がっこうぐらし! めぐねえ同僚全員生存ルート   作:KEI@404

1 / 12
正真正銘の初投稿です!



part1 キャラメイク~屋上避難

 高校教師になりこの世界を生き延びつつめぐねえを愛でるゲームがはーじまるよー!

 今回は(RTAでは)ないです。初投稿だからね仕方ないね(レ)

  本当はRTAをしたかったのですがあまりにもプレイングがへたっぴ...だったので通常プレイでやってイキますよ~

 

 

 プレイ目標はタイトルにもある通り、めぐねえの生存及び、好感度を一定値以上にした後に特殊イベントのクリア&学園生活部と救出可能キャラの生存です。まぁ要は、めぐねえの好感度を一番高くしておけばいいってことなのでそんな難しくないし、大丈夫だって安心しろよ~(GO)

 

 では早速ゲームスタート! そしてキャラメイクにイクゾー!

 特にキャラにこだわりはないので教師キャラが出るまでランダム連打や!

 

 おっと、ついに教師キャラである「沙上(さじょう)あやめ」が出現しましたねぇ!

 

 

 このキャラは理科の教師キャラです。白衣とスレンダーな体型がマッチしてていいねぇ!初期スキルは〈作製〉と〈ロジカル思考〉そして〈教導〉がついています!これがなかなか使いやすくまとまったスキルなんです。

 

〈作製〉スキルはアイテム同士を組み合わせて新たなアイテムを作れるスキルです。このスキルがあれば拾うしか入手方法のないアイテムを下位の素材だけで作れます。 プレイングがガバなので保険としての緊急回避系のアイテムが必要です。よってこのスキルは重宝するんだよなぁ...

 

〈ロジカル思考〉は道具の作成時に必要なアイテムの個数減少やスキル取得時の必要ポイントも減少したりとなかなか強スキルなんです。 これだけ聞くとかなり有用なスキルじゃん、と思われそうではありますが、デメリットもありますあります(食い気味) 

 このスキルは問題解決や生産性の向上という反面、他人との摩擦が生じ好感度が上がりにくくなるので不和フラグが立ちやすくなってしまうんです。

 あのさぁ...周りがこんな状況なのに内部で揉めあうのは、死亡or壊滅フラグってそれ一番言われているから(武闘派)

 

〈教導〉は教師専用のスキルで巡ヶ丘学院高校所属のキャラクターに対して、好感度上昇、正気度減少抑制、ステータスアップといった内容のスキルです。

 デメリットスキルを打ち消せるため先ほど説明した〈ロジカル思考〉の好感度の上昇阻止がされなくなりただの有用スキルとして使えます。いいゾ~コレ

 

 このゲームではりーさんやめぐねえの正気度が0になり発狂し、感染ルートでの主人公を『かれら』と誤認して突き落としたり、バリケードの外にいったまま帰ってこなかったりetc.と正気度が低いとロクなことにならないので多少とはいえ調整できるのはありがてぇ...感謝...っ!

 と、このように取得スキルが噛み合っており、攻略には向いてるんじゃないですかね(適当)

 

 

 続いては技能ポイントの振り分けです。直感以外にバランスよく適当にやって終わりでいいんじゃない?(棒読み) べっ、別に編集がメンドくさいとかそんなんじゃないんだからね、カン違いしないでよね!

 

 オープニングはもう皆さま飽きるくらい見てると思うのでキャンセルします。オープニング見たことないニキは某動画サイトで見てきて、どうぞ。

 

 

 ランダムな位置からスタートで一定時間経過するとアウトブレイクイベントが開始されるので散歩でもしましょうか。というか教師なのにこんなところで油売ってていいんですかね...

 

 今回は3階の物理実験室からのスタートのようです。ゲーム版のめぐねえはアニメ版と違ってランダムな場所におり、運が悪いと校庭や1階にいることもあるので、その場合、めぐねえの救助は絶望的なので屋上にいることを祈りましょう。

RTAではないけど安全に越したことはないからね。安全第一ヨシ!(現場猫)

 

 早速めぐねえがどこにいるのかを確認しに廊下へダーッシュ!まずうちさぁ・・・屋上・・・あるんだけど、見てかない?ここにめぐねえがいれば一番楽なんだけどなぁ...     

 今回はいないみたいですね...ママエヤロ、そのまま3階に降りて職員室でも覗きにいきますか。

 と思っていたらめぐねぇ発見!どうやら音楽室にいたようです。 何聴いているの?モーツァルト?(無知) とりあえずセーブをしましょう。セーブ中も時間経過するのでぞんぞんパニック中に悠長にセーブしてはいけない(戒め)まぁでも、セーブ以外だと止まるんだよね、不思議だね。

 

 

 セーブが終わって少し経つとムービーイベント開始です。

 

 

 ムービーが終わったので『かれら』がぞろぞろと迫ってきます。ムービーイベント終了後は廊下にボールペンやドライバー等の様々なアイテムが落ちているので拾っておきましょう。

 めぐねえの近くに『かれら』が1体いたのでひるませて逃げます。向かう先は屋上です。あそこが現在地から最短だからダッシュで向かうぞオラァ!

 

 なんと!物理実験室にバールがありました。逃げてる最中ではありますが拾っておきましょう。バールは火力が低いため、今のあやめ先生のステータスだと『かれら』を一撃で倒すことはできませんが、モーションが短いうえに確定でひるむので持っておいて損はしないです。やったぜ。

 

 とはいえ『かれら』を倒すと好感度が下がってしまうので程々にしておきましょう。めぐねえエンドを目指すのに好感度が低いのはきついっす...まあでも、そんなそんなピンチになることも少ないと思いますし何とかなりそう。(小並感)

 

 めぐねえを介護しつつひとまず階段まで抜けました。あとは階段を上って屋上に行くだけだぁ...っておぶぇ!?階段上から『かれら』が落ちてきやがったぁ! ファッ!?しかもまだ動いとるやんけ!!アカンこれじゃめぐねえがしぬぅ!マモレナカッタになってしまう!めぐねえルートなのに! と、とにかく、落ちてきた『かれら』をどげんかせんといかん...あっそうだ!(天啓)さっき拾ったドライバーに持ち替えて『かれら』の急所にシュゥゥゥーッ!超エキサイティン!!とにかく食らえ!

 

 やったか!?...やったみたいですね あぶなかったぁ...車の下とか曲がり角、ごく稀にあるらしいロッカーの中ならまだわかるんですけど、上ってなんだよ!上って!!!危なくめぐねえが「エリック!上だ!」になるところでしたよ。この縦範囲も視野に入れろと言わんばかりの奇襲でしたよ!ええ!このゲーム制作陣作りこみすごすぎて感心するよ!!これだけ作り込んでれば発売から何年も経ってるのに大量のルート発掘されるわなぁ!でも、奇襲は勘弁な!

 

 

 これで『かれら』をめぐねえの目の前で倒してしまったので正気度と好感度が低下してしまいました。〈教導〉スキルの効果は教師にもある程度の効果があります。しかし、アウトブレイクイベントでの正気度減少と好感度低下は大きいとされている(WIKI調べ)ので不安は残りますね...このバージョンだと好感度や親愛度はマスクデータとなっていて確認できないのも心臓に悪いなぁ。今後のプレイで少しめぐねえの好感度を上げることを意識しないといけないですね...

 

 失礼、混乱してしまいました。あーびっくりした。

 まぁでも、あやめ先生もねぐねえも無事ですし、レベルも上がったので良しとします。階段付近の『かれら』も片付いているので、追いつかれる前にねぐねえを連れて屋上へ向かいましょう。

 

 

 屋上の扉は空いているので突撃ィ!します。しないと『かれら』に追いつかれちゃうからね、しょうがないね。 屋上に入ったらさっさと扉を閉めます、戸締りヨシ!(現場猫)あとは扉をおさえて『かれら』の侵入を防ぎましょう。

 

 はい、『かれら』の音がだんだん遠ざかっていきます。無事防げました。 序盤で侵入を許しちゃうとスキルも少なくステータスや装備もろもろで対処が大変なんだよ...

 屋上にはメインキャラである、ゆきちゃんこと丈槍由紀、りーさんこと若狭悠里がいます。この二人は基本屋上にいるので無事なんですね。 とはいえ、こんなことが起きており、現状では何の戦力にもなりません。そりゃだって、急に校庭で人が食われてる様を見てるし、そのうえ、返り血がついてる先生が血相変えて飛び込んできてるんだからね。パニックにもなるし仕方ないね。

 

 「誰か!!開けて!!」

 

 我らがエース、くるみこと恵飛須沢胡桃が先輩(戦士のスタチュー)を持って屋上に来ました。扉を開けて避難させます。くるみが入ってきたらすぐ閉めないと『かれら』が屋上に侵入してしまうので、すぐ閉めて近くにある園芸部のロッカーで扉を封鎖しその上から押さえましょう。これでひとまずは大丈夫です。

扉を封鎖しているうちに先輩(覚醒素材)が『かれら』になってしまい、くるみがそれを手にかけるイベントが入ります、主人公が介錯することも可能なのですが、それをすると、くるみの覚醒がとてつもなく大変かつ、ストーリー後半になりゲーム難易度があがるためそのまま見ています。(教師の屑)

 

 「…ばかだなぁ...なんでお前が泣くんだよ...」というくるみのセリフとともにみんなが泣き崩れるというイベントが終わり自由行動が可能になります。

 

 

 早速ですが、先ほどレベルアップ時のポイントでスキルを取得しましょう。今回取得するのは定番スキルの〈暗殺〉レベル1です。このスキルは敵に見つかっていないor発見後60フレーム以内で攻撃すると1体確定で倒せます。あやめ先生は現状、一撃で『かれら』を倒すことは不可能なので積極的に使っていきます。

 どうでもいいけど、このゲーム暗殺とか特殊スキルのモーションめちゃめちゃに凝ってて面白いんだよなぁ...やたらスタイリッシュだったり、武器や『かれら』の違いでモーションが全く異なるのでプレイして見て(投げやり)

 

 スキル取得もセーブも終わったので、正気度管理も兼ねてみんなと話をしておきます。特に、めぐねえの好感度を上げるためにも話かけたいのですが、目の前で『かれら』を倒してしまい、正気度の一時的な低下により、気を失っているので今日の会話は不可能ですね。これもダイビングしてきた奴のせいなんだ!!一通りほかのみんなと会話したら休息をとりましょう。

 

 

 ■今回はここまでです。ご視聴ありがとナス!

 

 

____________________________________________

 

 

 佐倉慈は、私は彼女(沙上あやめ)と逆の性格、それが私の持つ彼女への印象だ。

 職員会議に遅刻したり、校内で隠れてタバコを吸ってたりと、自由でマイペースな人だ。とはいえ、完全に悪い人というわけでもなく、生徒から慕われていたり、私が生徒との距離感について教頭に長々と説教を受けていた時は、自然と会話に入り話を逸らしてくれたこともあった。

 そのお礼を言いに行ったときに、彼女も1年前私と同じ内容で教頭から説教をされたことを語ってくれたりした。とはいえ、普段の行動が好ましくないので、教頭に説教を受けるのはもっぱら彼女なのだが。

 

 そんなことをサラッとまるで楽しかった出来事を語るように話せる辺りなどがそう思った理由なのかもしれない。

 私がそんな彼女に持つ印象は「1つ年上のやんちゃな人」といったものだ。

 とはいえ、担当してる教科も違ったりと、接点が少なくあまり関わることはないだろうと思っていたのだ、あの時までは。

 

 ───ふと携帯が鳴り、スピーカーの向こうから悲鳴や何かが落ちるような音が聞こえてきた。何事か、と音楽室の廊下に出ると目の前に立ち塞がる『なにか』を沙上先生が突き飛ばしていた。──

 

 

 彼女は無言で私の手を取り、それに引かれるがままに付いていく。が、階段から落ちてきた何かが、ドンと派手な音を伴い私と沙上先生の間に落ちる。 落ちてきた『なにか』は立ち上がりうめき声をあげながら私のほうに手を伸ばし向かってくる。

 

 …ああ、私は死ぬのか、そう思った。しかし、そうはならなかった。

 沙上先生が『なにか』にドライバーを突き刺し、その場にたたき伏せた。ソレは倒れたまま二度と起き上がることはなかった。

 

 「生きてます?佐倉先生、無事でよかった」

 

 彼女が私に向かってそう言った。

 反対の手に付いている赤黒い何かを見て私は、彼女への恐ろしさと、そしてなにより私の手を引く彼女の背中に頼もしさを感じた。

 

 

 ──とにかく私は助かったようだ、何が起こっているかはわからないが、何か良くないことが起こっているのは理解できた。そして、私たちの他に屋上に避難している生徒が3人いたことまで認識し、私は意識を手放した。

 

 

 

 

                                                               

 

 




次も失踪しなければがんばって書きます。
誤字脱字誤用ありましたらバンバンおしえて♡

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。