アルゼンチン帝国召喚   作:鈴木颯手

2 / 29
第二話「接触」

第二話「接触」

「初めまして。私はアルゼンチン帝国外交官メイアン・ゴートと申します」

 

首相カナタは目の前のアルゼンチン帝国の外交官を名乗る男を改めて見る。珍しい服装を着ている男は一国の使者と言うには貧相ななりをしていた。

 

「この度は使節の受け入れを許可していただきありがとうございます」

「いえいえ、我が国も誤解を招いたまま関係を悪くするつもりはありませんので」

 

カナタは物腰が柔らかいメイアンに好感を持った。両国の国力が対等でもない限り上なら高圧的に下なら卑屈にすり寄って来るものだ。

 

「早速で悪いのですが我が国は貴国について何も知りません。良ければ教えていただきたいのですが……」

「勿論です。先ずはこれをご覧ください」

 

メイアンはそう言うと隣に置いてあるスーツケースから紙の束を取り出しカナタへと渡す。紙を受け取ったカナタは早速見るもすぐに顔を曇らせてしまう。

 

「どうかしましたか?」

「い、いえ。実は……何が書いてあるのか分からなくて」

「分かりました。では口頭で説明させていただきます」

 

メイアンが渡した資料にはもしもの事を考えてアルゼンチン語(スペイン語)の他に英語、フランス語、ポルトガル語で書かれていたがそのどれもが読めなかったようだ。とは言えこうなる可能性は考慮されておりメイアンは慌てることなく口頭による説明を行う。

 

「まず、我が国はアルゼンチン帝国と言います。帝国を名乗っていますが実際は総統と言う地位を持つ文官による統治が行われています」

「つまり王族が国を治めている訳ではないと?」

「その通りです」

 

実際は独裁政権であるため王族のいない絶対王政と呼べるものであったがメイアンは言わなかった。反応から見て絶対王政はあまり受けが良くないようだからだ。

 

「次に我が国の領土ですが本国と四つの自治領に分かれています。全ての土地を合わせると……、900万ほどでしょうか」

「何と……!」

 

想像以上の領土にカナタは驚く。話を持っている可能性もあるため簡単に信じる訳にはいかなかったがメイアンの堂々とした態度から少なくとも騙そうとしている訳ではないように感じた。実際嘘は言っていないし自分たちより広大な土地を持つ国など元の世界では普通に存在した。

アルゼンチン帝国一の盟友であるヌナブト連邦共和国などは全領土を合わせても広大な領土を持っているし旧大陸に存在する国の中には倍以上の領土を持つ国もいたのだ。

 

「そして帝都はインペリオ・キャピタル。500万人が生活する都市です」

「こ、これは……」

 

次の内容は帝都についてである。半年前に完成した帝都の写真をカナタに見せれば驚愕に目を見開いている。実際計画されて設計された高層ビル群はカナタの目にはまるで幻想の様に映った事だろう。

そしてメイアンはその後も口頭で説明を行っていく。途中、休憩を挟みつつもアルゼンチン帝国という国をある程度は教えることができただろう。とは言えカナタはともかく他の人の中にはまだ信じられない者もいる様でありメイアンは提案を行った。

 

「どうでしょう?口や写真で聞くよりも実際に我が国を見ては?」

「それはつまり貴国に使節団を派遣すると言う事ですか?」

「ええ、そうなります」

「……分かりました。流石に私一人では決められないので会議を直ぐに行い決定する事にします」

「それで構いません。より良い返事をお待ちしています」

 

そして会議の為に会談はいったん終了した。カナタはそのまま会議を緊急で行い使節団派遣の決議を取る。

 

「私は構わないと思う。実際に見れば分かる事だ」

「流石に使節団の者に無礼を働く事端はないだろうしな」

 

こうして使節団派遣が決定し直ぐにでも派遣するものが選定された。各部門のスペシャリストたちがアルゼンチン帝国の使節に任命され帝国へと向けて旅立つことになった。

 

「クワトイネ公国使節団の方々の為に旅客船を用意しました。それに乗船いただき二日後には到着します」

 

アルゼンチン帝国外交官メイアンの言葉に使節団の一人が何とも言えない顔をする。

 

「ハンキ様、どうかしましたか?」

「ん、ヤゴウか。どうも船旅は好きになれんでのぉ。船内は暗く湿気も多く長旅となれば疫病にかかる者も出てくる」

「そうなのですか……」

「ゴート殿は二日でつくと言っておったがワシは伝達ミスだと思っておる」

「ですがそこは鉄竜を持っているアルゼンチン帝国です。何か我々とは違うものを持っているのでしょう」

 

ヤゴウは鉄竜(ジェット戦闘機)を運用するアルゼンチン帝国を高く評価していた。今回の旅もワクワクが止まらない程だ。

 

「皆様、あれがその船になります」

 

メイアンの言葉を聞きヤゴウたちは視線を向けるがそこには信じられない程巨大な鉄の船があった。しかも帆もオールも存在しないのにも関わらず進む姿に驚愕した。

 

「あ、あれが船なのですか!?」

「はい、我が国の旅客船オセウノと言います」

 

これはかつてヌナブト連邦共和国から譲り受けた旅客船アマウディを模倣して作られた船である。国内では有識者が、国外では国賓のみが乗船できるアルゼンチン帝国最高の船である。そしてそのオセウノを守るようにAZ級駆逐艦五隻が護衛として付いている。オセウノに負けず劣らずの駆逐艦にヤゴウたちは改めてアルゼンチン帝国の技術力を思い知らされるのであった。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。