偽聖女クソオブザイヤー   作:わからないマン

67 / 88
第六十七話 千年の再会

 アルフレアの封印を解き……というよりぶっ壊した俺はまず、アルフレアの恰好をどうするかを考えなくてはいけなかった。

 土魔法を使えば鎧は作れる。

 だが素肌の上から鎧は普通に肌に悪いだろうし、かといって布は作れそうにない。

 とりあえず毎度お馴染み光魔法で服を着ているように見せかける事にした。

 名付けて『馬鹿にも見える服』だ。

 ただしあくまで服を着ているように見せているだけなので、実際は全裸のままである。

 突然現れた服にアルフレアはしきりに感心しつつ、触れない事を不思議がっている。

 後は風邪も引かないように火と風の魔法で温風を纏わせておこうか。

 

 アルフレアを連れて戻ると、まず最初に門番をしていた鎧が服を着ている(ように見える)アルフレアにショックを受けたように崩れ落ちた。

 やっぱこいつ、アルフレアの裸目当てでこの世にしがみついてたんじゃ……。

 崩れた鎧を前にレイラは、目を閉じて黙祷を捧げている。

 

「きっと役目を果たして、眠りに就いたのだろう。

死して尚主を守る……まさに騎士の中の騎士と呼ぶに相応しい方であった」

 

 いや、レイラ。多分そいつ最低の騎士だぞ。

 と言ってやりたいが夢を壊すのも悪いので黙っておいた。

 それから全員の視線がアルフレアに集中し、アルフレアはドヤ顔をした。

 

「エルリーゼ様、そちらのお方はもしや」

「はい、初代聖女アルフレア様です。

魔女によってここに千年間封じ込められていたようです」

 

 勿論、彼女の名を知らない者などはここにいない。

 何せ彼女こそが聖女の始まりだ。

 彼女がいなければ魔法騎士学園はなかっただろうし、今ここにいるメンバーが集まる事もなかっただろう。

 その偉大な祖が目の前にいる、となれば驚かないわけがない。

 アルフレアは静かに微笑み、胸の前に手を当てる。

 お、何か聖女っぽい。

 

「初めまして、千年後の勇士達よ。

私はアルフレア……最初に聖女として、世界に使命を与えられた者です。

魔女によって千年ここに封じられていましたが、エルリーゼの助力を得て戒めを解く事が出来ました」

 

 何かさりげなく、俺が封印を破ったんじゃなくて俺の協力を得て自力で破ったみたいな言い方してやがる……。

 まあいいけどさ。多分初顔見せだし、格好つけたいんだろう。

 だがあのぽんこつぶりを見るに、一体いつまでメッキが持続する事やら。

 

「アルフレア様が魔女によって封印されていた……?

そ、それは一体どういう事なのですか?

それに貴女は何故魔女になっていないのですか?」

「全てお話しいたします……私と、そして母から始まった悲劇の連鎖……そして、それを終わらせる方法も。

何故私が魔女になっていないのか……それは、運命の悪戯と呼ぶほかありません。

偶然……必然……そして、それを曲げる程の愛憎……そうしたものが複雑に絡み合い……」

 

 なーにを勿体ぶってんだか。

 別にそう複雑でも何でもなく、魔女の死んだフリに騙されて不意打ちでやられただけだろうに……。

 

「何を勿体ぶってんだい。イヴの死んだフリに騙されて、酒飲んで浮かれてた所を奇襲されてみっともなく封印されただけだろう」

「ちょ!?」

 

 とか思っていたら、亀があっさり俺が思っていたのと同じ事を言ってしまった。

 アルフレアもまさかの辛辣な感想に驚きを隠せないでいる。

 気のせいか、亀の態度はアルフレアに対して刺々しい。

 それにしてもアルフレアの母親はイヴというのか。

 初代魔女の名前なんて公式資料集にもなかったから新鮮だ。

 

「何でお酒を飲んでた事を知って……!

…………あ」

 

 あっという間に剥がれ落ちたメッキに、ベルネル達はぽかんとしていた。

 慌ててアルフレアは微笑を張りつけ、何事もなかったかのように振舞うが笑みが引きつるのを隠せていない。

 メッキの貼り方が雑だなあ……。

 まあ彼女はメッキが剥がれても聖女のままだ。

 そもそも演じる必要など最初からない。

 中身がクソの俺は金メッキを何重にも貼り付けて演じなければならないが、最初から黄金ならばメッキなど不要なのだ。

 それ故に、俺と違って演じる事に全く慣れていないのだろう。

 

「ゆ、勇士達よ、騙されてはなりません。

この初代聖女、聖女オブ聖女のアルフレアが浮かれて酒を飲んで、べろんべろんに酔っぱらって、新しい酒を買おうと黙って仲間の剣を売りに行く途中で隙を突かれて何も出来ずに封印されたなどと、そのような事があろうはずがございません」

 

 ……か、語るに落ちてやがる。

 誰もそこまで言ってねえ。

 レイラは夢を壊されたような顔で、助けを求めるように俺を見ているが俺は無言で首を縦に振った。

 信じがたいだろうが、それが初代聖女だ。

 現実を見ろ、スットコ。

 

「大体何なのよ、貴方は! 亀のくせにまるで私の事を知ってるみたいに!」

「お前さんはどうやら、自分が酔った勢いでドブに投げ捨てたペットの事も覚えてないようだねえ」

 

 怒るアルフレアに、亀が冷たい口調で言う。

 どうやら亀が刺々しいのは、知り合いだったからのようだ。

 しかしドブに捨てたってお前……。

 

「ま、まさかプロフェータ……!?

だ、だってだって! 大きくなりすぎて置き場がなかったんだもん!

近所の人からも『あの亀怖いから何とかして』って怒られたんだもん!」

「黙らっしゃい! それにしたってやり方ってもんがあるんだろう!

よりにもよってドブなんかに捨ててくれて! 私があの後どれだけ苦労したと思ってるんだい!」

 

 でかくなった亀を捨てるのは普通に迷惑行為なので絶対やってはいけない。

 とはいえ、ここは異世界だ。

 その辺のモラルは緩いのだろう。

 しかし、ベルネル達がアルフレアに向ける視線は何となく呆れたものになっていた。

 

「何よ何よー! そんな馬鹿みたいにでっかくなっちゃって!

それに貴方、私が封印されてから一度も来てくれなかったし!

昔は仲よくしてあげたのに、この恩知らず!」

「お前さんの言う恩っていうのは、敵の攻撃を防ぐための盾として使う事を言うのかい!?」

 

 亀とギャーギャー言い争いをするアルフレアの姿に、ベルネル達は最早この世の終わりのような顔をしている。

 先程も言ったように初代聖女アルフレアは学園の名前にもなっている存在で、偉大な始祖だとずっと思われてきた。

 ベルネル達も想像の中で、聖女らしい聖女を想像していたはずだ。

 それが蓋を開けてみればこのぽんこつである。

 目を疑う気持ちは分からないでもない。

 

「あの……エルリーゼ様……。

あの人はアルフレア様じゃなくて……その、名前が同じだけの別人なのではないでしょうか?

いえ、エルリーゼ様がそんな間違いをするわけがないとは思っているのですけど、ただ、あまりにも……」

「お嬢ちゃん。認めたくない気持ちは分かるが諦めな。こいつは本物の初代聖女アルフレアだ。私が保証するよ」

 

 アイナが信じたくないかのように言うが、亀がそんな淡い希望を打ち砕くように話す。

 するとアイナ達はますます絶望したような顔になった。

 何せ千年間も生き続けてきた生き証人(証亀?)の言葉だ。

 信じないわけにはいかない。

 

「まあ、夢を壊すようで悪いが聖女って言ってもこんなもんだよ。

別に人間以外の特別な生物ってわけじゃない。

奇跡の具現でもなけりゃ理想の体現でもない。

ただ、魔女を倒す力を世界に押し付けられただけで、それ以外は普通の人間なんだ」

 

 亀は溜息交じりに話し、そして俺とエテルナへ視線を向けた。

 

「過去に私は色々な聖女を見てきたが、むしろ聖女らしい聖女の方が少なかったくらいだよ。

使命を恐れて逃げ出した子もいたし、戦いを恐れて一生を逃げ隠れする事に費やした子もいた。

斧を振り回して戦う筋骨隆々の聖女だっていたし、動物に育てられて人語すらろくに話せない聖女もいた」

 

 そしてここに、素朴な村娘な聖女と、金メッキで塗装した偽物がいるわけだ。

 分かっているさ、俺の聖女ロールが極端なイメージによって構成されたものである事くらいな。

 だがそうでもしなきゃ俺の演技は通せないんだ。

 偽物だからな……本物の倍は本物らしくしなきゃ、すぐに中身がバレちまう。

 

「でも、エルリーゼ様は……」

「エルリーゼは例外中の例外だ。彼女を聖女のスタンダードと思ったり、他の聖女と比較するのはやめてやってくれ。

……歴代の、他の聖女が可哀想になるからね」

 

 モブAの言葉に亀は苦笑いしつつ答えた。

 例外中の例外ね。まあ、何せ偽物ですからね。

 俺と他の聖女を比較するなっていうのももっともだ。

 そりゃあ、偽物なんかそもそも比較対象にもならん。

 

「エルリーゼぇぇぇ……プロフェータが私の事いじめるうう……」

 

 アルフレアが抱き着いてきたので、仕方なく頭を撫でで慰めてやる。

 すると心地よさそうに目を細めた。

 普通は年下にこんな事やられたら無礼と思うはずなんだが、多分千年も封印されていたせいで人肌恋しいのだろう。

 ちなみに、アルフレア自身はもう忘れているようだが彼女は現在服を着ているように()()()()()だけで実際には全裸のままである。

 なのでたわわな胸が俺に押し付けられる形になっている。それもダイレクトで。

 役得役得。

 中身はともかく見た目は美女だ。なのでこういうのは普通に嬉しい。

 

「エルリーゼ、あんまそいつを甘やかさんでくれ。

そいつは甘やかされれば甘やかされただけ増長するタイプだ」

 

 亀は本当にアルフレアには塩だな。

 だが俺は別にいいんじゃないかなと思う。

 ぽんこつ美女っていうのは何だかんだで需要がある存在のはずだ。

 

「エルリーゼ様。私はエルリーゼ様の近衛騎士である事を誇りに思います」

 

 レイラが何か改まって言っているが……その、正直すまん。

 いやホント、マジでごめん。

 偽物で申し訳ない。

 せめて最期まで、レイラが仕えていて恥ずかしくないように演技はやり通すから許してくれ。

 

 その後、魔女から聖女への力の移行を防ぎ、連鎖を終わらせる方法として魔女を封印してしまう事。

 そして、その術をアルフレアが使える事を皆に説明した。




※亀を捨てるのは大変迷惑な行為なので絶対に真似しないで下さい。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。