FAIRLY TAIL〜妖精軍師に愛されし者〜   作:しぐ

3 / 3
ここまでがプロローグです。


別れ

「ヴァーミリオンを名乗る?」

 

「はい、私たちは……その、そういう仲ですし、ラクナはファーストネームがないですし、だからですね、ええと……」

 

「ああ、それいいな」

 

「本当ですか!」

 

「ああ、ラクナ・ヴァーミリオン。いいじゃん、完璧だ」

 

「えへへ」

 

 出会ってから、どのくらい経っただろうか。冬は何回か超えた気がする。それくらいの時間が経てば、俺たちの関係にも変化が出てきた。簡単に言えば恋仲になったのだ。

 

「……なあ、メイヴィ」

 

「なんですか?」

 

「今、幸せか?」

 

「ええ、とても」

 

 にこりと笑うメイビスの表情は、どこか辛そうだった。

 

 年月が経つ毎に楽しい事も増えていくが、積み重なる死は無くなることはない。頻度は少ないとはいえ、着実に積み重なっていく死はメイビスを蝕んでいる。ああ、これは良くない。

 

「メイヴィ、散歩に行かないか」

 

「いやです。外には、出たくありません」

 

 最近は、外に出ようとすらしなくなった。死を極端に恐れるようになったメイビスは、家に閉じこもるようになった。動物が、人が死ぬところを見たくないメイビスが、心を保つ為の自衛だろう。

 多分、ギリギリのところで踏みとどまっているはず。これ以上死を見たら壊れるのではないか。そんな気がする。確証はないけど。

 

「そうだな、それじゃあ少し横になろうか」

 

「いいですね! 来てください!」

 

 横になる。なんやかんやの収入もあって、今は寝具などは揃っている。それでもメイビスは、俺の腕枕が好きなようだ。

 

「……落ち着くんです。ラクナの側にいると、とても」

 

「そうか」

 

「私の撒き散らす理不尽な死が効かない。無条件に私を愛してくれるラクナといると、私はとても満たされます。でも、常に私が殺してきた命が、そんな幸せは許さないと囁くんです」

 

「……そうか」

 

「これのおかげで、ラクナに出会えました。感謝しています。でも、怖い。今日まで大丈夫でも、次の瞬間にラクナが死んでしまったら? 私は耐えられません」

 

「俺は死なないよ」

 

「分かっています。だってこれまでの間何の影響も無かったんですから。でも、怖い。ラクナと触れ合っている今でさえ怖い。私は、もう誰かが私のせいで死ぬのを見たくない……」

 

「ああ」

 

「私は魔導士です。曲がりなりにもギルドのトップで、荒事だって経験してしてきました。でも、周りの大切な命が、リタが死んだ時の、命が消える音が頭から離れない。マカロフまで死んでしまっていたらと思うと……私は、どうにかなってしまいそうです」

 

「……」

 

「助けてください、ラクナ。私を、殺してください。私を、この恐怖から解放してください」

 

「……俺に、メイヴィを殺せと。メイヴィがリタを殺した咎を、俺にも味えと」

 

「ちがっ、私はそんなつもりじゃ──」

 

「分かってる。ちょっと意地悪を言ったな。メイヴィに会った時からずっと考えていた。殺してと言われたら、そうしようって」

 

 その時が来ただけだ。メイビスも限界で、俺にはメイビスを殺すだけの力がある。予想外なのは、恋仲になった事で殺すのが躊躇われるってところだろうか。

 

「……思えばラクナは初めて会った時からずっと優しかったです。一人ぼっちだった私を、助けてくれて。どうして私に、こんな理不尽な死を招くだけの存在の私に、良くしてくれたのですか?」

 

 なんでって、そりゃあ──

 

「──よくわからない場所に来ちまって、出会った女の子が泣いていたんだ。そりゃあ助けるしかないだろう」

 

「こんな、枯れた世界でですか?」

 

「この程度。メイヴィが撒き散らす程度の呪いじゃ、俺は死なないから。特に予定も無い身の上だ。少しばかり捧げてやるのも悪く無いってな」

 

「だからって──優しすぎます」

 

 大した事じゃない、とは思うのだが。それでメイビスが救われたのならいいだろう。

 

「明日。明日……お別れだ」

 

「はい。大好きです。ラクナ」

 

 寂しいが、仕方ない。また、会えるさ。

 

 

 

 

 

「さて、それじゃあいいか」

 

「はい」

 

「じゃあな、メイヴィ。また会おう」

 

「待ってください。最後に一つだけ」

 

 目一杯背伸びしたメイビスにキスされて、離れる。

 

「ッ……! おいおい、メイヴィ。泣いてるぞ」

 

「ラクナこそ……号泣じゃないですか」

 

 ああ、悲しいよ。でもやるしかない。それが、メイビスの望んだ事だから。

 

 メイビスに手をかざす。

 魔法の行使は一瞬だ。痛みもなければ、傷もつかない。ただ命だけを刈り取る。

 

「さようなら、ラクナ」

 

「また会おう、メイヴィ」

 

 ふっ、とメイビスの身体の力が抜ける。

 

「……死後の身体は妖精の尻尾(フェアリーテイル)に、か」

 

 今のメイビスは死を撒き散らしてはいない。うん、これなら大丈夫だろう。

 支部長を、本部にお届けしようか。

 

 

 

 

 

 

 

「メイビス・ヴァーミリオンを預けに来た」

 

 扉を開けると、ギルドは閑散としていた。一人しかいないじゃないか。これなら支部の方が人多いぞ。

 

「……どういう、事だ」

 

「何かを話すつもりはない。妖精の尻尾(フェアリーテイル)支部、支部長メイビス・ヴァーミリオンの最後の命令により、シャクだが受け渡そう」

 

「初代を、こちらに」

 

「ああ、優しくな」

 

「死んで……」

 

「話すつもりはない。メイビス・ヴァーミリオンをどうするのかは任せる」

 

 背を向けて、歩きだす。しばらく一人になりたい気分だ。

 とりあえず、支部に帰って眠ろう。

 少し、疲れた。




原作に沿って作ろうとしている都合上、どうしてもここで一旦退場してもらいます。
ヒロインが全く出てこないのはどうかと思うので、ちょくちょく出しつつ書いていきたいなと。

メイビスヒロインの少ないから、増えてくれると嬉しい。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。