アルゼンチン帝国召喚   作:鈴木颯手

17 / 29
心優しい方よ!俺に日本国召喚の書籍1巻を恵んでくれぇ!


第十六話「列強の落日4」

第十六話「列強の落日4」

「帝国臣民達よ。戦争は終わった」

 

その日、アルゼンチン帝国の総統アイルサン・ヒドゥラーによるテレビ中継が行われた。複数のカメラが向けられている中アイルサン・ヒドゥラーは淀みなく喋る。

 

「先日、パーパルディア皇国の全土併合を完了した。そして我が国に対し宣戦布告もなしに攻めてきたリーム王国(・・・・・)にも我が鉄槌が落ちた。

我らがこの世界に転移してきて既に一年近くの時が流れた。我々はこの一年で転移による混乱を収拾し影響力を確保できた。

これも全て諸君ら帝国臣民の努力の賜物である。

さて、話を戻そう。パーパルディア皇国を滅ぼしリーム王国を焦土に変え我が国を足で使おうとしたフェンと名乗る武装勢力を殲滅した。我が国の周りに脅威はなくなった。

そこで我々は友好国であるヌナブト連邦共和国、神聖オーストリア・ハンガリー帝国。我が国と関係のある高天原帝国、カンプチア連合共和国、西サハラ帝国。そしてこの世界で出来た友好国たるクワトイネ公国、クイラ王国、アルタラス王国、ガハラ神国、シオス王国と共に第一文明圏、第二文明圏、第三文明圏とは違った高度な陣営の創設を宣言する!

陣営名は【極東国家連合】でありこれ以後我らは更なる発展を遂げるだろう!」

 

 

【挿絵表示】

 

 

アイルサン・ヒドゥラーの言葉にアルゼンチン帝国の各地で大規模な歓声が上がる。中には「アルゼンチン帝国万歳!」と声を上げる者もいるが中には否定的な意見を持つ者もいた。

 

「……アイルサン・ヒドゥラーのやっている事は侵略と何ら変わらない。それでは侵略された土地に住む民族、種族があまりにも不幸だ」

 

パタゴニア労働党アンタン・ツレイキーはアルゼンチン帝国本土のとある都市にてそう呟いた。パタゴニア労働党はアルゼンチンで唯一の共産党勢力だったが十年以上前にアルゼンチン南北戦争を起こして以来過激派組織として粛清の対象となっていた。

しかし、アンタン・ツレイキー他幹部たちは外部協力者の支援のもと今の今まで捕まらずに暗躍していた。

 

「アイルサン・ヒドゥラーなどという何処の馬とも知れぬ男にこの国を好きにさせてはならない!」

「その通りだ!」

「アイルサン・ヒドゥラーなんてくそくらえだ!」

 

アンタン・ツレイキーの言葉に党員たちが一斉にアルゼンチン帝国やアイルサン・ヒドゥラーを否定する罵詈雑言を叫ぶ。そこへ一人の外部協力者が入って来た。

 

「同志ツレイキー!帝国軍の奴らが来ています!急いで避難を!」

「分かった。諸君!我らの耐え忍ぶ日々はまだ続くが今度こそ必ず革命を成功させアルゼンチンを本来の姿へと戻すぞ!」

「「「「「おおぉぉぉぉぉぉっ!!!!」」」」」

「同志ツレイキー!早く!」

 

数分後帝国軍が踏み込んだ時にはアンタン・ツレイキー他幹部や外部協力者の姿もなくもぬけの殻となっているのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある次元。そこに一つの大陸の姿があった。その名をラティストア大陸といいかつて異世界を支配した古の魔法帝国である。彼らは神に弓を引きその怒りを買って隕石を落とされそうになり未来へと逃げている最中であった。

その為その技術力も文明も衰えていない。そのはずだった。

しかし、大陸は見るも無残に荒れ果てかつて存在した都市は荒廃していた。中には煙が燻っているところもあった。

そんな大陸で唯一文明を残している場所があった。古の魔法帝国、ラヴァーナル帝国の帝都アラスである。しかしそこも火が上がり瓦礫の山と化しつつあった。

 

「馬鹿な……!」

 

ラヴァーナル帝国の軍人、リムリアは膝をつき目の前の光景を茫然と見ていた。彼らラヴァーナル帝国の国民は全て光翼人であり他種族よりも突出した魔力量と圧倒的な魔導技術を保有していた。しかし。

 

「ば、化け物……!」

 

目の前の人間、いや人間と呼ぶには可笑しい全身を鎧の様な物で包んだ者が光翼人を虐殺していた。剣や銃を駆使し光翼人が放つ魔法を全く受け付けずに圧倒的な速度で近づき殺していく。光翼人は全く相手にならず次々とその数を減らしていった。

 

ふと、リムリアの耳に聞きなれない歌が聞こえてきた。

 

Lo,Granfia Lo,Granfia

Le feil Dohn Granfia

Lo,Maras bg Yeltol routen Lo,ten tous Granfia

Hult el sfia Hult el bizra Julk ol ven Granfia

Wog Granfia Wog Granfia

Le feil Dohn Granfia

Wog Granfia Wog Granfia

Le feil Dohn Granfia!

 

ザッザッ、と規則正しい足音が聞こえてくる。都市の外から一糸乱れずに鎧を着た者がやって来る。増援であった。数にして一万。

 

「あ、あぁ……!」

 

リムリアはその数に抵抗する気力すら失った。現在この帝都で暴れている敵は二千。たったそれだけの数に光翼人は追い込まれていたのだ。それなのに増援として一万が来た。

リムリアの周囲を敵が囲む。抵抗しないリムリアを殺す気はないのか腕を掴まれ無理やり歩かされる。その方向は帝都の中心部、巨大広場だった。

 

「うぅ、殺してくれぇ……!」

「お母ぁぁぁさん!」

「助けてくれ助けてくれ」

「くそっ!ふざけるな!俺たちは偉大なる光翼人だぞ!」

 

そこには生き残った者が集められていた。中には瀕死の者もいたが助ける気も殺す気もないようだ。リムリアもその中に放り込まれる。茫然としていたリムリアは受け身すら取れずに顔から地面に衝突する。

 

「生き残りはこれで全員か?」

「はっ!他は抵抗が激しかったため残らず始末しました」

 

そこへ鎧の敵とは違う者がやって来る。見慣れない服を着た長身の男と子供の様な体躯の男だった。子供の方に長身の男が敬意を払っている事から上官と思われる。子供の様な男はその姿からは想像も出来ない蔑みの視線をリムリアたちに向ける。

 

「数は……百はいるな。まぁ十分だな。全員拘束してロードスフィアに送るように」

「……お前は、お前らは一体……」

 

リムリアは最後の気力を振り絞り声をかける。子供は一気に眉を潜めるが直ぐに侮蔑の笑みを浮かべてリムリアの頭を掴み地面へとめり込ませる。ノーモーションで行われたその光景に生き残った光翼人たちが悲鳴を上げる。子供は力を緩めずに呟く。

 

「本来なら貴様等の様な蛮族に名乗る必要などないが特別に教えてやるよ。俺は神聖グランフィア帝国皇帝ダングレイル・レウル・ブレギルスだ。これから我々の奴隷として十分に頑張ってくれよ?」

 

子供、皇帝ダングレイル・レウル・ブレギルスは口角を上げそう言うのであった。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。