オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:魔神イット

23 / 27
 おふざけタイトル。


眼帯銀髪美少女、ラウラちゃんの乱心

「……何をする?」

「……いや、うん。止めたんだよ?」

「……どういう状況?」

 

 やぁ、モッピーさ。えぇ、現在、モッピーはラウラちゃんのお腕を掴んでるのだけど。理由はもちろんお分かりですね?え分からん?一言で言うと、『イッピーがラウラちゃんにビンタされそうになりました』。いや、何ゆえ?あれなの?チッフーのこと教官って呼んでる辺り、病んだの?病んじゃったの?

 

「私は認めんぞ……!貴様が教官の弟などと……!」

 

 ……綺麗な顔を歪めて、イッピーに有らん限りの恨みを当てるラウラちゃん。それに対し、少し顔を逸らすイッピー。モッピーが知らない確執があるみたいだね……

 

「そこまでだ!……1時間目は、1組と2組の合同演習だ。織斑、同性として世話してやれ」

「……はい」

 

 そう言うと、チッフーがSHMを終わらせ、イッピーとデュアデュアはそそくさと教室を出ていく。さて、早めにお着替えしよっと。

 

-----場所は移ってグラウンヅ-----

 

「……いや、ラウラちゃん早すぎん?」

 

 いや、まじにあの着替えスピードには恐怖した……だって、ちょっと目を離したらもう着替え終わってたもん。急いで着替えて追ってきたよ……まだ、みんな来てないし、余裕はあるよね?よし!

 

「やっほいラウラちゃん!」

「……」

「ねぇねぇ!何で眼帯してるの?中二なの?中二なの?」

「……」

「……えと、ラウラちゃーん?」

「……」

「……」

 

 ……えぇ、勇気を出して話しかけた結果、大敗……!圧倒的、大敗……!まさか、全スルーされるとか思わんやん……

 

「……二人とも、はえーな」

「うん、ビックリしたよ」

「あ、イッピーとデュアデュアだ」

 

 いや、二人も充分……?あり、ラウラちゃーんがイッピーのこと見つめてる?もしや……

 

「ねぇねぇラウラちゃん!もしかして、イッピーのこと好き?」

「……!ふざけるな!

 

 ……うえ?

 

教官の栄光に泥を塗ったソイツを、誰が好きなものか!

「い、いや、えぇと、ボーデヴィッヒさん?」

「……っ」

 

 ……もしかしなくても、これモッピー思い切り地雷踏んだね……

 

「おぉ、お前ら、早いな?」

「……!教官!」

 

 あ、チッフー来た?できるなら、何でこうなったのか教えてくださいよ。

 

「……ねぇ、イッピー?」

「……何だ」

「後で鼻☆塩☆塩」

「……おう」

 

 このあと、みんな来たけど、モッピーたちの雰囲気に飲まれたか、めちゃくちゃ静かだった。あと、セッシーとリンリンがヤマヤに挑んだけど、ヤマヤ、元代表候補生らしく、二人はあっさりやられてた。




 ちなみにモッピーがラウラをラウラちゃんと呼ぶのは、何か、モッピーの獣的本能?

 2連覇はしてるんですよ。2連覇は。その代わり、千冬はある汚名を着ることになりますが。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。