《SWORD ART ONLINE》〜偽りの星空〜   作:P笑郎
次の話 >>

1 / 3
プロローグ

<0>

 

 

 

 

 刹那の時間、目の前ではじけ飛ぶ無数の閃光に少女は見入った。

 

 なんだか懐かしい。

 

 突拍子もない、しかし確かな感覚が鍵となり、記憶の蓋がゆっくりと開いていく。

 

 

 

 幼い頃の夏の日、のぞき込んだレンズの向こうに広がる天の川。都会の汚れた空に見慣れていた少女は思わず歓声をあげた。

 

 紅潮した頬に冷えた夜の風が心地よい。そよぐ純白のワンピースを手で押さえ、少女は興奮気味に隣の少年へ話しかける。

 

『すごいね! お星様があんなにいっぱい。君はいつもここでお星様見てるの?』

 

『う、うん、ここはね、僕の秘密の場所なんだ。父さんに望遠鏡もらってからは毎日来てるよ』

 

 恥ずかしがり屋なのだろう。はにかみながら精一杯しゃべった少年は、少女から顔をそらすように星空を見上げる。その黒髪が風に揺れ、間近にある少女の鼻をくすぐった。

 

『ひゃっ、くすぐったいよ』

 

『あっ、ごめん』

 

 オロオロするその様子が可笑しくて、少女は彼に悪戯をしてみる気になった。少年の背中から抱きつき、むりやり草むらへと引き倒したのだ。

 

『うわぁ』

 

 軽やかな笑い声と情けない悲鳴が木霊する。

 

 葉っぱまみれの少年を見ると少女は笑いが止まらない。彼も釣られて笑い出し、2人分の笑い声で寂しげな森は俄かに活気付いた。

 

 彼らが笑い合う間も、奇妙に胸を騒がせる星の光はただそこに在る。しばらくして再び星空を視野に収めた少女は、その無限の輝きに目を奪われた。

 

 これまで思ってもみないことだった。まるで星の一つ一つが違った音色を奏でて、自分たちを宇宙へでも連れて行ってくれそうではないか。

 

 隣の少年は、きっと毎晩こんな風に星空の海を泳ぐことができるのだろう。そこにはどんな嘘も悲しみも存在せず、思うまま、自由に、どこまでも・・・

 

『君が、羨ましいな』

 

『え?』

 

 困惑したような少年の方をむいた時、風に乗って少女の名前を呼ぶ声が聞こえた。急に胸が重くなったように感じて、少女は溜め息をつく。自分を呼びに来たんだ。もう遅いから言うことを聞かないと。

 

『私のこと呼んでるみたい。もう行くね』

 

『そうなんだ・・・』

 

 うつむいた少年に、バイバイ、と手を振った少女は、声が聞こえてきた方向へと駆け出した。

 

 進めば進むほど、遠ざけていた現実に近づくようで息が苦しい。逃げるためにここまで来たのに、結局はこうなってしまうんだ。

 

 あぁ、でも仕方ない。ちゃんとお父さんにお別れを言わなきゃ。

 

『あ、あの!』

 

 不意に少年の声が背中を叩く。のど元までこみ上げていた嫌な気持ちを飲み下し、少女はなんでもない風を装って振り向いた。すると口元を蠢かせている少年がいて、『どうしたの?』と少女は無意識うちに尋ねる。

 

『ーーしないで』

 

『え?』

 

『無理は、しないで』

 

 全く予想外の言葉に少女は目をパチクリさせる。真意を問おうと彼の表情を観察するが、途中でまっすぐな視線とぶつかり、逆にたじろぐ羽目になった。

 

 鳶色の優しそうな彼の瞳。そこに映る泣き出しそうな女の子は誰?  

 

『・・・ねぇ、明日もここに来てくれないかな。きっと今日よりも星が綺麗だよ。天気予報、明日は晴れだって言ってたし。それに僕、君のためになんでもするから・・・だから君は・・・』

 

 なぜ、そんなに必死なんだろう。少年の瞳が少女の心を映して揺れていた。

 

 やめて、そんな顔をされたらこっちまで悲しくなってしまう。私は悲しくなってはいけないんだ。だって私が悲しいと、お母さんはもっと悲しいって言ったから・・・

 

 強張った少女の両手を、暖かい少年の手のひらが包み込んだ。今まで感じたこともない体温が全身に広がり、私は、わたしは、ワタシは、何が何だが分からなくなる。ーーお父さん・・・なんで私を置いて行ったの・・・

 

『悲しくていいんだ。もう、無理はしないで』

 

 少年の言葉が心の隅々まで行き渡り、凝り固まった感情を溶かしてくれるようだった。ゆっくりと目を開いた少女は、静かに頬を伝う涙すら忘れ、心の底から微笑んだ。

 

『ありがとう』

 

 

 

 ーー綺麗な記憶だった。

 

 でも、どうして今になって思い出すんだろう。自分でも忘れてかけていたのに。

 

 もう、これで最後だからだろうか。

 

 少女を少女にしていた重要な部品が焼かれて、あとに残るのは向こう側の冷たい体が一つ。少女に舞い降りた暗闇は星の光すら寄せ付けず、二度と少年を思い出すこともない。

 

 寂しいな、そんなの。

 

 体を切り裂かれる不快感に耐えながら、少女は他人事のようにそう思う。痛みはない。だが、自らの運命が決定的に変わってしまったことは理解できた。

 

 そうだ、あの時の男の子。どこに行ったんだろう?

 

 少女の探していた人物はすぐに見つかった。記憶と全く変わらないその瞳に自分の姿が映る。少女にとって、彼は何よりも大切なパーツなのだ。よかった、無事だったんだね。

 

 不意に膝の力が抜ける。体が思うとおりに動かない、まるで自分の体でないようだ。

 

 いや、違う。

 

 もとから自分のものじゃなかったんだ。

 

 ここにあるのは全部偽物だ。光も、音も、匂いも、美味しさも、そして、崩れ落ちた少女を支え、抱きしめる少年の温もりも。

 

「・・・嘘だろ?」

 

 青ざめた少年は放心したように呟く。細やかに震える指先を感じた少女は、ズキリと心が痛んだ。

 

 ごめん、ね。

 

 精一杯しゃべったつもりだが、声にならない。これでは昔と立場が逆だと少女は薄く笑った。あの時は私の方がずっとおしゃべりだったのに。

 

 それでも少女が何を言わんとしているのか少年は理解したらしい。彼は驚愕に顔を硬直させたのも一瞬、すぐに目元をくしゃくしゃにして叫んだ。

 

「謝まるなよ・・・約束しただろ!? 向こうに帰ったら、また僕と一緒に・・・!」

 

 そこから先は言葉にならなかった。少年の暖かい雫を頬に感じながら、少女はちらと視界の左上を見る。もう、彼女には数ドット分の時間しか残されていない。

 

 どうしよう。私はこの人に何をしてあげたらいい?

 

 残していける物は何もない。美しい洋服も、最強の剱も、綺麗な宝石も、おいしい料理も、少女と一緒に砕け散る。当然だ。偽物だから。

 

 本物がいい。この人には本物をあげたい。なのに、彼と一緒に涙を流すこの体さえも偽物なんだ。

 

 悲しくて、悔しくて涙が止まらない。

 

 ーー涙?

 

 

 あぁ、そうか、やっと見つけた。

 

 

 次の瞬間、少女は力を振り絞って少年の頬にそっと手を添えた。彼の涙が熱い。偽物だと分かっているのに、なぜ涙はこんなにも熱く、胸を締め付けるのだろう。

 

 それは、涙の奥の悲しみを、本物の心が感じているからだ。

 

 

 ありがとう。

 

 

 嬉しかった、私の心を見てくれていた。出会った日から、ずっと感じていたこの想いは唯一の真実だ。それを君に託したよ。

 

 できることなら、君はずっとこのままでいて欲しい。

 

 君とこの世界で見た、偽りの星空。

 

 本物だと証明できるのは、きっと君が感じた心だけだから・・・

 

 

 それが最後だった。

 

 少女の華奢な体が億千の輝きとなって砕け散る。しばしの間それは中空で瞬き、悲しみに抱かれた少年を星空のように飾った。

 

 

 

 ーーありがとう。君がいてくれたから、私なにも怖くなかったよ。

 

 

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。