オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:魔神イット

14 / 27
 第2章、始動!


モッピー生活!
中国からの使者!


-----キング・クリムゾン!我以外の時間は消し飛ぶ!-----

 

「ねぇ織斑くん!」

「そういう君は相川(あいかわ)さん。どうしたんだ?」

「あいあいおっはー、どしたの?」

「何とね、2組に転入生だって!」

 

 ……ほぉ?この時期に転入?これはモッピー的に怪しいものがあると見るね!

 

「今更転入?セシリア対策か?」

「ないでしょうね、遅すぎですわ」

「まぁ、そんなことはどうでもいいの。重要なことじゃないわ」

 

 ……ん?転入生以外の大きな話題?あぁ、あれね。

 

「おい箒、一体全体何なんだ?さっぱり皆目検討もつかん」

「ふふふふふ……イッピー、実はね?今度、クラス代表でのデスマァッチがあるの知ってる?」

「織斑先生に言われたから知ってるぜ。なるほど、大方優勝してデザートパス持ち帰ってこいってわけ?」

「そこまで命令口調じゃないんだけど……まぁ、優勝してねって話!」

「別にいけど。負ける趣味はないしな」

 

 おぉ、イッピー、やる気に満ちているね。静かに、しかし激しい闘志が透けて見えるぞよ……!

 

「……果たして、できるかしらね?専用機持ちは、もう1組と4組だけの権利じゃあないのよ!」

「……その声は!?」

 

 ……うぇ?マジで!?まさか……!?

 

「……お、お嫁さん4号、リンリン!?リンリンじゃあないか!どうしてここに!?」

「ゲッ、箒……え、えぇと、一夏がIS動かしただとかいうから、慌ててすっ飛んできただけよ」

 

 ……ねぇ、今絶対リンリンゲッって言ったよゲッって……何?モッピー、リンリンに嫌われてる?

 

「いや、にしても久しぶりね一夏。何か……くたびれた?」

「こいつのお守りでな……」

「むぅ!何さその言いぐさ!モッピーは子供じゃないんだよ!」

 

 何でこの二人はモッピーをガキ扱いするの!?ふじゃけるにゃ!

 

「さて、積もる話は昼食で。じゃ、逃げんじゃないわよ~」

「逃げ場も逃げる気もねぇけどな」

「結構結構」

 

 そう言ってリンリン帰っちゃった……もうちょっと話そうよぉ……

 

「よーし、全員揃ってるか?……って、篠ノ之、どうした?」

「何でもないです……リンリンとイッピーからの評価が散々だっただけです……たかがメインカメラをやられただけです……」

「まぁ何も問題はないな。さて、ショートホームルーム、略してSHRを始めるぞ」

「イエス、起立、礼!」

「「「「「お願いします!」」」」」

「着席!」

 

 さぁ、今日もモッピーの憂鬱な一日が始まりゅ……現実から逃げたい……誰か、誰でもいいからも○もビーオーエックスを……くだ……さい……




 死なないでモッピー!ここであなたが倒れたら、誰がこの小説の主役を張るの?……イッピーでいいや。次回から、『織斑一夏は静かに過ごしたい』、連載!すt「やらせないよ!」

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。