ハイスクールD×D 雷帝への道程   作:ユキアン

15 / 17
銀術って暗殺にもってこいだよな

 

 

「今日のメニューは何だろうね、アーシア」

 

「昨日のおでんはもの凄くおいしかったですね。味付けの仕方が違うみたいでしたし」

 

「関西風の味付けだよ。大雑把に見える物でももの凄く繊細だったりするのが特徴かな?見た目と味が合わない事なんて良くあるし」

 

いつも通り部活の終わりにゼオンの屋台に向かうと隣にシルバーアクセサリーの露天が開かれてた。

 

「あら、ムジカじゃない。久しぶりね」

 

部長達は知っているってことはゼオンの眷属の人なんだね。

 

「おう、久しぶりだな。ゼオンに呼ばれてしばらくはこっちに居る事になったからな。そっちの二人が新しい眷属か?」

 

「あっ、はい。リアス・グレモリー様の兵士の兵藤一誠です」

 

「アーシア・アルジェントです」

 

「おう、オレはハムリオ・ムジカ。ムジカで呼んでくれ。ゼオンの兵士で銀術士だ」

 

「「銀術士?」」

 

「見せた方が早いな」

 

そう言うとムジカさんは銀の塊を取り出して、それを粘土の様に伸ばしてみせる。

 

「こんな風に特殊な魔力で銀を好きな様に操る魔術を銀術と言うんだ。それをメインに扱うから銀術士。絶滅危惧種の魔術師だ。オレ以外に使えるのは知っている限りで小物作りがメインの人間のばあさんが一人に、ゼオンが初歩程度で使える位だな。適正を持ってないと死ぬ程難易度が上がるみたいで適正を持っているのも恐ろしく少ない。たぶん、もうオレだけしか戦闘に使えるレベルの銀術を扱える者は居ないだろうな」

 

そのままムジカさんは銀を操って花のブローチを二つ作って私とアーシアに手渡してきた。

 

「ほれ、どうせ夏休みには冥界の方に行くんだろう?めんどうなパーティーなんかにも参加させられるだろうから、そう言った小物も必要になってくる。銀術で作った物は誰が作ったか分かる奴には分かるんだがそれは尚更分かりやすく作ってある。ゼオンの眷属とリアスの眷属であると分かりやすい様にな。冥界で役に立つだろうよ」

 

「「ありがとうございます」」

 

「ゼオンが用意を済ませたみたいだぞ」

 

屋台の方を見てみると、折りたたみ式のテーブルの上にオカ研のメンバー分の料理がちょうど運ばれていた。今日は、なんだろうアレ?

 

「カルツォーネ。簡単に説明するならピザの一種だ。生地を二つ折りにして焼いたり揚げたりする料理だ。揚げたてだから気をつける様に」

 

用意されているナイフとフォークを使って切ってみると中から中からトロトロに溶けたチーズがあふれてくる。食べやすいサイズに切って少し冷ましてから口の中に放り込む。

 

「うぅん、おいしい」

 

デリバリーで頼むピザみたいに生地がふにゃふにゃしておらず、揚げてあるおかげでパリッとしていて、二つ折りにしているのでトマトソースの味がぼやけずに残っている。

 

「オレだ。何かあったか?何、それで行き先は?詳しい事が分かり次第連絡しろ。報酬は振り込んでおく」

 

私達が食べている傍でゼオンが何やら不穏な電話を受け取っていた。そして通話を切ると同時に結界を張る。

 

「やはり面倒ごとが起こったぞ。敵は堕天使とはぐれエクソシスト、それと聖剣エクスカリバーだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、ゼオンはやることがあると告げて駒王を離れ、護衛としてムジカさんがオカ研の部室に詰めている。そして、放課後に彼女達はやってきた。

 

一人は青い髪に緑色のメッシュが入った同年代の女の子で、もう一人は私の幼なじみだった紫藤イリナ。そしてそんな二人の格好は白い外套を纏い、胸には十字架をかけている。やってきた二人は教会の者だった。

 

イリナは私を見て驚き、そしてムジカさんを見てすぐに視線をそらした。ムジカさんも居心地が悪そうにソファーに深く座って視線をそらしている。知り合いなのかな?

 

いきなり空気が悪い状態から始まった会談はとりあえず自己紹介から始まった。

 

「私はカトリック教会所属のゼノヴィア、こちらはプロテスタント教会所属の紫藤イリナだ」

 

「カトリックとプロテスタントが一緒に?それだけ事が大きいと言う事なのね。私がこの地を管理しているリアス・グレモリーよ。それから、私の眷属の姫島朱乃と兵藤一誠、アーシア・アルジェント。残りの二人は私の婚約者のゼオン・ベルの眷属の塔城白音とハムリオ・ムジカよ」

 

「ゼオン・ベル?あの最強の悪魔『雷帝』か!?」

 

「そうよ。今は冥界に戻っているけどゼオンもこの地に滞在しているわ」

 

「むぅ、これは、おい、イリナ、どうする?」

 

「えっ、ごめん、何?」

 

「さっきからどうしたんだ?様子がおかしいにも程があるぞ。何か変な物でも食べたか?」

 

「ごめん、話せない。あと、変な物は食べてない」

 

「だがな、イリ「話せないってんだろうが。察しろ」むっ、ムジカだったか、貴様は知っているのか」

 

「知ってるよ。だが、上の方での話し合いで無かった事になってるんだよ。察しろ」

 

「むぅ、そうか。分かった、この件は放っておこう。それでイリナ、この地に『雷帝』がいるそうだが、どうする?」

 

「それはミカエル様とガブリエル様の指示通り、ちょっとごめんなさい、上からの連絡みたいだから」

 

イリナの携帯が鳴り、気分が悪くなる結界を張ってから電話に出る。遮音結界みたいだね。次に部長の携帯にも通話が入る。

 

「ごめんなさい。向こうが先に済んだら待たせて頂戴」

 

部長も遮音結界を張って電話に出る。これって、ゼオンが何かしたのかな?なんとなくそう思ってしまう。とりあえず副部長が入れた紅茶に手を出す。お茶請けはゼオンが焼いたクッキーだ。昨日屋台から帰る時に渡してくれた物だ。

 

「とりあえずどうぞ」

 

ゼノヴィアさんにも薦めておく。

 

「おっ、美味いな。何処で売ってるんだ?」

 

「……公園の屋台?」

 

「なぜそこで疑問系になるんだ」

 

「正確には貰い物だけど頼めば作ってくれそうだから?」

 

「何の屋台なんだ?」

 

「日替わりで色々と。同じメニューは滅多に見ないよ。値段も安いんだけど、今日はやるか分からないよ」

 

「何故だい?」

 

「屋台の主がゼオンだから」

 

「……最強の悪魔が何をやってるんだい?」

 

「昔は屋台のラーメンで自分と白音ちゃんと黒歌先輩を養ってたんだって。今は趣味が料理だから、それを披露する場として屋台をやってるって言ってたし、今度料理本を人間界で出すんだって」

 

そう話すとゼノヴィアが頭を抱えた。気持ちはよく分かる。だけど、本人は気にしていないからいいじゃん。

 

しばらくすると、イリナと部長が通話を終えて結界を解く。

 

「先に確認するけど、内容は私達と貴方達の協力体制とその詳細かしら?」

 

「ええ、そうです。一応、全員への説明と確認を兼ねたいと思うんですけど」

 

「そうね。皆、聞いて頂戴」

 

そこから部長が長々と説明してきたけど、理解出来たのはこれだけだ。

 

聖剣の奪還、あるいは破壊までの間、駒王内での教会の二人の活動を認める。

教会から送られてきた二人はグレモリー眷属と共に一つのチームに再編されて悪魔側と教会側から一名ずつ送られてくる部隊長の指示に従う。聖剣の奪還、あるいは破壊の方針は部隊長達が決める。

 

他にも色々と細かい事があったけど、大まかな内容はそんな所だ。

 

「そして、送られてくる部隊長なんだけど、悪魔側はゼオンよ」

 

「教会からは最強の悪魔払いのデュリオ殿です」

 

二人の様子から察すると、過剰戦力みたいだ。いや、違う。動かすはずのない戦力を動かしたのかな?イリナ達はさっきまではゼオンの力を頼ろうかと考えていたはずだ。それなのにデュリオって人の名前が出た途端に何かを考えだした。部長も何かを感じ取ったのか考え始める。

 

「ごめんなさい。何処か部屋を貸して貰えないかな?少しゼノヴィアと話を合わせたいから」

 

「構わないわ。そうね、1階の一番奥の部屋を使って頂戴。こちらも少し話をまとめたいから。そうね、30分後にまたこの部屋に来て貰えるかしら?」

 

「分かったわ」

 

イリナ達が部室を出ると同時に部長が結界を張る。

 

「ムジカ、ゼオンから何か聞いていたりする?」

 

「いや、オレはお前達の護衛を任されただけだ。だが、ゼオンが何かをしたのは間違いないな。ゼオンの手は意外と長いからな。何か面倒な事を掴んだ可能性が高い。自分たちをトップにおいてリアス達にやらせるということは成長に繋がると考えてるんだろうな。まあ、あれだ、強化合宿だと思え」

 

「それはそれで不安になって来るんだけど」

 

「ゼオンがいるから最悪にはならねえだろう。オレも居るから……」

 

「ムジカ?」

 

「いや、まさか、そんなはずはないか。だが」

 

「心当たりがあるの?」

 

「偶然だと思いたい。一応、確認した方が良いな」

 

「そう、分かったわ。皆は他に何か気付いた事はあるかしら?」

 

「教会側の部隊長のデュリオって人、ゼオンお兄ちゃんから聞いた事があります。神滅具持ちで広域殲滅ならお兄ちゃん並みだって」

 

「ゼオン並の広域殲滅か。となると、神滅具はゼニス・テンペストだな。天候を自由自在に操れる奴だ。しかもゼオン並ってのは通常状態だろうな。禁手ならどうなることやら」

 

「厄介なの?」

 

「オレやグレイの手には余るな。二人掛かりでもキツいだろう。黒歌と白音も加えてなんとか抑えられるかどうかって所か。教会も本気ってことだな。これは確実に裏がある」

 

「そうね。でも、私達が出来る事はなさそうね」

 

「だな。ゼオンと上層部、たぶん魔王様の誰かが噛んでるはずだからそっちに期待しとこう。それよりもこれからのことを考えて覚悟だけはしっかり持っておくように。持てる札を使いこなせるように特訓もだな」

 

ムジカさんの言葉に私とアーシア以外が落ち込む。

 

「ポーションの在庫、どれだけ残ってる?」

 

「ポーションが8に、ハイポーションが2、それとエーテルが5ですね」

 

「万能薬も3つだけあります」

 

「オレはポーションが3つに虎の子のフェニックスの涙が1つだ」

 

「……さすがに街から離れることはないでしょうからアーシアに全部がかかってるわね。薬類は温存しておきましょう。それからイッセー、アーシア」

 

「「はい?」」

 

「覚悟を決めなさい。特訓を付ける時のゼオンはゼオンじゃないと思いなさい。鬼教官って言葉が生ぬるいと感じるから」

 

「「えっ?」」

 

「特訓中は肉体的にも精神的にも死ぬギリギリまで追い詰められます。その分、バランスをとるかのように休憩中や特訓終了後はものすごく甘やかしてくれます。本当はやりたくないけど、私たちのためにって心を大魔王にして鍛えてくれます。少しでも命の危険を減らすために。この前のゲームとは違った形で」

 

「僕はみんなの中で一番キツイ特訓だったけど、禁手化とまっすぐな一本の芯を与えてもらった。ずれていた歯車を強制的にはめ込んで。文字通り死にかけた。だからこそ見えてくる世界があることに気づいた。ゼオンの特訓はそういうものばかりだ。立ちふさがるであろう壁を強制的に登らされる。だけど一回りも二回りも成長できる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなが言っていたのは本当だった。話し合いを終えた私たちは合流場所であるゼオンの家に向かった。イリナ達の拠点にもなるそうだ。最初に異変を感じたのは白音ちゃんで、その次にムジカさんがシルバーのドクロに手を伸ばした次の瞬間、空からはぐれエクソシストが使っていた光の剣が大量に降ってきた。

 

「伏せろ!!」

 

ムジカさんの叫びと同時に白音ちゃんに押し倒される。アーシアは木場君に、イリナは部長に、ゼノヴィアは朱乃さんに押し倒され、ムジカさんが銀で槍を作ってそれを回転させて弾いていく。

 

「砕けねえとか、どんだけ光力を込めてんだよ」

 

今度は横から飛んできたのを木場君が炎の魔剣で弾き、部長が滅びの魔力で消滅させる。

 

「構えろ!!今のはただの牽制だ!!アーシアを中心にしろ!!」

 

私も立ち上がって赤龍帝の籠手を出して構える。そして、心が折られた。相手は何もしていない。私が相手を視界に入れただけ。立っているのはムジカさんだけで、そのムジカさんも槍を支えにしてやっと立っているだけだ。その相手はどこにでもいるような普通の青年のように見える。だけど、震えが止まらない。いえ、震えているのかどうかもわからない。何も分からない。そして青年が手のひらをこちらに向けて何かをつぶやいて

 

 

 

 

 

「うわあああああああああああああっ!?」

 

飛び起きて、飛び起きて?私は、何をしていた?ここは、どこ?

 

「目が覚めたようだな、イッセー」

 

「……ゼオン?」

 

「ゆっくりと飲め」

 

渡されたカップには白湯が入れられている。言われた通りにゆっくりと飲んでいく。

 

「落ち着いたら、もう一度ゆっくりと眠れ」

 

そう言いながらタオルで私の汗を拭ってベッドに寝かしつけてくれる。だけど、あの青年を思い出して体が震える。今ならわかる。あの青年は圧倒的に強い。恐怖の塊だ。

 

震える私の頭をゼオンがゆっくりと撫でてくれる。

 

「安心しろ。オレがどんな奴からも守ってやる。伊達に雷帝を名乗ってない」

 

それでも体の震えが止まらない私はゼオンの服を掴んでしまった。ゼオンは何も言わずに服を掴んだ指を解して、握ってくれる。

 

「オレは傍に付いているからな」

 

ただそれだけなのに、いつの間にか震えが止まり私の意識は薄れていった。

 

 

side out

 

 

 

 

 

 

side ゼオン

 

 

イッセーが再び眠りについたのを確認してからリビングに戻る。そこにはソファーに深く座ってタバコを吸っているハムリオの姿がある。

 

「すまんな。話の腰を折って」

 

「構わねえよ。あんだけ強力な殺気を浴びたんだ。魘されたって仕方ねぇ。だが、あそこまでやる必要があったのか?わざわざ姿を変えてまで」

 

「オレは、出来ればリアスたちを囲って、オレが全てを片付けたいとすら思っている。だが、それではリアスたちは納得しないだろうし、魅力を殺してしまうとも思っている。だからこそ、取り返しがつく範囲で色々と試練を与えている。あれだけの殺気に晒しておけば大概の相手に怯むことはなくなるだろう」

 

「まあ、白音が耐えられなかった時点でほとんどの奴には怯まないだろうな。それじゃあ、この話はここまででいいよ。本題は別だ」

 

「なんだ?」

 

「オレがここにいるのは、ゼオンの思惑通りなのか?あの、紫藤と一緒にいるのは」

 

「ふむ、やはりそう思ったか。答えはNOだ。リアスたちの護衛を増やすために手が空いていたのがお前で、聖剣が奪われたという情報が入ったところでおそらくは送られてくるだろうとは思っていたがな」

 

「……そうか」

 

「やはり思うところがあるのか?」

 

「……ないとは、言い切れねぇ。少しだけ話を聞いていたからな。最後まで面倒を見切れなかったから伸び悩むだろうなって」

 

「どうするかは好きにすればいい。この事件が終われば表向きは平和が訪れる。三種族での和平会議を上は考えているそうだ」

 

「言って良かったのかよ?」

 

「お前なら言わないほうが良いとぐらい分かるだろう」

 

「へいへい、了解ですよっと」

 

「うむ、ではオレは明日の仕込みに入る。何かあれば呼べ」

 

「おう。ああ、そうだ。久しぶりにゼオンのラーメンが食いてえな」

 

「この件が終わった時の打ち上げに作ってやる。楽しみにしていると良い」

 

「そうさせてもらうよ」

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。