命の形の意味を… (前)   作:akiko

2 / 2
命の形の意味を…(後)

この世に存在する…

全てのものの、頂点、他の追随など赦さぬ力と、生命が…

余の肉体にはある。

 

だから…

躊躇わなかった。

窮屈な母の「胎」を破ることなど。

弱者など要らぬ。

この世界の全ては…

強者の為に存在する。

臓物と血液をとびちらせて…

動くことすら、難しそうに倒れている、ソレを一瞥し、余は歩き出した。

 

ああ。気分がいい。

これからは、思うがまま、欲しいものを喰らい、醜いと不要だと感じるものは、壊して消して…

余の望むものだけを、残し、余の為だけの楽園をつくれるのだ。

そして、余は楽園の頂点に君臨し、真実の「王」となろう。

 

だから…早く「選別」を開始しなければ…

まずは、余の視野に入れる価値すらない、脆弱で醜いもの達を消す為に…

 

 

 

余は全てを手中にできるはずだった。

実際、数多の命を喰らい、生命を…力をつけてきた。

 

だが…

何故だ?

何故、やっと見つけた…

至極の…極上の輝きを放つ、たった一つの「命の形」を喪わねば…ならぬ?

余の目の前で…

 

コムギの小さな手から…

碁石が零れおちる。

頬は紅潮し、呼吸が乱れていて、ひどく苦しそうだ。

だが、それでも…

コムギは笑みを絶やさない。

 

生命の灯は…

今にも消えそうなのに…

盲いた目は何も映さぬはずだが…

コムギの瞳は輝いていた。

 

ー総帥様、まだまだ、時間はありますだー

 

邪気の無い、まっすぐなコムギの声に、余は頷いた。

 

皮肉だ。

 

痙攣が止まらない指先に、碁石を挟み、軍儀を続けるコムギ。

 

余は、この世界で、誰よりも強く、力に溢れた「王」であるはずだった。

 

しかし、目の前の小さな儚い命が弱っていくのを…消えていくのを…

ただ、眺めることしかできぬ。

 

喪失の恐怖に、怯えながら…

助ける術を見つけることさえできず…

その命の灯が消える瞬間を…自身の目で見届けなければならないのだろうか。

 

 

全く、滑稽だ。

どんな力に溢れようと…

余の真に望むものは…決して手に入れることはできない。

何も持てぬ、何も守れぬ愚王だ。

 

だが…愚かしくとも…

一つだけ、できることがある。

ーコムギー

目の前に座る小さな人間の女の、そのただ一つの願いを…

彼女の命がつきるまで…

余の命がつきる、その時まで…

余の全てをかけて、叶えてみせよう。

 

霞んだ視界の中に映るコムギは、ひどく苦しそうだった。

何度も咳をして、荒い息を吐いていた。

 

それでも、碁石を碁盤の上に置く。

そして、ゆるやかに笑いながら、余を見る。

盲いていることを感じさせぬ、光に満ちた目で…

 

罰ー、なのだろうか。

たくさんの弱者の命を蹂躙し、喰らい続けた…

だから、手に入らぬのだろうか…

 

 

目の前で、弱っていくコムギを余は見ていたくない。

しかし…

目をはなすことができぬ。

この、美しい「命の形」から…

 

余には…

コムギには…

 

あと、どれほどの時間が残されている?

 

共に生きることが赦されぬなら…

 

せめて…

 

ーコムギー

 

いつしか、余の意識は碁盤からはずれていた。

 

まるで、自然に、唇から、その名が零れおちる。

何度でも…

よぼう。その名を。

 

ー総帥様?ー

 

ああ。お前は、余をそう呼ぶのだな。小さくてあたたかい手だ。

 

だが…それは、余のー名ーではない。

 

よんでほしい。お前に。余の名を…そうすればきっと…

余は逝ける。

 

 

 

ーおやすみなさい。…ー

 

 

 

共に生きたかった。

お前の声をもっと…聴きたかった。

 

 

全ては余の過ちに起因する。

 

 

だが、余の中に最期に残ったのは、コムギ、お前の手のぬくもりと、柔らかな声だ。

 

余の名を呼ぶ…

 

余の命も、コムギの命も…

もう終わる。

 

だか…余は忘れることはないだろう。

 

最期のときまで…

共にいた、女のことを。

その命の形の美しさを…

 

 

 

(完)

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。