アルゼンチン帝国召喚   作:鈴木颯手

15 / 29
第十四話「列強の落日2」

第十四話「列強の落日2」

「72ヶ国連合?」

「はい、パーパルディア皇国の属領が一斉蜂起して出来た連合の様です」

 

アイルサン・ヒドゥラーは執務室にて現地からの報告を受けていた。内容はパーパルディア皇国上陸から数日後に起きた属領の一斉蜂起である。パーパルディア皇国はエストシラント大空襲で主要な人物をほぼ失っており指揮系統が麻痺していた。そこへ来て神聖オーストリア・ハンガリー帝国によるデュロ砲撃と上陸、占領で継戦能力はほぼ喪失した。アルゼンチン帝国と神聖オーストリア・ハンガリー帝国は戦車師団を使い敵領深くに浸透しパーパルディア皇国の残った戦力を叩き潰していた。アルゼンチン帝国に至っては中央部まで進出する程だ。

 

「それで、72ヶ国連合はどれ程の戦力を保有しているのだ?」

「平時のパーパルディア皇国に絶対に勝てず、今のパーパルディア皇国に何とか勝てるだろうというレベルです」

「……低いな」

 

アイルサン・ヒドゥラーは72ヶ国連合に意義を見出せなかった。アルゼンチン帝国の基本方針は帝国主義に近い。たくさんの植民地を作ろうとしている。今回のパーパルディア皇国への宣戦布告も領土拡大の為だ。

 

「……72ヶ国連合をパーパルディア皇国の独立した軍隊、と解釈して諸共併合するか」

「それがいいかもしれません。領土拡大をしないならともかく我々にとっては害悪です」

「現地部隊に報告して置け。無論神聖オーストリア・ハンガリー帝国にもな」

「かしこまりました」

「それとフェン王国の方はどうなっている?」

「エストシラントへの空爆と同時に全土空爆を行いました。防御能力が低い彼の国です。王城以外は更地となりましたよ。現在は併合する為に3個師団(4万5千)が上陸しています」

「よろしい」

 

そこへ扉がノックされる。アイルサン・ヒドゥラーが「入れ」と言うとコーヒーを入れたカップをトレイに乗せた一人の女性が入って来た。女性はアイルサン・ヒドゥラーを見ると勝気な笑みを浮かべる。

 

「よお!コーヒー持って来たぞ。休憩にしようぜ」

「そうだな。少し休憩するか」

 

女性、エミリア・スーレットの言葉にアイルサン・ヒドゥラーは肯定する。報告書を持ってきた高官は空気を読んでか「ではこれで失礼します」といい執務室を後にした。

エミリア・スーレットはアイルサン・ヒドゥラーの妻である。元はアイルサン・ヒドゥラーが党首を務める帝国白銀党の党員であり秘密の多いアイルサン・ヒドゥラーが入党した時の様子を知る唯一の女性であった(当時の党員は既にこの世にいない)。

結婚後も帝国白銀党の党員兼秘書として活躍していた。因みに彼女は31になるが見た目は一回り若く見える美貌を持っている。

アミリアは執務室のデスクに座りアイルサン・ヒドゥラーにカップを渡しながら言う。

 

「全く、こうして休憩にしようと言わないとお前は全く休憩しないよな~」

「だがこうして最愛の妻がコーヒーを入れてくれるんだ。それも悪くないかもな」

「かー!だったらきちんと夜には帰宅しろよな!執務室を何時から出てないんだ?」

「……グラ・バルカス帝国の使節団にあった後からだな」

「あー、道理で加齢臭が半端ないわけだ」

 

エミリアは鼻をつまみながらそう言った。アイルサン・ヒドゥラーはその言葉に袖や襟のにおいを嗅ぐ。確かに激臭がする。

 

「夜には帰って来いよ?シャワーくらい浴びないとな?」

「……そうだな」

「そう言えばクワトイネ公国の野菜がとても美味しくてな。今日はそれらで上手い料理を作ってやるよ」

「はは、それは必ず家に帰らないとな」

 

暫くの間執務室で二人だけの甘い空間を作り出すのであった。

アイルサン・ヒドゥラーとエミリア・スーレット。一回り以上年の離れた二人だが相思相愛であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、ロデニウス大陸に設置された仮設病院にてレミールは入院していた。瓦礫と死体の山と化したエストシラントから救助されたレミールは大した怪我などもなく左腕と右足の骨折だけで済んでいた。

 

「これが……アルゼンチン帝国か」

 

既にアルゼンチン帝国にはレミールが皇族であるという事は知られている。その為他の人と違い個室が与えられ監視の目的も兼ねて部屋の前には兵士が一人付いている。

食事も毎日三食出て味に至ってはパーパルディア皇国の時よりも美味しいくらいだった。出歩くことは怪我の状況的に叶わないが新聞やテレビ等から最新の情報を見る事が出来る。テレビはパーパルディア皇国では未だ実験段階だったがここでは普通に普及している。番組も豊富であり寧ろ気になる番組がいくつも存在し時間が足りない程だった。

しかし、それらを目にする度にある情報に敏感になった。

 

『パーパルディア皇国既に虫の息!?72ヶ国連合との三つ巴状態!』

 

『皇帝死去!既にパーパルディア皇国は組織だった動きを見せていない!』

 

『現地を知る軍人にインタビュー!「パーパルディア皇国より各地を占領する方が大変」!』

 

「……陛下」

 

レミールはかつて恋焦がれた陛下の姿を思い浮かべる。彼は既にこの世にいない。そもそもあの時城にいた者はほぼ助からなかった。レミールは偶々屋敷から出るのが遅くなったために助かったにすぎずもし時間通りに入城していたら今頃は……。

 

「……アルゼンチン帝国は我が国以上に侵略し領土を拡大し続けている。72ヶ国連合は邪魔であろうな」

 

ニュースを見る限り既に一部では戦闘が行われている様であった。レミールは頭を働かせて今後の予想をする。

パーパルディア皇国は解体されかつての面影は消え失せるだろう。パーパルディア皇国民は現地民として扱われ最悪の場合奴隷になるかもしれない。自分だってただでは済まないだろう。

レミールはこれからの事を考え少しづつ、心が壊れていくのを自覚するのであった。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。