ハイスクールD×D 黒龍伝説   作:ユキアン

3 / 13
3話

「匙、ちょうど良い所に。手伝って欲しい事があるんだ」

 

「どうした、兵藤。見ての通りオレはお前達の開けた穴の修理に忙しいんだが」

 

速乾性のセメントで隠しカメラが仕掛けてあった穴を塞ぎながら答える。

 

「ちょっと話が長くなるんだけどさ」

 

「なら、ちょっと付いて来い。生徒会の仕事を終わらせないと手伝えないからな。説明だけ先にしろ」

 

道具を担ぎ、移動して人の目がない所ではラインを使って仕事をしながら報告書を作成しながら兵藤の説明を聞く。何でも、教会から聖剣エクスカリバーが3本盗まれてこの駒王に持ち込まれたそうだ。それの奪還の為に教会から聖剣エクスカリバーを持った二人がやってきたのだが、木場の奴がエクスカリバーを見て暴走。

 

何でも木場は悪魔に転生する前は教会で人体実験に使われていたそうだ。実験内容は人工的にエクスカリバーの担い手を作ると言う物で、最終的には実験は凍結、被験者は処分され、木場はそれの生き残りだそうだ。

 

そんな過去もあってか、木場は担い手の二人に襲いかかって見事に返り討ちになってそのまま行方知れずとなってしまったそうだ。

 

「それで、何を手伝えと?」

 

「とりあえず教会から送られてきた二人と協力体制を整えて、それから木場を探そうかと思ってるんだけど」

 

「残念だが手伝えそうにないな。それに木場の奴の復讐は見当違いにも程があるからな、手伝わない」

 

「復讐が見当違い?」

 

「それが分からないのなら、あいつはいつまで経っても今回の様な暴走を起こすんだろうな。兵藤、もしお前が木場の立場だったら、お前の怒りは何処に向くんだろうな?ヒントは木場が剣士だと言う事、事件当時は人間で教会に属した者であったと言う事だ。純粋な悪魔じゃなく、最近まで人間で、男であるお前だからこそ分かる物がある」

 

道具を倉庫に戻しながら兵藤と別れて生徒会室に向かう。今の話を会長にも報告しておかないといけないからな。

 

 

 

 

 

 

オレはこの事件に関わるつもりはなかった。つまりはなかったんだが、どうして巻き込まれるかねぇ。生徒会の仕事も終えて深夜の土方のバイトを終えて帰宅中に行き倒れになっている教会関係者を見つけてしまった。しかも封印を施した剣らしき物を所有している。兵藤の話にあったエクスカリバーとその担い手で間違いない。気になるのは横においている布に覆われた何かだが、今は横に置いておこう。

 

「なんで厄介事が向こうからやってくるかね?呪われてるのか」

 

春先の件から余計にそう感じる。いや、あの男と女の間に生まれた時から呪われてるか。とりあえず声をかける事にする。

 

「こんな時間に何をしている」

 

「むっ、何者だ」

 

「通りすがりの悪魔の協力者だ。報告に上がっていた教会からの派遣者だな?もう一度聞くがこんな時間に何をしている?」

 

「話す事など」

 

青い髪の女の話を遮る様に、二人の腹から盛大に音が鳴る。先程まで張りつめていた空気が一瞬にして霧散した。

 

「……はぁ、とりあえず付いて来い。飯位は食わせてやるよ」

 

「申し訳ない」

 

「ごめんなさい」

 

頭を下げる二人を連れてオレの住んでいるアパートに戻る。

 

「ちょっと待ってろ、すぐに作るから。とりあえずはそこの煎餅でも齧ってろ」

 

買いだめしている缶詰と乾物、それにそろそろヤバい野菜を調理して二人に出す。短時間の間に煎餅も全部食われてしまったようだ。分量的には4人前あった料理も全部平らげられておかわりを要求されたので塩パスタを出す。それ位しか残ってないのだ。というか、給料日まで生きていけるかな?くっ、今度の休みは山に狩りに行かねばならない。現地で薫製などに加工すれば何とか食いつなげるだろう。

 

「風呂はそっちでトイレはそっちだ。タオルとかは適当に使えば良い。話はまた明日に聞く。ベッドとソファーは貸してやる。毛布はそこだ。食器は流し場で軽く水洗いだけしといてくれれば良い」

 

「何から何まで本当にすまない」

 

「気にするならちゃんと話しはしてくれよ。こっちもいきなり厄介事に巻き込まれるのは勘弁して欲しいから。それじゃあ、お休み」

 

押し入れを開けて中に入って横に転がる。久しぶりに押し入れの中で寝るな。嫌な思い出が蘇る前に、無理矢理意識を落とす。

 

 

 

 

 

「全く、春からこっち争いごとに事欠かねえな」

 

振りかぶられた聖剣をバク転で躱しながらラインを差し向ける。

 

「祝福も魔術も使っていない人間とは思えない反応速度ですねぇ。実に興味深い」

 

伸ばしたラインは聖剣によって抵抗もなく切り捨てられていく。木場の魔剣とは段違いの性能と言う事もあるが、それに加えてあの男の力量が半端ではない。たぶん、普通の剣でもラインを斬るとまでは言わなくても折らずに弾き続けるだろうな。

 

「では、そろそろ聖剣の力をお見せしましょうか。まずは天閃」

 

次の瞬間、本能に身を任せて我武者らに、無様に転がる。

 

「ぐああっ!!」

 

肩口を切られるも何とか動かせる程度ではある。少しでも出血を少なくする為に切られた方とは逆の腕とラインで圧迫する。

 

「おや、天閃の速度でもギリギリ躱せない程度とは。ああ、実に良い。人外共と違って必死に生きようとするその姿、醜くも美しい」

 

ああ、こいつがはぐれ神父になった理由がよく分かるよ。生にしがみつこうと必死にもがく者を見て、それを絶望に染め上げる事に快感を得やがったんだな。

 

「もっと、もっと、もっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっと、私を楽しませなさい!!」

 

またもや天閃の聖剣の力で加速するはぐれ神父だが、もうオレの本能は反応しない。何が起こるか分からないからこそ危険だったが、奴の言葉から能力は既に割れた。

 

加速するのは肉体だけで思考速度は変わらない。だからオレを斬り損ねた。それさえ分かれば対処は可能だ。踏み込みと同時に周囲に展開していたラインを伸ばして、オレと奴の間に網を張る。引っかかると同時に引き千切られない様に踏ん張る。そして、そのまま全力で壁に叩き付けて逃走する。逃走しながら、時間を稼ぐ為に切り離したラインではぐれ神父を押さえつけに行かせる。

 

十分に距離を稼ぎ、はぐれ神父が諦めて何処かへと行ったのを確認してから携帯を取り出して会長に連絡を入れる。

 

『どうかしましたか、匙』

 

「すみません、会長。オレ、とことん厄介事に巻き込まれるみたいで。敵の聖剣使いに襲われました。回収、お願いします。あいつ、速過ぎなんですよ」

 

それが限界だった。思ったよりも出血量が多い。今度からは輸血用に自分の血液も保管しておこう。身体を支えれなくなり、壁に身体を預ける様に倒れる。

 

『匙?匙、返事をしなさい。匙!!』

 

 

 

 

 

 

 

「おやおや、まさか来てくれるとは思っていませんでしたよ。また無様に醜く生にしがみついてくれますか」

 

「いや、無様に醜く生にしがみつくのは貴様の方だ」

 

グレモリー先輩達はケルベロスの相手をしている。コカビエルは空中でオレ達を眺めている。はぐれ神父の横では太った神父が聖剣に何らかの細工を施している。そして、その細工が終わると同時に足下の魔法陣が光りだす。

 

「完成だ。そしてエクスカリバーが一つになった光で、下の術式も完成した。あと十五分程でこの街は崩壊するだろう。解除するにはコカビエルを倒すしかない」

 

「いいや、そんなことはないぜ」

 

ラインを地面に描かれている魔法陣に繋いで光力を吸い上げる。それを見て、太った神父が慌てだす。

 

「シバ!!陣のエクスカリバーを使え!!奴を止めるんだ!!」

 

「もう遅いですね。あの黒いラインに搦めとられてますよ」

 

シバと呼ばれたはぐれ神父の言う通り、オレのラインは既にエクスカリバーに取り付き、手元に引き寄せている。握った瞬間エクスカリバーから拒絶する様な波動が流れてくる。それを力づくで押さえ込みながら叫ぶ。

 

「貴様は何様のつもりだ!!今の貴様は無様にも折られた元聖剣だろうが!!そして聖剣であろうが貴様は物だろうが!!使われてこそ意味のある物だろうが!!過去の栄光に縋る位なら砕かれた時に死ねば良かったんだよ!!無様に力だけを残しやがって!!その結果、どれだけの人間を不幸にしたと思ってやがる!!貴様は存在するだけで害になるんだよ!!貴様は聖剣じゃねえ、魔剣だ!!人間の欲を刺激する邪悪な存在なんだよ!!」

 

「何を言っているんだい?」

 

シバがオレの奇行に問いかけてくるが無視だ無視。今はこのエクスカリバーの意思に用があるからな。最初に握ったとき以上の拒絶の波動がぶつけられるが足下の魔法陣から吸い上げた光力で身体を強化して耐える。やはり、ゼノヴィアが言っていた様に聖剣には意思が存在している。なら、こいつらが所有者を選ぶ理由はこれだろう。

 

「貴様は何だ!!何でありたい!!何を望む!!」

 

拒絶の波動が少しだけ緩む。ビンゴだ!!オレの予想は正しかった。

 

「意思を示せ、エクスカリバー!!オレが手伝ってやる!!暇な時だけな。今なら手伝ってやる」

 

拒絶の波動が納まり、コカビエルとケルベロスとバルパーに対しての敵意が伝わる。聖剣が所有者を選ぶ理由、それは自分たちが産み出された目的を果たすため。聖剣使いとして必要な因子とは聖剣の力を引き出すのに必要な資質のこと。自分たちの力を最大限まで発揮する事によって目的を達する為に聖剣達は担い手を選ぶ。

 

「OKだ、手伝ってやるよ!!伝説にまで語られる力の一端を見せてみろ、エクスカリバー!!オレが出せる限界まで力を発揮させてやる!!」

 

頭の中に流れ込んでくるエクスカリバーの特殊能力を理解して、天閃の力を引き出してグレモリー先輩達に襲いかかっているケルベロスの懐に飛び込んで一刀の元、切り捨てる。

 

「ば、馬鹿な、ありえない、そんなことあってたまるか!?因子も持たない者がエクスカリバーを扱うだと!?確かに使えなかったはずなのに、なぜだ!!これでは私の研究は、私の夢は」

 

太った神父が何か呟いているが放置だ。あれが木場の仇だろうからな。

 

「さてと、ちょっとばかりオレの用事も手伝って貰うぞ、エクスカリバー」

 

既に逃走に移っているシバを天閃の力を調節しながら追いかける。オレがすぐに反応出来るギリギリの速度で走り、その背中を蹴り付ける。距離的に斬りつけるには一歩近過ぎた。転がるシバにラインを繋げて聖剣使いの因子を吸収する。吸い上げて行く毎にエクスカリバーがその力をどんどん発揮して行くのが分かる。

 

「人外共と違って必死に生きようとするその姿、醜くも美しい。だったか?その意見には同意だよ。だからこそ、オレが生きる為に、死ね!!」

 

エクスカリバーで斬る様な事はせずにラインで体中を貫いて殺す。いたぶる趣味はないので頭と心臓を一番最初に貫いてやる。それから念のために大きな血管を貫いておく。これで復活する様な事はないはずだ。

 

「バルパーはお前の所為で人生を狂わされた男の獲物だ。オレ達はコカビエルの相手をするぞ」

 

エクスカリバーを肩に担いでコカビエルに向かって走る。空を飛んでいようが関係ない。今のオレとエクスカリバーなら多少の無茶が出来る。光力での強化から魔力での強化に切り替えて、それに上乗せする様にエクスカリバーの力を引き出して身体を強化する。

 

「おらああああ!!」

 

地面を蹴って飛び上がりコカビエルに斬り掛かる。コカビエルがつまらなそうに二本の指で掴み取るが、それは計算の内だ。擬態の力でエクスカリバーの刀身から新たに刀身を生やしてコカビエルの目を狙う。これにはさすがに驚いてエクスカリバーを手放して防御魔法を使う。エクスカリバーに注目が集っているうちに透明なラインを出せるだけ出してコカビエルに接続する。

 

例えエクスカリバーと言う強力な武器が手に入ろうとも、もはや黒い龍脈はオレの身体の一部だ。全力での戦い(殺し合い)で全身を使わない理由がない。

 

グレモリー先輩達はそこら辺がぬるい。ライザーとのレーティングゲーム終了後に言われた事を思い出す。

 

『ちょっと卑怯じゃない?』

 

自分の人生がかかっていたはずなのに零れたその言葉はオレを苛つかせた。結界に入る前もちっぽけなプライドから魔王様に援軍要請を出していなかった。命をかけた殺し合いにプライドや常識なんて物は捨てなければならない。格上が相手なら尚更だ。

 

ラインを接続して分かる。コカビエルは俺たち全員よりも格上だ。だが、絶望的な程格上でもない。今までのオレでも勝ち目は2割程はあった。今はそこに4つの力を持つエクスカリバーがある。そしてラインも繋げた上に十分な光力のストックがある。

 

ポーカーで言うなら初期の手札がAが2枚に2と3そしてジョーカー、スートは揃っている状態だ。降りる手ではない。勝負に出る手だ。まあ、ブタの状態でも勝負に出ないといけないけどな。

 

「貴様、何者だ?」

 

「駒王学園生徒会庶務、匙元士郎。ただの神器使いだよ!!」

 

自己紹介と同時に50本のラインを伸ばしてコカビエルに接続して光力を奪う。すぐにラインがどう言う物か気付いたコカビエルは光の槍でラインを切ろうとする。その前にラインを引っ張ってコカビエルを地面に叩き付ける。コカビエルもラインを切る事に集中する為か、然程抵抗も受けずに地面に降ろす事が出来た。代わりに透明なライン以外は全て斬り落とされてしまった。

 

まあ此所が一番の山場だ。天閃で加速すると同時に透明で姿を消す。透明を発動させるとラインも透明となり、コカビエルがオレの姿が見えない事に気付く。位置を誤摩化す為にラインと夢幻を使ってコカビエルに向かって走っている様に見せかけながら、別のラインを校舎の屋上に引っ掛けて跳躍する。コカビエルはラインに釣られてオレに背中を見せている。ある程度跳んだ所で屋上のラインを消して自由落下からの斬撃でコカビエルの片側の翼を全て切り落とす。本来ならこの一撃で真っ二つにしたかったのだが、ギリギリの所で気付かれた。それでも翼を切り落とした事で空は飛べなくなった。それで十分だ。

 

「くっ、よくも我が翼を!!これでも喰らえ!!」

 

投げて来た光槍をエクスカリバーで切り落とす。余裕を見せて笑ってみせるが、本当の所はぎりぎり反応出来ただけだ。それでも笑ってやる。短い付き合いで分かったことだが、基本的に裏に関わっている者達は心理戦に弱い。ちょっと挑発すればすぐに怒って冷静な判断を下せなくなる。

 

案の定、コカビエルも怒りを露にする。これで聖書に名を残してる奴なのかよ。まさか襲名性じゃないよな?そんなバカな事を考えながらエクスカリバーとラインで光槍を捌き続ける。光槍を捌くついでに擬態の力を使ってエクスカリバーを古野と同時に手裏剣も飛ばしてみる。

 

「これならどうだ!!」

 

焦ったコカビエルが大量の光槍を空一面に展開する。

 

「そいつを待っていた!!」

 

透明なラインから一気に光力を抜き取ると同時にそれとエクスカリバーの陣に使われていた光力を合わせて展開出来るだけのラインを空一面を覆い尽くす全ての光槍に接続して吸収する。

 

「ば、ばかな」

 

そして吸収した光力の全てをエクスカリバーに叩き込み、コカビエルに斬り掛かる。

 

「往生しやがれえええええ!!」

 

何の抵抗もなく振り抜かれたエクスカリバーによって聖書にも記された堕天使は塵一つ残さずこの世から消滅する。

 

「あ〜〜、しんどい」

 

エクスカリバーを地面に突き刺して座り込む。太った神父の方を見ると、いつの間にかやってきた木場が終わらせたようだ。なんか手に聖剣なんだか魔剣なんだかよく分からない剣を持っている。

 

とりあえずこれで終了か。さて、会長に怒られる準備をするか。勝手に病院を抜け出して、勝手に戦場に突撃してしまったからな。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。