オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:魔神イット

11 / 27
 誰なんだ……!俺のそばに、近寄るなぁぁぁぁぁ!

 篠ノ之流五ノ極・空裂:刀身をメッサ震わせ、そのまま切ることで斬撃を放つ。実は斬撃というより、超音波に近い。何で超音波でものが切れるかは気にしてはいけない。気にするとモッピーがやって来るから。


恐怖!シャワールームに潜む怪異!

-------------------------------------------

 

「はぁ……」

 

 セシリアらしくもないため息をつき、シャワーの湯を身に浴び続ける。それでも、悩みは晴れず、ドロドロと渦巻いている。彼、織斑一夏について、ずっと考えていた。

 

 セシリア・オルコットは、イギリスの名家、オルコット家に生まれた。小さい頃から優しくも厳しい母と、頼りないが優しい父に、愛情をもって育てられた……ISが生まれるまでは。

 

 ISが生まれ、女尊男卑の風潮が生まれると、母は豹変した。気に入らないことがあれば父に当たるようになった。父は、それをただ傍受していた。セシリアは、何故父が抵抗しないか、気になった。だが、その疑問は晴れなかった。セシリアが小学校ぐらいの年齢の時、両親が事故で死んだ。セシリアに残ったのは、両親が残した莫大な遺産であった。そして、金を求めるケガレがセシリアを狙わない訳はなかった。毎日毎日自分を騙そうとする男達、それを見下し、心が折れないようにした。男は弱く、汚い者。それがセシリアの支えになった。ISの適正も高く、代表候補生になってからは、その実力も相まって、天狗になっていたのだろう。それをへし折ったのが織斑一夏だった。

 

------------------------------------------

 

 私は、彼に手も足も出なかった。彼がしたことは、棒立ちだった。なのに、彼に弾が届くことはなく、そのまま一方的にやられた。だからこそ、篠ノ之箒、彼女の実力も分かった。あの2人は強い、確実に……それでも、いつか。彼の隣に並びたい。こんなことを思うのは、おかしいだろうか?

 

「……織斑、一夏」

 

 自分が越えるべき壁であり、並び立ちたい人。あぁ、やってやろうではないか。強くなり、彼にならんで見せよう。

 

「待っていなさい……」

 

 覚悟を新たに、そして、胸に僅かな暖かさを感じながらシャワールームから出ようとする。

 

「……あら?」

 

 しかし、開かない。同居人の如月キララだろうか?いや、彼女はこんないたずらはしないというのは同居してわかっている。鍵が壊れた?あり得ない。ロックがあっても、それがどうやれば壊れる?

 

『ふっふっふっ……』

「ひっ」

 

 どこからか、笑い声がした。どこ?どこ?そう思いながら辺りを見回していると……排水溝の蓋が外れ……

 

「ハァイ、セッシー」

 

 篠ノ之さんが現れた……いやいやいや!

 

「あ、あなたどこから!?」

「えー?篠ノ之流をちょちょいとね。元は忍術だからね」

「い、いや、質問の答えに」

「ねぇ、セッシー?セッシーってさ、とても美味しそうだね……」

 

 おいし、そう?ま、まさか、篠ノ之さんはわ厚ぃを矢部力では!?(パニック)

 

「さ、セッシー。安心してよ、ちょーと、たばねぇさんサイコー!ってこと(真理)を教えてあげるだけだから……」

 

 ひ、ひぃ……わ、わ……

 

「私のそばに近寄るなぁぁぁぁぁ!?」

 

 あ、篠ノ之さんが飛びかかってきて……そこから……あ、れ……いし……きが……

 

------------------------------------------




 最近ISの戦闘シーンまとめを見たんですよ、それにダンボール戦機でも使われてた曲があって個人的に嬉しかったです。いいセンスだ。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。