FGORTA逸般人ルート   作:レベルを上げて物理で殴る(強制)

4 / 17
書き溜めが無くなったので初投稿です。


準備完了

 記憶を失うRTAはぁじまぁるよー。

 

 前回は謎イベントで神社に行きましたね。翌日という名の今日に確認したら消えてました。何やあそこ……(恐怖)

 イベント中に神性獲得の代わりに意味不明なテキストが出ましたからねー、それがこちらです。

 

>貴方達はお賽銭を入れてお参りをした。

>遠くから水の音が聞こえる……。

>幸運のステータスが上昇した。

>貴方達はお参りを終えた。

 

 いや怖いわ(真顔)

 何なんですかねこのテキスト。wikiも確認してみましたが日本の神様で該当しそうなのは居ませんでした。本当役に立たないなこのwiki(失望)

 

 まあ分からないもの仕方ありません。幸運上がったので福の神か何かでしょう(適当)

 

 とりあえず、今は下校開始して最短ルートで家に向かっています。変わり種の無い風景なので現時点で新たに取得した本RTAで重要となるスキルを紹介したいと思います。

 

 それがこちら、『投擲』のスキルです。はい、通常プレイでも良く見かける初期にあるスキルでございます。

 こちらのスキルが重要となる理由としてはホモ君の貴重な遠距離攻撃手段となってくれるからです。勿論、普通に銃などを使うのも一つの手ですがそれだと残弾と言う制限にホモ君のステータスに振り分けた経験値が無駄になるという欠点があります。ので、本RTAでは投擲判定に筋力ステが反映されるのを利用してホモ君には肩にイチローを宿して貰う事になります。(飛び道具を)ぶち込んでやるぜー。

 もう一つの理由としてはグレネード系列を正確に投げられるようになる事です。これによってオルレアンのワイバーンなどの飛行エネミーをスタングレネードでボトボト落とす事ができる様になります。墜落すればフランス兵やサーヴァントが袋叩きで倒してくれるのでタイムの短縮になります。

 

 と、他のスキルももうちょっと紹介したかったですが家についてしまいましたね。仕方が無いので解説終了です。

 

 おいジジイ居るかゴラァ!!

 

「おお、戻ったか勇」

 

>貴方が居間に入ると祖父が出迎えてくれた。

 

 レアスキル教えてくれよな~頼むよ~(懇願)

 

「そうか……。わかった、では付いてきなさい」

 

>祖父は少し悲しそうな顔をした後、ゆっくりと立ち上がった。

 

 やったぜ。

 

 ただあれですね、お爺ちゃんの悲しそうな顔というのが気になりますね。普通武術の後継者ができれば喜ぶものでは無いんでしょうか?

 

>貴方は祖父の後ろに続いて家の中を歩き始める。

>貴方と祖父は廊下の行き止まりで止まった。

 

「暫し待っていろ」

 

>祖父が右手側の壁の一部を押し込んだ。

>何かが動いている音がする……。

>貴方の目の前の壁が下がり、下に続く階段が現れた。

 

 ファ!?(驚愕)これは……たまげたなぁ……(感嘆)

 

「まさか、またここに来ることになるとはの。……さ、来なさい」

 

>祖父は先の見えない階段を下り始めた。

 

 お爺ちゃん先に行っちゃいました。なんか階段に罠とかあっても困るのでホモ君もさっさと降りちゃいましょう。

 

>貴方は暗い階段を下り始めた。

 

「勇よ、これからお前に教えるのは今までの様な身を守る為の技では無い。相手を……敵を壊し、己が力を示す業の技じゃ」

 

 あー、やっぱりこれレアイベントですね。今まで何百回と走りましたがこのイベントは初めてです。wikiを確認しろ? あんな場所に情報が載ってる訳が無いだろいい加減にしろ!(支離滅裂)

 

「その名を本元流合戦柔術。ワシ等のご先祖様が考案し、ワシの代で途絶える筈だった人殺しの術じゃ」

 

 成る程、だから悲しそうに目を伏せてたんですねお爺ちゃんは。確かに人を殺す為の武術なんて人、それも孫なんて特に教えたくないでしょうからね。心中お察し致します。ホモ君は悔い改めて。

 

 まあ、それはそれとしてお爺ちゃんには骨の髄までその柔術をホモ君に叩き込んでいただきます(無慈悲)(RTAなので)当然だよなぁ?

 ホモ君はこれから地獄の様にサーヴァントや魔獣と戦っていくんでぇ……クッソ強い武術をオナシャス!センセンシャル! このイベント限定っぽい主人公のオリジナル武術だからな~頼むよ~(懇願)

 

>貴方達は階段を下り終えた。

>貴方の視線の先には巨大な道場が広がっている。

>壁には刃が付いた刀や槍、弓矢や籠手などが鎮座していた。

 

 ええ……(困惑)なんですかこの空間は……。家の地下にこんなもんあるとか違法建築も大概にしろ!

 

 とまあ、キレてみましたがどうやらこのオリジナル武術、RTA的にも性能的にも大当たりに近そうです。

 道場の描写の際、壁に大量の武具がありましたね? これは他の弟子入りイベントでも発生する描写の一つなのですがこれによってその武術が何を獲物とするかが決まります。何も無い描写の時は空手などの体術になりますね。

 それを踏まえてこの描写を見るとこの武術は様々な武器が扱え、尚且つ柔術なので体術も扱えます!(大盤振る舞い過ぎて怖くて)ふ、震えますよ……(困惑)

 

 RTA的にこれは逃す手はありませんが美味しすぎて正直プレイヤー的には罠かと疑いたくなりますね……。タイム短縮用に結局やりますが。(諦観)

 

>貴方は祖父に早速始めようと告げる。

 

 おら、タイム短縮すんだよ。あくしろよ。

 

「焦るでない。まずはこの柔術を取得するためにお前の身体に眠っている神経を起こさねばならん」

 

 え?(困惑)

 

>貴方は祖父に手を握られる。

 

「では行くぞ。気をしっかり持てよ……」

 

>祖父がそう告げた瞬間、貴方の体に異変が起こった。

>握られた所からまるで身体中を流れるように熱く、それでいて冷たい物が激痛と共に駆け巡る。

>貴方はその初めて経験する耐え難い痛みに意識を失いそうだ……。

 

 精神判定さん!? (今は)不味いですよ!!

 いや冗談抜きで本当に不味いです。多分これ失敗したら資格無しとか言われてスキル習得できない奴ですこれ。すいません(精神判定)許してください! 何でもしますから!

 

>暫く経ち、貴方の身体から違和感が消えていった。

>貴方は痛みが駆け巡った所に血の様に何かが流れている事を感じることができた。

>貴方はHPを致命的に失った。

>視界が霞む……。意識が朦朧として来た……。

>貴方はスキル『操気』、『練気』を習得した。

 

 勝ちました(確信)

 どうやらホモ君の家は李書文と同じように気を操る事が前提の武術を相伝してきたようです。型月一般人の武術頭おかC(恐怖)

 

「どうやら、気を感じ取ることができた様じゃな。では、早速立ち合いを始めるぞ」

 

 アカン、ホモ君が死ぬぅ!!!

 不味いですって、オワタ式で戦闘とかガバった瞬間即死一直線じゃないですか! 仕方がありません、RTA的にロスタイムですが今日はここで切り上げを……。

 

「言っておくが、もし今ので戦えぬと言うのならワシはこの先をお前に教える事は無いと思え」

 

 やってやろうじゃねえかよこの野郎!(絶望)

 こちとら試走でバサクレスやおっぱいタイツ師匠と戦った事だってある(勝ったとは言っていない)んです! 一般人の武術が何のもんじゃい!!

 

 それじゃ勝利の未来へ、イクゾー!デッデッデデデデ!(カーン)

 

 

 

 

 

「大丈夫、勇!? お爺ちゃん助けて骨折したって本当!?」

 

 (生きてたので)勝ちました。勝ちって言ったら勝ちです(鉄の意志)

 以前後手必殺を読んでいて助かりましたね……。幸運にも戦闘中戦術予測のスキルが発動してくれたので、カス当たりにする事でホモ君を気絶させることに成功しました。ホモ君の骨が脆いわけじゃないのにカス当たりで骨折って何だよ……(恐怖)

 

「姉さん病室では静かにね……。ほら、お見舞いの花持って来たよ」

 

>立香によって貴方の枕元の花瓶に黄色いバラが飾られた。

 

 立花ちゃんより立香君の方が女子力高そうな行動してるってどういう事だよ。恥ずかしくないの? という訳で、ホモ君は暫く入院することとなりました。

 

 本来なら入院した時点でリセ案件なのですが……こちらをご覧ください。

 

 はい、見えましたねこの気持ち悪いスキルツリーが(直球)なんで本元流合戦柔術に一つから八つも派生先があるんだよ……。

 しかも今見えてるのポイント低いくせにどれも破格の性能してやがりますし。何ですかこの『天墜し』って、武術なのに飛行特攻とか付いてますよ(困惑)

 これは非常に大きいので今回はこのまま計測進めます。経験値が入らないのを除けば秒で入院生活は飛ばせますからね。あと最初に見たという事で天墜しは本元流合戦柔術……略して本元流が取得できたら真っ先に取ってみましょう。

 

「確か、完治までは二ヶ月だっけ。大丈夫か?」

 

 (カルデアに行けないので大丈夫じゃ)ないです。

 現実の方では分かりませんがこのゲームでは完治するまで病院から出る事ができません。なので今のように献血イベ前に大怪我すると詰みます(諸行無常)

 

 なので、スキルを駆使するなどして退院日程を早めましょう。幸いこのホモ君は治癒系スキルを手に入れてるおかげで恐らく二週間で退院できるのでギリギリ月末の献血イベには間に合います。本当今回のRTAではスキル関係が神がかってますね。

 とりあえず暫く会話して二人に帰ってもらいましょう、万が一直感スキルでも持っていたら回復中勘付いて医者呼ばれて大惨事になりかねません(1敗)

 

「……あっ、そろそろ帰らないと。ごめんね、勇。また来るね?」

 

「騒がしくして悪かった。ゆっくり休んでまた三人で遊ぼう」

 

>貴方の見舞いを終えて、安堵した様子で二人は帰って行った。

 

 どうやらホモ君が入院した事で結構ストレス値が上がっていたようです。退院後はアフターケアを行う事にしましょう。

 そして、二人が帰ったので早速脱法リハビリを開始していきます。それじゃポチポチッと。

 

>スキル、天性の肉体を発動した。

>貴方の身体中に活力が沸いてくる……。

>スキル、練気を発動した。

>湧き出た気が貴方の身体を満たして行く……。

>練気の熟練度が上昇した。

>スキルポイントを1獲得した。

 

 はい、以上が脱法リハビリの真相です。要は回復スキルを使ったごり押しですね。練気は正確には回復スキルではありませんが回復スキルである癒気の派生元ですので回復量は低いですが無理やり真似事をする事ができます。こうする事でスキルポイントと熟練度を入院中も無駄なく稼いで行きます。

 天性の肉体はステータスの合計でランクが決まるのでひたすら鍛えましょう。

 

 という訳で面倒な入院生活は倍速でカットして、退院日程が早まった一週間と六日後の夜になりました。

 正確な退院日は明日ですがここまで来ると普通に動けるので前夜に脱走し夜明け前に戻ってくる事でホモ君の行動回数を増やします。日程がカツカツになったからね、仕方ないね。

 

 という訳で病院から脱走……しました。ただ抜け出すだけなので写す価値などありません(128倍速)

 さて、今回の目的は一つ、RTA恒例の路地裏の謎商人から武器を購入する為です。このビルドで流石に投げ物が一つも無いのは流石にね?

 とはいえ、謎商人の出現位置は決まってるとはいえランダム。加えてラインナップがランダムなので場合によっては大きなロスタイムになるのが痛い所です。とりあえず、手っ取り早く最短ルートでポイントを回って……。

 

>貴方はふと、視界の端に移る廃ビルに目が付いた。

>貴方は頭のどこかであの廃ビルが魅力的だと感じている。

 

 お、ホモ君の直感が発動しましたね。このテキストの時はメリット確定です。脱法リハビリで少し時間に余裕にあるので覗いて見ましょうか。

 

>貴方は廃ビルの中に足を踏み入れた。

>薄気味悪い闇が室内を包み込み、言いようの無い不安感を感じさせる。

>貴方は何となく目を凝らすと、部屋の奥に人影を発見した。

 

 直感で確定で人影を発見できました。本当便利ですねこのスキル。……ただ、本来居る筈のない商人なのが気になりますが。ついにシステムも逝きましたかねこの死にゲー?

 

 取りあえず、敵性モブを武術で狩って集めていた金で買いましょう。オッスオッス、冷えてるか~?

 

>貴方は人影に近づいた。

>人影は貴方が近づくと次々に箱を広げ始めた。

 

 ふーむ、今回は銃とかが多いですね。ホモ君は射撃スキルは取ってないので無用の長物です。販売してるグレネードの個数も少ないですしこれは外れ商人だったか……?

 

>貴方は商品を見ていると人影の後ろにある一つの箱が目に付いた。

 

 ふむ? ここで直感という事はあれが発動の元凶ですね。ちょっと見せてもらいましょう。

 

「……よく気が付いたな」

 

>人影が貴方に示された箱を開く。

>箱の内部には鞘に入っている薄汚れた西洋剣があった。

 

 これはまさか、触媒の一つですかね? 態々直感が発動したくらいですし……。とりあえずグレネードは後回しでこれの確保に動こうと思います。お兄さんなんぼなん、これ?

 

「140万」

 

 タカスギィ!!(絶句)

 今のホモ君じゃ手も足も出ませんね。諦めてグレネード買って帰りましょう。

 

「……と言いたいが、ここを見つけ、箱を指摘したお前のセンスが気に入った。70万で売ってやる」

 

 マジですか!? と喜びたいですが正直悩んでしまいますね。今のホモ君の手持ちは72万と数千円。これを買うとなると必然的にグレネードか食料品を諦めなければなりません。

 

 んー、よし、ここは買いましょう。触媒で無かったらかなりの痛手ですが型月の骨董品です、神秘の一つや二つ宿ってる事でしょう。武器と触媒の二つを買うと考えたら安い物です。西洋剣でも『東西統一』のスキルで本元流に適合させればいいですし。

 

>貴方は古びた西洋剣を購入した。

>貴方は西洋剣から得も言われぬ熱と輝きを感じる……。

>貴方はスキル『神性E-』を習得した。

 

 知ってた(震え声)

 薄々また何かあるんだろうなー、とは覚悟してましたけどここで神性ですか……。正直不穏なので今すぐこの剣投げ捨てたいですね。試してみましょう。

 

>それを捨てるなんて、とんでもない!

 

 知ってた(二回目)

 

「……こいつはオマケだ」

 

>貴方は古びた金属片を手に入れた。

 

 タダノゴミジャネェカ、フジャケルナ!

 

 仕方ありません、何かに使えるかもしれないんでダウィンチちゃんに見せるまで保管しときましょう。今回のRTAは色々とおかしいので(憔悴)

 

 そろそろ日が昇りそうなので帰りましょうか。こんな店もう二度と来るか!

 

「毎度……」

 

 と言う訳でこっから倍速かけます。だってこの後和菓子の買い物と荷物整理と鍛錬の繰り返しだけなので……。

 

 

 

「ねぇ二人とも、あそこで献血やってるよ!」

 

>立花がとある列を指し、貴方にそう告げる。

 

 はい、そういう事情で救済措置である献血イベから再開です。因みに退院後毎日ドア待ち下校イベがありましたが立香のおやつを生贄に全部断りました。人間の屑がこの野郎……。

 

 ではチャチャと血を採られて誘拐されましょうね~。(OPに)イクゾー!

 

「姉さん、今日はせっかく三人で遊びに来たんだしまた今度にしない? 俺は構わないけど勇に悪いよ」

 

 ファ!?(困惑)

 どしたの立香君、君そんな子じゃ無いでしょ!?

 

「あ、確かに……。ごめんね、勇」

 

 謝んなくて良いのでそこはもっと押して行けよぉ!?

 とにかく理由は分かりませんが献血イベントが消滅しかけてるんで直ぐにホモ君に行く事を伝えてもらえましょう。(イベント消滅とか)やべぇよ……やべぇよ……。

 

「そ、そう? それなら行こっか!」

 

>貴方達は列に並び始めた。

 

 どうやらイベント消滅イベントは回避できたようです。何やこのクソイベ……(憔悴)

 まあこれで無事に献血が始まりましたのでー……はい、OP入りましたー。RTA走者の皆様は今の内に食事、トイレ、その他諸々を済ませましょう。済ませてないといざという時ガバりますので(4敗)

 

 OP突入という丁度良い区切りなので今回はここまでにしたいと思います。ご視聴ありがとうございました。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■

 

「ちょっと立香、早く行くよ!」

 

 俺には、俺達姉弟には家族とも言えるほど大切な幼馴染が居る。

 

 初めて会った時の事はよく覚えている。幼稚園の頃、姉さんが髪色で虐められて居る時にあいつは、勇は俺たちの前に現れた。勇は複数人に髪を引っ張られている姉さんを見て、すぐさま一人でそれに立ち向かって行った。怖くて何もできなかった俺とは違って。

 当時の姉さんも今と同じように我慢強く、どれだけ嫌でも笑っていたから恐らく保育士さん達は俺達が遊んでる様に見えたのだろう。俺はそれに恨みこそすれど責めるつもりは無い。……自分が責める資格もあるとは思えないけどね。

 だからこそ、気づいてすぐに勇が虐めていた奴らを殴って大騒ぎを起こしたのは俺にとって忘れる事のない思い出になっている。

 

「だったら少しは俺の見舞いの品持ってくれない!?」

 

 それを切欠に俺達は三人でよく遊ぶようになった。小学校でも中学校でも、今の高校でも。

 

「大丈夫、勇!? お爺ちゃん助けて骨折したって本当!?」

 

 勇と姉さんは小学校に入ってすぐに頭角を現した。

 勇は運動が何でもできた。走る事も、跳ぶ事も、泳ぐ事も。できない運動を探す方が難しかった。無口で無愛想だったけど、その実力でクラスの和に溶け込んでいた。

 姉さんはその明るさで皆を引っ張って行った。何時の時もクラスの和の中心に居て、時には姉さんが無自覚で和を作る時すらあった。引き篭もっていたクラスメイトを登校できる様にしたと聞いた時はとても驚いた事を覚えている。

 

 二人は何時だって俺の憧れだった。何時も俺とは違って、最大限に先の道を歩いていた。

 

 ずっと、ずっと、先に進んでいる。

 

「姉さん病室では静かにね……。」

 

 ああ、神様。俺のこんな卑小な願いすらも聞き届けるというならお願いします――

 

『ねぇ、立香君は何時も二人と仲いいけどさ――』

 

「ほら、お見舞いの花持って来たよ」

 

 ――どうか、何も無い俺から二人を引き離さないでください。

 

『――立香君は何が得意なの?』

 

 

 

 俺には幼馴染と姉が居る。自分が憎たらしい程嫌になるくらい素晴らしい、大切な二人が。




作中しなかった一部スキル説明

操気

気を操るためのスキル。練気と合わせて習得する事で様々な派生へ繋がる。体内の気を操作し攻撃を強化したりする事が可能。

東西統一

剣術スキル。自身が持つ剣術スキルに合致しない刀剣類を使用していても、その剣術スキルを使用可能にする。



合戦柔術とか聞いた事ないので失踪します。

これからの小説パートとRTAパートの割合について

  • ああ~(今の割合が丁度)いいっすね~
  • 小説パート増やして、ホラホラホラホラ
  • RTAパート増やすんだよ、あくしろよ
  • 更新までまーだ時間掛かりそうですかね~?

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。