『旧題』 バイオハザード~インクリボンがゴミと化した世界~   作:エネボル

1 / 9
00 『断片』 プロローグ

 ジョー・ナガトの手記 ???

 

 《速記文字による》

 

 ――――死ぬ前に一度、酒の味を知っておきたいと思った。

 

 友人が店の棚に隠していたボトルの内、一本拝借してみる事にする。

 そして試した結果、俺にはとてもコレが世間で称賛されるような、『美味い』という味の見本だとは到底共感が出来そうになかった。

 まぁ、“酔う”という感覚自体はそう悪くないとは思う。

 嗜みとしてこれからも愛飲をしていくのならば、正直俺は先に試した紙巻の方が遥かに良いなと思った。

 

 

==========

 

 

 微睡みながら時間を潰していると、ふと忘れていた古い過去の情景が、思わず脳裏を過る。

 例えば俺がこの街に引っ越した日の出来事だ。

 不思議な事に俺はその日、初めて訪れた筈のこの“ラクーンシティ”という街に対して、妙に強い忌避と不安を感じた。そしてそれが原因で俺はその日、暴れるように激しく泣き叫んだ事があったという。

 これはお袋の命日になると親父が酒を片手に泣き語る我が家の思い出の一つで、ふと今になってその話を思い出した。

 

 俺は今更ながらにその出来事が、今回の状況を示唆してのけた一種の“虫の知らせ”のようだと思った。

 とはいえ本当に『予兆』であったとして、一体当時の俺に何が出来たのかって話になるが……。

 まぁ、それはいい。

 

 知っての通り、このラクーンシティは現在、無数の亡者(ゾンビ)によって包囲がされている。冗談のような話だが、残念ながらこれは“真実”だ。

 俺は今、腹を空かせて至る所で呻き声を上げる怪物――『歩く死体』(ウォーキングデッド)なんていうオカルトが文字通り跋扈する地獄の中に置かれている。

 ――――まったく笑えるだろう?

 そして先の『予兆』云々についての話についての感想をもう一度を綴るが、俺に一体どうしろと言うんだか……。

 この状況を意図してのけた神様を正直、呪った。

 いや、この場合は『泣けるぜ……』って言った方がそれっぽいのかもな。

 

 まぁ、それもどうでもいい事か……。

 

 

==========

 

 

 この街に蔓延る動く死体の事を気づけば誰もが『感染者』と呼んでいた。

 奴らには文化どころか、昼と夜の区別さえもない。

 ひたすらに餌を求めてグルグルと無軌道に這い回り、白痴のように呻き散らすばかりだ。

 故にその姿はまさしく『不気味だ……』としか、形容する事ができない。

 

 ――――とはいえ今となっては、そんな奴らに対する怖さも相当、薄くなった。今となっては寧ろ、目障りで、不愉快で、心底ウンザリ(・・・・)――、そんな気持ちの方が先んじるくらいだ。

 正直に言えば、『まともに相手してやる事、それ自体に飽いた――』それが今の偽らざる本音だ……。

 真面目な話、俺もそろそろ他の連中に倣って、この辺でゲームセットする事を本気で考えるようになった。

 最初の頃はこのクソみたいな世界でも生きてやろうと思っていたが、しかし色々な事があった。その上でこの世界で生き続けても、この先、あまり良い未来に巡り会えそうにない……。そんな考えが頭に張り付くようになったからだ。

 

 加えて、俺の記憶(・・)が正しければ、遠からずこの街はソドムよろしく地図から消える。

 天使の放った核の炎で、文字通りの“滅菌”――『バイオ・ハザード』でおなじみのエンディングって奴が訪れる。

 

 そんな派手な結末が迫る予感には正直、参っている。

 この場所で素直に終わりを迎えておくのも一興だ、そう思う自分を否定できないからだ。

 

 もしも俺に次の『生まれ変わり』なんてモノがあるなら、その時はもう少し平和な世界であって欲しい。最低でも“ゾンビ”なんて類の化け物が街を闊歩しない世界。そんな平和な土地に生まれる事を、強く神に希望したい。

 ――――とはいえ、これまでの間に俺は、その神の無力さをクソほどに思い知った。そんな俺が今更、『神頼み』なんて……。

 

 あぁ、クソったれ。

 思い出したら腹が立ってきたぜ。忌々しい……!

 

 

《ページが破れている》

 

 

==========

 

 

 屋外の騒音の所為で、ふと目が覚めた。

 それにしてもこんな状況でうたた寝をするなんて、我ながら随分と図太くなったもんだぜ。

 それともこれがアルコールの魔力って奴か?

 まぁ、それよりも問題は、先程から外で派手に銃をぶっ放してやがる馬鹿野郎の頃だ。

 

 発砲音からして得物はハンドガンだろう。ただしロングマガジンでも使ってやがるのか、何処か発砲のリズムが変だ。心なしか連射の回数も多い気がする。

 まぁ、威勢が良いのは大変結構だが、そうして気張った結果、いざ自決をするってタイミングで弾を切らしそうな予感がする。

 

 最低でも一発は死ぬまで握っておけ――とは、もはやこの街の格言だ。

 

 例え相手がよそ者(・・・)だろうと、俺はこの街の生き残り。希少なラクーンの市民として、せめて一度くらいはそんな忠告を送ってやろうか?

 まぁ、向こうはそんなの聞いちゃいないだろうが。

 

 それにしてもこの期に及んで未だに暴れようって考える馬鹿は、一体どこの誰だ? 元気が余ってるのは良いが、そのノリで騒ぎを此処まで牽引(トレイン)されると面倒だ。

 

 まったく、仕方ねぇ……。

 

 死ぬ前に一度、その馬鹿の(つら)を拝んでやろう。

 

 

《ページが途切れている》


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。