オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:魔神イット

17 / 27
 ボンボンボンジュール、皆様。サヴァ?


決着の日

-----キング・クリムゾン!モッピー以外の時間は消し飛ぶ!-----

 

「……来たねぇ!」

「来ましたわねぇ……」

「織斑くん対鳳さん……」

 

 やぁやぁ、皆様。サヴァ(調子はいかが)?モッピーだよー。今日は待ちに待ったイッピー対リンリンの日。そう、決着の日!イッピー対リンリンのあっついあっつい戦いが今日始まるのです!

 

「……来たよ!」

 

 あいあいの声と同時に、イッピーは白式、リンリンは……確か、甲龍(シェンロン)だったかを纏ってアリーナへと降り立つ。二人とも、アリーナの防御シールド越しでも分かるような熱いオーラをISと一緒に纏っている。ついモッピーが真面目に喋っちゃうくらいには。

 

『……鈴。俺はお前に勝つ』

『……言ってなさい。負かせて惨めに泣かせてあげるわ!』

 

 アリーナのマイクに接続された解放回線(オープン・チャンネル)からそんな会話が流れてくる。イッピーは至って冷静、リンリンも言葉とは裏腹に冷静だ。感情によるプラスマイナスは無し、IS乗りとしての経験はリンリン、純粋な身体能力ならイッピーに分がある。互いに、その分をどう活かすかが勝敗の鍵を握るだろうね。

 

「そう思わないあいあい」

「……えっと、いきなり言われても……」

「モッピーさん、説明されなくては……」

 

 あぁ、うっかりうっかり。くーちゃんや束姉とは以心伝心なもんだから。

 

「かくかくしかじか」

「まるまるうまうまと……確かに、互いの分がどう活きるか、だね」

「……中国、第3世代……確か……」

 

 あり?何か、セッシーが考え込んでる。何か、引っ掛かるところでもあったのかな?

 

『……あ、あー……マイクチェック、1、2……よし。えぇ諸君。今、完璧に準備が終わった。只今より、Aブロック1回戦、織斑一夏VS鳳鈴音の対決を行う!』

「「「「「おぉぉぉぉぉ!!」」」」」

 

 うわぁ。すごい歓声……チッフーが喋ってるから?多分、ヤマヤが普通にしゃべってもこうはならんよ……

 

『……それでは!開始!』

「「くたばれぇぇぇぇぇ!」」

 

 さぁ。まずは互いにえげつない台詞と共に飛び出していくね。僅かに早いのはイッピー。多分、アリーナ中央から僅かにずれての衝突に……なった。二人のつばぜり合いが今起こってる。雪片と甲龍の武器、双天牙月(そうてんがげつ)が火花を散らす。おっと、イッピーがリンリンを蹴り飛ばし、そこに零落白夜を纏って突撃!」

「し、篠ノ乃さん?」

「あ、これ熱くなって周り見えてないやつですわね……」

「おーっと!何といきなりイッピーがぶっとばされたぁ!零落白夜を纏っていないとはいえこれはいたーい!」




 それでは皆様、体調にお気を付けて……

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。