日常系は推理モノより事件が多い!?   作:あずきシティ

42 / 45
【42話】近いうちに結論が出る

「あぁカミサマお願い二人だけのー」

 

軽音部がかわいい歌を演奏している中、上田が俺の元にやってきた。

 

「お疲れ様ー。まさか上田が歌うなんて思ってもなかったぜ。」

「私も急に言われてさ~どうだった?どうだった?」

「すげぇ輝いてたな。いつも輝いてはいるが、あんなイキイキした顔見たこと無いぜ。」

「そ、そう?なんか思ったよりまともな感想でビックリだわ。てっきり音痴とか言われたらどうしようかと……」

「言うわけないだろ。ってか普通に歌うまいじゃん。」

「ホント!?」

「上田は時々、自分のことを過小評価するよなぁ。もっと自信を持って良い。って俺は思うぞ」

「へへへっ~そう~?」

 

上田は嬉しそうに笑う。やっぱり舞台で何かをして、それを誰かに見てもらいたいんじゃないかと思う。

まぁ本人が諦めたというのに俺が深入りするような話でもないかもしれないが。

 

上田はちょっとだけまじめな顔になって俺の方を向く。なんだろう?

 

「鈴木くん、聞いていい?」

「ん?改まってどうした?」

「一昨日さ、石橋先生と飲み会で好きな人がどうこうって話ってさ。あれ私のことよね?」

「あぁ」

「2年生の終わりの頃からってアレもホント?」

「マジだ。」

「じゃあさ……鈴木くんはそう思っていながら……アイツ……あー庄司さんとの件を見てたの?」

「正直、そういうことだな。」

「ふーん……正直、どんな気持ちだったか聞いても大丈夫?」

「正直、しんどい部分はあったさ。でも上田が幸せなら俺は俺で別に幸せを見つけりゃいいか。なんて思ったりもしていたかな。」

「そうだったんだ……」

「まぁ最終的に別れてしまったとも聞いたから、諦めきれずという感じかな……とりあえず伝えるだけ伝えたい気持ちもあったしな」

「ふふっ……そっかぁ。ごめんね。変なこと聞いて」

 

上田はそれだけ言うと、この話を終わらせる。

 

えぇ……返事はもらえないのか……。

一瞬、そう思ったが、さすがに後夜祭で騒がしい中で返事をもらうのも変な話か。

騒がしいとはいえ、誰が聞いてるかも分からないしな。

 

軽音部の演奏が終わると入れ替わりに今度は有志が出てきて漫才を始める。

 

「後夜祭良いわね~これって生徒会もあえてノータッチだから何が出てくるか私も知らないのよね~」

「へぇ!」

「だからいきなり歌うことになったんだけどね。とりあえず出たがりな人たちが何かしら披露して満足したら終わり。なかなかない、ゆるさよ~」

「大人たちがよく許容したなぁ」

「一応、表向きは石橋先生が進路指導セミナーをやってることになってるわ。」

「ちょっおまっ」

「いいのよ。文句を言うべき大人たちは私たちのことなんて見てないから、本当に進路指導セミナーをやってると思ってるわ。」

「いいのか……」

「いいのよ。一応、進路指導セミナーっぽいのも用意したし。私が編集したのよ?」

 

何のことだ?とステージを見ると漫才が終わりステージにプロジェクターから映像が流れる。

それは「今でしょ!?」でお馴染みの予備校のCMをパクった映像で先生たちがモノマネをしながら面白いことを言ってるムービーだった。

 

「依頼文をどう読んでくかと言うことー」

 

石橋先生も出演していた。実際はノリノリな先生なんだなぁ。

 

「この依頼文って大人の事情による依頼にどう対抗するかを教えてくれてるんだって」

上田が楽しそうに言う。この動画は上田が編集したらしい。

「人に何かを見せるのが好きなんだな」

「まぁね~。役者になりたかったときもそうだけど人を笑顔にしたいっていうのはあるわね」

「ホント楽しい性格だな。正直、尊敬するレベルだ」

「ふふっ褒めても何も出ないわよ~」

 

そんな風にしゃべりながらステージを見る。CMが終わると次はまた別の有志が出てきてバンド演奏を始めた。まとまりはないが、これが普通に楽しいことだけやっているような感じで良いな。

 

1時間半ほどの後夜祭は始まるのが突然だったように終わるのも突然だった。

誰もステージに出てこないと思ったら上田が「終わりね」とつぶやきゴミ袋を持って体育館の入り口に向かう。

使用済サイリウムの回収らしい。

俺も手伝うことにして、上田の持つゴミ袋ではなくその辺に捨てられたサイリウムを拾い集める。拾い集めたサイリウムは上田の持つゴミ袋にポイだ。

 

「ありがとうね!生徒会でもないのに手伝ってくれて!」

「これまで文芸部員でも無いのに色々やってもらったからな。そのお返しだ。」

「そっかぁ。でもありがとう♪」

「どういたしまして。」

 

そんな風に言葉を交わしていたら石橋先生がやってくる。

 

「お疲れー。ほなもう遅いから今日は解散や!」

「分かりました。先生!」

 

そう言って、話は終わる。高校最後の文化祭はいつも以上に色々やったが、おかげでいつもにはない充足感があったな。

上田と2人で下校する。ただし校門前までのすごく短い時間だ。

 

「じゃあ今日はありがとうな。お疲れ様。」

 

俺がそう言うと上田は立ち止まる。そしてほんの少しだけ迷ったような顔を見せてから、意を決したように言った。

 

 

 

「文芸部の件、近いうちに結論が出ると思うから、覚悟しててね。」

 

 

その表情は良い答えが返せるか分からないからなんだろうな。その気持ちは痛いほど分かる。

 

現実は厳しいかもしれないしな。

 

 

 

だから俺は声にこそ出さなかったが言いたいことがあった。

 

 

 

 

 

 

「そっちかい!!!」




おまけ
冒進ハイスクールCM

「性癖をこじらす一番簡単な方法は1.犯罪」モブ先生(政治)
「エロなんて言葉なんだ!こんなのヤれば誰だって出来るようになる!」石橋先生(保健)
「依頼文をどう読んでくかと言うことー」石橋先生(現代社会)
「公式は金で瞬時に買い取れる」モブ先生(数学)
「刑期がちょっとでも曖昧になってくると途中でまぐわって喰うんだよ。」モブ先生(刑法)
「大人(クソ)の事情(ゴミ)が一番怖いってことを今日何度も言っときます」上田(生徒会)
「じゃあいつ殺るか?今でしょ」モブ先生(殺害)

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。