アルゼンチン帝国召喚   作:鈴木颯手

13 / 29
第一章までの登場人物と国家

第一章までの登場人物と国家

【アルゼンチン帝国】

物語の中心国家。転移国家。帝国主義に近く自治領として植民地を大量に持っている。その傾向は転移後も強くロウリア王国を「友好国であるクワトイネ公国に圧力をかける国」と判断して徹底的に攻め上げている。一方で友好国には甘い一面もありイデオロギーが違うヌナブト連邦共和国を一番の友好国としているためロウリア王国戦後にヌナブト連邦共和国の建国を支援する。転移前と違い国際的な取り決めがないため次の領土拡張先としてパーパルディア皇国を選択。軍事力を持つ神聖オーストリア・ハンガリー帝国と連名で宣戦布告する。

アイルサン・ヒドゥラー

・アルゼンチン帝国総統。転移後も総統として活動する。クワトイネ公国、グラ・バルカス帝国の使節団と直接対面する。

メイアン・ゴート

・アルゼンチン帝国外交官。転移後はロデニウス大陸を担当する。

フェイルナン・デウル

・アルゼンチン帝国外交官。転移後は文明圏外国家担当。海軍大将オルト―・ラ・ベインダーズとは旧知の仲。

ファンハ・ヒンリー

・アルゼンチン帝国外交官。転移後は第二文明圏担当。

アウノルド・ルーガ

・アルゼンチン帝国陸軍大将。ロウリア王国戦ではクワトイネ公国の西方騎士団と共闘してロウリア王国の東方征伐軍を殲滅する。

オルトー・ラ・ベインダーズ

・アルゼンチン帝国グレート・ディアボロス級原子力戦艦二番艦イービルアイ艦長。

【ヌナブト連邦共和国】

転移前のアルゼンチン帝国一番の友好国。ロウリア王国戦後にロデニウス大陸西側に建国する。

イキアク・クリタクリルク

・ヌナブト連邦共和国在アルゼンチン帝国大使。転移後の世界でヌナブト連邦共和国を建国すると臨時大統領に就任する。

【神聖オーストリア・ハンガリー帝国】

転移前で最も関係が深い国家。10年に1度合同演習を行っている。合同演習時に転移したためアルゼンチン帝国以外で唯一軍事力を保有している。ロウリア王国戦後はロデニウス大陸南部に建国する。

【クワトイネ公国】

アルゼンチン帝国が転移後に最初に出会った国。ロウリア王国の圧迫を受けていたがアルゼンチン帝国のおかげで危機を脱し領土の拡大も成功する。アルゼンチン帝国の力と帝国主義に警戒しているが親アルゼンチン帝国路線を崩さなかったため他の文明圏外国からは属国と思われている。

カナタ

・クワトイネ公国首相。

ヤゴウ

・クワトイネ公国外務局職員。クワトイネ公国使節団の代表の一人。

ハンキ

・クワトイネ公国将軍。クワトイネ公国使節団の代表の一人。

ブルーアイ

・クワトイネ公国第二艦隊参謀。ロウリア王国戦ではグレート・ディアボロス級原子力戦艦グレート・ディアボロスに観戦武官として乗船する。

【ロウリア王国】

ロデニウス大陸西側にあった国。ロデニウス大陸統一を掲げてクワトイネ公国に攻め込むもアルゼンチン帝国の前に東方征伐軍は全滅。海軍も全滅する。その後はジンハーク城に艦対地ミサイルを受け更地と化し戦車師団に蹂躙され開戦からわずか一週間で滅亡する。その後はロデニウス大陸直轄領、ヌナブト連邦共和国、高天原帝国、神聖オーストリア・ハンガリー帝国等の国に譲渡されロウリア王国は完全に滅亡した。

ハーク・ロウリア34世

・ロウリア王国国王。ジンハーク城ごと艦対地ミサイルを受け死亡する。

シャークン

・ロウリア王国海将。4400隻の船団を率いて出撃するがグレート・ディアボロスの前に船団は全滅したが生き残る。その後の詳細は不明。

アデム

・ロウリア王国東方征伐軍副将。越境をした瞬間に攻撃を受け戦死する。

【フェン王国】

パーパルディア皇国とアルゼンチン帝国の間にある島国。5年に1度軍祭と呼ばれる軍事交流を行っている。アルゼンチン帝国の使節団が来た時にはパーパルディア皇国と戦わせるがそれが原因でアルゼンチン帝国の怒りを買い国交樹立と相互不可侵は結べていない。

シハン

・フェン王国国王(剣王)。パーパルディア皇国の懲罰攻撃に対抗する為にアルゼンチン帝国を引き込むが怒りを買ってしまう。

【ガハラ神国】

フェン王国北部にある国。アルゼンチン帝国とは比較的友好。

スサノウ

・軍祭に参加。アルゼンチン帝国の実力に気付く。

【グラ・バルカス帝国】

アルゼンチン帝国と同じ転移国家。ロデニウス大陸直轄領の発展を見てアルゼンチン帝国の技術力が自国より上と判断し使節団を送る。結果アルゼンチン帝国と国交樹立を結び相互不可侵を締結する。アルゼンチン帝国の軍事力を見るためにパーパルディア皇国戦に観戦武官を送る。

シエリア

・グラ・バルカス帝国外交官で外務省東部方面異界担当課長をしている。アルゼンチン帝国の技術力を見て顔を真っ青にしながら外交を行い見事成功する。

ラクスタル

・グラ・バルカス帝国グレードアトラスター艦長。グレート・ディアボロス級原子力戦艦三番艦リヴァイアサンを見てグレードアトラスターより性能がいい事を痛感する。

【パーパルディア皇国】

第3文明圏最強の国家。フェン王国に懲罰部隊を向かわせるが全滅。原因を探っている間にアルゼンチン帝国、神聖オーストリア・ハンガリー帝国連名で宣戦布告される。

カイオス

・第3外務局長。

ルディアス

・パーパルディア皇国皇帝。27歳。

ポクトアール

・パーパルディア皇国皇国監査軍東洋艦隊司令官。旧太平洋艦隊の艦対地ミサイルを受け艦隊は全滅。その後はフェン王国預かりとなる。

レクマイア

・本作未登場。フェン王国を襲撃したワイバーンロード部隊の一人であったが艦対空ミサイルを受け戦死。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。