五等分のGGO   作:夢の狩人

1 / 2
五つ子ちゃんがGGOに入ります。
出てくるのはまだほぼオリ主だけなんですけど。
銃の名前とか分かんないので詳しくは記載してません。



episode 1

???「へー!最近のゲームってこんなのあるんだー!」

???「…面白そう」

???「お姉さんにはちょっと難しいかなー?」

???「まぁ…暇つぶしにはなりそうね」

???「銃を撃つゲームなんて良くないです!」

 

 

 

 

…こうして五つ子のGGOが始まる。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「…なかなか現れねぇな」

そんな独り言と共にため息を吐く。

ここに来てもうそろ一時間なんだが…。

俺ことプレイヤーネーム「ハザマ」はガンゲイル・オンラインという

ゲームの中でターゲットを待っていた。

 

ガンゲイル・オンライン通称GGOはVRゲームの一つで、五感全部に

ゲームハード「アミュスフィア」がアクセスし、脳に直接情報を与えることで仮想世界に入り込めるというシステムを使ったゲームだ。

…説明しといてなんだがよく分からん。wikiでも覗いてくれ。(メタい)

ゲーム内容的には銃でモンスター、時にはプレイヤーと戦い、ゲーム内マネーや経験値を貯め、装備または己を強くしていく…みたいなやつだ。

一応剣もあるのだが。

 

まぁそんな感じのGGO。いろんなステージがあるのだが俺がいるのは

砂漠といっても過言ではない荒野。ほぼ砂やんここ。

なにをしているのかと聞かれたら、良く言えば人を待っている。

悪く言えばこれからPKする相手を待っている。

PKといってもペナルティキックではなくプレイヤーキル。

普通にプレイヤーをゲーム内で殺すだけだ。恨みがあるわけでもないが

「仕事」だからな。「ゼクシード」というプレイヤーを殺してほしいと

「依頼」が入った。しかもかなりの高額で。この暗殺者みたいな仕事で

生活を楽にしている俺としてはぜひ達成したい依頼だ。(GGOにはゲームコイン現実還元システムというものがあり、ゲーム内コインを現実の電子マネーに変換できるのだ!)

なんでも依頼者は「ゼクシード」とやらに嘘をつかれて弱体化しただのなんだのと言ってる。俺からしたらステータスなんぞどうでもいいがな。

んで「ゼクシード」を相当恨んでるらしく、3回も殺してくれと頼まれた。今日がその3回目でやっと解放されるのだが、なかなか来ない。

前2回はモンスター狩りの帰りに他プレイヤーと戦闘中にヘッドショットさせてもらったが、流石に2回も同じことがあれば警戒して場所を変えるか?

せっかくモンスター狩り帰りを狙ってたスコードロン(パーティのこと)

も先に倒しておいたのに…。なんか水色の髪した女スナイパーがいて手間取ったし。

 

…と思っていたところで荒野の向こうから人影。

モンスター狩りが長引いたらしい。すぐさま双眼鏡で確認。

「ゼクシード」だ。…なんか視界の端を今ピンク色の何かが…。

それにしても「ゼクシード」のスコードロンにバカでけぇプレイヤーが増えてる…!  

…ただの荷物持ちだったわ。

フード付きマントになんか膨らんだ背中。

多分バックパックだろうけど。

まぁいいや。

今日も「ゼクシード」ヘッショして帰ろ…ってスコープに太陽光が反射!!

 

ゼクシード「なんだ!?」

流石に見逃してくれねぇか。こうなったら近距離で、そう思い丘を降りようとしたところ、フード付きマント野郎が叫ぶ。

 

フード野郎「スナイパーライフルのスコープを光らせるなんて初心者が!ここで殺してやる!」

 

返す言葉もないです…。

てかあのフード野郎、トッププレイヤーの一人の

「ベヒモス」さんじゃないですかやだー。

 

「ベヒモス」のお手手には彼愛用の「ミニミ」

なんかバックパックにレールが合体してて弾を連射しできるマシンガンみたいなロマン武器だ。(弱いとは言ってない)…あんなもん背負ってるから歩くのおせーんだよ、と走りながら思う。

射程距離が足りなかったのか、ノロノロ進む「ベヒモス」

残念ながらそこには地雷あんだよなぁ。

 

ベヒモス「ぬわぁぁあ!」

 

周りも見ずに真っ直ぐ歩くなんて初心者が!もう○してやったわ!

可哀想な悲鳴と共に彼の足元が爆発する。合掌。

邪魔者もいなくなったし、爆風で舞い上がった砂と煙を突き抜けるようにして、走る速度を上げる。

 

目の前にはターゲットの驚き顔。これでお前の顔ともおさらばだ。

腰から抜いたサバイバルナイフを逆手に持ち、ターゲットの首に一閃。

よく切れるなこのナイフ…。絶命したゼクシードの死体を蹴り飛ばし、

こちらにSMGを向けた男に接近。相手の前でしゃがみ足払い。倒れてきたところにナイフを用意すれば、簡単に眼球に刺さる。そのまま脳まで届き絶命。ナイフを抜くのは面倒なので、残りのスナパ使いに接近。

そのまま首に向かって横から蹴りを放つ。

 

スナパ使い「くそったれ!」

 

悪態をつきながらスナイパーライフルを盾にする。…やるじゃんコイツ。

なかなか自分の武器を盾にできるやつは少ない。よっぽどの金持ちか

…強者だけだ。

…だが、チャキン、という簡素な音と共に俺のブーツのかかとから

ナイフが伸びる。いわゆる仕込みナイフってやつ。

そのままナイフはスナイパーライフルの先端をへし折り(スナパが木製だったのも幸いして)相手の首を裂く。

 

「割と疲れたな」

またしても独り言を吐き、サバイバルナイフを拾うと俺は帰路につく。

ネオンが光り輝くあの街を目指して。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

四葉「すごく体が軽い!」

三玖「…はしゃぐと危ない」

一花「皆向こうとそっくりだね」

二乃「てかあたし達同じ顔じゃん」

五月「なんだか怖いです」

四葉「まずは練習しようー!」

4人「「なにを?」」

四葉「…分かんない!」

 

 

 




見てくださりありがとうございます。

GGOとしての設定などが間違っていればぜひ教えてください。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。