ハイスクールD×D 雷帝への道程   作:ユキアン

2 / 17
入学してもぼっち

 

「兄ちゃん、また来たで。今日は連れも居るさかい」

 

「いつもありがとうございます。どうぞ」

 

長野の山奥に住んでいるのに態々週3位で通ってくれる常連の銀細工師のお客さんとそのお連れにお手拭きとお冷やを人数分お出しして麺をゆで始める。

 

「並、大盛り、特盛り、小盛り、どれにされます?」

 

「大盛り2つに小盛り1つ。あっ、大盛りの片方はトッピングスペシャルな」

 

「まいど」

 

どんぶりにスープを満たし、茹であがった麺を入れてトッピングとして自家製のメンマとチャーシュー、産地で購入して時間が流れていない収納の魔法陣の中から出した海苔、スペシャルには味付け卵と先程のチャーシューとは別の種類のチャーシューを乗せてお客の前に出す。

 

「お待ちどうさまです」

 

「おおっ、今日も美味そうやな。ほな、いただくで」

 

「「いただきます」」

 

旅を始めて早6年、旅を続けながら順調にラーメンの改良を行い、オレは大阪にまでやってきている。さすが関西圏での食の流通を司る街なだけあり、色々な食材を確保する事が出来た。手持ちの資金もそこそこ増えてきている。このまま人間界で暮らしていこうかな。その方がお互い気楽に生きられそうだから。

 

「そうや、兄ちゃん。兄ちゃんはあの噂知っとるか?」

 

「噂ですか?何分この商売をやってると色々と話が集りますから、どの噂ですか?」

 

「又聞きやから実際に見てはないんやけどな、なんやえろうべっぴんさんが燕尾服着て子供を捜しとるらしいねん」

 

「燕尾服を着ている美人?それって髪が赤で三つ編みにしている?」

 

「なんや知っとるんかい。そうや、そのべっぴんさんやけどめちゃくちゃ強くてな、手えだした酔っぱらいとかナンパした男が再起不能にされとるらしいねん。兄ちゃんも気いつけてや。兄ちゃんのラーメンが日々の楽しみやさかい」

 

「そう言って貰えると嬉しいですよ。ですが、今日でこの屋台も店じまいなんです」

 

「なんやて!?なんでやねん」

 

驚いている常連のお客の後ろから噂の燕尾服を着た美人が現れる。

 

「ゼオン様ですね」

 

「ロンか。父上が呼んでいるのだな」

 

その正体は父上の騎士の一人であるロンだ。オレへの連絡係であったはずだ。

 

「はい。急ぎお戻りください」

 

「分かった。明日の朝一番に書斎に顔を出すとだけ伝えておいてくれ」

 

「お早いお戻りを」

 

それだけを言い残してロンは冥界へと戻っていく。

 

「という訳ですよ」

 

「なんや兄ちゃん、ええ所の坊ちゃんやったんかい」

 

「そんなに仲が良い訳じゃないんですけどね。だけど、兄弟もいないからオレが家を継がないといけないんですよ」

 

「面倒なんやな」

 

「ええ、面倒ですけど家を絶やすわけにはいかないんでね。てなわけで、今日は全部オレのおごりです。好きなだけ飲み食いしていって下さい」

 

その日の内に抱えている在庫を全て処分し、更には何処からか持ち込まれた酒を飲みながら朝まで宴会を続けた。

 

 

 

 

 

 

「学園ですか。そう言えばそんな年齢でしたね」

 

宴会を終えてから冥界に戻ったオレに伝えられたのは上級悪魔の子供(とは言ってもそこそこ成長した大人の一歩前位の)が通うことになる学園に入学することになったということだ。上級悪魔の子供はこの学園で他の家との付き合い方を学んでいくのだ。普通の勉強に関しては家庭教師に教えられているのが普通なので、付き合い方の方に力を入れるのが基本だ。

 

「入学自体は2週間程先だが準備を考えるならギリギリと言った所だろう。それから領地の一部をお前に任せる。屋敷の方は用意してあるし、代官として使える者も用意してある。詳細は資料にまとめてある」

 

渡された資料に簡単に目を通す。

 

「話は以上だ。家の名を穢す様な真似だけはするな」

 

「分かりました。失礼します」

 

書斎から退出して、早速用意された屋敷へと向かう。さすがに人間界の屋敷の様に管理されていないと言う事は無かったが、中々に年期の入った屋敷だった。ここに来るまでに領地の詳細なども調べておいたが、これと言った物は何も無く、用意された人員もこれと言った人材は一人も居なかった。これなら失敗する事は無いだろう。成功する事もほとんど無いけどな。

 

「一人でも良いからそこそこ優秀で信用出来る奴が欲しいな」

 

まあほとんど知られていないオレの元に来てくれる者など一人も居ないがな。

 

「とりあえずは現状維持のままで良いだろう。目に余る様な奴がいるなら取り除いて領民から新しく雇えば良いか」

 

資料に目を通しながら屋敷を出てマントで空を飛ぶ。久しぶりに冥界に戻ってきたけどあまり変わってないな。相変わらず娯楽の類が極端に少ない。娯楽に関しては人間界が一番発達しているとは言え、もう少し頑張って欲しいな。

 

 

 

 

 

 

冥界に戻ってから一ヶ月が過ぎた。学園に入学するまでは与えられた領地の様子を見て回ったり、部下の様子を確認していた。資料通り可もなく不可もない人材だったが、領地を維持するにはちょうど良い人材だったので安心している。おかげで身体と魔力を鍛え直すのに十分な時間が取れたからな。

 

そして、いざ学園に入学したのだが最初の一週間で通う意味を見いだせず、残りの一週間で恐怖の代名詞になってしまった為に図書館の蔵書を漁る毎日になっている。

 

行われる授業は既に家庭教師に習っている様な事だけで(後に判明したのだが父上が嫌がらせで先に習わせていたようだ)受ける意味がなく、派閥的な物は学園に入学前から家の繋がりで作っているのが普通らしくオレはボッチになっている。ボッチなのは別に構わないのだがそれが脅えられてボッチになるのは頂けない。

 

あれは、レーティングゲーム関連の授業の事だ。学園を卒業後にオレ達は上級悪魔になるのだが、その際に配られる悪魔の駒を使って小数精鋭の自分の軍を作る事になる。そしてその軍で行う模擬戦がレーティングゲームだ。実際のレーティングゲームは行えないが、学園では色々と結界を張る事で擬似的に体験は出来るらしく実際にクラス全員で男子は男子で、女子は女子でバトルロイヤルを行う事になり、挨拶とばかりのザケル1発で勝負が付いてしまったのだ。強制転移の結界も砕いて。

 

まあ教師が全力でやっていいと言っていて、周りの皆も全力らしき物を出している中で最低威力の魔法しか使っていないので大丈夫だろうと思っていたのだがそんな事は無かった。医務室においてある薬だけでは足りず、このままでは死人が出そうだと言うのが雰囲気で分かったので、有り余っている魔力と魔法のファジー機能に任せたシン・サイフォジオもどきを使って全員を治療してみせたことから教師を含めた学園の全員から化け物扱いされることになった。教師からは授業にも出なくていいとまで言われてしまった。

 

とりあえず、学園の書庫を漁り終えたらまた人間界に行くか。一応、知識に問題が無いかテストだけは作って貰っておこう。それ位はしておかないと将来が面倒になるかもしれないからな。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。