真・龍神†無双   作:ユキアン

2 / 4
第2話

 

「荀彧、貴方、軍師としては正しいのでしょうけど、上に立つものとしては失格ね。自分の策なら兵糧が半分でも大丈夫だなんて。今から出陣する兵の前で宣言しなさい。頭でっかちには現実を知ることから始めましょうか」

 

「曹操様、この方は?」

 

「ウチの大賢者よ。故郷の大妖術師に飛ばされてきたそうよ。この国より遥かに発展した技術と広い領土を治めている、ね。彼女はその中でもかなり広い範囲を治める州牧よ。将でも軍師でもなく客人に近いけど、その対価にその知と経験を分けてくれる存在よ。簪、色々と説明してくれるかしら」

 

「それでは色々教授してあげましょう。まず、自分の首を掛けることですね。自分の首にそれほどの価値があるとお思いで?恥ずかしくないんですかね、戦うのは民です。兵とは言いますが、それも民です。今回、三千の兵士が集まっています。これと貴女の首が等価値?ありえませんね。貴方一人で何が出来ます?軍師とは一人では何も出来ない存在です。従う者がいて初めて動くことの出来る役者です。その軍師が従う者の士気を挫いてどうします。貴方には実績がまるでないと言うのに。実績があればある程度の不満を飲み込んではくれるでしょうが。今、上に立つには曹操の威を借りるしかない。ただ上に立つだけなら問題はなかったですが、兵糧を半分に減らす?不満が爆発しますよ。隠しておいても無駄ですね。普通に気が付きます。いつもより兵糧が少ないと。それが知られれば兵が不安に思いますよ。そもそも、曹操は規定量用意しなさいと命令している。それなのに半分しか用意出来ませんでした。職務怠慢ですね。私なら規定量用意した上で報告書には半分しか用意してませんと書いて提出しますね。そして規定量は用意していますが、私の策ならその程度で十分ですと売り込む。いらないと言われれば、書類一枚書き直すだけ。いると言われれば荷駄隊を半分出すだけ。まあ、私は荷駄隊を全部持っていきますけどね。自分から選択肢を減らすなんてバカな真似はしたくありませんからね。途中の村で施しも一切出来ない、余裕もない。絶対に嫌ですね。はい、反論があればどうぞ。理解が出来ないのであればその首貰ってあげますよ」

 

「……ありません」

 

「はい、そういうわけです。ちなみにこの会話は周囲にも聞かれていますので、荀彧に指揮を取らせるというのなら最初に説明を。でなければ士気は保てませんよ」

 

「分かっているわ。貴方は本当に私とは間逆なのね」

 

「才あるものを好むのは悪いことではありません。ですが、それにしか目を向けないのは悪です。この世は無い者の方が多いのですから。それらを万全の状態で扱えて初めて上に立つ資格があるといえるでしょう。では、頑張ってきて下さい」

 

曹操が演説を行い、多少の不満を腹に収めて兵士たちが出陣する。兵糧は半分か。やれやれですね。私も動きますか。街に出て、そこそこ大きな商家に今回の規定量だった兵糧の2割ほどの量を用意させて、それを持って3日後に軍を追わせる。それを守る傭兵も私の資産から出して用意する。これだけの量があれば不測の事態は免れるでしょう。

 

一週間後、案の定途中で兵糧が足りなかったのか荀彧が悔しそうな顔をしている。

 

「私が送ったのは役に立ったようで何よりです。とりあえずは貸しにでもしておきましょう」

 

「……どこまで予測していたのですか?」

 

荀彧が力なく問うてくる。

 

「何も。ただのリスクマネジメント、危機軽減運用とでも言いましょうか。兵糧なんて足りないより余るほうが良いんです。軍が通った後なので最低限の護衛だけでも十分でしたしね。余っていたら余っていたでそっくりそのまま私に返すか、戦勝祝として少し豪華な食事にして代金を私に払うか。どちらかをしていたでしょう?」

 

「ええっ、そうね。今回は不測の事態で足りなくなるところだったわ。代金は後で払うわ」

 

「不測の事態ですか。そちらの子ですか」

 

「私の親衛隊にするわ。最低限の知識を与えてあげてくれるかしら」

 

「構いませんよ。これでも教師をしていましたから。私は匙簪です。客人扱いの大賢者ですよ」

 

「許褚って言います。大賢者?えっと、仙人様ですか?」

 

「ふふっ、仙人みたいに世を捨てたつもりは全くありませんよ。ですが、色々なことを知っていて、それを教えてあげれます。最低限の読み書き計算と簡単な兵法までは覚えてもらいますね。そのあとは、貴方が聞きたい、覚えたいということを教えてあげます」

 

「はい、よろしくお願いします、簪様」

 

「はい、よろしくね。ああ、それと私には出来るだけ真名を名乗らないでね。私の住んでいた国では、この国以上に真名が重いの。親の真名すら知らないのが普通なぐらいに重い重いもの。理由は曹操が知っているから、そっちに聞いてね」

 

「はい」

 

素直な良い子ね。だけど、武将ってことは強いみたいね。

 

「それで、荀彧をどうするつもりですか?」

 

「貴方から見てどう思う?」

 

「経験不足の一言ですね。ちゃんと下積みからさせていけば大成しますよ。能力的には。男嫌いをもう少しどうにかしないと要らぬ所で足を引っ掛けられて思い切り顔面強打で転ける可能性があります。公私はしっかりと分けさせて下さい。それが出来ないなら上には付けないほうが良いでしょう。勿体無いですが。まあ最終的な判断は曹操がすることです。ただ、何度も言いますが覇王は常に見られる存在です。それをお忘れなきように」

 

「身内びいきには気をつけろと言いたいのね。分かったわ、肝に銘じておきましょう」

 

「そうして下さい。それと私の家族が見つかりました。夫以外ですが、皆無事なようです」

 

「へぇ~、見つかったの。それで出ていくのかしら?」

 

「いえ、全員それぞれの立場を得ていますからね。もうしばらくは付き合いますよ。バラバラのほうが夫との合流できる確率が増えますからね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ローマ)がローマだ」

 

「えっ、何?自分をローマと言ったのか?ということはロムルスか!?あっちの旗はカリギュラだし、あれは確かカエサルだろ、ネロもアウグストゥスもある。なに、このローマ皇帝連合は!?ファラオラッシュもキツかったけど、こっちもこっちでキツイだろ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふ~ん、飛将軍呂奉先ね」

 

郭図からの報告を聞きながら三国志最強と名高い呂布の戦力報告が凄いことになっている。

 

「はい。その武勇、並び立つ者おらず、単騎で賊3万の首が飛びました」

 

「それは比喩?」

 

「いえ、本当に3万近くの首が並べられました。首から下は、飛将軍の飼っている獣に食われたと。病気を広げないためと陛下に報告がなされたと部下からの情報です。また、裏が取れていませんが竜を狩って腹を満たさなければならないほどの大食漢であるとも報告を受けております」

 

「もうちょっと詳しい情報を集めなさい。特にその飼っている獣の情報をね。それから飛将軍の姿絵もなんとか手に入れなさい」

 

「御意」

 

「急いでね」

 

玉の詰まった袋を投げ渡して、それを確認した郭図が急いで部屋から出ていく。確かにこの世界のTSしている武将は強い。だが、話半分だとしても呂布は強すぎる。かなりの高確率でオーフィスちゃんだよね。獣の方はもしかしたらスコルちゃんとハティちゃんかもしれない。

 

「クラさん、クラさん、どこに居るのです」

 

遠くから袁紹ちゃんが大声で私を呼んでいるので物置に使っている部屋から出る。

 

「はいは~い、どうかしたの袁紹ちゃん、どうしたの?」

 

「軍の用意を!!この私が大陸に平和をもたらすのですわ!!」

 

「じゃあ、準備しよっか。詳しい話も聞きたいから皆を集めるね。色んな街からも袁紹ちゃんのために民が集まってくれると思うからちょっとだけ時間をちょうだいね」

 

「そうですわね。皆さんも私のために集まってくださるのですものね。どれぐらいの時間がかかるかしら?」

 

「早馬を飛ばして集まれ~っていうのに2日、そこから皆が歩いて集まるから5日、袁紹ちゃんの兵士だぞって見せるために装備を配って訓練をして、疲れていたら意味が無いから休ませて全部で2週間かな?」

 

「そんなにですの?もっと早い方が」

 

「大丈夫大丈夫。大陸中の諸侯に文が来たんでしょう?だったら、他の皆は小さい集団をちまちま潰すしか出来ないから。賊も小さいままだと危ないからって集まって、大きくなったら私達が一気にドカーンってまとめて退治して目立てるよ。ほら、袁紹ちゃんが一番目立てるんだから、下々の皆にもちょっとぐらい、そう、身分相応の活躍ぐらいさせてあげようよ。それが上に立つ者の優しさと寛容さってやつだよ」

 

「それもそうですわね。それではおまかせしても?」

 

「任せときなさいって。あっ、袁紹ちゃんの神輿は自分で設計してね。民を安心させるためにもね」

 

「わかりましたわ!!」

 

はい、袁紹ちゃんの説得完了っと。それじゃあ、そこの人。武官と文官を集めてね。できるだけ早く。あと、早馬に各町に募集をかけてくるようにって伝えて。予算は懐に入れない限りはガンガン使っていいからとも。

 

治安維持を考えて3ヶ月動くと想定すれば、15万程動員出来るね。お金があると楽だわ~。安全圏に資金と人材をこれでもか投入してデカイ農園を作るだけの簡単なお仕事。6公4民とかウハウハだね。困窮作物の豆と蕎麦と雑穀からは税を取らないから不満も溜まりにくいし、戦争は数と装備だよね。ただし、オーフィスちゃんっぽい呂布は除く。

 

それにしても黄巾の乱かぁ~。もう1年、準備期間が欲しかった。そうすれば黄巾の乱自体が起きなかったのに。ちぇっ、とりあえずは常備兵の練度を上げさせておかないとね。大量生産大量消費が許されるのが袁家なのだ。私腹を肥やすとクビが飛ぶけどね。物理的に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらくお姉様と一時的にでも合流できるであろう黄巾の乱を治めるために出陣した曹操の軍に付いていく。自分の資金で用意した馬の上で魔力の鍛錬を行う。とは言っても魔力を練ったり回したりする程度だけど。まあ、多少の魔力を馬の方にも流して魔物化もさせてるんですけどね。

 

「簪、この先で賊と義勇軍が戦っているようだけど、貴女はどうする?」

 

「邪魔になるでしょうから離れておきますよ。自衛ぐらいは余裕なんでお気になさらずに」

 

脇道にそれて簡易式神を飛ばして戦場がどうなるかを見ておく。賊の横腹を夏侯惇隊が突き破ってから後方に回り込み半包囲ってところですか。義勇軍にしてはそこそこ纏まった動きをしていますね。士気も高いようですし、旗は劉と関と張に十文字、劉備御一行と何でしょうね、あの十文字の旗は?えっと、倍率を上げて十文字の旗の近くを見てっと。ああ、確実に天の御遣いですね。どこかの学校の制服みたいですから。おっと、戦いが終わりそうですね。では、曹操の元に行きましょうか。

 

こちらに逃げてきて私を襲おうとした賊の首を刎ねながら曹操の元へたどり着く。ちょうど義勇軍と接触するそうなので一緒についていく。普通は下の者から接触するのが礼儀なのだが、言っても無駄だろう。

 

そして義勇軍と接触して話を後ろで聞いていたんだけど、頭が痛くなる。まるで織斑一夏と話しているみたいに。

 

「どうしたの、簪?」

 

「この人たちのバカさ加減に頭が痛いだけです」

 

「なっ!?我々を侮辱するつもりか!!」

 

「関羽でしたっけ?問題点を全部あげてあげましょう。一番危険なのは天の御遣いを神輿にしていることですね。ここで私がいきなり本郷一刀を斬っても、むしろ私は賞賛されますよ。天を冠することが出来るのは帝だけなんですから。勝手に帝の名を語っているんです。その危険性がわからないのなら貴方達に未来はないですよ。次、思想に矛盾しかありません。皆で仲良くと言いながら右手で握手を求めて左手に武器を持っている存在と誰が仲良く出来ると?いつ攻撃されるかわからない相手と握手なんて出来ませんね。ああ、戦わないと駄目だからって言い訳は聞きませんよ。遥か西の国のとある王は武力を一切認めませんでした。その代わりに他のことはなんでも認めました。脅し、買収、虚言。武力を使わずに国をまとめてみせましたよ。既にそれだけの事ができるのが証明されているのですから。あと、貴女の言う大陸とはどの範囲のことを言っています?そこの本郷一刀なら知っているでしょう?貴方達の言う大陸の小ささを。そして民族性から纏める事は絶対にできないということを。服装を見たところ出身は大体西暦2000年頃の日本でしょう?標準語ですから関東地方ですね」

 

「っ!?どうしてそれを!?」

 

「まあ、私は更に未来から来てますしね。裏の世界、魔術なんかが普通に残っている世界で頂点に君臨してましたから力のない貴方と違って楽に生きていますよ。お姉さまは世界が違うんだからタイムパラドックスなんて関係ないよねって活動してますし。中華以外は結構面白いことになっているみたいですよ。それから一つだけ言っておきましょう。平和ボケしてる頭を切り替えなさい。ここは平和な日本ではないのよ。特にそこの軍師二人には気をつけなさい。劉備の見る世界と彼女たちが見る世界は微妙に異なっているわ。あらあら、そんなに怯えなくてもいいのよ。私はこうやって口を挟むのと自衛だけと決めているから。まあ、多少の商売はしているけどね。貴女達軍師は分かりやすくていいわ。欲が丸見えで。頭は良くても心が未成熟だから。演技や誘導が甘いわ。なんで劉備を選んだのかも分かりやすくていいわ。光が強ければ強いだけ影は目立たないものね。うふふ、怖がらなくていいのよ。そう、貴方達の方がちゃんと世界に目を向けているわ。だからこそ劉備の元を離れたほうが良いわ。振り回されてぼろぼろになる前に。世の中がきれいごとだけで済むと思っているお馬鹿さんではないのでしょう?」

 

「簪、そこまでにしてあげなさい」

 

「まだ4分の1も話していないのですが。まあ、最後に一言だけ。あとどれだけの人を殺し殺されれば皆が笑顔になれるんですかね?一緒に笑いたかった人が死んでいる人に笑えと押し付ける貴女達の意見がぜひとも聞きたいです。ちなみに私の計算では70万ぐらいですよ。良かったですね、少なくて。ああ、ちなみに兵士の人数だけですよ。兵士以外は重税や略奪から来る被害で大体200万程度ですかね。ね、少ないでしょう本郷一刀。WWⅡに比べれば微々たるものですよ。さて、まだまだ言いたいことはありますが曹操が言うので止めておきましょう。私は離れておきますね」

 

「その前に一つだけ、貴女から見て天の御遣いと劉備の評価は?」

 

「最低ですね。現実を見てないんですもの。夢を追い求めるのは良いですけど、夢以外を見ていないのは下の者達が可愛そうです。麻薬と一緒ですね。貴女の言う夢のために何人の笑顔が失われたのか、数えたことはありますか?数を数えるというのは大事なことです。とある偉人は自分が起こした戦争で亡くなった者の名前を覚えきっていました。他にも自分の罪の数を数え、それを背負いながらも国の涙を拭うために親友を討った男がいました。戦とは本来それだけの覚悟が必要な行いなのです。貴方達にそれだけの覚悟はありましたか?上に立つってそういうことですよ。では、これで」

 

義勇軍から離れながら吐き気を我慢する。あの劉備、ディルムッド・オディナの愛の黒子のような魅了スキルを持っている。完全にレジストしたとは言え、気持ち悪さがこみ上げてくる。しかも常時発動の上に敵か味方で無意識に効果を切り替えている。その効果は味方には絶対的な信頼感を植え付け、敵にも一定の評価と好感を植え付け、甘い対応を取らせる。あれだけダメ出しをしても曹操は甘い対応を取るでしょう。それは仕方のないことです。ああ、気持ち悪い。流れ矢で死んでもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お頭!!前方に組合じゃない船が、逃げ出しました!!」

 

「追うわよ!!ウチの島を荒らすような真似をしているはずよ!!接舷して捕縛するわよ」

 

「「「了解」」」

 

接舷すると同時に漕手以外が相手の船に飛び移り、船員をしばき倒して縛り上げる。見れば全員黄色い布を身に着けている。例外は明らかに性的暴行を受けた女性だけ。

 

「お頭、こいつら甘寧が言っていた」

 

「黄巾賊ね。身ぐるみを剥いで沈めなさい。略奪行為をしているようだし、因果応報よ」

 

「いんがおうほう?」

 

「悪いことやってると酷い死に方しかしないってことよ。縛ったまま河に突き落としな」

 

「へい」

 

「おらっ、今更騒ぐな!!潔く死ね」

 

部下たちが次々と賊を河に叩き込む中、捉えられていた女性に話しかける。

 

「これからどうしたい?楽になりたいなら送ってあげる。生きたいのなら組合に所属している何処かの村を紹介してしばらく暮らしていけるだけのお金を用意してあげる。力がほしいのなら鍛えてあげる。どうしたい?」

 

「……らくに」

 

「そう。分かったわ。痛みも何もなく眠るだけよ」

 

頸動脈を綺麗に締め上げて眠るように落ちて、そのまま息を引き取る。岸に接岸して丁寧に埋葬してあげる。私達がしてあげれるのはこれだけだ。

 

大分治めている地域が増えてきたけど、それは川辺周辺だけ。水上戦はともかく陸戦は圧倒的に不利だ。何しろ武器と防具がないから。水上戦では取り回しの良い短剣と徒手空拳が一番なのだ。よくアニメなんかでカトラスが使われているのは取り回しと扱いやすさから来ている。普通の剣よりは軽く、いざという時にロープを切れるだけの切れ味があり、手入れもしやすい。それが手にはいらないために組合員には短剣と徒手空拳を叩き込んで水上戦で戦うしかないのだ。あと、私に陣形なんかの知識がない。だから陣形がない水上戦専門になるしかないのだ。

 

クラリッサからは袁紹の元で色々派手にやってて、オーフィスらしき武将を見つけたと手紙が来た。おそらくは呂布らしい。3万の賊をすべてクビだけにしたと。比喩でもなんでもないらしい。普通は逃げられるから半分ぐらいしか出来ないんだけど、逃げる隙を与えなかったのかと思ったのだが、3匹のトラよりも大きな狼が群れを率いて囲んでいたらしい。2匹はスコルとハティだろう。残りの1匹は元士郎が話していた惑星グルメでの相棒のクロスだと予想する。

 

転生して無限龍として力を持っていないはずなのにこれだけの強さか。惑星グルメで身につけた色々な技法のおかげでしょうね。単純に食義と食没がチート臭い。ゲームで言えば技の威力10倍でMP消費量90%カットとMP上限値開放なんてことになってるから。

 

「お頭、積荷に蜂蜜があるんですが」

 

「袁術への賄賂に使うわよ。鮮度の問題もあるし、急ぐわ。徴兵免除をもぎ取るわよ!!陸戦なんて勘弁してほしいわ」

 

「お頭、上から劉表の軍船が!!数は中型が3」

 

「やってやれないことはないけど、面倒だから後ろに向かって全速前進!!船団を組むよ。狼煙を上げな!!」

 

「へい!!」

 

船上の一角には火を熾せるように簡易的なかまどが設置してある。そこを使って狼煙を上げて組合の船を集める。向こうが追ってきている内に領地を超えた所で船団を組み終えて反転。そのまま劉表の軍船に乗り込み全員を河に放り込む。これでまた新しい船を組めるわね。古臭い思考の船なんて使ってられない。

 

ああ懐かしの万能航行艦。運び屋と海賊退治、たまの航路開拓の日々が懐かしい。宇宙怪獣相手に格闘戦ってのも楽しいけど、船を操るのも別の楽しみなんだよね。今は亡きお兄も店を息子に譲ってからはウチの船団の料理人として夫婦で宇宙を巡っていたわね。最後は地球に戻って寿命で死んでいった。宇宙もいいけど最後は丘で死にたいって。地球からは結構遠かったけど、それは元士郎に頼んでちょっとばかりズルをして地球まで連れ帰ってあげた。船乗りの最高の死に方よね。無事に何度も航海を潜り抜けて故郷に骨を埋める。うん、幸せだっただろう。

 

「引き上げるわよ。いずれは黄河全域を私達の縄張りで染め上げるわよ!!」

 

「「「「「応!!」」」」」

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。