蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza   作:観測者と語り部

1 / 46
原作乖離編
Prologue リセット


 イ404は目の前で起きた事象が信じられなかった。

 自分を出来損ない、役立たずと冷たく罵っていたイ402が身を挺して自分を庇った事実を。

 

 イ401が音響魚雷を使い、此方のソナーに頼る索敵能力を潰し、その隙を狙った浸食魚雷は完全にイ404を捉えていた。

 

 強制波動装甲も、回避も、迎撃も間に合わない直撃コース。

 優秀な姉妹達から愚鈍と称されるイ404が対応できる筈もなく。

 そのまま損傷を受けて沈没するだろうと。

 そのまま姉妹から見捨てられ、暗い海の底で果てるだろうと思っていた矢先に起きた出来事だった。

 

「どう、して……」

 

 呟いた声は震えていて、驚愕を隠しきれないかのようで。

 いつも無表情に無機質であろうとしたイ404の努力をあざ笑うかのように。

 感情を演算処理する素子が、イ404のコアに揺らぎをもたらしていた。

 

 それでもイ404は咄嗟に艦の推進装置を停止させ、損傷部分から浸水して沈没していくイ402を追いかけるように沈降深度を下げていく。

 

 海の中では光学系によるセンサーが著しく低下する為、画像によるスキャンは出来ないが。

 通信から漏れたイ402の呟きを聞き取ると修復する速度を浸食率が上回っているらしい。

 このままでは艦体の再生を行う事もできず、増加する水圧によって圧潰してしまう。

 助けようにもイ404の思考は酷く混乱していて、どうすれば良いのか分からなかった。

 

「どうして……!」

 

 巡航潜水艦の腹の中だけでなく、メンタルモデルが接触する精神世界の中で呟かれたイ404の声。

 周囲を爽やかな緑が囲い、お茶会の用意が整えられたイ号姉妹の集う場所で。

 イ404は泣きそうになりながら姉であるイ402に問いかけた。

 

「お前を……妹を傷つけたくなかった」

 

 ゆっくりと顔を振り向かせながら呟かれた答え。

 それは妹を傷つけたくなかったという信じられない言葉。

 あれほど末のイ404を罵っていたのに、あれほど出来損ないの自分を嫌っていた筈なのに。

 三番目の姉は自らの躯体(メンタルモデル)を罅割れさせながら、淡々と何でもない事のように告げる。

 その表情は今までにないくらい優しくて、イ404は動揺を隠せなかった。

 

「……っ、404は402の傍に居てください。401は私が仕留めます」

 

 一番上の姉であるイ400が初めて感情を露わにさせたような様子を見せながら、艦の推力を最大限にして水中を駆け抜ける。

 遠ざかるイ401を追撃し、全ての魚雷発射管に注水。

 そのまま一番から八番まで装填された浸食魚雷を連続発射する。

 

 怒りという感情を剥き出しにして、烈火の如き雷撃を仕掛けていくイ400。

 だが、どんなに怒涛の攻撃でも人間を乗せているイ401は冷静に対処してしまった。

 数々の霧の戦艦や重巡洋艦をしとめた経験は伊達でなく、一分の隙もないまま攻撃が相殺される。

 音響デコイで欺瞞し、艦尾魚雷によって攻撃を迎撃させ、イ号401の形状を模したアクティブデコイが盾になって攻撃が防がれる。

 

 何より、重巡タカオと融合したイ401の性能はあらゆる面でイ400を上回っていた。

 冷静に分析すればイ400に勝ち目はない。

 それでも、イ400は追撃をやめようとはしなかった。

 例え重力子機関が悲鳴をあげ、追撃するだけなのがやっとだとしても、だ。

 

「お願い、退いて400!」

「もう、遅い……よくも402を、404を」

 

 戦闘が始まる前から姉妹艦と戦いたくないと説得をしていたイ401。

 彼女は悲痛な声で哀願するも、怒りに支配されたイ400は攻撃の手を緩める素振りさえ見せない。

 

 あのイ400が、任務の完遂とアドミラリティ・コードの命令に従う事を第一とし、命令に背くならば巡航艦隊旗艦の『コンゴウ』すら拘束してみせた。あのイ400が。

 

 そんな彼女が傷つけられた妹を前に、私情で戦っている。隠しきれない怒りを露わにしている。

 それは完璧に任務を遂行させ、何時如何なる時も冷静だったイ400とイ402に憧れていたイ404にとって、信じられない光景だった。

 彼女達は末の妹であるイ404の存在を疎んじていた筈なのに。

 

 イ404はいつも失敗ばかりだった。

 霧を離れた重巡タカオの追跡は失敗し、メンタルモデルを残して轟沈した戦艦キリシマとハルナの確保はイ401に先を越され、あまつさえ霧の艦隊としての行動を逸脱しないよう監視していたコンゴウには撒かれてしまう。

 

 しかも理由が下らない。

 台風でセンサーを上手く使えなかったり、座標を間違えて街中に迷ったり、艦隊旗艦の威圧感に怯えて離れすぎてしまったりと散々だった。

 

 だから同じ優秀な姉妹から罵倒されて当然で、見捨てられても仕方がないのに。なのに。

 

「400のお姉ちゃん……402のお姉ちゃん……」

 

 イ402はあろうことか出来損ないと罵っていた妹を庇い。

 そしてイ400は妹達を傷つけられた事実に怒り狂って猛撃を加え続けている。

 

 庇うといった自己犠牲が存在しない霧に。

 それも霧の艦艇として淡々と任務を遂行し、障害となるのであれば味方さえも切って捨てる彼女達潜水艦隊からすれば在り得ない光景。

 

 イ404は悲痛なまでに胸を痛めるしかなかった。

 普通は逆ではないのだろうか、イ402は足手まといのイ404を切り捨てれば良かった。

 イ400は追撃をイ404に任せ、イ402の救助に当たれば良かった。

 その方が効率が良いと目に見ているのだから。

 

 概念伝達で繋がっているイ404は、メンタルモデルに不調を来し、ふら付くイ402を支えながら、困惑を隠しきれない様子で姉と慕うイ400を見つめた。

 

「貴女を沈めます。401」

「っ……」

 

 精神世界に形成された茶会の椅子に腰かけて対峙するイ401を睨み付けながら淡々と宣言するイ400。

 それにイ401は、どうしようもない程悲しい表情をしたまま俯いた。

 

 人間の艦長や乗組員を艦内に乗せて、常に人間と接してきたイ401はとても人間らしい表情を見せる。

 まるで本当の人間みたいに。

 

「貴女たちを沈めたくない。でも、それで群像が傷つくなら私は……」

 

 声も表情も淡々としていて無機質な霧側のイ号姉妹と違い、人類側に寝返ったイ401は非情に感情豊かだ。

 

 その悲痛な決意を表すかのように雷撃による攻防がひとつの転換点を。

 いや、どうしようもない程の決着を迎えようとしていた。

 

 大型艦が二隻通れるかという位の海溝を高速で通り抜けながら、イ401はイ400の放った浸食魚雷をサウンドデコイを囮にして迎撃する。

 同時に低下するソナー感度。その隙を付いて艦尾から放出した小型の魚雷発射機を設置したイ401。

 それに気が付かず真上を通り過ぎようとしたイ400に向けて浸食魚雷が放たれる。

 

「タナトニウム反応。感一。真下から、くぅッ……」

 

 イ400は咄嗟にサイドキックで右舷側の補助推力を全開にし、浸食魚雷の直撃を避けようとする。

 しかし、起爆装置が遅延式だったのか、イ400の艦橋の真横を通り過ぎたところで浸食魚雷が反応を起こした。

 初速が遅い魚雷が避けられることを見越して、直撃しなくても艦に何らかの被害を与えるつもりだったのだろう。

 それは見事に成功している。

 

 そして艦橋に命中するという事は、そこで操艦しているメンタルモデルにも直接被害を及ぼすわけで。

 実際に概念伝達で精神世界に接続して姿を現しているイ400にも、急激な変化をもたらしていた。

 

 メンタルモデルを構成する躯体が急速にぶれて、今にも消滅してしまいそうなほど罅割れていく。

 身体を形作る正六角形の構成体が顕わになり、脆くなった部分から崩れ落ちていくのだ。

 それはどうしようもない程に致命傷だった。手の施しようがないくらい、直撃だ。

 

「――400」

「400のお姉ちゃん!」

 

 静かにイ400を心配するイ402と、今にも泣き叫びだしそうな声をあげるイ404。

 そんな中でイ号姉妹の長姉であるイ400はゆっくりと二人に手を伸ばし。

 

「……402。404を……頼みましたよ」

 

 その手を握りしめようと駆け寄る二人の努力もむなしく、イ400は虚空へと消えてしまった。

 精神世界でメンタルモデルを維持できないという事は、すなわち艦を制御するユニオンコアが消滅したという事。

 

 文字通りイ400は世界から消えてしまった。

 もう二度とメンタルモデルの姿を見ることもないだろう。

 腰まで届く桃色の髪にお団子を作って、胸元が開いた桃色のチャイナドレスを着こんだ少女はもういない…………もう、いないのだ。

 

「あ、あああぁぁぁぁ……」

 

 悲痛な声を漏らしたのはイ401かイ404か。

 イ401は姉妹艦をこの手で沈めたことに苦悩し、茶会のテーブルに顔を俯かせた。

 イ404はどれだけ罵倒されても大好きだった姉の一人が消えて、それを信じられないというように足元から崩れ落ちた。そして。

 

「401。どうして泣いている」

「だって、私は姉妹をこの手で……貴女たちが……消えてしまう……!」

「お前は敵と戦い。敵を沈めた。それだけだ」

 

 自らのユニオンコアに多大な負荷を掛けているイ402も消えてしまいそうだった。

 損傷個所から浸水する海水を吐き出し、浸水を防ごうと区画を閉鎖している。

 それでも対応が追い付かず、浮力は戻る事無く加速度的に海溝の奥底へと沈んでいく。

 そして水圧に対する均衡が崩れた艦は、徐々に軋みをあげて圧潰するのを避けられない。

 

 それなのに、イ401を慰めるように呟くイ402の表情は、自らの消滅に対して何の感慨も抱いてないかのようだった。

 

「402のお姉ちゃん!!」

「まったく、お前は。姉妹の事は。呼び捨てにしろと。あれほど――」

 

 もう一人の姉が圧潰して、メンタルモデルも消滅する真実。

 それを信じたくないというように叫ぶイ404に、イ402は愚痴を零しながら。

 

「――任務は失敗。ただちに離脱を。お前は生きろ、404」

 

 その頭を優しく撫でて、イ402のメンタルモデルは精神世界から消えた。

 同時に自壊する艦の爆発に巻き込まれないようにと、急速に艦内に注水を行い、追いすがるイ404の艦から遠ざかるように真下に沈降する。

 そして爆発、轟沈。イ404が止める間もなくあっという間の出来事だった。

 

「あっ……あぁ……」

「404……」

 

 潜水艦隊の一番艦が消え、三番艦も後を追うように沈没した。

 二番艦のイ401はそもそも裏切り者であり、四番艦のイ403は未建造。

 だから、本当の意味でイ404は独りぼっちになってしまった。

 全ての姉妹を喪った彼女の精神的ショックはいか程のものだろう。

 

 イ401は、イオナはどう言葉を掛けていいのか分からず沈黙する。

 群像の命に従って動いたという言い訳は通用しない。

 これは彼女が選んだ道なのだから。

 

 そうして幾ばくかの沈黙が場を支配する。

 

 イ404は迷っていた。

 この湧き上がる衝動と共に、理解出来ない感情に身を任せ、未だ意気消沈している姉のイ401を攻撃したい。

 本体であるイ401の艦船は、フルバーストモードを使用すれば十二分に追いつける。

 勢いのままに追いついて浸食魚雷を叩き込んでやりたい。

 

 だけど、出来る訳がなかった。

 イ404は潜水艦隊の姉妹が好きなのだ。

 たとえ裏切り者のイ401であったとしても、彼女は自分の姉に対して特別な感情を抱いていた。

 どんなに罵倒されても、役立たずと冷たくされてもイ400とイ402が好きだったように。

 彼女は自分より出来るイ号姉妹を心の底から慕っていた。

 

 そもそもイ404はイ401を沈めることに反対だった。

 イ401が姉妹艦を傷つけることを戸惑っていたように、姉妹が好きなイ404はそれ以上に、姉妹を傷つけることを躊躇っていたのだから。

 先の戦闘でもイ404は浸食魚雷を一発も放つことはせず、姉妹のサポートに徹するだけに留めていたのが良い証拠。

 

 けれど、愛する姉妹艦を二隻も失って、任務に失敗した以上、撤退する気力もわかなかった。

 かといって姉妹を沈めたイ401に付いていく事も躊躇われる。故に彼女は。

 

「ぁ――――!!」

「404!」

 

 自ら自沈することを選択した。

 艦首の魚雷発射管に装填していた浸食魚雷は起爆させ、艦首を反応消滅、爆砕させる。

 途端に襲い掛かるのは内臓を抉り、掻き回し、あげくに沸騰させるような激痛。

 

 あまりに強烈な痛みにイ404が声にならない悲鳴をあげるのは充分で、艦全体に伝わる振動に立っていられず、艦橋で崩れ落ちるように倒れ込んだ。

 それは精神世界においても同様で、小さな身体はお腹を抑えるようにして倒れ込み、蹲る。

 

 その在り得ないような選択肢にイオナは驚愕を隠さず、倒れたイ404に駆け寄ると、精神世界でその躯体を優しく抱き上げた。

 イ404は先のイ402ほどダメージコントロールを行っておらず、むしろ自ら滅び受け入れているため、消滅しようとするのも早い。

 イオナが自沈するイ404を救おうにも、離れた距離が距離だ。今からでは到底間に合わなかった。

 

「404、どうしてこんな事を……」

 

 イオナの心の底から哀しそうな問い掛けにイ404は答えない。

 ただ、涙が零れ落ちそうになる彼女の頬をそっと撫でてて微笑むだけ。

 姉妹で喧嘩せずに、仲良く過ごせる時間が欲しかったと。そう切に呟いて。

 

――その願い、叶えてあげる。だから、私たちを助けて……

 

 最後に美しい少女の声を聞いた気がした。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。