蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza   作:観測者と語り部

16 / 46
航海日記15 交戦

 わざわざ蒔絵をおんぶして倉庫の中から出てきた403。

 怖い思いをさせた彼女に少しでも安心して欲しいというのが理由の一つ。

 もう一つは、蒔絵を密着させることでクラインフィールドの防御圏内に含められるからだ。

 狙撃や不意打ち、爆発物による衝撃や熱波から彼女を確実に保護するための作戦である。

 

 その周りをハルナと501が囲み、二人を中心とした外壁、403を中心とした内壁と二重の防壁を作り出す。

 例え第一の防壁が突破されたとしても、403の防壁が確実に防ぐのだ。超強力な最終防衛ラインである。

 

 

 歩兵の制圧射撃。重火器による殲滅攻撃。そして、戦車の砲弾が何十発着弾しようが、ヘリによる航空攻撃を喰らおうが耐えきれると演算結果は予測している。

 イ401の対艦ミサイルですら防ぎ弾いて見せたメンタルモデルの防御能力だ。

 地形を抉るほどの航空爆撃、艦砲射撃の類ですら致命打には成らないだろう。

 

 しかも攻撃されれば、ハルナと501の躯体(メンタルモデル)が自発的に相手の排除に掛かる。

 

「これからどうするの、お姉ちゃん?」

「返答。蒔絵、ハルナ、キリシマ、501を船体に収納して給糧艦"マミヤ"に向かう。400とは出航前に合流予定」

 

 501の質問に淡々と答える403。

 そこには蒔絵を気遣った時のような感情の含まれた声音はなかった。

 いつも通りの人形めいた無表情な瞳に、機械のような言葉が紡がれるだけである。

 既に任務モードに入ったようだ。蒔絵はそんな403が怖かったのか、彼女の背中に顔を埋めた。

 聞かなかったことにしたらしい。

 

「給糧艦? 補給艦ではないのか?」

 

 ハルナが疑問に思ったことを口にする。

 当然のことだが、霧の躯体(メンタルモデル)は食事を必要としない。

 人間のようにご飯を食べることはできるが、娯楽的要素が強いのだ。

 無駄も多く、食事によって体内に取り込んだ物質を、分子単位にまで分解する必要もある。

 取り込んだ栄養素は動植物のように活動エネルギーに変換できず、せいぜい、成分を分析して感じる味覚がどのようなものか分類・記録する位だろうか。

 躯体(メンタルモデル)取り込んだ物質がどこから排出されるかは想像にお任せしたい。

 

 故にかつての大日本帝国海軍で活躍した船(マミヤ)は、浸食弾頭兵器やナノマテリアルを給与する補給艦として使われてきた。

 それが給糧艦に逆戻りするとは、どういう理由があるのか疑問に思うのも当然であろう。

 ハルナの疑問はもっともだった。

 

「肯定。情報によるとヤマト、コトノの命令によって改修。以後、各種施設を備えた人間のためのプラットフォームになった模様。恐らく振動弾頭の開発者を受け入れるための施設? 分からない。詳細な情報は不明瞭」

「総旗艦が?」

「ん、総旗艦は常に考えている。それが何なのかは不明。補足。着せ替え人形扱いは遠慮」

 

 補給艦を給糧艦に改造した総旗艦『大和』の真意を正確に測るには情報が足りなかった。

 403が確実に知り得ているのは、コトノに着せ替え人形にされるのは疲れるという事だ。

 イオナ以外の姉たちは、着せ替えられても平気な顔をしているが、403は躯体(メンタルモデル)を弄られるのが好きではなかった。

 

 何というか、くすぐったいというか……恥ずかしい? 

 それの意味するところは本人も良く分かっていない。

 

 そうして廃墟となっている港の倉庫群を歩き、海に面した海岸線まで辿り着いた。その瞬間。

 遠くから爆発音が響き渡った。

 

 反射的に振り向けば郊外にある建物の残骸が吹き飛んでいる。

 メンタルモデルの誰もが警戒態勢に入り、周辺をスキャン。

 熱源反応なし。動体反応なし。少なくとも港周辺に脅威となる存在はいないようだ。

 

「あの方角って、まさか……」

 

 その時、403の背中におぶられていた蒔絵が、何かに気付いたかのように叫んで飛び出そうとした。

 403がそれを見逃すはずもなく、飛び退いた瞬間に、蒔絵を空中でキャッチ。逃げ出さないように捕まえる。

 

「離してっ! ローレンスが……ローレンス!!」

「刑部蒔絵。今の貴女は要抹殺対象の可能性大。今飛び出すのは危険」

「それでも、それでも蒔絵は行かなくちゃならないの! ローレンスは蒔絵の大事な人なんだから。家族なんだよぅ!」

 

 403は思考し、判断する。

 データにあるローレンス・バレンタインという人物は、霧にとって重要な人物ではないが、蒔絵にとっては違うらしい。

 ならば、人類史から学んだ情報に従って、ローレンスを助けることで蒔絵に"恩"を売る。

 そうすることで、蒔絵が協力的になれば、総旗艦もやりやすくなるだろうという判断。

 

 臨機応変に。総旗艦と別れる前にコトノが口にしていた言葉。

 今回はそれに従おうと思う。

 

 それに刑部邸には400が潜入していたはずだ。

 彼女の定期報告を参照してみても、それは間違いない。

 様子を見に行くついでに二人とも助けてしまおうというのが403の下した決断だった。

 

 問題は"陸に住む人間を人間を攻撃してはならない"という命令だが、仲間である400の援護ならば問題ないだろう。

 人間を攻撃をするのではなく、相手の攻撃を妨害する方針で行く。

 これならば命令違反に抵触しないし、その過程で人間が防衛行動に巻き込まれても、それは仕方のないことで済ませられる。

 

「501、蒔絵をお願いする」

「お姉ちゃんは……?」

「返答。ローレンス、400両名の救出に向かう」

「わたしも行くよ!」

「却下。501は別行動」

 

 逃げないよう担ぎ上げた蒔絵をおろし、任せるとでもいうように501に引き渡す403。

 渋々といった様子で蒔絵を受け取り、抱っこする501。

 その姿は幼い妹の面倒を見る小学生のお姉ちゃんといった所か。

 

「でも……」

「刑部蒔絵の保護を最優先。及び船体の制御を一部委譲。襲撃があった場合は先に外洋に退避。迎えが来るまで待機を命令」

 

 まだ、不服そうな様子の501に"命令"を下すと、彼女はようやく従った。

 

 501は船体を失い、コアが受けられるバックアップ機能を失っている。

 元は躯体(メンタルモデル)を持てない小型の潜航観測艦。

 403に演算の補助を受けている彼女では戦闘能力を十全に発揮できない。

 だから、比較的に安全であろう403の船体に向かい、蒔絵の保護を任せるのだ。

 

 それに、躯体(メンタルモデル)を持てずとも、403の船体に接続して操艦するくらい造作もないだろう。

 人類側に付いて、霧の反逆者となった401に見つからなければ撃沈される心配もない。

 これは同じ潜水艦という分類に属する501にしか出来ない仕事だった。

 戦艦であるハルナやキリシマでは、403の船体操作に戸惑うだろうから。

 

「私も共に行こう。人間が相手なら問題ないだろう」

 

 それを察したのか、ハルナが403の同行を申し出た。

 船体を失ったとはいえ大戦艦級のメンタルモデル。人間相手の白兵戦に遅れを取ることもないだろう。

 403は静かに頷くと、人間の身体能力を遥かに凌駕する速度で廃港を駆け抜けていく。

 

 目指すは刑部邸に続く付近の森。

 そこに403に目指すべき反応がある。

 

◇ ◇ ◇

 

「ここは……? 私は、一体……?」

 

 ローレンス・バレンタイン。

 いや、刑部藤十郎は朦朧とする視界に困惑しながらも、意識を取り戻した。

 続いて自身が誰かに抱えあげられていることに気が付く。

 

 頬や首元をくすぐるのはあり得ないほどに洗練された桃色の髪。

 側頭部にぶつかるのはお団子に結った髪飾り。

 そして、肌に感じるのは常に一定を保っている人肌の暖かさであり、嗅覚は人間の臭みを感じさせない無味無臭という違和感だった。

 

「気が付きましたか、ローレンス・バレンタイン。それとも刑部藤十郎と呼んだ方がよろしいですか?」

「君は確か政府の、いや、霧の……」

 

 思考が纏まらないのか、背負っている人間、に扮したメンタルモデルの正体に思い当たらない様子。

 意識も朦朧としているようだし、正常な判断力を取り戻すにはもう少し時間が掛かる。

 刑部邸を吹き飛ばす程の爆発に巻き込まれたのだから、無理もないと彼を背負った400は思う。

 

 あの爆発の瞬間、400はローレンスと自分を覆うようにクラインフィールドを展開させた。

 しかし、凄まじい衝撃と人間が消し炭になるほどの熱風を防げても、爆音と閃光は防げるものではない。

 まともにそれを喰らった彼が気絶してしまっても仕方のない事である。

 

 おかげで刑部邸は見る影もなくなり、火災が残骸を焼き尽くす状況にある。

 そんな中、平然とした様子で立っていた400は、倒れ伏したローレンスを確保。

 こうして小さな森の中を通り、海岸に向けて移動しているが、状況は芳しくない。

 

 何故だか知らないが、刑部邸を攻撃したのは同じ仲間であるはずの"人間"だったのだ。

 多脚型戦車らしき兵器で屋敷を砲撃し、軍用ヘリのロケット弾で屋敷を吹き飛ばし、歩兵による襲撃で制圧しにかかった。

 

 何故、襲撃されたのか予測はつくが、はっきりとした理由は不明だ。

 街に潜入していた400の正体がばれたのか。それとも、同じく潜入していた403がドジったのか。

 だが、人間に正体を看破されたのなら、403も此方に報告くらいするだろうと思い直す。

 好奇心旺盛で、何考えているのか良く分からない妹だが、任務はきっちり果たす。

 あれはそういう娘。自分と同じ任務に忠実な霧。

 

 ということは、自身が失敗したのだと400は結論づける。

 考えてみれば刑部蒔絵は人類にとって重要な存在。

 切り札となる兵器の開発者を護衛、或いは監視していたのだとしてもおかしくはない。

 

「……しつこいですね」

 

 400のセンサーに引っかかる反応が多数。

 データ上では、この国の陸軍と思われる兵士が多数接近しつつある。

 攻撃を受けた以上、400は防衛と称して反撃行動に出ても構わないのだが、背負い上げている存在がそれを許さない。

 

 連中は刑部藤十郎を狙っているようなのだ。

 恐らく霧の艦隊に振動弾頭のデータを奪取されないための処置なのだろうが、開発者である蒔絵と同じくらい藤十郎も重要な存在なのだろう。

 

 400の背後から六回目となる連続した発砲音。

 甲高く、そして腹に響くような重い音が空気を震わす。

 携行した小銃による攻撃だろう。400は迫りくるそれらをクラインフィールドで阻止。行動に支障はないが、鬱陶しいことに変わりはなかった。

 

 早く突破しなければ包囲網を敷かれる可能性がある。連中も馬鹿ではないから、海上封鎖まで繰り出すかもしれない。躯体(メンタルモデル)に対する護衛艦の速射砲攻撃を受ければ脱出はさらに面倒になる。

 まあ、その時は海上戦力を魚雷で沈めてやれば良いだけの話だが、騒ぎを聞きつけて401の連中に介入されるのは不味いのだ。

 

「この反応は――」

 

 その時、400のセンサーに急速に接近する別の反応を捕らえた。

 速度からして人間が繰り出せるような動きではない。その識別信号は味方によるものだ。

 

「403。それに大戦艦ハルナ」

「ん、助けに来た」

「背後の連中は私に任せろ。お前たちは先に行け」

 

 同じように街に潜入していた姉妹艦の400と大戦艦ハルナ。

 どうやら爆発音を聞きつけて此方に駆けつけてくれたらしく、400にとってはありがたい話だった。

 403は400の目の前に着地し、すれ違うようにハルナが後方を駆け抜けていく。

 大戦艦級のメンタルモデルなら人間の陸上戦力など数分もしないうちに無力化するだろう。

 

「救援感謝します。403」

「無問題。姉妹艦なら当然の事」

「刑部蒔絵の確保は?」

「501によって船体に収容完了。現在、港湾内に潜航待機中。合流待ち」

「では、403。貴女が刑部藤十郎を連れて行きなさい」

 

 そういって藤十郎の身体を403に受け渡す400。

 相変わらず彼はぐったりしている様子で暴れる気配すらない。もしかすると冷静に状況を判断していて、任されるままになっているだけかもしれないが。

 相変わらず森の奥では兵士たちの苦悶の声や銃声が響き渡っている。

 

「了解。なお、400の今後の行動に疑問」

「わたしは別方向に、二手に分かれます。その後は外洋の指定ポイントで合流を」

「行動把握。確認。無事で400」

「心配は不要です。貴女は護衛対象の無事を優先しなさい。403」

 

 無機質な声で淡々と403に告げると、そのまま400は目立つように去って行った。

 恐らく相手の戦力を分散させるべく囮となったのだろう。付近の追手はハルナが排除してくれているが、陸軍の所有する戦力は局地戦用の多脚戦車から戦闘ヘリコプターまで幅広い。これらの戦力が追ってくると少々面倒なのは間違いない。

 

「制圧を完了した」

「ん、急いで合流地点に向かう。護衛対象の容体が心配」

「そうだね。人間は我々と違って脆弱な存在だから」

「肯定」

 

 故に、403とハルナは追手を振り切るため、できる限り最速で合流地点の廃港に向かう。

 森を抜け、街中に入ってしまえば、陸軍も民間人の誤射を恐れて追ってこないからだ。

 

 たとえ霧に対抗できる千早群像に追撃命令が下ったとしても、それは難しいところであろう。

 いくら大戦艦二隻を沈めたとはいえ、401も無傷で済まなかった。それがキリシマ、ハルナとの戦闘を終始目撃していた403の正直な感想だった。

 恐らく補給と整備すらままならず、代替品で補っているのは想像に難くない。ましてヒュウガに続いてタカオからキリシマ、ハルナと連戦続き。浸食弾頭の手持ちだって少なく、仮に所有していたとしても数発が関の山だろう。

 

 追撃されたところで、こちらは400と403の二隻だ。片方を囮に逃げ切れば問題ない。

 未だ"こちら"と通じている躯体(メンタルモデル)によれば、千早群像は硫黄島で整備を受けるかもしれないとの事だった。

 

 こうして霧の艦隊は、まんまと人類の秘密兵器である振動弾頭の開発者を捕らえたのであった。

 

 すべては異邦の船に対抗するために。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。