ダンジョンの外に夢を見るのは間違っているだろうか   作:星見 まり

1 / 3
このような話を書くのは初めてなので暖かい目で見ていただけると嬉しいです。


第1話

どれくらいの時間が経ったのだろうか…私は今日もそんなことを考える。縛られ、目隠しと猿轡を着けられ助けも呼べない…そして…今日もあの男達がやってきた…私を慰め者にする為に…

 

 

 

~ダンジョン18階層~

オラリアの2大ファミリアの1つ、ロキ・ファミリアは遠征の帰りに滞在していた。目的は情報集めだが女性団員は集まって水浴びをしている。

「あれ…?」

「どうしたの?」

「少し離れたところから男の声がする気がするの」

周りの団員達の間に緊張がはしった。覗きを追い払うために水浴びせずに番をしていた少女の1人が確認しに行きすぐに戻ってきた。

「エルフの人達は来ない方がいいと思う…でもリヴェリア様は来ていただけますか…?」

「分かった。行こう」

ロキ・ファミリアの幹部の1人であるリヴェリア・リヨス・アールヴはすぐに服を着てついて行く。そこには散々弄ばれたのか拘束された酷い有様の少女が木から吊るされていた。

「フィンに1人の少女を保護したと伝えて、なんか服を持って来てくれ」

「はい!!」

番をしていた少女が天幕の方へと走って行った。

その少女の拘束を解くと幼いが整った可愛らしい顔が見えた。身体中にくい込んでいた縄の跡がついており痛々しい。しかしリヴェリアが目をつけたのは他の部分…種族だ。その少女の種族はリヴェリアと同じハイエルフ…エルフの王族だったのだ。

「辛い思いをしただろうな」

リヴェリアはその少女の身体を綺麗にし、先程の少女から服を受け取ると着させた。そしてロキ・ファミリアの天幕の1つにひいた布団に寝させた。

 

 

 

~少女~

「んっ…?ここは…?あの場所じゃない?助かったの…?」

私は呆然と周りを見回した。そこに居たのは1人の女性だった。

「目覚めたか…フィンを呼んでくる」

その女性が出ていった。そしてしばらくして少年にしか見えない人と強そうな男性を連れてきた。

「嫌…こないで…もうやめて…」

何故かは知らないが男性が怖かった…近ずかれると身体が勝手に震える。慰め者にされてしまうと思った…仮にも助けてくれた人を前にして…

「ガレス…」

「仕方ないのぉ」

ガレスと呼ばれた男性はどこかへと立ち去った。そして少年と女性が私の近くに座った。そして質問をしてきた。

「君の名前は?」

「……」

私は答えられなかった…教えたくないのではない。知らないからだ。

「じゃあ質問を変えよう…君はどこのファミリアに所属しているのかな?」

「ファミリア…?なにそれ」

2人は悟ったような顔をした。そしてこう言った。

「オラリオって知ってるかい?」

 




どうだったでしょうか?
不定休投稿なのでいつ更新するかは…気分次第です。今後も読んでくださる人はあまり期待せず待っていてください。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。