新たな融合世界   作:真宮寺さくら

302 / 319
急変する事態中編

のどかとラビリンが響と別れた少し後

 

 

 

「お待たせしましたのどかさん」

 

直哉と飛鳥と薫がのどか達と合流した。

 

「のどか、直哉行くラビ!!」

 

「うん」

 

「スタート」

 

 

 

「プリキュア ・オペレーション」

 

 

 

ヒーリングステッキとラビリンが一体となり、花のエレメントボトルをはめ込む」

 

 

 

「エレメントレベル上昇ラビ」

 

 

 

「「キュアタッチ」」

 

 

 

「キュン」

 

 

 

「「重なる二つの花」」

 

 

「キュアグレース」

 

 

 

「ラビ」

 

 

 

「うわあ、パパがプリキュアになるのはやっぱりなれないね飛鳥ちゃん」

 

「うん、私達もプリキュアになるときが来るかもね」

 

 

「ええーー」

 

 

 

その頃フォンテイーヌとスパークルは・・・

 

「「メガビョウゲーン」」

 

 

「「ぷにシールド

 

 

2体のメガビョウゲーンによる突撃攻撃を何とかぷにシールドで止めたプリキュア達だった。

 

 

「なんてパワーなの」

 

「仕方ないペンまさかメガビョウゲーンに進化する前の状態を維持したまま蒸気機械メガビョウゲーンになってるからペン」

 

 

「ああ、そのせいか知らない知らないが奴等の暴走状態による地球への蝕むスピードが早いニャン」

 

 

 

「ええーーそれヤバいじゃん」

 

 

「ええ、グレース達が来る前に1体は浄化するわよ」

 

「うん」

 

 

 

その頃すみれ達は・・・

 

 

「これがメガビョウゲーンですか?」

 

 

「この姿は先ほど暴走した列車と車の姿をしていますね」

 

「そうですわねカオルさん」

 

「そんな事よりすみれさん。神山隊長達を召集しなくていいんですか?」

 

 

「ええ小町さん。今は帝国華撃団は出撃はしたくても出来ませんわ。今回の敵に新たな力を与える事になりますからね」

 

 

「どういう事ですか?」

 

 

「いいですか小町さん今帝都に現れて暴れている敵はメガビョウゲーンと言う異世界の敵です」

 

 

「は、はいーー異世界の敵やてそんなアホな・・・」

 

 

「て、マジなん?」

 

「マジです」

 

 

「そして花組を出撃不可にした理由はメガビョウゲーンになってからも金色の蒸気を常に出ていますから、そんな状態中で花組を出したらどうなりますか?」

 

 

「そりゃ暴走するか機能停止になるな」

 

 

「それだけならまだいいですけど、メガビョウゲーンの元として花組を利用されるのを防ぐしかありません。そうしなければ彼女達に余計な負担をかける事になりますから」

 

 

「そうですねすみれ様」

 

 

その時地下司令室に花組全員が集合した。

 

 

 

「司令今帝都に何が起きているんですか?」

 

 

「そうだぜ地面が赤黒く変色してるしよ」

 

「まさか降魔の新種の攻撃ですか?」

 

 

誠十郎とクラリスと初穂がそれぞれが言う。

 

 

「いえ、違いますわ。あれは異世界の敵が帝都に現れたのです」

 

 

「「「異世界の敵が」」」

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。