏のせいで専用機の開発が打ち切られたこと。家の事情で姉と対立しており一人でISを完成させた姉に対抗して一人でISを作っているということだった。しかし、、、

 

「聞いておいて言うのもあれだけど、どうして話してくれたんだ?聞いた限りだと気楽に聞いていい話じゃなかったみたいだけど、、、」

 

「誰かに話して楽になりたかったし、それとあなたには憧れがあるから」

 

憧れ!?俺に!?だが、、、

 

「だが俺に憧れる要素なんてあったか?言っちゃなんだがISがなければただの一般人だぞ。俺は、、、」

 

「企業連の代表が一般人なわけないでしょ。それに企業連はカッコいいし、何よりクラス対抗戦の時の戦いっぷり凄く感動したんだよ。だって代表候補生に勝っちゃったんだから」

 

今この子はなんと言った?企業連がカッコイイ?戦いっぷりに感動??、、、先生。どうやら世の中捨てたもんじゃ無さそうです。んっ?

 

彼女の鞄には見慣れた玉ねぎのようなロボット(トーラスマン)のキーホルダーが付いていた。なるほど想像以上に毒されているようだ。

 

❬説明しよう!トーラスマンとは暇を持て余した企業連の一部が作ったアニメである。インパクトのある主人公を作ろうとした結果図案だけ存在するトーラス社製IS、通称トーラスマンを起用した。自分が正義のために戦う度に周りが有毒物質で侵される事に葛藤しつつ正義のために戦う物語である。敵には有毒物質に弱いガッチガチのタンクやよく水没するもの。後は光がしょっちゅう逆流するものがいる❭

 

「企業連所属としては嬉しい限りだ。ところであんな話を聞いたら手伝いたくなった。君は一人で作ることにこだわっているようだがもし良ければ手伝わせてくれないか?もちろん物を運んだりといった雑務で構わない」

 

「その提案は嬉しいけど有澤君に迷惑かからない?」

 

「もちろんさ。勉強も一段落したし何か別の事をしたいと思ってたんだ」

 

「なら、、、お願い!手伝ってください!」

 

「分かった。よろしく更識さん」

 

こうして俺は彼女、、、更識さんのIS製作を手伝う事になった。

 

「更識さんって呼ばないで。姉と比べられているようで嫌だから。私のことは簪って呼んで」

 

訂正、簪さんのIS製作を手伝うことになった。どうやら背中のミサイル制御に手を焼いているようだ。毎日苦戦してるのはあれか。あれさえ何とかなれば完成は間近だな。差し出がましいかもしれんが手を貸すとしよう。

 

「もしかしてミサイル制御にてこずってる?」

 

「えっ分かるの?」

 

「ああ。既存のパーツの組み合わせとはいえ俺も自分でISを組んだからな。こう見えてもある程度のプログラミングとかも出来るぞ」

 

「ならアドバイスくれるかな?」

 

「簡単だ。そんなプログラム全部消してミサイル全てASミサイルにすればいい」

 

「ちょっとそれは予算が、、、」

 

デスヨネー。企業連のIS乗りであるエイ=プールも武装が全てASミサイルのため年がら年中貧乏してると聞くし。俺もプログラミングできるとはいえ少しかじった程度。理解は出来るが組むとなると、それにこのマルチロックオンシステムはこのISの一番重要なところだと言うし、ならこれしかないか

 

「これは提案なんだがもし良ければ企業連に専用機の作成を依頼しないか?やつらならマルチロックオンなんざ片手間で3日もあれば作れそうなやつらがいるぞ」

 

「でもお姉ちゃんは誰にも頼らず一人で専用機を作ったんだよ?それにこれでも日本の代表候補生なんだよ。企業連に頼むのは無理があるんじゃあ。」

 

「あのなあ常識的に考えてこの世で専用機を全て一人で作れる人なんざ束博士くらいだろう。大方妹に良いところ見せたくて見栄を張ったんじゃないか?それに日本には倉持技研に見捨てられた為って言えばいいだろう。企業連相手なら国も文句は言えんよ。何よりあの一件のあと専用機の作成を再開しますってあったか?」

 

「いや、なかった。連絡しても今そちらに割ける人員がいませんって」

 

「なら理由としては十分さ。どうだろう」

 

「もし可能なら企業連に頼んでいいかな?」

 

「企業連には才能をもて余している暇人どもが大勢いるから十中八九大丈夫だと思う」

 

「分かった。じゃあお願いします」

 

「任せとけ。といっても作るのは俺じゃないけどな。取り敢えずは寝てください。見て分かるほどに睡眠不足が響いてますよ」

 

「ホントに!?分かった。ありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋に帰った俺は企業連に電話を掛けた

 

「すまないが今そこにISを一機作れるリソースある?次の試合までには完成させたいのだが」

 

「ありますとも。以前の調べ物から察するに日本の代表候補生の専用機ですか?」

 

「ああ。話が早くて助かる」

 

「しかしどうしてこんな急に、、、はっ!もしや、、、彼女に惚れましたかー。ニヤニヤ」

 

「そんなことはあり得ない!企業連のファンだからだ!」

 

「ムキにならなくてもいいですよ。分かりました。企業連にいる暇人どもに呼び掛けます。いつなら受け渡しに来られますか?」

 

「そこは本人と相談する。ちなみに今彼女のISは大体出来てて後はミサイル制御のマルチロックオンシステムとスラスター系だそうだがどの位かかる?」

 

「その程度なら2日もかかりません」

 

「分かった。また連絡する」

 

ふう。何とかなりそうだ。

しかしどうして俺は簪のためにここまでするのだろう。最初はここまで関与する気は無かったのに、、、

 

「惚れた、、、のかな。いや、有り得んか」

 

この気持ちが何なのかが分かるにはもう少し時間がかかりそうだ。

 

 

 

 




始めてルビをふってみました。面白いですねこれ。ちなみにこの時点では簪は惚れていません。少し気にしている程度です。主人公は自分の抱いている気持ちに気がついていません。

ISを個人で作るのって無理があると思うんです。新設計の専用機ならなおさら。素人が手を貸して変になっても困るので簪のISは企業連に任せました。こうしないと専用機が完成するのが卒業前とかになりそうで。て言うか原作ヤバイですよね。整備課の生徒達で専用機を組んでしまうとは。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。