ガンダムSEED Destiny 白き流星の双子   作:紅乃 晴@小説アカ

1 / 21
かなり思い付きでやってます。
新機体出したら更新しますので!!イラストも!!

ちなみにメビウス・ストライカーの開発はメビウス好きを拗らせすぎた人が考案したメビウス擬人化計画の結果です(実話)


機体解説

メビウス・ストライカー

 

型式番号:MVFS-M01X

全高:18m

動力源:バッテリー

 

武装

M2M5D 12.5mm自動近接防御火器×2

腕部ロケットランチャー「ジンライ」

72式改ビームライフル「イカズチ」

70J式改ビームサーベル

180mmリニアレール砲「ハヤブサ」

小型アンチビームシールド

フレア弾

 

 

【挿絵表示】

(一般機)

 

【挿絵表示】

(シン・アスカ機)

 

【挿絵表示】

(キラ・ヤマト機)

 

モビルアーマー形態

 

【挿絵表示】

【挿絵表示】

 

 

オーブが開発した可変量産機ムラサメの設計時に技術顧問として参加したハリー・グリンフィールドが考案した宙域専用可変機の試作品を実戦向けに再改修した機体。

 

高高度空戦用に考案された機体構成だった試作機を、ハリー・グリンフィールドとエリカ・シモンズらが形状から一新。

 

可変システムはムラサメを基礎とし踏襲しつつ、宇宙空間戦闘に特化した形状であるメビウスへの可変機構を備えている。

 

メビウス・ストライカーの可変機構はムラサメを基礎にしてるが、複雑な機構はより簡素化されているため、要する時間が短縮されている上にメンテナンス性も考え点検ユニットなども一新されている。

 

試作機は実地テストと運用テストを経て、戦闘データをオーブへ提供することを条件に民間軍事会社へ4機が売却。キラ・ヤマト、そして素質が高いシン・アスカの二名の専用機として運用され、他機体は予備機として運用されている。

 

武装面はムラサメと同規格のビームライフル、リニアレール砲、小型アンチビームシールド、腕部ロケットランチャー、ビームサーベル。モビルアーマー形態では脚部のミサイルコンテナも使用できる。

 

また、腰部にはハードポイントが備わっており、ストライクのデータから作成された各種ストライカーパックを装備可能であり、可変機ならではの耐久性の低さはあるものの、汎用性の高さも確保している。

 

ストライカーパック、ファストパックは、同企業で運用するメビウス・インタークロスにも接続できる様に共有化が施されており、戦況に応じて現地での換装、ドッキングも行える。

 

・ソードストライカーパック

 武装

  15m対艦刀「シュベルトゲベールⅡ」

  ビームブーメラン「マイダスメッサー」

  ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」

 

・ランチャーストライカーパック

 武装

  320mmインパルス砲「アグニⅡ」

  120mm対艦バルカン砲「ゴウライ」

 

・ファストパック

 武装

  八連装ミサイルポッド×4

  対艦ミサイル「シップウ」×6

  フレア弾

  増槽×2

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。