オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:魔神イット

4 / 27
 ポポポポポ。


セッシー が 現れた!

-------------------------------------------

 

「ちょっとあなた!」

「……何ですか?」

「まぁ、このセシリア・オルコットが挨拶をしたのですから、もっとふさわしい態度があるでしょう?」

「そうだよねセッシーの靴美味しいprpr」

「ひぅ!?」

 

 あ、逃げられた。折角セッシーが来るの分かってたから待ち○イルしてたのに。後セッシーの靴美味しかった。

 

「何してんだよ」

「痛い!踵落としはないでしょイッピー!なに!イッピーは私に恨みでもあるの!この完璧な女神・モッピーに!完璧女神・モッピーに!」

「駄女神だろお前」

 

 うぅ、イッピーが冷たい!悔しい!でも感じちゃう!(意味深)

 

「んで、セシリア・オルコットさんだっけ?何か用か?」

「……いえ、あの方はいいですの?」

「ほっとけ、どうせすぐにでも復活するさ」

「リザレクション!」

「ほらな?」

 

 いやぁ、イッピーのせいで新しい扉を開くところだったよ全く!あれ、セッシーが固まってる。

 

「……また後で来ますわ……」

 

 あ、覇気なしで帰ってっちゃった。どうしたんだろ?

 

「俺は知らんな」

「ふーん、まぁいいや!セッシーの靴美味しかったし」

「お前まさか……(ドン引き)」

 

 あれ、イッピーに引かれた、何で?

 

「むしろあれで引かれんと思っているのか馬鹿者」

「あ、チッフーヤッホー!今日も可愛いね!」

「織斑先生だと……いや、もういい、お前にいっても通用せんからな」

 

 うんうん!チッフーがモッピーのこと分かってくれて嬉しいな!私もチッフーのことよく分かってるからこれは実質S○Xなのでは……?あ、ヤバい子宮降りてきた。

 

「織斑、お前に専用機が支給されることになった、喜べ」

「んん!?子宮!?何々!?チッフーも体外式ポルチオ開発に興味あるの!?」

「……(無言の腹パン)」

「んぶぅ!?うぅ、おえぇぇぇぇ……」

 

 あ、あうぅ、痛い……気持ち悪い……

 

「よし、これで静かになった」

「ナイスです、織斑先生」

 

 うわぁん、織斑姉弟が揃って冷たいよぉ。でも……わ、悪くないぃ……///

 

「それで、いつ届くんですか?」

「安心しろ、速達だ。明日には届く」

「速達すげぇ」

 

 うぅ、放置プレイも中々……///

 

「……おい、篠ノ之」

「なぁに!チッフー!?」

「……はぁ」

 

 え、いきなりため息つかれた!?はえ!?

 

「……もういい、席につけ」

 

 うぅ、ある意味放置より酷いよぉ。折角愛しのチッフーがいるのに何もできないなんて!できるならチッフーのお胸に飛び込んで揉み揉みはすはすしたいのにぃー!あ、チャイム鳴った。

 

「さて、授業を始める、が、その前に!1年1組のクラス代表を決める!」

「チッフー!クラス代表って何なのー?」

「読んで字の如く、クラスの顔だな。代表の恥はクラスの恥でもある」

「モッピーやりたーい!」

「話聞いてたか?」

 

 えぇー、大和撫子なモッピーが適任って話じゃないのー?

 

「えぇー、いいもん、モッピーができないならイッピーにやらせるもん」

「おい、何で俺だよ」

「うん、私も織斑君推薦します!」

「私もー」

「……言っちゃ悪いが本気か?やめとけやめとけ、ノリで決めたら悲惨なことになる」

 

 うーん、でもねイッピー、もうみn……

 

「お待ちください!そのような選出、認められませんわ!」

 

 ……セッシー、どうしたの?

 

 




 チッフー推参!は実は33分で書き上げた。

 後、モッピーは徹底した変態で突き通そうと思います。

 後、モッピーは可愛い子やかっこいい人や美人以外は覚える気もないししゃべる価値もないと思ってます。ある意味では束さんと一緒です(当人が興味を示した人以外は石ころ的な)

 後ISの小説書いてると、束さんがたばさんに思えてくる……(たばねって普通に打つと束ねになるけど、たばって打つと束になるから)

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。