ガンダムSEED Destiny 白き流星の双子   作:紅乃 晴@小説アカ

15 / 21
第13話 歌姫と歌姫

 

 

 

「ラクス様、やはり貴女でしたか」

 

「デュランダル議長、お久しぶりでございます」

 

船から降りてきたプラントの要人、ラクス・クライン。

 

戦後のプラント最高評議会に復帰し、カナーバ議員らとプラント圏の復旧と立ち直りに尽力し、のちの政権をデュランダルに任せて引退したシーゲル・クラインの娘だ。

 

もとより面識があったデュランダルは彼女と握手を交わして久々の再会を喜ぶ。呆気に取られているタリアやカガリを他所に、シャトルからは彼女の護衛のほか、〝業務を兼業〟しながら同行している人物も降りてくる。

 

「やぁ少年たち。元気にしていたかね?」

 

「はぁい♪元気かしら?」

 

無重力のハンガーの中へ降り立ってきたのは、サングラスと黄色と黒のネクタイをした男性、アンドリュー・バルトフェルドと、そんな彼の妻となったアイシャ・バルトフェルドだった。

 

「バルトフェルドさん!アイシャさんも」

 

キラのメビウス・ストライカーの整備をひと段落させたフレイが、出てきた二人との再会を喜ぶように手を重ね合わせる。カガリやアスランもいるのを確認してから、バルトフェルドは困ったようにいつもの笑みを浮かべた。

 

「全く参ったものさ。進水式の記念式典で披露する歌姫が、まさかこんな事に巻き込まれるなんてな」

 

「これは申し訳ない。この艦もとんだことになったものですよ。進水式の前日に、いきなりの実戦を経験せねばならない事態になるとはね」

 

皮肉の効いたバルトフェルドの言葉と、声の抑揚を変えずに切り返すデュランダル。まだカガリでは到達できない腹のさぐり合いが、その二人の中で展開されようとしていた。

 

「ちょっとぉ!プロデューサー!置いていかないでよ!」

 

そんな思考の読み合いに発展しそうな空気を、シャトルからは追うように出てきた少女の声が払拭していき——同時に、アスランやカガリ、フレイの顔を驚愕に染め上げた。

 

「ラ、ラクスが二人…?」

 

「はっはっはっ!驚いただろう?デュランダル議長が紹介してくれた逸材でな!!」

 

隣に降り立った〝ラクスと瓜二つ〟な少女を自慢げに紹介しながら、少女はラクスとは違う人懐っこそうな笑みを浮かべてアスランたちへ挨拶をした。

 

「ミーア・キャンベルです!よろしくね?」

 

「ラクスと見た目はそっくりだが、方向性が違ってね。二人でユニットを組んでライブツアー中なのさ」

 

大戦後、ラクスの行った行為はひとえには褒められたものではない。だが、支持者も多かったことと、結果的にプラントを救った英雄的な側面もあったことから、彼女を政治的な舞台に参加することを禁ずるという条件付きで、ラクスの身は保護される事になった。

 

その後、護衛兼補佐の役割を任されたバルトフェルドが、芸能界へ声をかけられたことをきっかけにプロデューサーとしてアイシャと共にラクスをサポートするようになり、デュランダルから紹介されたミーアも加わって、今は大戦で傷付いた人々を慰問している。

 

「アンディもすっかりプロデューサーがハマり役になったわね?」

 

「もともと、こういう事のほうが性に合っていたからな、私は」

 

主にメイクや衣装のデザインを担当するアイシャからそう言われて、バルトフェルドはそう答えた。もとより前線に出て戦うより、後ろで計略を練るほうが自分の得意分野だったので、今の立ち位置が天職なのかもしれないとバルトフェルドは思っていた。

 

「バルトフェルドさん!それにラクス!?けど、なんだか…違うような」

 

すると、フレイと同じくメビウス・ストライカーから降りてきたキラが、ミーアと共にいるバルトフェルドたちの元へと降りてくる。

 

キラが一瞬、ミーアをラクスと間違えたが、すぐに視線を下ろすと違和感を覚えた。明らかに違うものがあるからだ。

 

「キラー?」

 

そう思った矢先、デュランダルとの会話を終えてきたラクスがキラの横から声を発する。それはあまりにも普段通りであり、そして底知れない何かを孕んでいた。

 

「この人はミーアさんです。ラクスは私ですよ?わかってますか?」

 

顔は笑顔。言葉遣いも色も顕色ないのに、なぜかキラの背中にはドバドバと嫌な汗が流れ始めている。

 

「あ、あはは…もちろん、ちゃんとわかってたよ?」

 

「ほー、でしたら、どこを見て判断されたので?」

 

スッと笑顔だった目が開く。

 

残念ながら、その目は明らかに笑っていなかった。

 

「あー!あーー!!ベルモンドさんが呼んでるから僕いかなくちゃ!また後で!!ごめんね!!」

 

そう返したキラは、そそくさと来た道を戻ってメビウス・ストライカーの方へと飛んでいく。あれ?キラくん道具は?と言われて疲れた顔をするキラ。それほど動揺していたということか。

 

「全く…あの天然バカ」

 

「ラクス様と私がそっくりでしたから、仕方ありませんよ」

 

呆れて眉間を揉むカガリに、ミーアはまるで当然だと言わんばかりに胸を張っていう。そんなミーアを見ながらラクスは色がない笑みを浮かべる。

 

「ええ、そうですね」

 

「胸の大きさは違いますけど」

 

「何か言いました?フレイさん」

 

「本当に申し訳ない」

 

だから種割れの目をこちらに向けるのはやめてください死んでしまいますと、フレイは見たことがない速さでラクスへ頭を下げる。

 

「はっはっはっ!相変わらずだな!」

 

それを見て楽しげに笑うバルトフェルド。そんな彼らのやり取りを目にしていたミネルバの艦長であるタリア・グラディスは、この船に増していく異常性と要人を乗せているという責任感が比例し、気が遠くなりそうだった。

 

「議長」

 

「すまないな、タリア。しかし状況が状況だ。理解してほしい」

 

なんとか絞り出した声も、デュランダルの声によって封殺される。この状況で…戦線に向かう事になるのか…。

 

一気に引き返したくなる気持ちがあったが、あの新型を他所に渡すわけにもいかないという軍人の葛藤が、その思いを許さない。

 

隣にいるアーサーを一瞥すると、白目を向いて気絶しているように見えた。それにタリアの心配は他にもある。

 

「ラ、ラクス様!ミーアちゃん!ファンです!サインしてください!」

 

「ほ、本物のダブルラクス様だ!手を振ってる!!」

 

はしゃぎ始める作業員や、ミネルバのスタッフたちのこと。タリアは黄色い声をあげる部下たちを見つめながら小さく声を吐いた。

 

「…これ以上はこの船の規律にも影響が及びますね」

 

タリアの言葉には、全面的に同意できる。

 

フレイに至っては、初めてラクスと共にラリーたちの船に乗った時の記憶が濃密にフラッシュバックしており、思わず険しい顔で眉間を揉むという事になっていた。

 

全く、状況を考えろと言いたくはなるが、それより今はデュランダルとの会話が先決だ。カガリは数回咳払いをしてデュランダルに向き直った。

 

「アスハ議員、ここがこの艦のほぼ中心に位置するとお考え下さい。ZGMF-1000。ザクはもう既に御存知でしょう。現在のザフト軍の主力の機体です」

 

デュランダルも切り替えたようにミネルバ艦内の説明を始める。このミネルバはザフトの技術が込められた最新鋭の戦艦だ。幸いな事にハンガーにいるからこそ、議長の言葉も簡潔に纏まっていく。

 

「最大の特徴とも言える、この発進システムを使うインパルス。これは技術者に言わせると、全く新しい効率のいいモビルスーツシステムなんだそうですよ。私にはあまり専門的なことは解りませんが」

 

そう言ってデュランダルがカガリの方へ目をやると、彼女とラクスの表情は思わしくなかった。

 

「しかし、やはりお気に召しませんか?」

 

「議長は嬉しそうだな」

 

皮肉そうに返すカガリに、デュランダルは肩をすくめて言葉を選ぶ。

 

「嬉しい、というわけではありません。あの混乱の中からみんなで懸命に頑張り、ようやくここまでの力を持つことが出来たというのは、やはり…」

 

「——争いが無くならぬから力が必要だと仰ったな、議長は」

 

腹の底から湧き上がるような声がカガリから発せられた。平和のためには一定の力が必要になるとも言えるデュランダルの考え方。それがなにより、カガリの思いに触れた。

 

「だが、この度の事はどうお考えになる。あのたった3機の新型モビルスーツのために、貴国が被ったあの被害のことは?あんな惨状だ、民間人にも被害は及んでいる」

 

アーモリーワンは兵器工廠と呼ばれているが、軍属ではない民間人も少なからず住んでいた。そんな中で、あんな凄惨な事件が起こったのだ。

 

それはまるで、オーブが地球軍に攻め入られている時を彷彿とさせる有様で、カガリは怒りをおぼえる。

 

「そもそも何故必要なのだ!そんなものが今更!」

 

「武器を持たないで戦いをやめてくれと言っても、まだ叶わない世界だから、だろ?」

 

デュランダルが切り返す前に言葉が返ってくる。

 

カガリが振り返った先には、正座から立ち上がり、オーブ軍のものとは違う特製のノーマルスーツを見に纏う男性、ラリー・レイレナードが立っていた。

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。