ジャミトフに転生してしまったので、予定を変えてみる【完】   作:ノイラーテム

8 / 32
天空より来るモノ

●人道的救助の名のもとに

 秋になって史実と大きく違う流れが生み出される。

この時点でオデッサが陥落しているので、今更というべきかもしれないが。

 

まず捕虜交換を行う訳だが、その相手はジオン政府ではない。

ここで迂闊に停戦してしまうと色々と面倒なことが起きるので、ジオンの地上軍司令部が建前上の相手に成る。

何か起きても問題を起こしたのは地上司令部であり、ジオン公国総帥府ではないという建前だ。

 

「気分はどうかね?」

「お陰様で快適ですよ。しかし捕虜交換はまだ先と聞いていますが?」

 捕虜交換に先立って、クロトワ・バジーナという名前を与えた男に面会しておく。

彼の出番はもう少し先のはずだったのだが、出番が増えてしまった以上は仕方がない。

 

とある艦が行方不明になってしまったので、色々あって彼を使うことにしたのだ。

 

「我が軍の艦が交戦中に座礁してしまってね。ジオンの方もそうらしいので、人道問題という理由で一時的に停戦した区域があるのだよ」

「……騙されているかもしれないから、俺に行けと? それとも油断させて諸共に?」

 当然違うので首を横に振っておく。

そうする必要がある場合でも、別にこの男を使う必要はない。

適当なジオン兵を使えばよいだけの話だし、今の情勢ではそこまで外道な方法を採る必要自体が全くなかった。

 

「その艦を妙な連中が気にしておってな。面倒なことにならぬ間に生存者を引き上げてしまいたい。艦の処分はそれからでも遅くはあるまいよ」

「……ザビ家の特務部隊? あるいは連邦側の急進派ということか」

 何とも言えないのでここは否定しない。という態度を取っておく。

まさか第三勢力などとは言えないし、そうでない可能性もあるので予測を外したら恥ずかしいので黙っておく。

 

「しかしそちらにもパイプの太いエージェントは居るでしょう。あえて交渉に乗ったばかりの俺を使わなくとも」

「実はアフリカとアメリカ……両方で消息を絶ちおってな」

 状況を困難にしたのは、二隻の船が行方不明になったことだ。

どちらも機密性が高く、かつ、取り巻く環境が頭おかしい。

 

これを放置しておく手はないし、この機に色々と工作しておくのも悪くはない。

同時にこの男を使用して、我々に裏はないのだと演技しておくのも悪くはなかった。それで帰還後に協力的になってくれれば、ありがたい限りだろう。

 

「何隻も同時に行方不明に成るとは。連邦はどうかしてるのではないですか?」

「耳が痛いな。しかし今回は素直にジオンの将兵を褒めようではないか。赤い彗星は大気圏突入時に仕掛けたそうだよ? もう片方も似たようなものだ」

 できるだけ放置してきたが、ついにその時がやって来た。

ホワイトベース隊がアメリカに不時着してしまったのだ。

 

史実と違うのは、連邦軍の強化に伴ってホワイトベースの援護が若干厚かったことだ。

ホワイトベースはジャブロー行きに失敗したが、シャアのコムサイも行方不明になったらしい。

 

「オデッサ戦に先駆けて北米とアフリカを牽制するために空母を出しておったが、条件の一つとして下げたら返事は良好でな。好きな方に向かうと良い」

 民間人が乗っているという事で、人命救助を理由に呼びかけたらガルマはこれに乗ってきた。

包囲網が外れたからか、シャアも行方不明だからか、あるいは単純に人の良いお坊ちゃんだからかは分からない。どの理由なのかは分からないが、今のところ順調だといえるだろう。

 

それはそれとして、史実より一カ月半ほどスケジュールが早まってしまったので、彼らのエースキラーぶりは実行されなかった。

だが史実に介入するのであれば、ホワイトベース隊のクルーが連邦に不満を持っているこの時期が一番良いだろう。第一、失敗しても何も痛くはない。

 

「捕虜である俺に否応はないですがね……。念のためにアフリカの方を聞いても?」

「中東で謎の大型マシンと接触事故を起こしてな。ライヤー大佐は戦死、直衛のモビルスーツ隊が巻き込まれておる。……だが問題は現地で暴れておる特務部隊の方だな」

 なんというか厄介さではこちらの方だった。

スケジュールが前倒しになっているのに、アプサラスⅡらしき飛行物体が目撃された。

ジオン脅威のメカニズム過ぎるが、問題なのはそこではない。

 

雄型のガルダを巻き込み、史実に近い形で行方不明になったのが大問題だ。

仮にギニアスに回収されたらアプサラスⅢが製造されかねない。それと同時に……万が一、交渉できた場合の有益さはホワイトベース隊よりも上だろう。

 

「マンハントを行っている馬鹿どもがおる。仮にこちらに向かう場合は、連邦の制服を着ておろうと、ジオンの制服を着ておろうと始末して構わんよ。ガルマ大佐も承知しておる」

「なんとも言い難いですな。……ただ念のために確認させてください」

 ため息交じりに苦笑しつつ、裏に居るであろうメラニーの顔を思い出す。

まったく面倒なことをやってくれるものだ。

 

本来であれば、どちらかに専念して確実に行きたかったのだ。

それをこんな綱渡りをする羽目になるとは思わなかった。

 

「優先度は?」

「当然の質問だな。人命が第一。機密保持が第二だが……場合によっては少し待つのは構うまい」

 おや? という表情を男がする。

機密保持が第一で、できれば救助。大多数が残れば、数人くらい構わないとジャミトフが口にすると思ったのだろう。

 

「その条件とは?」

「戦艦の機密など幾らでも更新できる。無理に守ることはない……と言っても信用せんだろうな。BC化学兵器が見つかった場合……いや稼働状態にある場合に標的として欲しい」

 史実のジャミトフはあれはあれで、人命を優先している。

もっともこの場合は、アプサラスの能力欲しさだ。

 

万が一にでもアスタロスが散布されてしまった場合、初期であっても焼き払うのはアプサラスでなければ無理だろう。

また、この男以外にも数人送り込むので、交渉中にデータをこちらも得るから、時間稼ぎをして欲しいというのもあるが。

 

「万が一に備えて演算コンピューターを使うコードを渡しておこう。『パスタにスパイスを追加。ミントでもタイムでもサフランでもなく、バジルを四回』だ」

「この名前の由来ですか。……判りました。この荒野の迅雷にお任せください」

 こうしてクロトワ・バジーナ参謀こと、ヴィッシュ・ドナヒューを送り出した。

残った片方に信用できるエージェントを用い、できるだけ多くの成果が得られることを祈っておく。

 

そして一連の流れをメラニーやザビ家に悟られないために、アフリカ戦での戦いの準備を始めたのである。

 

●降下作戦

 砂漠地帯をガルダが飛ぶ。

高高度(こうこうど)から侵入し、ジオンに奪われている基地の奪回に向かっていた。

 

「本来であれば、アメリカ攻略に使いたかったのだがな」

「仕方ありません。こちらで色々と問題が出てしまいましたし」

 軍大学に関する問題でジャマイカンが一時的に椅子を開け、ふと思いつきでレイヤーをクロトワの援護に回しておいた。

だからという訳ではないが、今回の作戦には今まで連れてきていない将校を参加させている。

 

危険な任務になるが、転属要請を出した者の中で有能そうな連中の一部を使うことにしたのだ。

 

「入れ替えたラーの調子はどうだ?」

「問題ありません。シンが送っている諜報データの中から、あの基地周辺に関わるデータをリンクさせています」

 演算コンピューターであるウラヌス・システムは、当然ながら環境の変化で調整が必要だ。

アフリカの環境に適応しているのが『ラー』で、生物兵器を追って潜入した情報部『シン』からのデータ提供も得ている。

 

「間もなく作戦開始ですが……。申し訳ありません、お見苦しいところをお見せしてしまい」

「構わんよ。正であれ邪であれ、私は我の強い漢は好きだ。奴に文句を付けたかったら、貴官が有能さを示せばよい」

 話題にあがったのは、今から出撃する部隊の中にラフ過ぎる格好のパイロットが居ることだ。

ジャミトフは笑ってこれを許し、あらためてその男に向き直る。

 

「服装規定や上官侮辱罪には目を瞑ってやる。公式では許さんがな」

「話が分かるじゃねえか大将。オレが戦績を上げる限り……なんだろうがよ」

 それこそ説明する意味のないことだ。

その男とジャミトフは獰猛な笑顔で笑いあった。

 

そして作戦時間。戦闘の開始だ。

 

「よろしい。ウッダー中尉。Mars作戦を開始せよ」

「はっ! 第一小隊、出撃!! GoGoGo! 空を駆けろ」

 降下装備である試作型コルベット・ブースターを取り付けたジムが降下する。

背中にブースターと折りたたんだ安定翼。そして足に三角形の装甲板。

 

「続けて第二小隊、出撃! GoGoGo!! 休む間などないぞ!」

 こちらも背中は似たような物だが、足の装甲板が若干違う。

第一小隊が大きくまさしく装甲版であったのに対し、こちらは細く短く、念のためについているといった風情だ。

先行した小隊が一気に降りるが、こちらはブースターを早くも吹かせて時間を空けた。

 

「予定通りだな。ギンゼー中尉。煙幕を放て」

「はっ! 煙幕弾、発射!」

 ジムを追い越して煙幕弾が地上に撃ち込まれた。

交差するように対空射撃が始まる。

 

最初は散発的だったが、次第に統制されていくのだが……。

周囲を覆う大量の煙幕が、これを難しくしていた。

 

『これほどの煙幕を? やつらも視認できないだろうに!?』

『構わん。とにかく撃て!』

 第一小隊が居た辺りに、あてずっぽうでひたすら撃ちまくる。

降下する相手は身動きが難しいので、それでも当たるときは当たるからだ。

 

ジャブロー降下作戦が難しいのは、多数の対空砲があるから。

素早く降下しようにも、無数の砲塔のどれかが、いつかモビルスーツを砕く。

 

「ふん。ルナチタニウム交じりの混合板だ。まぐれあたりではな」

 しかし当て易い対空機銃では装甲板を貫くのは難しい。

メガ粒子砲もなくはないが、それほどの数は配備されていなかった。

 

いや、あったとしても倒すのは難しかっただろう。

 

「くくっく。誰が馬鹿正直に降りるかよ! さあ、目を覚ませ! どっちが正義の使者か勝負しようぜ!」

 時間を空けた第二小隊は、ブースターをふかしてコース取りを変えていた。

そして砂地に着地する前に、足に取り付けた小型ブースターで軌道を変えていく。

こちらは装甲板が薄い変わりに、空中での軌道変更、そして砂地での滑走を目指したモデルである。

 

「ここまでは予定通りですな。……最後まで見ていかれないのですか?」

「ジオンの連中は自らが最新兵器を使ったためか、古い技術を軽視し過ぎだな。もう決着したも同然だろう」

 煙幕弾は広く撃ち込まれ、基地全体を覆っていた。

これでは連邦側も不自由するが、基地の地形情報など事前調査で判るものだ。

ましてや連邦基地、ジオンが修正した部分だけ重点的に確認すればよいのである。

 

そして何より……。

降下作戦はただの囮である。

 

78式重戦車タイタンを始めとする無数の車両が、包囲網を狭めて基地を射程に収めつつあった。

煙幕の中に撃ち込まれる長距離砲撃も、当然ながらモビルスーツには知らされている。

その場所は敵の防備が硬いところであり、そこには絶対に踏み込むなと予め伝達されてあった。

 

「タイタンからの砲撃来ます! これで我々の勝利は……。ゲーブル中尉?」

「ちっ! 敵の司令官が逃げ出しやがった。腰抜けめ!」

 あろうことか、敵司令官は早い段階で逃げ出した。

有線通信でもあったのだろが、長距離砲撃がこれに味方した。

 

追うべき部隊を砲弾が次々と襲うのだ。

だが、これをショートカットする無謀な男が居る。

 

「待てゲーブル中尉。待たんかヤザン! くそ、ミノフスキーのせいで通じん! 勝手に死ね!」

「はーはっはー! リンク射撃のタイミングさえ判れば、こっちのもんよ!」

 撃ち込まれる射撃は煙幕の中でも正確だ。

それはあらかじめ、距離とタイミングを調整して、有線リンクで砲撃を掛けているため。

 

ヤザンと呼ばれた男は小隊長であり、それらの情報も得ていたのである。

万が一にでも建物にぶつかって足を止めれば、味方の砲撃で死にかねない。

その中を笑いながら飛びぬけたのである。

 

問題はコルベット・ブースターが未完成という事だ。追い続けるには飛距離が足りない。

だからこそ限定しているのであり、降りるだけなら自在に降下できる。

だが、普通に飛ぶことは難しく、母艦に戻る計画も中止されたほどだ。

 

しかし、ここに例外が存在する。

コルベット・ブースターだけでダメなら、似たようなモノがもう一つあればいい!

 

「なんだ? Gファイター?」

「ゲーブル中尉! こちらスフィンクス、ハイマンです。上に搭乗してください」

 Gアーマー形態のGファイターがやって来た。

いつもは陸戦ガンダムを下ろしているのだが、今回はレイヤーが居ないので、こういった事態に備えて待機していたのだ。

 

かくしてGファイターの上にジムが乗る。

降下装備だけでは推力が足らず、Gファイターだけでも搭乗させるには推力が足りない。

だが二機の推力を合わせれば、飛び続けるには問題がないだろう。

 

そして敵司令官に追いつき、降伏させたのである。

 

 




 という訳で、行方不明の戦艦話をお届けします。
本当は土・日だったのですが、登録数・評価者数記念にUP。
(その代わりに話が進んでませんが)

V作戦が1カ月、その後の動きも併せて40-50日早くなっているので、ホワイトベースが今頃来ます。
できるだけ宇宙には手を出さないでいたのですが、コアブースターなどの配備もあって、シャアも行方不明になりました。
同じ日でこそありませんが、アプサラスⅡとガルダも行方不明に。

史実をやや変えて同時発生したために、覚悟していたジャミトフさんも大慌てです。
そこで前回の話題に出てきた、クロトワ・バジーナこと、荒野の迅雷ヴィッシュ・ドナヒューさんが向かう事に成りました。
彼ならシローとアイナがイチャイチャしていても、大目に見てくれるんじゃないでしょうかね?

とりあえずガルダのデータをギニアスに持っていかれると困るのですが、ホワイトベース問題もあって大きく出られない状態です。
ここは紳士協定で多少なら大目に見つつ、『メラニーよりもうちの方が話無しが判るよ? アスタロス相手には共闘しよう?』と持ち掛けて、好印象を与える作戦に出ています。
……まあ地球連邦はともかく、ジャミトフさんからみるとジャブロー吹っ飛んでも構わないというのもありますが(むしろ困った政府に、お願いされたいので)。

●ティターンズ・メンバー大集合
 ヤザンと愉快な仲間たちが合流しました。
とはいえお試し期間なので、お互いに何かあれば出ていくかもしれません。
ちなみにティターンズならぬプロメテウスでは、こまけーこたあ良いんだよ。状態なので、同ランクでは注意できないシステムです。
その代わり命令系統は重要なので、仮にベン・ウッダーさんが上司になったらヤザンもキッチリするはず。

●今回の装備
・装甲コルベット(試作型コルベット・ブースター)
 背中に垂直・足に横向きのブースターがあり、安定翼で架空フォロー。
ナイトシーカーとの中間みたいな感じですね。
フライングアーマーみたいな装甲で防ぐタイプと、小さなスキーみたいなので横移動を重視したタイプがあります。
ブースターと足のブースターも装甲版も追加装備なので、必要になったら爆薬で外します。
やはりお高い装備なのですが、新規にジム作るよりも安価なので問題なく発注されています。

・Gファイター + コルベットなジム
 上に搭乗は難しいのですが、自分で飛ぼうとしている機体ならば問題なし。
別にGファイターだけで飛んでいく方が、早く追いつけるんじゃないの?
という気もしますが、ここが空中ドッキング! のロマンがあったので実行しました。あとは降伏させるときの説得力の問題ですね。

・演算システム『ラー』
 アフリカの諸条件にアジャストしたウラヌス・システム。
演算コンピューターなので、色々と計算してくれる。
基本的にはMAPや風速に合わせて、弾道・降下位置の調整など。

・ウラヌeyes(メジェドの眼)
 演算システムとリンクしたモビルスーツ一般の事。
発光サインや音紋を使用して通信を受け取ることが可能。
Gファイターのような大型マシン以外は、バイザーヘルムのような補助が必要。
このため、パッと見にはジムスナイパーやナイトシーカーのように見えないこともない。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。