オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:魔神イット

20 / 27
 ようやく使えたタイトル。1話1000文字に納めようとしてるからね、しょうがないね。重要な話だけはもりもり詰め込んだ方がいいでしょうか?


恐怖のISシリーズ!アリーナ壊滅!襲撃者は無人機だった!

-----sideモッピー-----

 

「……てんめ何しやがる?」

「それはモッピーたちの台詞だよ!あんな物騒なもの呼び込んで!」

「はぁ?知るかあんなもん。何をどうしてあんなやべーの呼び込む必要がある?」

「ちょ、落ち着きなさいよ!」

 

 でぇーい、リンリンが何か言ってるけど、それよりイッピーに折檻だよ折檻!

 

「そもそもイッピーは……!」

「落ち着きなさい!」

「あいてっ!?」

 

 うぅ、リンリンに青竜刀の峰で叩かれた……これも全部織斑一夏って奴の仕業なんだ……!

 

「……はぁ。いきなり飛び込んできたかと思ったらひっぱたいてきやがって……」

「え、あれホントにイッピーの仕業じゃないの?勝ち進むのめんどくさいから仕掛けたんじゃないの?」

「お前は俺をどう思ってんだよ?めんどくさいからってあんなもん仕掛けないし」

 

 え、まじで?これモッピーの勘違い?……

 

「……ごめんなさぁぁぁぁぁい!」

「いや、まぁもういいけどさ……あれ、知らないか?」

「……うーん」

 

 知ってるか、かぁ……いや、素体は知ってるよ?でも、あれは知らないなぁ……

 

「……えーとね、あれは束姉謹製の無人機、ゴーレム……のはず」

「無人機ですって!?そんな……!」

「……いや、束さんならきっとできる。で、箒。たぶんてのはどういうことだ」

「……モッピーが知らないんだよね。素体はゴーレムさんなのは分かるんだけど……腕はあんなジオン○みたいなのじゃないし。普通のゴーレムさんは普通の腕だよ。何せ、束姉が家事させるために作ったんだもん」

「……え、あれ元は家事ロボットだったの?じゃあ何がどうなって如何にも戦闘用ですみたいなカスタマイズされてるのよ?」

 

 そんなのモッピーに言われても知らないよ。モッピーも全知全能なわけじゃないもーん。

 

「……というか箒!お前、どうやってここに入ってきた!?」

「……あ!そうよどうやって!」

「え?普通に紅椿で邪魔なものは切ってきただけだよ?」

「……あぁ、そうか」

「……後で千冬さんから説教でしょうね」

「……さ、さぁ!早くあれを倒すよ!ハリーハリーハリー!」

 

 や、やばい。イッピーにげんこつすることだけ考えてて、規則のこと完璧に忘れてた……ま、ままままぁいい(震え声)

 

「……にしても、ホントに見覚えないなぁ」

「レーザーに気を付けろよ、かするだけで面白いぐらい持っていかれる」

「……無人機、ねぇ」

 

 全員がそれぞれ感想を述べるなか、モッピーはどこか遠くに思いを馳せていたのだ……

 

(……束姉、あなたは変わってしまったのですか?)

 




 イッピーモッピーリンリン、3人に勝てるわけないだろ3人に!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。