オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:嘘つき魔神

10 / 27
 イッピーとモッピーを合わせたらしばふ艦ができないかな……(頭文字的な意味で)


イッピーVSモッピー!

「はぇ~すんごい……」

「だが一手余分だったな。まぁ、初めてにしては上出来だろう」

「オルコットさんが2回で……?オルコットさんが2回で……?」

 

 モッピーだよー!管制室でイッピーの戦い見てたのだ!いや、やっぱりイッピーは強いじぇ!零落白夜でシールド・エネルギー切れない内にさっさとフィニッシュにしちゃったもん!

 

「だが、まぁ……」

「こんなんダサすぎるだろこんなんダサすぎるだろこんなんダサすぎるだろブツブツ……」

「当人は納得いってないらしいがな」

「駄目みたいですね……」

 

 全く、次はこのスーパーウルトラ女神・モッピーと戦うのに。

 

「だからお前は駄女神だろこんなんダサすぎるだろブツブツ……」

「ムッキー!あったまきたよ!覚悟しなよイッピー!」

「ブツブツ……」

「あれ?オーイ、イッピー?イッピー!?イッピィィィィィ!」

 

 この後滅茶苦茶斜め30度から叩いたりした。

 

------------------------------------------

 

「へへへ……誰が箒なんざ怖ぇもんか……てめぇなんぞ怖かねぇ!」

「イッピー落ち着いて!色々キャラがおかしくなってるから!?」

 

 あの後叩きまくってたのはいいんだけど、そしたら別方向にバグっちゃった!ついボケの権化(命名:お嫁さん4号)のモッピーが突っ込みに回っちゃったよ!

 

「ていうか、篠ノ之さんのあの機体なんだろ?専用機なのは分かるけど……」

「紅い……IS?」

「篠ノ之さんは○ャアだったのか」

 

 ふふーん、みんながモッピーを見てるよ!しょうがないね!だってモッピーの機体は驚異の第4世代機!紅椿(あかつばき)なのだ!

 

「さぁ、覚悟しなよイッピー!」

「てめぇなんぞ怖かねぇ!女郎オブクラッシャァァァァァ!」

 

 さぁ、試合開始の先制はイッピー!だけどだけど!

 

「喰らえ束姉謹製雨月!空裂!(あまづき!からわれ!)ていやっさー!」

 

 雨月でフェンシングの如く突きを行い!空裂を振り回す!これだけで弾幕が完成!束姉はすげぇや!さぁ、イッピーどう出る!

 

「邪魔だどけぇ!」

「ファッ!?」

 

 いやいや!雪片で全部切られた!?イッピー一閃しかしてないよ!?何!?鎧袖一触ってやつなのさ!?

 

「わ、私のそばに近寄るなぁ!」

 

 こうなったらもっと振って突いてで弾幕を増やす!

 

------------------------------------------

 

「束め、何てものを作る……」

「そ、そうですよ!第4世代機なんて……」

「血が騒ぐじゃあないか!」

「センパァァァァァイ!?」

 

 あぁ、篠ノ之さんはさっきから手が動いてないのに何か飛んでるし、織斑君も何もせず突っ込んで!?何が起こってるんですか!?

 

「おぉ、一夏が!零落白夜を斬撃にして飛ばしたぞ!見ろ!真耶!」

 

 み、見ろって言われたって……ってホントに織斑君の刀から出てる光と同じ色の斬撃がー!?

 

「あ、わわ、わ」

「くうぅ!できるなら私も乱入したい!あぁ、見れば見るほど血が騒ぐ!」

 

 も、もうやだぁぁぁぁぁ!

 

------------------------------------------

 

 きゅう!イッピーがヤバい!篠ノ之流五ノ極:空裂(からわれ)を応用してきたよ!あ、この刀とおんなじ名前だ!

 

「まぁてぇ!」

「あ、頭に血上りすぎでしょイッピー!?そろそろ勘弁して!?」

 

 さっきから照れ隠しなのかやたらめったらに切って零落白夜斬撃撃ってくるし!ていうか、あれ確か使えばシールド・エネルギー減り続ける束姉曰く欠陥品じゃなかったっけ!?

 

「堕ちろやぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ!?」

 

 あ、イッピーが堕ちた……ドゴーンっていい音鳴ったよ今……うぅ……

 

「ちょっとぉ!モッピー不完全燃焼なんだけどぉ!?」




 Ja!チッフーはバトルジャンキー、イッピーは頭に血が上ると敵を倒すことしか考えなくなります。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。