インフィニット・ストラトス 黒龍伝説   作:ユキアン

1 / 10
再会した蛇

オレは何でまた生きてるんだろうな。セラが逝き、ソーナが逝き、留流子が逝き、イッセー達が逝き、子供や孫が逝き、地球が逝き、とうとう世界にはオレとオーフィスとグレードレッドだけになり、そして世界が逝くのと一緒にオレ達も逝ったはずだった。

 

なのにオレはこうして再び生を得ている。平行世界で再び生を得てしまった。この世界には、思い出の場所も人も何もない。ただ生きているだけだ。何の因果か力だけは世界が逝った時と変わらない。過剰すぎる力を持ってしまった。

 

今、世界で最強と言われているIS。それすらも片手で捻り潰せるだけの力をオレは持っている。そもそも、オレの知識にはISを超えるだけの力を持つ機動兵器の存在がある。そしてそれを作るだけの技術と経験もだ。オレにとっては玩具に過ぎない。女にしか使えない理由も知っている。だから、それをすり抜ける方法もだ。

 

だから放っておいた。その放っておいた過去の自分を殴り飛ばしたい。まさかオレも扱えるとはな。

 

 

 

 

 

「匙元士郎だ。好きな動物は蛇、好きな食物は手作りのベーコン、趣味は登山と紅茶だ。見ての通り男なんでな、色々と皆とは扱いが変わるだろうが、よろしく頼む」

 

簡単な自己紹介を終えて席に座る。もう一人の男である織斑一夏のような無様な自己紹介にはならない。と言うより、あんなのは自己紹介でもなんでもない。なんというか、芯のない男だ。

 

その後の休み時間や授業の態度などを見て、いい加減で信用を置けない男だと判断する。あれは何も考えていない男だ。オレの最も嫌悪するタイプの男だ。交流は最低限でいいだろう。そう決めて荷物をまとめて家に帰ろうとする。廊下に出たところで副担任の山田先生が駆け寄ってきた。

 

「よかった。まだ残ってたんですね」

 

「どうかしましたか?」

 

「実は、政府の方からのお達しがあって、匙君と織斑君には今日から寮生活を送るようにと」

 

「ですが、部屋が空いていなかったのでは?」

 

「そこはなんとか調整して女子と相部屋になってしまうのですが、それも1ヶ月ほどのことですから」

 

「う~ん、相部屋ですか。オレは遠慮しておきます。家から登山に使っているテントとか寝袋を持ち込んでなんとかしますよ」

 

「えっ、ですが、1ヶ月もですよ?」

 

「シャワーはアリーナの更衣室のものがありますし、食堂も使えるんでしょう?それなら何の問題もありません。気を使ったり、使わせたりするぐらいなら寝起きをテントで過ごすぐらい何ともありませんよ」

 

「えっと、とりあえず上には確認を取ってみます。それから荷物の方が届いていますので事務室の方に行ってください」

 

「分かりました。わざわざすみません」

 

「いいえ、こちらの都合ですから。それじゃあ確認を取ってきます」

 

「分かりました。事務室の方でお待ちしておきます」

 

う~ん、教師としては良い人なんだけど、発展途上だよな。自分に自信を持てれば一気に化ける。長年教師をやってきたからよくわかる。惜しい、実に惜しい。オレがいる3年の間に化けてほしいな。

 

 

 

 

 

 

 

「鈍い、遅い、脆い」

 

優先的に貸し出してもらっているラファール・リヴァイブを動かした後に整備室に持ち込んで整備を行いながらデータに目を通して出した結論だ。

 

「鈍いのは部分展開でウィングユニットだけを展開することで誤魔化そう。遅いのは、なんとか馴れよう。問題は脆いことか。こればっかりは手のつけようがないぞ」

 

関節部分を分解して新しいパーツに取り変えながら愚痴る。魔力で強引にもたせてもいいが記録に残るしな。PICで優先的に保護するしかないか?Gは鍛えてるから大丈夫だとか言い切って。

 

「むっ、匙か。こんなところで何をやっている」

 

「ああ、織斑先生ですか。見ての通り、整備ですよ。軽く本気を出したら関節部分が許容できない消耗を起こしましてね。パーツを取り替えてるんですよ。あと、今までの生徒が使ってきて付いている変な癖の調整も並行して」

 

「変な癖?」

 

「右利きばかりが乗ってたせいで右手の方に微妙にエネルギーを回しすぎているのとかですよ。両利きのオレの邪魔になってるんで。まあ、他にも色々と」

 

「入学したばかりのお前にそんなことができるのか?」

 

「ISって言ったところで所詮は機械でしょう。基本は変わらないですよ。キメラを弄ってるんじゃないんですからこれぐらいはね」

 

関節部分のパーツの取り替えを終えて工具を片付ける。そのままカートを動かして元の位置にラファールを戻す。

 

「おっと、そうだ。織斑先生」

 

「なんだ?」

 

「たぶん、パーツをガンガン磨り潰すと思うんで先に発注をかけてもらいたいんですけど、大丈夫ですか?」

 

「……どれだけ潰す気だ」

 

「とりあえず毎日乗って、毎日オーバーホールするつもりで磨り潰します。データを大量に取れって政府の方から言われてるんで」

 

「分かった。上に通しておいてやる」

 

「ありがとうございます。あと、それとは別にお願いがありまして。こっちは時間がかかってもいいので許可を取ってもらいたいんですが」

 

「何の許可だ?」

 

「手作りのベーコンを作るのに燻製を行う許可を。道具は自分で用意しますし、ベーコン以外にも作ったような気がしないでもないですね」

 

「……賄賂のつもりか」

 

「酒好きに燻製嫌いは居ないでしょ。今日、香水でごまかしてましたけどビールの臭いが染み付いてましたよ。まあ、昨日だけで織斑の奴は色々やらかしてましたからね。肝臓を悪くしないでください」

 

「そんなに匂っていたか?」

 

「鼻、結構いいもので」

 

「ハァ~、あまり他の者に迷惑をかけないようにするのが最低限だろうな」

 

「当然ですね。出来上がり次第、差し入れます」

 

 

 

 

 

 

 

 

「貴方、ふざけていますの!!」

 

「ふざけてなんかいないさ。これが最も戦いやすいのさ。それにここ数日で予備パーツを全て磨り潰してな、他の部分を展開すればただの重りになる」

 

今のオレはラファールのウィングユニットだけを展開し、右手にIS用の実体剣を持っているだけだ。こんな格好で試合を行うのはオレが初めてだろうな。

 

「なあに、気にくわない男を合法的に殺せるチャンスだ。ほれ、喜べよ」

 

「もう頭にきましたわ!!お望み通り殺して差し上げますわ!!」

 

そして試合開始のブザーが鳴る前にオルコットがレーザーライフルのトリガーを引く。

 

「まあ、お前ごときでは触れることもできないがな」

 

トリガーを引いてからレーザーが発射される前にオレの姿はオルコットの背後から囁ける位置にいる。

 

「っ!?ブルー・ティアーズ!!」

 

オルコットのISの各部から6つのパーツが外れ、6つのパーツがされに2つずつに分かれて地面に落ちる。

 

「近距離では銃よりも刃物の方が有利だ習わなかったか?」

 

オルコットの背後からゆっくりと正面に移動しながら剣を手放して見せる。それを最後のチャンスと思ったのかレーザーライフルを構えるが、そいつは既に切ってある。構える動作の最中でバラバラに砕けていくレーザーライフルを見て唖然としているオルコットに踵落としで地面に叩きつける。

 

「で、何時になったらオレを殺してくれるんだ?時間がかかりすぎで欠伸が出そうだぜ」

 

とか言いながらもウィングユニットの負荷を見て頭を悩ませる。騙し騙しで使ったが、瞬時加速は1回が限度だろう。距離を短く、連続して使用したためにパーツの磨耗が激しいのが原因だ。最悪、二次移行に見せかけて自前のを使おう。

 

「ひぃっ、こないで!!」

 

だが、オルコットの戦意は完全に失われていた。この程度で心が折れるとはな。

 

「興ざめだ。とっとと尻尾を巻いて逃げ帰れ」

 

慌てて逃げ帰るオルコットの背中を見てイライラが増す。オレの周りには、あんな情けない女はいなかった。態度がでかければ、態度がでかいままで派手に散っていく。そういう貴族の誇りを持っている奴らばかりだった。たとえ、怯えて足が震えていてもだ。その点で言えばオルコットは最低だった。

 

「チッ」

 

苛立ちを誤魔化すようにオルコットのISを破片を細切れにする。同時に一番頑丈だった剣が砕け散り、さらに苛立ちが増す。頭を掻き毟り、深く息を吸い込み、吐き出す。とりあえず切り替えは終わった。戻ったところで修理はできない以上、このまま連戦する方がいいだろうな。管制室に通信を繋ぐ。

 

『織斑先生、このまま連戦します』

 

『いいのか?こちらのモニターでは機体が限界に近いようだが』

 

『どうせ部品がないんで修理できませんので。それにもう少しで届きそうなんでね』

 

『届きそう?』

 

『こっちの話ですよ』

 

しばらくすると織斑が搬入された時とは違う姿のISを纏ってやってきた。

 

「なるほど。一次移行は済んだようだな。どれ、一つ練習に付き合ってやろう」

 

「そうさせてもらうぜ!!」

 

気持ちいいぐらいまっすぐに織斑が突っ込んできて、教本のような剣道の構えで剣を振る。そういえば、ずっと剣道の練習をさせられてたんだっけ?まあ、少しは身についたのだろうが、所詮は剣道だ。剣術にすら達せず、腕もそこそこ。見切って躱すのは容易い。

 

「くそっ、なんで当たらないんだ!!」

 

「まあ、格の差って奴だ。あと、慣れ。お前よりももっと鋭い剣を使う奴と戦りあった経験があるし、剣筋が綺麗すぎて当たる気がしないな」

 

PICすら切って、自らの足で躱していく。こうやって挑発しても剣以外に持ち替えようとしない、格闘技が混ざることもない、空を飛ぼうともしない。出会ったばかりのイッセーみたいだな。まあ、似ても似つかないがな。待っていたものがようやく終わったので仕切りなおすためにみぞおちを蹴り飛ばして距離を作る。

 

「さて、こちらの準備も整った」

 

「準備?」

 

「そっちが一次移行ならこっちは二次移行だよ」

 

ラファールを取り込み、コアをネットワークから遮断。コアを鎧に接続してISだと誤認させる。声に出す必要も思考する必要もないのだが、あえてその名を告げる。

 

「禁手化」

 

何万年と使用していなかったオレの鎧が一瞬にして現れる。蛇龍を模した黒紫の全身鎧に汚れを見せない純白のマント、マントに隠れるように悪魔と天使と堕天使と龍の翼が生え、腰には長い付き合いの二振りの聖魔剣。オレが一番よく使う戦闘態勢の一つだ。

 

「さて、どれだけ耐えられるかな?」

 

ISのハイパーセンサーですら捉えられない速度で詰め寄り、アッパーの拳圧だけで織斑を空高く吹き飛ばす。その際に取りこぼした織斑の剣を2丁拳銃の連射で粉々に破壊してから、聖魔剣を引き抜いて飛翔。すれ違いざまに外部装甲だけを削ぎ落として納刀する。誰もが何が起こったのか分からないだろう。ただ、結果だけがそこに残る。

 

「実に良い仕上がりだ。オレによく付いてきてくれる。織斑先生、オレの勝ちで良いでしょう?これ以上は怪我をするかもしれませんよ」

 

試合終了のブザーが鳴ると同時に織斑がよろけながら、地面に降りていく。

 

 

 

 

 

 

 

私は生まれた時から何かが足りないと思っていた。それは成長するにつれてどんどんと明確に感じられた。私の隣に誰か、男の子がいない。その男の子は時に強くて、時に優しくて、時に賢くて、時に弱くて、時に厳しくて、時に馬鹿で、目を離せない存在。そんな男の子を私は知らない。知らないけど、知っている気がする。

 

そして隣にその男の子がいないことがとても悲しいと感じる。それは日常のふとした時に感じる。紅茶を飲む時、料理をする時、勉強を教える時、お姉ちゃんと会話をする時、朝目が覚めた時、夜星を眺める時。知らず知らずのうちに私は涙を流す。

 

その理由が今日はっきりと分かった。あの黒紫の騎士を見て。全てを思い出す。私に足りなかったものを。時間がかかるどころか世界が変わってしまったけど、また、巡り会えた。私の最愛の人、私の騎士、天を覆う黒蛇龍帝、匙元士郎。

 

試合が終わると同時に駆け出そうとして、踏みとどまる。私の勘違いだったらどうしようと、もし勘違いだったら、もし忘れられていたら、もし信じてもらえなければ。そう思うと足が動かなくなる。けれど、思い出す。試合中のあのイライラした顔を。

 

多分、私と同じ。足りなくて、感情がコントロールできていない。若かった頃の私と同じだ。いや、前世で若かったころよ。今はもっと若いし。

 

とにかく、会ってみないと始まらないと決心して寮の屋上に向かう。部屋の都合で屋上にテントを張っているのは周知の事実だし、土曜日にはベーコンの燻製をやっていた。相変わらず、趣味は変わっていないようだ。

 

屋上のドアを開けると、そこには紅茶を入れるためにカセットコンロでお湯を沸かしている元士郎がいた。向こうも私に気づいたのか、顔を向けて傍にずっといたからこそ分かる程度に驚いていた。

 

「あ~、オレはお邪魔になるか?」

 

「ううん。貴方に用があって、いえ、そうじゃなくて、その、■■■■■」

 

その言葉に劇的に反応が返ってくる。

 

「ま、さか、ソーナ、なのか」

 

「そうです。元士郎」

 

元士郎に名前を呼ばれて、涙がこぼれる。元士郎も涙をこぼしている。

 

「ま、また、会えるなんて、おも、思わなかった」

 

「わた、しも、です」

 

次の瞬間には二人で抱きしめあって、互いがそこにいることを確かめ合うように、強く、強く、抱きしめる。

 

しばらく抱きしめあった後、元士郎が結界を張って、誰にも邪魔をされない環境を作り上げてからテントに移動する。それから、元士郎が私が亡くなってからどうしていたのかを語ってくれた。その話を聞いて、悲しくなる。私と一緒にいた期間よりも、ずっと長い間生き続けてきた元士郎に、あの言葉を残すべきではなかったと。

 

『生きられるだけ生きて』

 

その言葉を守って、本当に生きられるだけ生き続けたのだ。

 

「ごめんなさい。辛かったでしょう?」

 

「いいさ。こうしてまた出会えたから。また、オレと共に歩んでくれるか?」

 

「ええ。ですが、今度はずっと一緒です。貴方を一人にしないで済む力を私にもください」

 

「いいのか?」

 

「構いません。こうして死すらも私たちを割くことはできなかったのですから」

 

「分かった。だが、段階的にだ。まずは転生悪魔にしよう。それから、『無限』の力を」

 

「ええ、それで構いません」

 

そう答えると、見慣れた駒が現れる。悪魔の駒、それの変異の女王。それを受け取り、体に入れる。なるほど、こんな風に変化するのですか。元士郎とパスがつながることで、魔力もかなりのものです。すぐにでも全盛期の強さを取り戻せるでしょう。

 

「それにしてもIS、どうするんですか?今はラファールを借りていると聞いていますが」

 

「それだが、二次移行に見せかけて取り込んだ。今は抜け殻を学園に回収されたが、どうなるか分からない」

 

「う~ん、確か明確な後ろ盾ってありませんでしたよね」

 

「こっちからお断りしてるからな。おかげで今も家族を守るために分体が暗闘中だ。学園に来てからも2回ほど襲われた」

 

「私の実家が後ろ盾になりましょう。そうした方が色々と楽になりますでしょうし、元士郎ならデメリットも粉砕できるでしょう」

 

「仰せのままに。助かるよ」

 

「ええ。話すべきことは、ああ、今の私はソーナではありませんから」

 

「ああ、名前を聞いていなかったな。オレは変わってない。匙元士郎。■■■■■の方はご先祖さんに居たわ」

 

「そうですか。私は更式簪です。あと、二人きりの時以外は今までのキャラを作りますので笑わないように」

 

「了解」

 

「それじゃあ、今のところ、話すことはこれぐらいですね」

 

「……なんで服を脱ぎ始める?」

 

「いや、ですか?」

 

「……正直に言って、止まれる自信がない。壊しても治せるからいいだろうとか本能が囁いているんだが」

 

「構いません。むしろ、壊してでも愛してください」

 

「分かった。止まらないぞ!!」

 

そのまま朝日が昇るまで元士郎は止まらなかった。体はボロボロだったけど、まあ、昔はよくあったことなので慣れたものだ。完全に疲れ切った体も元士郎にお風呂に入れてもらいながら治療魔法とフェニックスの涙を原材料に使用した栄養ドリンクで完全回復です。

 

とりあえず、面倒ごとをどんどんと回収していきましょうか。午前中の授業を終えた後に元士郎と生徒会室前で合流する。生徒会室に入るとお姉ちゃんと空さんが揃ってお茶を飲んでいた。

 

「どうしたの簪ちゃん。噂の黒騎士と一緒で」

 

お姉ちゃんがお茶を口に含んだタイミングで

 

「お姉ちゃん、私、元士郎と結婚する」

 

お姉ちゃんが吹き出したお茶を元士郎が私を横抱きにして回避させてくれる。

 

「ゲホッ、ゴホッ、ちょっ、ちょっと待って。せ、説明プリーズ」

 

ちょっと人にはお見せできない顔をしているお姉ちゃんが顔を伏せながらも説明を要求してくる。

 

「運命の出会いって今なら信じられる。それだけだよ」

 

「いやいやいやいや、そんな一言で済ませないで!?」

 

「本当に運命の出会いなんだよ。元士郎しか伴侶として考えられない。元士郎もそう思ってる」

 

「ああ、簪の言う通りだ。オレも一生の伴侶は簪しか考えられない。義理を通すためにこうして正面から挨拶に伺っているが、反対するというのなら磨り潰す」

 

「……ISを持たないっていうのに?」

 

ああ、元士郎に対して一番ダメな返し方だ。そう思うと同時に全てに決着がついている。元士郎がボールペンを投擲してお姉ちゃんが使っていた湯飲みが砕け散って机に半分ほど減り込む。

 

「展開より先に心臓を貫くぞ」

 

元士郎が冷たく殺気を放つ。ついでに魔力がちょっとだけ漏れてガラスが揺れる。お姉ちゃんたちが過呼吸気味になったところで殺気を収める。

 

「ISなど玩具だ。展開されようが磨り潰す」

 

それだけを告げて生徒会室を後にする。えっと、あとは、そうだ、織斑先生のところに行って元士郎と同じ部屋で暮らせるようにしないと。それから実家の方に連絡して元士郎の後ろ盾になることと、結婚のことを報告して、忙しくなりますね。物理でごり押しも簡単ですし、元士郎が生きた未来の産物を再現するのもいいでしょう。むしろ、それらを使って打鉄弐式を改造しましょうか。そもそも元士郎がラファールを磨り潰してしまったということは私でもそういう可能性がありますしね。ふふっ、楽しくなってきましたね。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。