インフィニット・ストラトス 黒龍伝説   作:ユキアン

2 / 10
楽しむ蛇

元士郎が打鉄弐式に使えるというか、今後人類が宇宙に進出して手にする有用な物質を回収、加工できる会社を用意してあるらしく、そこにネジ一本から開発することになった。その際、デザインだけは私が再設計をし直して渡したのが元士郎に抱いてもらった翌日。そして今日は金曜日。

 

「早いですね」

 

「ダミー会社で従業員はオレの分体50人だからな。とりあえず説明するけど、装甲は地球種が初めてワープ航法に適した装甲材で、絶滅するまで加工のしやすさと採掘量で民間の宇宙船では最後まで発展系が使われたコスモナイト製。ミサイルとエネルギー火器には大抵の宇宙人や宇宙怪獣を吹き飛ばしてきたスペシウム。推進が一番困ったが、とりあえずはマキシマ式光圧推進システム。それらとは別に地球種が誇った武装や推進、装甲に魔力を増幅して纏わせる魔術炉心を搭載だな。あと、コアの方も弄ってネットワークからは分離しているから通信系統は別に積みなおしてある」

 

「なるほど。すごいということ以外はさっぱりわかりませんね」

 

「簡単に説明すれば装甲を抜ける武器がない。火力がクリーンですごい。推進剤がいらない。魔術で簡単に強化可能」

 

「オーパーツですか」

 

「オーパーツだ」

 

「どこまでそんな鉱石を取りに行っていたんですか」

 

「スペシウムは火星、コスモナイトは土星の衛星のタイタン。光圧推進システムと魔術炉心は地球。太陽圏内で揃えた」

 

「とりあえずは試乗ですね。付き合ってもらえますか?」

 

「もちろん。夜間のアリーナ利用の許可も取ってある。納得のいくまで付き合おう」

 

「ええ、お願いしますね」

 

そして、夜間にアリーナに向かい、記録機器を全てカットしてから結界を張って試乗を行う。予想以上に魔術炉心が強力だったために急遽リミッターを用意してもらった。他にもスペシウム弾頭弾ミサイル、スペシウムライフルもエネルギー効率を考えると威力が大分高い。コスモナイト製の装甲も普通のラファールなどが使用するライフルではシールドエネルギーが減らない。光圧推進システムはPICと組み合わさることで爆発的な加速力と速度を生み出せるようになった。

 

「結論から言って、一機で世界にケンカを売れますね。魔力が続く限り稼働するんですから、元士郎とパスがつながっていれば文字どおり無敵ですね」

 

「むしろパスが繋がっていることを前提の機体に仕上げたからな。コピーしても欠陥ではない欠陥でコピーが無意味になる。元から欠陥品なんだからな」

 

「意地悪にもほどがありますね。そういえば、聞き忘れていたのですが、この世界に神秘は?」

 

「ほとんどないな。三流魔術師とか、なんとなくで気を扱っているのとか位だな。不自然な位に聖剣や魔剣からも神秘が失せている。世界の根幹的な部分で致命的なことでも起こったっぽいな」

 

「そうですか」

 

「まあ、オレたちには何の問題もない。それよりも試運転はもういいのか?」

 

「ええ。確認できましたから。そろそろ上がりましょう。消灯時間が近づいてますから」

 

「そうだな。明日は久しぶりのデートだしな」

 

「楽しみですね。前世の最後の方は寝たきり生活でしたから、庭に出る程度しかできませんでしたからね」

 

「オレはそれでも充分幸せだったんだけどな。ソーナからは色々と貰い過ぎだったから」

 

「私だって元士郎から色々な物を貰いましたよ。まちがいなく、私の一生は幸せでした」

 

 

 

 

 

 

 

 

休み明け、朝一に職員室に呼び出されオレのISに関しての処遇についての通達が行われた。

 

「匙、一応だがあの変化したラファールはお前の専用機として当てられることとなった。バックアップを希望する企業のリストがこれだけある。だが、どこを選んでも満足なバックアップを得られるとは思えん。最悪、稼働不良を起こす可能性すらある。慎重に選ぶように」

 

大量の資料と共に元ラファールの待機形態のブレスレットを受け取る。

 

「ああ、大丈夫です。簪と同じ企業から直接バックアップしたいと。休み中に見学にも行かせてもらったのですが、そこなら十分な整備を行えると判断したので。まあ、簪のISを見て決めたんですけどね」

 

「4組の更識ということは倉持か」

 

「いえ、D×Dです。倉持が開発を凍結した打鉄弐式を破棄してD×Dで新規製造を行った物を見せてもらいました。現状、オレのに付いてこれる唯一のISでしょう」

 

「D×D、聞いたことがないな」

 

「ISの製造許可を持ってはいても製造を一切していなかったらしいです。元は宇宙開発のためのシャトルから道具まで作ってたらしいです。ISが発表された最初期から宇宙開発が進むだろうと思ってたらしいですけど、こんな状況でやる気が削がれ、自分達の技術を使いこなせるような者が現れるまで作る気は無かったそうです」

 

「ほう、そこまで言うか。姉に比べればパッとしなかったと思うが」

 

「能ある鷹は爪を隠すものなんでしょう?羽ばたこうとしなかっただけだ。誰もついてこれないから。だけど、今はオレがいる。簪よりも高く、速く飛べるオレが」

 

「大した自信だな」

 

「事実です。現役時代の織斑先生が相手でも負ける気がしませんから。まっ、世間体からそんなカードは組まれないでしょうけど」

 

言うだけ言って職員室から退室する。殺気を感じるが温い温い。殺気っていうのはさ、世間体を気にしていたら出せない。狂気こそが殺気を鋭くする。こういう風にさ。

 

その日、職員室にいた教職員が集団で倒れる事件が起こる。テロの可能性から調査されるも被害らしきものが一切なく、教職員に異常も見られなかったため調査は打ち切られ迷宮入となる。

 

 

 

 

 

 

 

「この時期に転校生ねぇ。明らかにオレと織斑目当てだな」

 

「詳しい資料を見る限りだと織斑君の友人みたいだよ」

 

ソーナだが、今世の影響に引っ張られるのか簪としての話し方の方が楽だと言っているので二人きりでも話し方がそのままだ。オレとしては新鮮でいいと思っている。呼び方も基本は簪だ。

 

「ふ~ん、なるほどね。まともなのは期待しない方がいいか。織斑の周り、目が曇っている奴らばかりだからな」

 

「そうだね。類は友を呼ぶって感じだね」

 

「篠ノ之なんてやばいな。心が幼すぎる。成長する気もないしな。一回だけ剣を見たことがあるが、酷いもんだ。技量はあるが、身体能力任せの醜い剣だった。泥っどろの思いが纏わり付いている剣だ。剣道よりも剣術、しかも人斬りの剣術が一番相性がいいだろうな」

 

「元士郎にそこまで言わせるんだ」

 

「まあ、思いの反転なんて切欠一つで起こるものだ。才能や素質は変わらないから剣術、薩摩示現流が一番だろうな」

 

「ああ、戦闘民族薩摩人の?」

 

「『薩摩の首切りマシーン』とか『妖怪首置いてけ』の薩摩示現流」

 

他の大名が戦場に向かうのに兵を集めて最低限の訓練を行うのに3~5日、さらに移動に1~2日かかるとすると現地に向かいながら軍勢を整えて1~2日で相手に襲いかかる戦闘民族っぷりに、豊臣秀吉が超大多数で戦わずに勝ちを拾いに行く必要があったと歴史が証明している戦闘民族の剣技だ。宇宙戦国時代でも白兵戦を行う海兵隊に使い手が多く残っていたぐらいだ。戦闘民族の末裔のみで構成された第37空間騎兵隊による惑星メンデルス攻略戦は映画やゲームにもなるほどの活躍ぶりだった。

 

学園のコンピュータへのハッキングを終了して、学園の一年の予定を確認しながら新たな設計図を引く。要所ごとに追加の装備が必要になりそうなタイミングがあるからな。先に鉱物の回収やらをすませるだけで大分楽になり、さらに先に設計図を引いておけば前倒しで開発できる。

 

「合体機構付きの可変型バイク。合体時は背中に翼として装着。これはやっぱり自前の翼が使えない分?」

 

「そうだな。どうしても運動性に難がある。それを少しでも補うためだな。必要ないとは思うが、後悔はしたくないからな」

 

以前にわずかな脅威を見逃して手痛いしっぺ返しを食らったからな。あれは、苦い思い出だ。その所為で自分の半身を失ってしまった。今でも後悔していることだ。だから、できることはできる時にしておく。それがオレの信条だ。

 

 

 

 

 

 

クラス代表戦で2組の代表を瞬殺し、簪も3組の代表を瞬殺して決勝戦。この世界に生まれて初めてまともに力を振るうことができる。

 

「全力でいくよ、元士郎!!」

 

「ああ、来い!!」

 

試合開始のブザーが鳴ると同時に互いに牽制射撃で始める。オレは2丁拳銃を、簪はスペシウム弾頭のサブマシンガンで撃ち合う。外れた弾がアリーナを削り、シールドに負荷を与えすぎているのを見て撃ち合いを止めて接近戦に移る。

 

オレはおなじみのアロンダイトを引き抜き、簪は水を刃にする魔道具・閻水に刃を纏わせる。水の魔術を得意とした簪に一番馴染む魔道具であり、形見として取り込んでいたために返却したものだ。刀身の長さは決まっている分しか変化させれないが、水の吸収量に際限はない。やろうと思えば海を枯らすことすらできる。また、水の量によって硬度が増すので聖魔剣と打ち合うことも可能だ。

 

アロンダイトと閻水が打ち合う音がアリーナのあちこちから鳴り響く。音速を軽く超えた速度での機動戦を肉眼で追えている者は少ないだろう。だが、打ち合う音の多さとあちこちから聞こえることにオレ達の力の凄さが明確に伝わる。

 

シールドの負荷が減ったところで簪がスペシウム弾頭弾ミサイルが6発詰まったランチャーを2機呼び出して一斉に放つ。アロンダイトを簪に向かって投げ、2丁拳銃に持ち替えて全て撃ち墜とし、爆炎と爆風をマントで裁く。黒は全てを受け入れ、白は全てを拒絶する。オレのマントに触れた爆炎と爆風が弾かれる。

 

簪が右手に閻水、左手にアロンダイトを構えて再び突っ込んでくるので、こちらもグラムを呼び出してエクスカリバーとの2刀流で応戦する。

 

アリーナに倍になった打ち合う音の中、突如空からのビームとシールドが崩壊する音と非常事態を宣言する警報が鳴り響く。そして、おそらくはビームを撃ってきたISらしき存在がアリーナに降ってきた。

 

「「邪魔!!」」

 

生命反応が感じられないと同時に武装、スラスター、四肢を二人で切り落とす。そして装甲を引きちぎり、コアを引き抜く。

 

「チッ、折角のお楽しみがパーだ」

 

「だね。まだまだやれるのに」

 

アロンダイトを投げ返してもらい。グラムを体内に戻す。警戒を解かないまま終息宣言が出されるまで待機する。

 

 

 

 

 

玩具だったとはいえ、何もできなかった。威圧のためにセンサーが発光するプログラムが走るよりも早くバラバラに分解されてコアを引き抜かれた。遠巻きに覗いていた映像を解析しても分からないことだらけだ。黒騎士なんて呼ばれている方もそうだけど、もう一人の方も装甲からビーム兵器にミサイル、果ては水の剣。全てが未知の解析データが表示されている。

 

特にあの水の剣だ。ナノマシンを利用して水を操るなんて子供騙しなことを一切していない。何らかの力で水を刃上に固めてある上に、どこからか水が生成されている。無から有を生み出す。そんなことは私にすらできない。

 

そして黒騎士も取り出した2本目の剣。拡張領域からコールされた際の反応がない。私の知らない何らかの方法で取り出したのか、無から有を生み出したのか。更にはあの2丁拳銃から放たれる弾。レーザーでもビームでもないエネルギー弾。

 

止めにISとは、ううん、科学とは全く別の何かの力が存在している。でないとあんな出力や反応速度が出るわけがない。

 

私にとって未知の存在だ。ISコアに干渉してネットワークから完全に分離している。私が干渉してくることを最初から知った上で分離してきた。多分、量産すらできるぐらいに解析されている。その上で知らない顔をしている。

 

私なんて気にかける必要すらないって、そう態度で示している。悔しい。

 

悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい!!

 

絶対に私の方が上だって証明してみせる!!匙元士郎と更織簪。その名前覚えたよ。

 

 

 

 

勝てない。あの二人に私は勝てない。機体云々の話ではない。私自身の力が及ばない。射撃の腕が下回るのはまだいい。だが、あの剣戟の領域に私は届かない。あの速度で動き回りながら斬り合うなど、したことがない。

 

今までは、現役当時は一撃だった。最速で踏み込んで斬り払う。ただそれだけ二の太刀要らず。引退してからは他人に教えるために剣道をしていた頃を思い出しながら必死に練習をした。

 

それらが全く通用しない相手に恐怖した。生身でも二人は圧倒的に強い。それこそ、ISすら凌駕するかもしれない。空を飛べないハンデすら何事もなかったかのように乗り越えられそうで怖い。

 

何より、一夏との相性が悪い。匙は、世間に揉まれてきたリアリストの目をしている。甘さなど等に抜け、成熟し切っている。唯一、更識の妹の前だけでは甘さが見れるが、それだけだ。厳しいというわけでもない。一夏よりもクラスに溶け込み、クラス代表の仕事を立派にこなしている。むしろ、一夏の周囲にいる者どもの所為で煙たがられている。それに馬鹿共は気づいていない。

 

私も一夏を庇いすぎだと上から釘を刺された。もし、匙がいなければ比較する対象がいないことから釘を刺されることもなかっただろう。だが、比較対象の匙は優秀だった。公私の切り分けがしっかりとしていて、周りが異性ばかりだというストレスから許される程度の我儘の許可を取る位の手のかからない生徒だからだ。強さも今回の件で知らしめた。生徒会長の座を奪い取ることすら可能だ。社交性だってあるし、清濁を飲むこともできる。

 

なぜ一夏と同じ年代で現れた。一夏と別の年代なら、私だってここまで悩む必要はなかった。優秀な生徒として歓迎しただろう。このまま行けば、恐怖が憎しむに変わる。そしてそうなれば、私はどう動くだろう?

 

 

 

 

 

 

「39.2度。まだ体が完全じゃなかったみたいだな。すまん、オレのミスだ」

 

熱にうなされている簪の体温を測って落ち込む。クラス代表選の翌日。臨時休校となっていたのが幸いだ。

 

「ごめんね、迷惑かけちゃう」

 

「構わないさ。責任の一端はオレにもある。久しぶりに楽しめたからな」

 

氷嚢を用意してベッドに寝ている簪の額に乗せる。さてと、燻製は分体にやらせるとして本体のオレは暇になる。まっ、前世を思い出すみたいで好きなんだけどな。

 

「昔を、思い出すね」

 

「そうだな」

 

若い頃の無理が祟ったのか、ソーナは同年代に比べると早く老衰した学園も成果を出し、満足してしまっていたのも老衰を早めた。痴呆は来ていなかったが、体は衰え、ベッドに寝たきりだった。その頃にはオレも領地や教師としての仕事を全て子に任せていたので付きっきりで介護をしていた。

 

「私は、あの頃が嫌いだった。自分では何も出来ずに、ただ元士郎の負担になるだけで、自分に縛り付けているみたいで。見た目も20代のままの元士郎にはまだまだやれること、やりたいことがあるはずなのにって。だから、生きれるだけ生きて欲しいと願った。結局はその言葉が鎖となっちゃったけど」

 

「結果よければ全て良しだ。生き続けたからこそ、また出会えた。それでいいさ。惰性で生きていたけど、それでもある程度は楽しんでいたさ。特に惑星グルメなんて面白いぞ」

 

「グルメ?」

 

「食材が溢れる奇跡の星。あの星の食物以上に美味い物はないってぐらいの星だ。その分、危険も多かった。動物自体はともかく、環境が殺しにかかってくるからな」

 

「楽しそう」

 

「ああ、楽しかった。一緒に旅をしていたオーフィスとはそこで一度別れたしな。気に入ったらしくてその星が死ぬまで残り続けた。ああ、惑星グルメで思い出した」

 

体内の食の記憶からそいつを引きずり出して再現する。

 

「それは?」

 

「スノーアップル。惑星グルメで見つけた果物だ。簪が好きそうだったからな」

 

包丁で半分に切り、半分をウサギに、もう半分を摩り下ろす。摩り下ろすと勝手にシャーベット状になるのがスノーアップルの特徴だ。

 

「摩り下ろすのが一番だが、簪はウサギりんごが好きだからな」

 

フォークで突き刺して口元に運ぶ。

 

「甘い。それも上品な甘さ」

 

「市場じゃあそこそこの人気だったな。そんでもってこいつが一番メジャーで美味しい摩り下ろし。摩擦で逆に温度が下がってシャーベットになる」

 

摩り下ろした方をスプーンで掬って口元に運ぶ。

 

「甘さ控えめになったけど、こっちの方がこの旨味が深い。けど、もっと美味しい食べ方があると思うんだ」

 

「ほう、どうやるんだ?」

 

「ん」

 

簪が人差し指で唇に触れる。何が言いたいか分かった。摩り下ろしたスノーアップルを口に含み、唇を重ねて口移しで食べさせる。口に含んだスノーアップルが無くなっても舌を絡め続けたままでいる。5分ほど経ち、ようやく離れる。

 

「うん。美味しい」

 

「まだまだ残ってるぞ」

 

「食べさせて。一番美味しい食べ方で」

 

「もちろんだ」

 

溶けてしまったスノーアップルをスプーンで掻き混ぜて冷やしてから口に含み、何度も唇を重ねる。愛した人が傍にいて肌を重ねられる。それだけで幸せだ。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。