オレコソガサイキョウノモッピーダッ!ナニイテンダ!?   作:魔神イット

8 / 27
 やっぱりシリアスじゃなくネタやな。(自分の作風)


イッピーVSセッシー!(準備中!)

-------------------------------------------

 

「……来ねぇなあ」

「来ないねぇー」

 

 今日はセッシーとの決戦当日!イッピー曰く、専用機が来るらしくて、それを待ってるの!

 

「お、織斑君織斑君織斑君!」

「はい、織斑です」

「ヤッホーマヤマヤ今日も可愛いね!お嫁さんになる?」

「し、篠ノ之さん、冗談はやめてください!」

 

 えー、冗談じゃないのに。マヤマヤ可愛いもん。

 

「ま、こいつはほっといて……山田先生、専用機が届いたんですね?」

「え、えぇ、今から初期化(フォーマット)最適化(フィッティング)を行うので、着いてきてくれませんか」

「もちろんです」

 

------------------------------------------

 

「……これが俺の専用機」

「あぁ、白式(びゃくしき)、という」

「……銀色に見えますが」

「モッピーもモッピーも」

「気にするな、さ、乗れ」

「分かりました」

 

 そう言って、イッピーは白式に乗り込む。と言っても、特別イッピーがかっこよくなったなんてことはないけど。だって元からイッピーはかっこいいもん!かっこいいにかっこいい足してもただのかっこいいなのさ!

 

「……ふぅ。織斑先生、終わりました!」

「そうか。よし、織斑!一次移行(ファースト・シフト)は試合中に行え……と言っても、お前が負けるビジョンが思い浮かばんがな」

「ご冗談を、織斑先生。ISの戦闘については試験以外やっていないし、それでボロ負けしたのも知っているでしょう」

「ふん、どうだか。オルコットは真耶の十分の一は弱いからな」

世界最強(ブリュンヒルデ)の物差しで測られましても……」

『試合開始1分前です』

「おっと、時間のようですね」

「あぁ。一夏、全力でやってこい」

「……分かった、千冬姉。行ってくる」

「イッピーファイト!あ、後でモッピーとも戦うんだからね!」

「あぁ、ありがとう。覚悟してろ」

 

 そう言うと、イッピーは降りてった。ささ、イッピーの実力や如何に。

 

「あいつがさっさとISはあくまでも身体の延長と気づけばいいのだが」

「そそ、それならイッピーはすぐにでもセッシーを落とせるのだ!」

「……あの、織斑君ってそんなに強いんですか?」

「あぁ、回避だけなら私さえ抜くな」

「イッピーは変態だよ~、変態は変態でもマーッドの方だけど」

 

 あ、マヤマヤ信じてない目してる~。ま、いいや。すぐにマヤマヤもイッピーの強さを知るもん!




 頑張ったつもり……なのに試合まで行けなかった!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。