アズールレーンクロスレイズ    作:Abe

4 / 14
時間があまりないので結構手抜きです。たまに思うけどベルリってサイコパスっぽくないですか?


キャラクター紹介 ベルリ・ゼナム

ベルリ・ゼナム

 

 

キャピタル・タワーの守護を目的としたキャピタル・ガード養成学校の候補生。天才的な才能を持ち、二階級飛び級した。

アイーダに一目惚れしてしまったために海賊部隊とともにキャピタル・アーミィと戦うことになってしまう。G-セルフを動かせる三人の内の一人。

 

 

G-セルフ

 

宇宙世紀の終焉から1000年以上の月日を経たリギルド・センチュリーの世界に於いて、スペースコロニー国家「トワサンガ」のレイハントン領にて開発された試作モビルスーツ。型式番号YG-111。

トワサンガの軍隊であるドレット軍がこれを徴用し、レコンギスタ作戦の事前偵察用の機体としてラライヤ・マンディと共に地球へ降下した。

 

トワサンガの高い工業力で建造された試作モビルスーツであるが、ドレット軍が独自開発した機体ではなく、「ヘルメスの薔薇の設計図」を元に建造されており、その全容はこれを採用したドレット軍や建造したレイハントン領の人間すら把握していない。

 

その外見に関しては、頭部ツインアイや角を思わせるブレードアンテナなど宇宙世紀時代に活躍したガンダムを彷彿とさせる要素が多数見受けられる。

名称に関しても、G-アルケインなど「G系統」と同様の外見と設計思想を持ち、その根幹を思わせるような存在であった事からアイーダ・スルガンによって「Gそのもの」を意味する「G-セルフ」と命名された。

トワサンガでは特に機体名は設定されておらず、専ら型式番号かその頭二文字を取った「YG」のコードで呼ばれている。

 

操縦方法は国際規格に準じているが、正式パイロットであるラライヤ・マンディが偵察任務へ赴く前に、機体の建造を行った技術者達の手によってレイハントン家直系の人間を探す為の遺伝子認証システムを組み込まれており、機体を起動するには予め機体に登録された遺伝子情報をパイロットと合致させる必要がある。

パイロットとして搭乗条件を満たすのはベルリ・ゼナム、アイーダ・スルガン、そして当初のパイロットであるラライヤのみであり、汗や血液、網膜など様々な手段で認証を行う事もあってそのセキュリティは強固。登録されたパイロット以外の人間にはコックピットハッチを開ける事すら出来ない。

 

リギルド・センチュリーに於ける他のモビルスーツ同様光を蓄積した「フォトン・バッテリー」によって駆動するが、本機のそれは通常のフォトン・バッテリーよりも高圧縮の物を搭載しており、加えて機体はフォトン・バッテリーと同じ性質を持ち、ガンダリウム合金以上の剛性を誇る「インビジブル・チタニウム」で構成されている。

機体を構築するインビジブル・チタニウムは「フォトン装甲」と「フォトン・フレーム」の二種に大別され、この二つの存在によってG-セルフは全身に動力源を装備しているも同然であり、フォトン・バッテリーを動力源としながらも機体には動力部としての明確な心臓部が存在しない。

また、フォトン・バッテリーは手帳サイズのそれがあればモビルスーツを一週間連続駆動させる事が出来るということもあり、それと同様の機構を全身に装備しているG-セルフの稼働時間の長さやパワーなどを推して知る事が出来る。更にその余剰出力がフォトン・フレームから放出される際に機体各部に発光現象を引き起こすが、戦闘ではこれが物理的な力場となって攻防共に威力を発揮する。

 

背部にはバックパック換装機構を有しており、状況に応じてこれを換装する事で宇宙や大気圏など様々な局面に対応する事が可能。

バックパックの規格はユニバーサル・スタンダードに準じており、アメリア製の宇宙用バックパックやキャピタル製の高トルクパックなど、G系統用のバックパックなら規格さえ適合すればほぼ無改造で装着し、その能力を行使する事が出来る。

また、ディスプレイを積み重ねた形式を採るフォトン装甲と機体に搭載された光AIの性質により装備したパックによって装甲の色が変化する性質も持ち合わせる。

 

コックピットブロックには緊急時の脱出用にコア・ファイター換装システムが搭載されており、これに搭載されているサバイバル装備の存在も相まってパイロットの生存率が高められている。

このコア・ファイターは、コックピットと推進器を備えた必要最小限の物であり、性質的には宇宙世紀時代に使用されたイジェクション・ポッドに近い。

また、コックピットには他の勢力のモビルスーツど同様にトイレが備え付けられているが、使用時には音姫として歌(ハイフン・スタッカート)が流れる仕組みとなっている。

 

ラライヤと共に地球へ来訪した際、アイーダが属する海賊部隊によって拿捕され彼らの戦力として運用される(この際にラライヤはコックピットから放り出され、海賊と交戦していたキャピタル・アーミィに保護された)。

その後、海賊部隊によるキャピタル・タワー襲撃の際、タワーにて実習作業中だったベルリのレクテンと交戦するも拿捕され、調査を兼ねてベルリによって運用されるが、再びアイーダによって海賊部隊に奪還される。その際、ベルリが共に海賊部隊へ渡った事もあり、彼が引き続きパイロットを務める事になった。

 

 

 

 

G-セルフパーフェクトパック

 

G-セルフにパーフェクトパックを装着した姿である。装着時には機体本体にもフォトン・バランサーを内蔵したアーマーを肩部と腰部に追加する。機体カラーはモード変換時に応じて変化する。

パーフェクトパックはメガファウナのメカニックたちがビーナス・グロゥブの資材を用いて開発されたG-セルフ専用パックパックで、これまでG-セルフが装着した全てのバックパックの機能を兼ね備えている。ビーナス・グロゥブの技術者の協力とパーツを用いているため公にはこの装備はビーナス・グロゥブ製ということになっている。シルエット自体は宇宙用パックに似ているがスラスターユニットの可動域は広く、より高い機動性を発揮できる。また、このパック独自の兵装も装備されている。

 

武装

 

特殊機能

 

余剰エネルギー放出

機体から放出された余剰のフォトンエネルギーをバリアとして使用したり、自機の姿を投影して目くらましとする。

 

分離

コア・ファイターを分離可能。

 

換装

バックパックを換装可能。

 

武装・必殺攻撃

バルカン砲

頭部に2門内蔵されている。

 

ビーム・ライフル(トワサンガ製)

基本装備となる携行式のビーム砲。宇宙世紀の物と同様、メガ粒子を弾丸として発射する。威力はかなり高い。

 

ビーム・サーベル

襟元に2基マウントしている接近戦用の武器。こちらも宇宙世紀時代と同じくメガ粒子を磁場で剣状に収束している。刀身は細身だが伸縮が可能で、切断力はかなり高い。マニピュレーターに持たせたままで高速回転させればビーム・シールドとしても機能する。

 

フォトン・トルピード

パーフェクトパック基部から散布される反物質を閉じ込めた結晶。この結晶に触れた対象は低温対消滅によって球体に削り取られるように消滅する。この際に発生した光は光子エネルギーとして本体に吸収・還元することが可能。これを使用すればバッテリー消費に困ることはない。

劇中ではベルリが試しに使用したが、敵部隊が壊滅するほどの破壊力を目の当たりにしてその後は使用していない。

 

フォトン・サーチャー

パーフェクトパック基部からセンサー粒子を放出し、広範囲の光を吸収することでフォトン・エネルギーの位置を特定する機能。G-セルフのコックピットからは黒煙状に見えるが、外からは不可視である。この際の光も吸収・還元できる。

 

トラフィック・フィン(トラック・フィン)

パーフェクトパック左右上部に2基装備されている遠隔操作端末。トリッキーパックの技術が応用されている。

 

トラクター・ビーム

トラフィック・フィンから放つ拘束ビーム。照射している限り対象の動きを完全に止める。

 

全方位レーザー

機体表面から放たれるレーザー砲。機体そのものから放たれる。大気圏内用パックの武装の原理を応用したもの。

 

ビーム・キャノン

スラスターユニットを展開して放たれるビーム。使用時には機体カラーが赤に変化する。アサルトパックを由来とする。

 

リフレクター

スラスターユニットを翼のように展開してビームを吸収する。使用時には機体カラーが薄紫色に変化する。リフレクターパックを由来とする。

 

格闘

素手で格闘を行う。この際強化された部位のみが緑色に変化する。高トルクパックを由来とする。

 

フォトン装甲シールド(コピペシールド)

パーフェクトパックと共に開発された専用シールド。リフレクターパックの技術が応用されており、ビーム・プレーンを放出して敵のビーム攻撃を無効化・吸収する。

 

 

 




P-セルフは武装が多いからアイディアが被らないのがとてもよい。3話にはオルフェンズ出します。あと、悩んだのですが追加するのをガンダムWに決定しました。

「お前を殺す!」

もちゃんと出しますよー。

アズールレーンとの絡みが一切ないのだが?次回しますのでゆるしてくだせぇ。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。