ジャミトフに転生してしまったので、予定を変えてみる【第二部完】   作:ノイラーテム

11 / 27
終戦に向けて

●花も実もある嘘が必要な時もある

 ガルマの国葬ならぬドズルの国葬が行われた後、世界中を二つの噂が飛び交った。

一つは連邦軍がいよいよ徴兵に踏み切り、一千隻・百万人態勢で断固ジオンを殲滅するという話。

もう一つはその前にジオンが降伏し、戦争はクリスマスより前に終わるという話。

 

この噂の酷いところは、どちらも連邦軍が勝利するという願望に近い予測を基本とすること。

そして……出所が共に同じという詐術である。

 

「宇宙ではア・バオア・クーとグラナダ、地上では中東と北米。戦力比は我らが有利です」

「ふふふ……」

「くくく……」

 ニヤニヤと笑うジャマイカンに対し、ジャミトフとコリニーは底意地の悪い笑顔を浮かべた。

ジャマイカンの言う戦力比とは、連邦のジオンのことではない。

 

レビル率いる宇宙軍と、地上の処分を任されたコリニーの部隊のことだ。

規模としてはレビルの方が大きいが、相手の小ささという意味ではコリニー隊の方が有利。

敵が弱いから勝てたという流れにしないためには、宇宙軍より良い戦果である必要があるだろう。しかしジャイカンには希望があった。

 

「准将閣下の推測では、ジオンにもソーラー・システム級の秘匿兵器があってもおかしくないと。で、あれば損害比率は圧倒的なものとなります」

 ソーラー・システムは原作ほどの数が揃ってなかったが、それでも十分に機能した。

正確にはモビルスーツ隊が原作以上なので、要塞に取りつくまでの露払いには十分だったということだ。

 

こちらが可能だったのである、ジオンも当然可能だろう。

原作ではデギンが折れて勝手に和平を結んだために、無駄な場所に撃ち込んで戦果が減ってしまった。

この世界ではその線がなさそうなため、差し引きで似たような損害に成るだろう。結果的に宇宙軍の被害は甚大、地上軍は特に問題ないままである。

 

「宇宙軍がサイド3を陥落させる前に、是非とも決戦を挑んで北米を落としたいところですな。その前に中東を処分せねばなりませんが」

「北米、北米だと? くくく……はーっはっはっは!」

 楽しそうに未来を語るジャマイカンだが、途中からコリニーが笑いだしてしまった。

あまりのことに、ジャマイカンは目をむいて驚くほかはない。

 

「か、閣下?」

「くくく……。ジャミトフよ、教えてやれ」

「はっ」

 様子を伺うジャマイカンに、コリニーは笑いをこらえながら顎で先を示した。

 

「ジャマイカンよ。尋ねるが貴様……何時から決戦が行われると信じていた?」

「はっ!?」

 訳が分からなかった。

地上を任されたコリニー隊は、残存するジオン軍を討伐するのが目的だ。

 

中東を早期に制圧し、北米で決戦せねば何処で戦うと言うのだろうか?

 

「最後まで戦えばジオンの国民に故郷は存在しなくなる。復讐に燃える我が軍が一切合切を消し去るやもしれん」

「全面戦争とはそういうものでは? それに降伏する可能性も……」

 反論しながらジャマイカンも気が付いた。

既に大勢は決しているのだ。連邦が勝ってジオンが敗北するのは間違いがない。

 

ならばどこかで手打ちを行う可能性があり、ジオン軍は必死で降伏ではなく和平を望むための条件を探しているところだろう。

 

「路頭に迷うジオンの連中だけでなく、連邦の経済には明るいニュースが必要だとは思わんか? ……サイド3と引き換えに北米を取り戻す算段は付いているのだ」

「……さ、最終決戦抜きで既に勝負がついているとは思いもしませんでした」

 レビルは生きていても名誉退役することが既に決まっている。

それがV作戦を実行し、その後の主導権を握る条件だったからだ。

 

ゆえに後継者候補を争っているのだが、コリニーが一歩優位に立ち、追っていたティアンムは既に亡い。

他の中将たちがレビルに従っているのだが、ア・バオア・クーで大損害を出せば勝ったとしても、もはや並ぶことは無理だろう。

唯一の例外は北米戦の損害次第だが、交渉で取り戻せばそれすらなくなるのである。

 

「ならば例の対ジャブロー兵器を何としてでも始末せねばなりませんな。中東で開発されているというアレさえなければ……」

「何度も言わせるなジャマイカン。博打の極意とはな。最初から勝負など挑まぬことよ」

 アプサラスの脅威さえ取り除けば盤石。

そう語ろうとするジャマイカンはまたも遮られた。

 

「明るいニュースが必要だと言ったであろう? そして、大勢は既に決しているのだ。ジャブロー臨時政府が解散するという『発表』も、そう遠い事ではあるまいよ」

「……っ」

 今度こそジャマイカンは絶句した。

発表はあくまで告知であって、本当に政府機関が他に移動するかどうかは怪しい。

 

だが、秘密兵器でジャブローを狙おうとする者にとってはどうだろう?

ただの告知によって、アプサラスもアスタロスも無効化されてしまったのである。

 

「まあ、お前の懸念も当然だ。ジオンの脅威は取り除かねばならん。その為の新組織設立許可も滞りなく下ろされるだろう」

「この間の財務省の件が決定的だったな」

 緊縮財政を望む連邦政府の声が、ジャミトフに『政策』を伝えさせる許可を与えた。

どんなに策を練ろうとも、例え知識チートがあろうとも、軍人に政策など出せない。

 

だがコリニーを説得し、最後に軍部を説得するための交渉カード。

それその物が、連邦政府の求めていた落とし処だったのだ。これで乗らない筈もあるまい。

 

「世界の脅威が残っているならば、政府も強権を維持したまま当面を過ごせる。我らも安泰。そして経済界には明るいニュースが幾つも飛び込むという訳だ」

「恐れ入りました」

 軍産企業とのコネ、そして連邦政府とのパイプ。

その二つを両輪にジャミトフ・ハイマンが世界を動かすキーを手に入れた。

あえて言うならば、財務省の局員が訪れたあの日に、一年戦争は既に終わっていたのである。

 

ジャミトフが上機嫌に成り切れないとしたら、同様の案が他からも上がっていたことだ。

経済のカンフル剤としてジャミトフが出した、コロニー再生事業。サイド3のコロニーの一部を賠償軽減として割譲させつつ、サイド3を含めたすべてのコロニーで行われる再整備計画。

 

それに似たような案として出されたのは、月面都市計画と地球連邦政府移転案である。

皮肉なことに、難民たちを厚遇して地球から管理移民させるという点まで似通っていたという。

 

●バベルの籠城戦

 ギニアス・サハリンの目標であるジャブロー粉砕は、試す前から終了した。

その脅威は既に、アスタロスと共に連邦政府へ伝えられている。

だからこその臨時政府終了と、新天地への移設案の発表であった。

 

だがアプサラスの脅威は取り除かねばならない。たとえ彼が死に掛けであろうともだ。

実証された兵器は存在してはならない。あくまで理論として世界を脅かす程度でなければならないのだ。

 

「これより『バベルの塔』攻略戦を開始いたします」

「よろしい、大いにやれ」

 別件で既に対処した問題を最終目的に設定する。

このことで最低限の任務は達成しており、後は中東最後の拠点を無事攻略して、後継者レースの勝利に花を咲かせるだけだ。

 

「まずは使いようのない玩具を処分します。使い切って構いませんでしょうか?」

「全て貴様に任せてある。それにどうせスクラップにするだけだ、好きにするがいい」

 ジャマイカンの思い付きで加えた先行部隊。

それが懲罰大隊や人間の盾であれば、多少は考慮しただろう。

だが事前に伝えられたソレは、無害かつ、可能な限り人命を守る為の方策であった。

 

「Dポイントよりマゼラドローン隊出撃! 続けてデク共も突入させろ!」

「はっ!」

 ジャマイカンの指示で鹵獲したマゼラアタックとザクが動き始める。

違いと言えば、マゼラトップのキャノピーの中が人間ではなく単純なコンピューターというだけだ。

ザクも同様であり、コックピットがワザワザ剥き出しになっていた。

 

『少将閣下! 無人兵器群が例のポイントに……』

『ちっ。楽はさせてくれんか。『気化爆弾』の準備をしておけ。他を巻き込める今のうちに使い切る』

 あからさまな無人兵器による突撃は、当然危険地帯での捜索猟兵代わりだ。

地雷原など気にもせず、プログラムされた通りに怪しい場所目掛けて撃ち込みながら進出していく。

 

これに対してジオン側が採用した対抗策は、南極条約ギリギリの爆弾である。

直接に核爆弾を使用するのではないので、一応は問題にならない可能性と、やはり問題になる可能性の両方があった。

 

『閣下! 前線より今のは核兵器かと矢のような質問が参っております!』

「閣下! 前線より今のは核兵器かと矢のような質問が参っております!」

 奇しくも両軍司令部に届けられた質問は、時間こそ違う物の同じものだった。

これに対する回答も、やはり似たような物だ。

 

『ただの気化爆弾だ。そう答えておけ』

「ただの気化爆弾ではないか。ジオンは核弾頭や質量兵器以外にも危険な武器を持っていたというだけだ」

 ユーリ・ケラーネの回答はただの誤魔化しだった。

脱出用に埋めていたはずなのだが、早期に使わざるを得ないので苦笑するしかない。

 

対するジャミトフ・ハイマンの回答は、この中東で危険な兵器を次々と研究している。と主張するものだ。

今後もジオンの脅威のメカニズムを喧伝する為、むしろ満面の笑みを浮かべていた。

 

 

 一方、別の脱出ルートを塞ぎに掛かる飛行集団がある。

ユーコンを潜ませられる川に向かっている中で、先頭を飛ぶ一機が不意に揺れた。

 

「ハイマン君、右。……もうちょい右」

 Gファイターとライトアーマー、二機のエンジンが奏でる振動がゴキゲンなBGMのGアーマー形態。

その中でヤザン・ゲーブルの言葉が、その機体を揺らせたのだ。

細いメガ粒子砲の閃光がとびぬけたのは、その直後である。

 

「狙撃っ!? 良くわかりましたね。戦術教本に乗っている狙撃ポイントは避けたつもりなんですが」

「なあに。俺だったら教科書通りには潜まないね。第一、この状況だと逃げれんだろ?」

 短い付き合いながらリチャード・ハイマンはヤザンの獣めいた嗅覚を理解していた。

彼はニュータイプと違い、独自の判断で経験則を上書きしているのだ。

 

今取っているコースも、元から彼が指示したもの。

ただ気が付いただけではなく、予め想定し易いコースを取ったのである。

 

「逃走する気がない、あるいは攻める側で撃ち殺せば済むならマニュアルに従えばいいさ。そういうのは定例から外れることはない」

「脱出までの時間稼ぎ。または察知された場合に備えての伏兵だったわけですね」

 言いながら二人は投下準備を整えていく。

余裕があれば連結したまま、大容量のジェネレーターでこちらも撃ち返したいところだ。

 

だがボヤボヤしていると、敵の方がやって来る。

脱出ルートを守る相手となれば、油断などできるはずもないだろう。

 

『来たな! ドルバロームの仇。やらせてもらう! お前は下がっていろドノマーガ!』

「はっ! 見え見えなんだよ!」

 向こう側から高く飛んできたドダイYS、その背に居たグフ・カスタムがギリギリのところで降下する。

ヤザンはそれに対抗するかのようにビームサーベルをジャベリン形態に変更し……。

 

そのまま地面に突き立てたのである。

 

『ば、馬鹿な。なぜオレの位置が分かった!?』

「こんな場所で平坦な地面があるかよ、馬鹿野郎!」

 砂地に潜っていたグフ・カスタムが顔を出し、引き裂かれた腕を千切りながら脱出する。

時間があれば直撃させられたはずだが、運があったというべきだろう。

 

ただし、この場合は双方にとって……である。

 

『すまん。俺も下がらせてもらう。……後は頼んだぞイリューズ』

「あん? 馬鹿にアッサリ引き下がったな……」

 地面から出てきた亀マークの機体は、後方に居たドダイYSに飛び乗っていずこかへと去っていった。

引き際を心得たその様子に、ヤザンはむしろ警戒心を強くしたのである。

 

「……まだ伏兵が居る? 了解です」

 上空に居たリチャードはヤザンが送った発光サインを受け取った。

そのサインは敵に伏兵アリ。何機居るかは分からない。

 

だが、先ほどのヤザンの言葉。

そして地面に居たグフの様子から、察せられるものはある。

 

「川辺だが馬鹿正直に水中のはずはない。……しかし奴らの水中用は水冷式エンジンのはずだ」

 リチャードは爆雷をユーコン用に温存し、砲門にのみ設定してからトリガーに指を掛けた。

マルチ設定だとどうしても反応が遅れると聞いて、コンマ数秒を早めるために行う設定だと聞いていたのだ。

 

そして熱源と音源探知を掛けた結果、ステルスを掛けているらしき小さな反応を発見する。

 

「居ました! 迷彩カラーの水中用だ!」

『キャア!?』

『イリューズまで!?』

 Gファイターのメガ粒子砲が火を噴き、隠れていたズゴック・カスタムを抉る。

それで大破していないのは、単純に水中用の装甲が厚いからに過ぎない。

 

『ごめんなさい。私はユーコンの直衛に専念させてもらうわ』

 どうやらズゴックはエンジンを一回り小さなアッガイ用に改めたようで、音と熱量が微妙に低い。

だがその反動は大きく、強化したジェネレーターでチャージ型の狙撃ができても、格闘戦は難しいらしい。

 

魚マークの機体がザプンと水の中に飛び込むと、サンドカラーが溶け出して、下地が別の色に変わる。

 

「逃げるなって言いたいところだが、スゲーなあ。水で溶ける塗料を水辺で使ったのかよ。その根性だけは認めてやるぜ」

 ヒュウ♪ とヤザンが口笛を吹いた。

見ていると簡単そうに思えるが、もし高波か何かが水を被せたら全てが台無しだ。

 

周囲や沖にカメラの一つでも仕掛けているのだろうが、良い度胸である。

もしかしたら、先ほどの亀マークはその時に備えた護衛なのかもしれない。この状況ならば、水中用の方が貴重であろう。

 

「どうする? てめえ一人になっちちまったぜ。それともママのおっぱい飲みに逃げ帰るか?」

『オノレ! 貴様など、このビューン様が居れば十分よ!』

 蜘蛛マークのグフは近くの障害物にワイヤーを引っ掛け、三次元移動を掛けながら障害物そのものを盾にする。

これに対しヤザンは盾を構え、秘かに盾裏に隠したもう一本のサーベルに手を伸ばした。

 

そして突き刺したままのジャベリンに手をかけ、縮小させることなく棒のように振り回したのである。

 

「ワイヤーがもう一本? いや、全部で三本かよ!!」

『馬鹿め! この機体は35mmの代わりに複数用意しているのだ』

 蜘蛛マークに相応しく、左手だけではなく右手からもワイヤーが。

それだけではなく、バックパックからも二本ほど飛び出してくる!

 

『ワーハッハハ! 動けまい! だが念入りに後ろから……』

「だからよ。見え見えの動きをすんなっていうんだ」

 雁字搦めにしたまま、グフは後ろに回りつつ至近専用のナイフを抜いた。

電気ショックを使わないのは、単に備えていないのか、それともヤザン機が停止しないと判断したのか。

 

トドメを刺そうとする敵に対し、ヤザンはむしろタメ息をついていた。

 

「モビルスーツってのはなあ、炉心さえ避ければ丈夫にできてんだよ!!」

 ヤザンという男は、これでマニュアルをちゃんと読み込む男だ。

視点が違うだけで、隅々まで目を通している。

 

例えば自分の機体のうち、どこが破壊されれば駄目か、どこならば良いかということを……だ。

 

『馬鹿な。ハラキリだと!?』

「勝てば官軍! エースを一機撃破して二機撃退ならおつりがくるぜ!」

 自分の機体ごと、隠し持っていたビームサーベルで敵を貫いた。

そのまま横にスライドさせて、絡められたワイヤーを焼き切っていく。

 

ここからは正直な話、運だった。

もしグフの重要部分に当たっていなければ、耐久性の低いライトアーマーである。

正面戦闘では打ち負けていたかもしれない。

 

「大丈夫ですか?」

「あん? そりゃあハイマン君が居たからな。安心はしていたさ」

 そう、この場で運任せでも良いと思ったのは、もう一機居たからだ。

ユーコンを探しに行った他の機体も居る。見つけて撃沈するか、諦めたら仕方なく戻ってくるだろう。

 

その意味で、ヤザンが昔のままではなく、成長したヤザンであったことが勝利につながった。

 

 

 そしてこの日、中東最後の拠点は陥落した。

ユーリは接収したアプサラスⅢが破壊された時点で資料を破棄。

最後まで戦い抜いたという事実を確認すると、自らの命と引き換えに部下の安全を要請して降伏したのである。




 という訳でアスタロスに引き続きアプサラス問題も終了。
宇宙では人を焼く悪魔の光が、連邦軍を薙ぎ払っているはずです。

●経済問題
 連邦政府は軍の予算を縮小したい、でも負けてもらっては困る。
一刻も早く勝利してほしいが、サイド3を陥落させて、ジオンの国民丸抱えすると破産する。
ついでに戦争が素直に終わると、強権を発動可能な戦時体制が完全終了するので、一部なりとも権限を保持したかった。

そこでジオンを降伏させるのではなく、和平でおらせたい。
だからこそ、原作でもレビルが和平に乗ったし、今回もそうなっている。
原作と違うのはジャミトフが糸を引いており、似たようなことをメラニーも提案している。
(ジャミトフの方にその権限はないので、メラニーが前回爆破して、財務局の職員が行かなかったら提案できなかったので、メラニーの自爆ともいえる)

今後のサイド3との交渉は、グラナダを返却して要塞を戻してもらうのか?
それとも、賠償を全面的に免れるのか……という展開のはず。
まあ一部のコロニーは接収して他に配りつつ、再編計画で『サイド3も新規コロニー建造していい』という温情条約になるのですが。
似たような展開ですが、メラニー案の場合は、月面都市というだけ。

●アプサラスⅢ
 ジャブロー移転計画が発表されたので、意味がなくなりました。
ギニアスさんは完全に燃え尽きて、ユーリの接収を断らなかった模様。

●今回のメカ
MSM-07ズゴック・カスタム[レインボー・フィッシュ]
 アッガイの炉心に変更し、空いたスペースにジェネレーター強化と静穏性・熱源対策を施している。
数層渡って最新の塗料を塗っており、今回は水溶性を表面、地金の上に別の色を塗っていた。
作中でヤザンが言っている様に、波をかぶったらおしまいなので、相当な度胸である。


年内はこれで終わりだと思います。
この作品では、以前い書いたオバロ物の一つが持つ最大点数とかお気に入りを大きく上回りました。
大変ありがたく思いますし、感想ともども感謝しております。

みなさま、良いお年を。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。